フィンジアを使ってみて分かった効果とその評価

そもそもフィンジアってどんなもの?

フィンジアの特徴

フィンジアについては前のページで詳しく解説しているので、そこからこのページに来た方ならすでにどんなものか理解していると思いますが、検索などでこのページに飛んできた方はよく分からないという方もいらっしゃると思いますので、まず簡単にフィンジアについておさらいしておきます。

フィンジアは2015年の夏ごろに発売された新しい育毛剤で、ミノキシジルの3倍の育毛効果を持つ「キャピキシル」と、ミノキシジルに非常に似た分子構造を持ち同様の効果を期待できながらも副作用の心配がない「ピディオキシジル」を配合しているのが最大の特徴です。

キャピキシルとピディオキシジルの特徴

上図左はミノキシジルに対するキャピキシルの有効性を、上図右はミノキシジルとピディオキシジルがいかに似た分子構造を持つかを示したもの。

フィンジアはキャピキシル配合育毛剤としては後発という事もあってキャピキシルは他の製品と同じ5%配合ながら非常に注目されながらこれまでBOSTON(ボストン)にしか配合されなかったピディオキシジルをフィンジアでは業界最大となる2%配合し、しかも他のキャピキシル育毛剤より安く提供され発売から非常に高い人気を誇っております。

2015年12月にはあまりに人気のため公式サイトにお詫びが掲載される事態となっており、ここからも高い人気が伺えます。

フィンジア 品薄

■フィンジアは5%のキャピキシルと業界最大量のピディオキシジル配合
■価格は他のキャピキシル育毛剤に比べ安い

フィンジアの外観は圧倒的な高級感と存在感

まず実際に注文して商品が届き開封してみた感想は「思った以上にコンパクト」というもの。

フィンジア 開封

箱自体も25cm×15cm×12cm程度の小さいものでしたが、その中に控えめに鎮座しているフィンジアはさらに小さく全長15cmくらいでしょうか。

内容量50mlという事を考えれば小さいのは当然とも言えますが、一方で小さい身体から放つ高級感は相当なものを感じました。
フィンジアの外観
画像では伝わりづらいと思いますが、ツヤを消したマットブラックな箱とツヤッツヤの本体、金の印字は他の育毛剤に比べても非常に高級感があり、惚れ惚れするレベル。

「そんな所に力を入れてどうする」という意見もあるとは思いますし、質感を捨て去り効果のみを追求するチャップアップイクオスのような方向性も正しいとは思いますが、フィンジアの外観から発する圧倒的な存在感を目にすると「やっぱり外観は良いに越した事はないのかな?」と感じさせます。

もちろん外観ばかりのこだわっているのは問題外ですが、最初に触れたようにフィンジアはキャピキシル育毛剤としてスタンダードな5%のキャピキシルと業界最大となる2%のピディオキシジルを配合し、かつ価格は他のキャピキシル育毛剤より抑えている訳ですから見た目重視でない事は明らかです。

■フィンジアは他の育毛剤を凌駕する高級感と存在感

フィンジアの臭いや肌触りなどの使用感は?

ではここから育毛剤において一番重要となる使用感や効果などを取り上げて行きたいと思います。

フィンジアが届いてからまず色や粘度などを確認しようと手のひらに直接2、3プッシュしてみたのものの、勢いがありすぎて手のひらのフィンジアを吹き飛ばしてしまいました。(もったいない…)

手のひらに取って頭皮に塗るか、直接頭皮に噴射するかは育毛剤によって異なりますが、フィンジアは頭皮に直接塗布するタイプで商品に付属した使用方法では下図のように5~10プッシュを推奨しています。

フィンジア 使用方法

実際にプッシュしてみると本体の大きさの割に1プッシュでそこそこの量が出ますから画像のようにM字部分だけであれば片方2、3プッシュでも十分であると感じた一方、頭頂部など広い範囲であれば5プッシュは必要になりそうです。

臭いに関しては、出した直後は若干アルコールの臭いがしたものの、徐々にアルコール臭は消えほのかなメントールの香りが残ります。

そのメントールの香りも10~20分もすれば消えてしまうので、出勤前など朝の使用でも臭いが気になるような事はありません。

液の色はほぼ無色であり思った以上にサラサラで、塗った後に髪の毛がゴワゴワしたりベトベトしたりといった事はなく、臭いも合わせて使用感は良好です。

■1プッシュで出る量は少なくないが広範囲の使用ではそれなりの回数が必要
■臭いは若干のアルコール臭とメントールの香りがあるものの短時間で消える
■液の肌触りはサラサラで塗った後のゴワゴワ感やベトベト感はない

実際にフィンジアを使ってみた効果や感想

フィンジアを使うにあたり使用中のミノキシジル外用薬であるカークランドを止めフィンジアにバトンタッチしました。

フィンジアを使用し1ヶ月ほど経って感じた事は、育毛剤を乗り換えた際に起こる事のある「初期脱毛」に関しては全く感じる事なく、スムーズに移行できた点。

我々ハゲにとって育毛剤乗り換えの際の初期脱毛は「このまま戻らなかったらどうしよう…」と不安にさせる恐ろしいものですから、これが無いのは精神衛生上非常に助かり初期脱毛の不安やストレスによる脱毛も防いでくれ一石二鳥…なのか?

効果に関しては、これを書いているのがフィンジア使用2ヶ月弱なのでハッキリとした効果はまだ見えないものの、医薬品であるリアップX5と同様にミノキシジルを5%配合する発毛剤のカークランドからの乗り換えでも効果が落ちた感は一切なく、一方でミノキシジル外用薬で感じがちなかゆみなどの副作用もフィンジアでは感じず、使用感や効果のほどは非常に良好です。

フィンジアについては少なくとも効果の有無がハッキリする3~6ヶ月間は使ってみるつもりなので、もう少し経って効果などを実感したあたりで記事を追記する予定です。

■ミノキシジル5%配合の発毛剤に比べても効果が落ちた感じはない
■ミノキシジル外用薬などにあるかゆみやかぶれなどの副作用は一切感じない

価格や効果から見たフィンジアの最終的な評価

まずはフィンジアの価格を見てみます。

商品名 内容量 使用期間 価格
単品購入 50ml 1ヶ月 12,800円(税込)
3本まとめ買い 50ml×3 3ヶ月 34,800円(税込)
定期コース 50ml 1ヶ月 9,980円(税込)
(2015年12月現在)    

フィンジアを一番安く購入できるのは私も使っている「定期コース」で約1万円。

キャピキシル外用薬としては一番安いフィンジアですが、ミノキシジルを5%配合するリアップX5の約7,000円と比べても割高感は否めませんし、非常に人気の高い育毛剤でノコギリヤシや亜鉛が配合されたサプリメントが付くチャップアップ(9,090円)やイクオス(6,800円)の定期コース価格に比べても高いと言わざるを得ません。

しかし現在非常に高い人気を誇る育毛剤が多く採用するミツイシコンブから抽出される「M-034」はミノキシジルと同等の育毛効果があるとされていますが、フィンジアに配合されるキャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果。

まだデータが出揃っていない感のあるピディオキシジルについても徐々に評価が上がり注目されると思われ、比較的新しい成分であるがゆえに実績という面で劣るキャピキシルやピディオキシジルですが、非常に高い将来性を感じるため私はもうしばらくフィンジアを続けていこうと思います。

現在の人気はM-034配合育毛剤ですが、キャピキシルやピディオキシジルは次世代の育毛剤の主力成分になる可能性が高いので、興味のある方は両成分とも高い配合量を誇り価格も抑えめなフィンジアを試してみて下さい。

キャピキシル配合「フィンジア」の詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧