チャップアップはポラリスNR-10を超えたか?

最強外用薬ポラリスにチャップアップが挑む

ポラリスとチャップアップの比較

高い効果を示す育毛剤として世界的に使用されているミノキシジル外用薬の中でも「最強」と名高いのがポラリスNR-10。そんな最強外用薬と日本で人気のチャップアップを比較したらどういった結果になるのか?

日本においてミノキシジル外用薬といえばリアップX5プラスが有名ですが、ミノキシジル濃度5%のリアップX5に対してなら効果で引けを取らないばかりか、色々とメリットも目立つチャップアップ。

しかし、ポラリスと比べたらどうなのか気になるところですよね。

ここでは様々な面からこの2つの育毛剤を比較していきたいと思いますので、今どちらかを使っている人はもちろん、育毛剤選びに迷っている人もぜひ参考にしてみて下さい。

ポラリスとは?

すでに育毛剤を使っている人にとっては比較的馴染み深いポラリスとチャップアップですが、これから使おうという人にとっては、これらがどういったものなのか分からない場合も多いともいますので、軽く商品概要を書いておきましょう。

まずはポラリスから。

ポラリスはアメリカの製薬会社が製造する育毛剤で、高い発毛効果があるミノキシジルを配合しています。その濃度によってNR-07~NR-11まで存在し、最も濃度の低いNR-07は日本のリアップX5と同じミノキシジル5%。

一方、最も濃度が高いのが16%を配合するNR-10で、これ以上高濃度のミノキシジル外用薬は世界中見渡しても存在しないため、ポラリスNR-10は「最強の外用薬」と呼ばれています。

ここでの比較では当然このNR-10を対象に話を進めていきます。

チャップアップとは?

一方のチャップアップは世界的に発毛効果が認められたミノキシジルとは違い、主に自然由来の成分を数多く配合しており、その数は業界でも屈指の約65種。

ほとんどの人が選択する定期コースでは5,000円以上する育毛サプリメントが付くなどお得感もあり、ネットを中心に販売している育毛剤の中でNo.1の人気を誇っているため、育毛剤に少しでも興味がある人は名前くらい聞いたことがあるかと

医薬品で副作用のリスクもあるミノキシジルに対し、チャップアップは医薬部外品で副作用の心配がないのも大きなメリット。

しかし、医薬部外品であるがゆえに、効果への信頼性は医薬品のミノキシジルに遅れを取っているのも事実で、否定的な意見も散見されます。

とはいえ、チャップアップは幾度かのリニューアルを経て確実に進化していますので、今回はあえて最強と呼ばれるポラリスNR-10と比較してみようと思い立った次第です。

ポラリスとチャップアップの全成分比較

では、ここから具体的な比較をしていきましょう。

育毛剤の効果を量るにはどんな成分が入っているのかを見ていく必要があります。ポラリスNR-10はミノキシジルばかりが注目されがちで、他にどういったものが入っているのか分からないという人も多いと思いますので、チャップアップと併せて全成分を見てみます。

ポラリスNR-10 チャップアップ

ミノキシジル16%
フィナステリド0.1%
アロエベラジェル
オレイン酸デシル
ベニバナ油
グリセリン
ステアリン酸グリセリル
リン脂質
(リポスフィア)
スクワラン
セチルアルコール
グルコース
マグネシウムアスパラギン酸スクロース
グルタミン酸
アスパラギン酸
ヘキシルニコチン酸
小麦胚芽油
加水分解植物性タンパク質
パルミトイルオリゴペプチド
プロシアニジンB-2
アセチルグルタミルヘプタペプチド-3
可溶性マリンコラーゲン
加水分解エラスチン
D-パンテノール
高麗人参エキス
グアーガム
アラニン
アラントイン
パルミチン酸レチニル
パルミチン酸アスコルビル
ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド
血管内皮増殖因子(VEGF)
オリーブバター
グリコサミノグリカン
フェノキシエタノール
クロロフィル
キャロットオイル
ソルビン酸カリウム
安息香酸ナトリウム
銅ペプチド
クエン酸


センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
塩酸ジフェンヒドラミン
精製水
濃グリセリン
シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
エタノール
D-パントテニルアルコール
フェノキシエタノール
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
ラウリルジメチルアミンオキシド液
ビワ葉エキス
海藻エキス(1)
ボタンエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス(1)
ヒオウギ抽出液
クロレラエキス
オウゴンエキス
ローマカミツレエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
ニンジンエキス
サクラ葉抽出液
乳酸ナトリウム液
L-ピロリドンカルボン酸
L-アルギニン
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
L-アスパラギン酸
水酸化ナトリウム
グリシン
L-アラニン
L-セリン
L-バリン
L-プロリン
L-スレオニン
L-イソロイシン
L-ヒスチジン
L-フェニルアラニン
ジオウエキス
カモミラエキス(1)
ショウキョウチンキ
ダイズエキス
1,3-ブチレングリコール
ドクダミエキス
チョウジエキス
マロニエエキス
ウメ果実エキス
チンピエキス
センキュウエキス
トウキエキス(1)
グルコシルヘスペリジン
油溶性マサキエキス
イチョウエキス
セイヨウサンザシエキス
サンザシエキス
タイソウエキス
グレープフルーツエキス
リンゴエキス
オレンジ果汁
レモン果汁
ライム果汁
キイチゴエキス
キウイエキス
スターフルーツ葉エキス
セイヨウナシ果汁発酵液
ユズセラミド
L-グルタミン酸ナトリウム
塩酸リジン
冬虫夏草エキス
トマトエキス
ヘマチン液
クエン酸ナトリウム
無水クエン酸
無水エタノール

成分の数的にはチャップアップが圧倒しているものの、 リアップX5の3倍強となるポラリスのミノキシジル16%は強烈の一言。

それぞれの注目成分を見てみると…

■ポラリスの注目成分1:ミノキシジル

本来、高血圧の人の血圧を下げるための血管拡張剤であるミノキシジルですが、服用した人の多くに髪の毛含め全身の毛が濃くなる「多毛症」の副作用が見られたため、後に発毛剤に転用された歴史がある成分。

元々持っている血管拡張作用に加え、毛母細胞の分裂・増殖を促し発毛させる効果がある成分ながら、内服薬の発毛剤として使用すると低血圧やめまい、心臓への負担などの副作用が懸念されるため、外用薬として使われることが多くなりました。

頭皮に塗布する外用薬としても一定の効果が見込め、その濃度が16%ともなるとそれなりの高い効果も期待できますが、副作用の少ない外用薬だとしてもこれだけ高濃度になるとある程度の副作用リスクは想定しておくべき。

発毛効果は高いが副作用リスクも高い諸刃の剣的な成分と言えます。

■ポラリスの注目成分2:フィナステリド

薄毛の救世主であるプロペシアの成分「フィナステリド」は内服薬として使うのが一般的ですが、ポラリスNR-10はそれを外用として使用する珍しい育毛剤。

男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成に関与する5αリダクターゼの働きを阻害しDHTの数を抑制する効果があります。

外用薬として使われることがほとんどない成分であるため、効き目に関しては未知数な部分が多いものの、外用薬ながらミノキシジル+フィナステリドという発毛剤定番の組み合わせがこれ1つで実現できるというのは魅力的。

この辺も「最強」と呼ばれる所以か。

■ポラリスの注目成分3:血管内皮成長因子(VEGF)

血管を増やす作用がある成長因子の1つで、高価なキャピキシル育毛剤やハーグ療法で使われることが多い成分。

血管のない場所に新たな血管を作り出し血行を促進させる作用があるため、ミノキシジルの血管拡張作用との相乗効果が期待できるでしょう。

■チャップアップの注目成分1:M-034

チャップアップの成分としてまず思い浮かぶのが「M-034(海藻エキス1)」です。

チャップアップのM-034

ミノキシジルと同等の効果があるとする上図は非常に有名で、チャップアップの人気を確固たるものにした原動力となりました。

化学的に合成して作られるミノキシジルと違いM-034はミツイシコンブ由来の天然成分であるため、副作用のリスクがないというのも大きな特徴。

■チャップアップの注目成分2:オウゴンエキス

発毛成分フィナステリドと同様にDHTを生成する5αリダクターゼの働きを阻害するとあって、薄毛の改善効果が期待できるオウゴンエキス。

同時に抗炎症作用や抗アレルギー作用もあるため、頭皮の環境改善にも一役買うという、育毛剤における万能成分。

■チャップアップの注目成分3:ビワ葉エキス

ビワの葉は万能薬として長年使われてきた歴史があり、炎症を抑えたり皮膚の修復能力を促進させたりと薄毛気味の頭皮にとっても重要な役割を果たしてくれます。

髪の毛の成長を促すFGF-7という成長因子を増やす作用も報告されているなど、美容や健康はもとより近年は育毛分野でも注目を集めています。


いくつかの注目成分を見てきましたが、ポラリスのミノキシジル16%とフィナステリド0.1%という強力な組み合わせに比べると、チャップアップの成分はやや弱い印象を受けてしまいます。

医薬部外品である育毛剤の成分というのは医薬品と違い、一つひとつにそれほど強い効果はなく、多くの天然由来成分を組み合わせることによる相乗効果で効果を発揮する「漢方」のようなもの…といったところでしょうか。

実際、グリチルリチン酸ジカリウム(甘草)やセンブリエキス、ニンジンエキスなど漢方で用いられる多数の成分が入っていますしね。

強力な作用を持つ医薬品成分で一点突破を図るポラリスと、多くの天然由来成分による相乗効果により効果を発揮するチャップアップといったところ。

チャップアップの強みは育毛サプリメントか

育毛剤同士を比べるとやや見劣りしてしまうチャップアップですが、ほとんどの人が利用する定期コースには高機能な育毛サプリメントが付属するという大きな強みがあります。

その成分を見てみると…

チャップアップサプリ
成分
ノコギリヤシエキス
フィーバーフュー
亜鉛酵母
唐辛子
イチョウ葉エキス
L-シトルリン
キダチアロエ
ローズマリー
シャンピニオンエキス
マカ末
チオクト酸
ケイヒ
オート麦地上部エキス
セルロース
ステアリン酸Ca
チャ抽出物
ヒアルロン酸
L-ヒスチジン
L-プロリン
L-フェニルアラニン
微粒酸化ケイ素
ビタミンC
ナイアシン
ビタミンE
パントテン酸Ca
ビタミンB2
ビタミンB1
ビタミンB6
ビタミンA
葉酸
ビタミンD
ビタミンB12

この中には育毛サプリメントの定番成分であるノコギリヤシや亜鉛、唐辛子に加え、アミノ酸やビタミンB群といった育毛に欠かせない成分がしっかりと入っていて、体の中からも育毛に取り組めるメリットがあります。

中でも「ノコギリヤシ」は、プロペシアの主成分であるフィナステリドと同様に5αリダクターゼの阻害効果があり、ヨーロッパではフィナステリド同様前立腺肥大症の治療薬として処方されているという実績ある成分。

また、普段の食事では不足しがちな「亜鉛」は、髪の毛の99%を構成するケラチンというたんぱく質を18種のアミン酸から合成する上で絶対に欠かせないミネラル。毛母細胞の分裂や増殖も促進させるとあって、ほとんどの育毛サプリメントに配合されています。

同じく、細胞分裂や新陳代謝を促したり、ケラチンの生成を助けたりといった作用があるビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸といったビタミンB群も豊富。

育毛剤だけの比較であればポラリスに軍配が上がりますが、体の内側から発毛を促進させる育毛サプリメントの存在によってチャップアップは効果の底上げを行っており、甲乙つけがたいレベルにまで達していると思われます。

頭皮に塗布するだけではどこまで浸透するか不透明な点もあることから、内側から確実に効くサプリメントの存在は大きいと言えるでしょう。

ポラリスとチャップアップの副作用

多くの人が気にしているであろう育毛剤の副作用ですが、この比較に関してはチャップアップの圧勝になります。

というのも、上でも少し書いたように医薬品のミノキシジルは元々が血管拡張剤であり、血管を拡げて血圧を下げようとする作用が強いから。

外用薬とし使用することによりそのリスクをかなり軽減しているものの、頭皮から吸収されて発毛効果を発揮する以上、低血圧やそれに伴う心臓への負担、めまい、動悸といった副作用リスクが付きまといます。

まして、一般的なミノキシジル外用薬の3倍強の濃度なわけですから、強い効果を得る代わりに一定の副作用リスクは覚悟しておく必要があるでしょう。

また、0.1%配合されているフィナステリドに関しても、内服すれば勃起障害や性欲減退といった副作用が現れる可能性がある成分ですから、これらの副作用がでないとも限らない点に注意。

一方のチャップアップは成分のほとんどが天然由来成分である上に、一つひとつの量はそれほど多くないため、副作用のリスクはほとんどありません。出たとしても、頭皮のかゆみ程度のものになります。

育毛サプリメントも同様で、副作用のリスクになるようなものは入っていません。ただ、ノコギリヤシに関してはフィナステリドに近い作用があるので、性欲減退の副作用が出たという意見が一部あるのも事実。

基本的にそのリスクは低いものの、心配な人は一応留意しておいて下さい。

価格の比較は?

効果や成分・副作用と来て、次に気になるのはやっぱり価格ですよね。

ポラリスは海外製とあって購入の際には為替相場の影響を多少受けるので、こまめに価格が変化していると前置きした上で、現時点での価格を比較してみると…

商品名 送料 内容量 価格
ポラリスNR-10 無料 60ml 5,180円
チャップアップ単品 660円 120ml 7,400円
チャップアップ定期 無料 120ml+36g 9,090円
※すべて税込(2017年8月現在)  

価格面ではポラリスNR-10に軍配が上がります。

育毛剤単品購入では約2,200円、サプリメントが付く定期コースと比べると約4,000円の差が開いてしまうため、効果の高さと価格を考えたらポラリスNR-10という選択になるでしょうか。

ただ、チャップアップの定期コースは5,000円以上する育毛サプリメントが付いてこの価格ですし、育毛剤の内容量も倍となっていますので、パッケージで考えると非常にお得なのも確か。

効果や価格を重視するならポラリスNR-10、副作用に対する懸念があり育毛サプリメントに価値を感じるならチャップアップがおすすめ。

全額返金保証があるチャップアップの強み

最後になりますが、チャップアップには全額返金保証が付くというメリットも。

ネットを中心に販売する日本の育毛剤はそのほとんどに一定期間の全額返金保証が付いていますが、チャップアップのすごいところは期間が「永久」である点。

チャップアップの永久返金保証

対象は最初の1本のみながら適用期間は永久であるため、万が一肌に合わなかったときはもちろん、数年後に何らかの理由でチャップアップの使用を止めるといったケースでも、これを適用することで最初の1回分の購入代金が返ってくることになるのです。

30日や45日という期間に限った全額返金保証が多い中、この永久保証というのは規格外であり、今のところチャップアップ以外に永久返金保証制度を敷いている育毛剤は存在しません。

もちろん、海外製の育毛剤であるポラリスに返金保証はありません。

ポラリスとチャップアップ比較のまとめ

ポラリスとチャップアップについて長々と書いてしまい「読んでらんねーよ」という人もいると思いますので、最後に簡単な概要を。

ポラリスNR-10 チャップアップ
内容量 60ml 120ml
使用期間 1ヶ月 1ヶ月
成分量 約30種 約65種
サプリ成分量 32種
サプリ内容量 300mg×120粒 36g
単品価格 5,180円 7,400円
定期コース 9,090円
定期コース初回 9,090円
定期サプリ ×
全額返金保証 永久
(2017年8月現在)  

育毛剤のみで効果を比較した場合、より多くの人に効果が出るのはポラリスNR-10であることは間違いなく、「とにかく効果の高いものを」と考えている場合は価格の安さを含めこちらをおすすめします。

ミノキシジル+フィナステリドという発毛成分が主であることから作用も市販の育毛剤とは全く違うため、これまで育毛剤で効果を実感できなかったという人に特にポラリスを使ってみるべきでしょう。

ただ、強い効果であるがゆえに副作用のリスクが付きまとうのも確かなので、それが心配な方、育毛剤は初めてという方であれば、多くの天然成分と育毛サプリメントにより体の内外から育毛させるチャップアップがおすすめ。

育毛剤が効くかどうかというのは相性や個人差も大きいため、どちらも「確実に効果がある」とは言い切れないものの、現状ではポラリスNR-10は最強の外用発毛剤と言いきれますし、チャップアップは育毛剤の中でもトップクラスの機能を有している、いわば頂上対決。

育毛剤が初めてというならチャップアップ、これまで育毛剤が効かなかったというならポラリス、逆に発毛剤で効果がなかった、もしくは副作用がきつかったというならチャップアップというように、ご自身の状況に合わせて適切な選択をするようにして下さい。

チャップアップの詳細

【追記】ポラリス販売終了でフォリックスへ

他の追随を許さないミノキシジル濃度によって人気を集めたポラリスシリーズですが、商品の確保が難しいとのことで2017年8月から取り扱う個人輸入業者が減少してきました。

今後はほぼ同成分である「フォリックスシリーズ」に移行することが発表されており、これからはこちらが主流になりそうです。

フォリックスシリーズはポラリスシリーズとほぼ同じ成分を使用し、高い浸透力を実現する「リポスフィアテクノロジー」もポラリス同様に採用していることから、何らかの繋がりがある企業と推測されます。

ポラリスと違い商品名の数字はミノキシジル濃度を示すようになり、気になる価格も完全同価格での提供になりますので、今後はこちらを使用していただければと存じます。

フォリックスFR16の詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧