ザスカルプ5.0C キャピキシル配合育毛剤

キャピキシル等多くの成分を配合するTHESCALP5.0C

ザスカルプ5.0Cは効かない?

色々と新たな成分が生まれている育毛剤業界においてキャピキシルはもはや定番になりつつあります。そんなキャピキシルを配合する育毛剤において数多くの成分と低価格を実現しているのがTHESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)です。

定番化してきているだけにザスカルプ5.0Cはもちろん、「BOSTON」や「Deeper3D」など、キャピキシル配合の育毛剤が増えてきたため各社差別化に力を入れている印象を受けます。

それもそのはずで、キャピキシル配合の育毛剤のほとんどは5%配合となっており、確かにみんながみんな配合量が同じなら他の成分や価格などで差別化を図るしかありません。

ザスカルプ5.0Cも他のキャピキシル育毛剤とは路線が違いますが、それはどういった方向性で、また他の育毛剤に比べどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

    目次
  1. THESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)の全成分
  2. 注目成分の詳細
  3. キャピキシル
  4. 発酵熟成プラセンタ
  5. オクタペプチド-2
  6. オリゴペプチド-41
  7. センブリエキス・グリチルリチン酸2K
  8. モンドセレクション金賞を2年連続で受賞
  9. THESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)に副作用は?
  10. 他の育毛剤に比べザスカルプ5.0Cの価格は?
  11. 全額返金保証の詳細
  12. ザスカルプ5.0Cにデメリットは?
  13. キャピキシル以外の目玉成分がない
  14. 価格が高め
  15. 容器が超安っぽい
  16. THESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)の総評・まとめ

THESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)の全成分

育毛剤を語る上で成分を見てみないと始まらないため、まずはTHESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)の全成分を見てみましょう。

THE SCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)


BG
アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)
アカツメクサ花エキス(キャピキシル)

オクタペプチド-2(成長因子)
オリゴペプチド-41(成長因子)


白金
フムスエキス
カミツレ花エキス
センブリエキス
オタネニンジン根エキス
クエン酸Na
サンショウ果実エキス
プルサチラコレアナエキス
ウスニアバルバタエキス

セルロースガム
炭酸水素Na
ダイズ種子エキス
アロエベラ葉エキス
カンゾウ根エキス
イノシトール
アルニカ花エキス
オドリコソウ花/葉/茎エキス
オランダガラシ葉/茎エキス
ゴボウ根エキス
セイヨウキズタ葉/茎エキス
ニンニク根エキス
セイヨウアカマツ球果エキス
ローズマリー葉エキス
ローマカミツレ花エキス
アラントイン
グリチルリチン酸2K
プラセンタエキス(成長因子)
黒砂糖
酵母発酵エキス
PCA-Na
ソルビトール
セリン
グリシン
アラニン
トレオニン
グルタミン酸
リシン
プロリン
アルギニン

育毛成分 計41種

THESCALP5.0Cの場合それは女性用の化粧品などに多く配合されているプラセンタエキスやセンブリエキスをはじめとした41種という多くの成分を配合しているというのが最大の売りになります。

成分の傾向は、キャピキシル育毛剤としては成長因子は3種と少な目ながら全体的な育毛成分はかなり多く、「キャピキシル+ピディオキシジルorリデンシル+成長因子」という構成が多い他社のものに対しザスカルプ5.0Cは「成分を多く配合した育毛剤にキャピキシルと成長因子をプラス」といえば分かりやすいでしょうか。

内容量も多くのキャピキシル育毛剤が50~60mlなのに対しザスカルプ5.0Cは80mlと多く、1回で広範囲にしっかり塗ることができるのも大きな特徴になっています。

注目成分の詳細

ではTHESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)の成分のうちとくに注目するべきものをいくつかピックアップしてみましょう。

キャピキシル

アカツメクサから抽出されるキャピキシル 「さっきからキャピキシルキャピキシル書いているけど、そもそもキャピキシルってなんだ?」という方もいらっしゃると思いますので簡単に説明しますと、このキャピキシルはアカツメクサという植物のエキスとアセチルテトラペピチド-3が主成分の今注目の育毛成分で、開発元であるカナダのLucas Meyer Cosmetics社が開発し実験では育毛効果はミノキシジルの3倍に上るとの結果が出ています。

ブブカやチャップアップなどに含まれ「ミノキシジルと同等の育毛効果」があるとされるM-034よりも遥かに強力とあって注目度は凄まじく、これからの育毛剤の主流の成分になると期待されています。

アカツメクサ花エキスにはプロペシアの主成分フィナステリド同様に5αリダクターゼ(5α還元酵素)を阻害しハゲの原因ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるという作用があります。

またアセチルテトラペピチド-3には細胞の修復・活性化作用があり毛包をしっかりと維持し成長の手助けをするとともに抜け毛を予防するため、アカツメクサ花エキスとの相乗効果は相当なもの。

そんな注目成分という事もあってかキャピキシルは高価な成分となっており、これが普及の足を引っ張っている感も否めません。

発酵熟成プラセンタ

キャピキシル育毛剤に使われる代表的な成長因子として馬プラセンタが挙げられますが、ザスカルプ5.0Cのプラセンタは希少な発酵熟成プラセンタを使用。

ザスカルプ5.0Cの発酵熟成プラセンタ

アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含む上にEGFやFGFといった成長因子も豊富で、発酵熟成プラセンタだけでも大きな効果が期待できます。

オクタペプチド-2

オクタペプチド-2とバルジ領域 オクタペプチド-2は毛穴の中ほどに存在するバルジ領域に働きかけ発毛を促します。

このバルジ領域は毛母細胞や毛乳頭細胞の元となる「幹細胞」を作り出す器官で、バルジ領域の活性化が育毛のカギになると見られています。

近年はバルジ領域を破壊して体毛などを脱毛する方法が取り入れられるなどしており、その逆の働きをするオクタペプチド-2によってバルジ領域を活性化、毛母細胞や毛乳頭細胞の生成・分裂を強力に手助けします。

オリゴペプチド-41

オリゴペプチドア-41は「KGF様ペプチド」とも呼ばれ、頭皮に塗布すると毛乳頭細胞を活性化し頭皮がやわらかくなるなどの改善が期待できる成長因子。

高い効果を持つわりに使われている育毛剤が少ないとあって、ザスカルプ5.0Cを使う一つの理由になり得る成分と言えるか。

センブリエキス・グリチルリチン酸2K

男性用育毛剤の多くに有効成分として配合される基本中の基本、定番中の定番成分で、目新しさは決してないものの高い信頼性と実績を誇り、頭皮の保湿と同時に抗炎症作用によって頭皮環境を改善します。

有効成分として配合されているわけではないため、それほど多くは使われていないでしょうが、これらが入っていると安心感が増すのも確か。

モンドセレクション金賞を2年連続で受賞

キャピキシル配合の育毛剤としては珍しくモンドセレクション金賞を受賞しており、キャピキシルを開発したカナダのLucas Meyer Cosmetics社から正式に認められている正規商品でもあり、商品の信頼性は相当高いと言えます。

モンドセレクション自体はさほど格式の高いものではないものの、キャピキシル育毛剤は厳密には「化粧品」というくくりであるためイクオスチャップアップなどの育毛剤に比べ基準が甘いという事実があります。

それを補う上で完全な第三者機関の審査であるモンドセレクションは非常に有効な手段と考えられ、キャピキシル育毛剤で唯一金賞を2年連続受賞しているというのは心強いと思います。

THESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)に副作用は?

科学的な成分を多量に使っている発毛剤と違い天然成分が多いザスカルプ5.0Cは基本的に副作用の心配はいりまません。

様々な成分が入った育毛剤ですから「100%かゆみやかぶれが出ない」とは言い切れないものの、香料や界面活性剤、着色料などの使用を抑え、エタノールなど頭皮の乾燥を引き起こす恐れのあるものの使用も極限まで抑えています。

ザスカルプ5.0Cの副作用

炎症を抑えたり潤いを与えたりといった成分も多く含まれており、ザスカルプ5.0Cの使用はむしろ頭皮の環境を改善する方向に働くため肌の弱い人も安心して使っていくことができます。

他の育毛剤に比べザスカルプ5.0Cの価格は?

さて、気になるTHESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)の価格。

BOSTON」や「Deeper3D」といったキャピキシル配合の育毛剤5種と比べてみたいと思います。

まずは単品から。

商品名 内容量 使用期間 価格
ザスカルプ5.0C 80ml 1ヶ月 15,000円(税込)
Deeper3D 60ml 1ヶ月 14,100円(税込)
バイタルウェーブ 60ml 1ヶ月 11,800円(税込)
フィンジア 50ml 1ヶ月 12,800円(税込)
ボストン 60ml 1ヶ月 15,984円(税込)
(2017年9月現在)    

単品価格ではやはり高いと言わざるを得ないキャピキシル育毛剤の中でもTHESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)は高額な部類で、さすがに15,000円とかになるとおいそれと手が出せません。

しかし定期コースになると…

商品名 内容量 使用期間 価格
ザスカルプ5.0C 80ml 1ヶ月 10,000円(税込)
Deeper3D 60ml 1ヶ月 13,360円(税込)
バイタルウェーブ 60ml 1ヶ月 8,200円(税込)
フィンジア 50ml 1ヶ月 9,980円(税込)
ボストン 60ml 1ヶ月 13,824円(税込)
(2017年9月現在)    

定期コースになると10,000円と一気に安い部類に入り、バイタルウェーブを除けば最安レベルと言っていいほど。

しかもザスカルプ5.0Cは定期コースを続ければ続けるほど安くなっていくという特徴があり…

ザスカルプ5.0Cの定期コース

このように4回目から9,500円、8回目から9,000円となり、12回目…つまり1年続けると以降は8,500円とバイタルウェーブに迫る価格になってきます。

バイタルウェーブはキャピキシルとリデンシル、そして6種の成長因子を配合するも、育毛成分はほぼそれだけとなっていますので、育毛の総合力という面ではザスカルプ5.0Cに軍配が上がります。

しかもザスカルプ5.0Cの場合全額返金保証は定期コースや単品買いに関わらず60日2本までの適用と男性育毛剤としてはかなり良心的で、ちょっと試すにしても定期コースを選ばない理由はありません。

全額返金保証の詳細

次に取り上げるのはザスカルプ5.0Cの「全額返金保証」。

他のキャピキシル系に目を向けると、BOSTONの返金保証は期間こそ180日ですが、適用できる本数は1本のみと「180日必要ないじゃん」と突っ込みたくなる内容ですし、Deeper3Dは14日と非常に短い中でザスカルプ5.0Cの全額返金保証はかなり頑張っており、以下がその条件等になります。

  • ■適用期間は商品到着から60日以内
  • ■全額返金保証を利用できるのは、初回購入に限る
  • ■返金制度を利用した場合、以後同商品をご購入できない
  • ■事前の電話連絡が必要
  • ■使用途中のTHESCALP5.0Cボトルと箱、納品書の3点を送付する
  • ■2本分の返金希望の場合はボトル、箱、納品書すべて2つずつ送付
  • ■返品時の送料は客負担
  • ■返金の際の振り込み手数料は客負担/li>

チャップアップなど中には全額返金保証を適用すると事務手数料1,000円を差し引いたりする場合もある中、THESCALP5.0Cの全額返金保証は最低限の送料と手数料しか差し引きませんし、60日間2本まで適用というのはかなり良心的です。

私が男性にもおすすめしているマイナチュレの180日6本まで対象の全額返金保証に比べればさすがに見劣りはするものの、ザスカルプ5.0Cの全額返金保証は男性用育毛剤の中ではもっとも良心的といえるでしょう。

ザスカルプ5.0Cにデメリットは?

ここまで主にメリットを書いてきましたが、じゃあデメリットはどうなのか?

良い面ばかりをピックアップし悪い面を包み隠していては、その辺の企業広告と一緒になってしまいますので、ザスカルプ5.0Cの悪い面やデメリットも書いておきましょう。

キャピキシル以外の目玉成分がない

キャピキシルを用いた育毛剤は全体的に高価である分、それ以外にも目玉となる成分を配合している場合が多くなります。

代表的なものはミノキシジルに分子構造が酷似していることから「ミノキシジル誘導体」と呼ばれるピディオキシジルを配合したフィンジアや、「ミノキシジルの2倍の効果」を謳うリデンシルを配合するDeeper3Dなど。

一方、ザスカルプ5.0Cは成分の数こそ多いものの、高い訴求効果がある成分はキャピキシル以外に存在しないのは明らかにインパクト不足です。

とはいえ、チャップアップやイクオスなど人気の育毛剤に含まれる定評のある成分を多く含んでいるので、定番成分+キャピキシルという、従来の育毛剤から大きく成分を変えないままキャピキシルを配合したという安心感がちょうどいいのか。

価格が高め

上の項目とも少しかぶるのですが、成分的に従来のもの+キャピキシルというのであれば、価格的にちょっと高い気がします。

従来の育毛剤と比較すると、イクオスなら育毛サプリメントが付いて定期コースが7,538円、チャップアップも育毛サプリ付きで9,090円。それに対してザスカルプ5.0Cはキャピキシルを配合しているだけでサプリメント無しの10,000円。う~ん…

加えて内容量もイクオス・チャップアップが120mlなのに対してザスカルプ5.0Cは80ml。キャピキシルが高価なのは分かるが、もう少しお得感が出ると使いやすいのだが。

容器が超安っぽい

これはチャップアップにも言えることだが、10,000円もする育毛剤なのだからもう少し高級感なり質感なりを演出した容器にならなかったものか他のキャピキシル育毛剤と比べても明らかに安っぽい

ハッキリ言って100均で買えるレベル。原価は10円くらいか?

その分価格を抑えているのかもしれませんが、この超安っぽい容器で10,000円とか言われると萎える。中身も安っぽい印象になってしまう恐れがあるので、もう少しどうにかしてくれと声を大にして言いたい。

THESCALP5.0C(ザスカルプ5.0C)の総評・まとめ

キャピキシルを用いた育毛剤はイクオスなどに代表される一般的な育毛剤とは成分構成が大きく異なることが多く、キャピキシル以外にピディオキシジルやリデンシル、成長因子を配合するものが多くなっています。

しかしザスカルプ5.0Cはキャピキシル育毛剤でありながら多くの育毛成分を配合する従来のものに近い性質もあり、これまでチャップアップなどを使っていた人も比較的スムーズに移行できます。

デメリットも書きましたが、価格面、内容量、全額返金保証などもキャピキシル育毛剤としては非常に良心的なものになっていますので、初めてキャピキシルを使ってみるという方にはうってつけの育毛剤と言えるでしょう。

ただひとつ、あのチャップアップレベルの安っぽい容器はどうにかならないのか…他のキャピキシル育毛剤に比べ内容量が多いからまだいいものの…

ザスカルプ5.0Cの公式サイトへ≫

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧