イクオスサプリEXとぐんぐんを徹底比較

イクオスサプリEXとぐんぐん、使うべきは?

イクオスサプリEXとぐんぐん

薄毛人口の増加や育毛業界の進歩に伴って育毛サプリメントが注目を集めており、中でもイクオスサプリEXは比較的安価な価格設定と豊富な成分で人気ですが、同じく安価なぐんぐん(GUNGUN)と比べるとどうなのでしょうか?

ぐんぐんは育毛サプリメントとしてはかなり安い部類に入るため、使ってみようかと迷っている方、今現在使用している方などもいらっしゃると思いますが、 安いだけに各成分の含有量には一抹の不安を抱いてしまうもの。

一方、イクオスは育毛剤+サプリメントの定期コースを利用する人がほとんどであるため、「イクオスサプリEXはおまけ」という印象を抱いている人も多いでしょう。ただイクオスサプリEXは単品販売もしている高性能サプリだったりするのです。

人気のイクオスサプリEXとぐんぐん、改めて成分や含有量を比べ効果を検証した場合、どちらが勝るのか調べてみたいと思います。

イクオスサプリEXとぐんぐんの成分

育毛サプリメントの効果を検証する上で「どんな成分が入っているか」は最も重要な要素となりますので、イクオスサプリEXとぐんぐんの全成分を比べてみたいと思います。

イクオスサプリEX ぐんぐん(gungun)

ノコギリヤシ種子エキス末
亜鉛含有酵母
フィッシュコラーゲンペプチド
ダイズ抽出液(イソフラボン含有)
ヒハツエキス末
ミレットエキス末
イチョウ葉エキス末
L-リジン
L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
L-メチオニン
L-フェニルアラニン
L-トレオニン
L-トリプトファン
L-ヒスチジン
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンC
葉酸
L- シスチン
ヒアルロン酸
フィーバーフュー乾燥エキス
カプサイシン
L-アルギニン
高麗人参エキス
ガニアシ
ケラチン加水分解物
αリポ酸
生姜エキス
ヨモギエキス
根昆布末
食用酵母
コエンザイムQ10
結晶セルロース
サイクロデキストリン
ステアリン酸Ca
微粒二酸化ケイ素
糖転移ビタミンP


ノコギリヤシエキス未
還元麦芽糖水飴
デキストリン
菊芋
コラーゲンペプチド(ゼラチン由来)
根昆布末
大豆抽出物(イソフラボン含む有)
高麗人参抽出物
香辛料
粉末セルロース
L-アルギニン
VC
L-リジン塩酸塩
ナイアシン
二酸化ケイ素
ステアリン酸Ca
パントテン酸
L-ロイシン
L-バリン
L-イソロイシン
緑茶抽出物
V.B1
V.B6
V.B2
V.B12

配合している成分の量に関してはイクオスサプリEXが圧倒しているものの、これはBOSTONブブカといった、より高価な育毛サプリメントと比べても同様なのでぐんぐんが特別少ないというわけではありません。

重要なのは「育毛にしっかりとした効果がある成分がちゃんと入っているか」、「その含有量はどうなのか」なので、この2つの育毛サプリの主要な成分を見ていきたいと思います。

■ノコギリヤシエキス

もはや育毛サプリメント成分の代名詞になっている感すらあるノコギリヤシはどちらにもしっかりと入っています

ノコギリヤシは発毛剤プロペシアの主成分フィナステリド同様、男性型脱毛症(AGA)と同じくジヒドロテストステロン(DHT)が原因で引き起こされる前立腺肥大症の治療薬から育毛・発毛分野に転用されるようになった経緯があります。

男性の薄毛のほとんどを占めるAGAはDHTが原因で引き起こされ、このDHTという男性ホルモンの生成には5αリダクターゼという酵素が大きく関わっています。

この5αリダクターゼがテストステロンという男性ホルモンと結びついてDHTが生み出されるのですが、ノコギリヤシはフィナステリド同様5αリダクターゼの働きを阻害しDHTの生成を抑制する効果があります。

つまりノコギリヤシにはAGAの原因の根本を抑える効果が期待できることになるため、育毛サプリメントの定番成分として定着したのです。

■亜鉛

ノコギリヤシと並んで育毛サプリメントの定番成分である亜鉛はイクオスサプリEXにはしっかり入っているものの、ぐんぐんには配合されていません

亜鉛には新陳代謝や細胞分裂を促す作用があるため髪の毛の基となる毛母細胞や毛乳頭細胞の増殖が期待できます。

また、亜鉛は髪の毛を構成するケラチンの合成に欠かせないミネラル。日本人は亜鉛の摂取量が足りていない傾向にあり、ケラチンをしっかりと作り出すためにも育毛サプリメントにとって亜鉛は重要なのです。

亜鉛はサプリメントの中でも安価な成分なので、ぐんぐんになぜ配合されていないのか疑問を抱かざるを得ません。

■フィッシュコラーゲンペプチド

頭皮をはじめ皮膚というのは70%がコラーゲンで構成されているため、元気な髪の毛を生やす土台となる頭皮環境を整えるという意味で重要な役割を果たします。

一般的なコラーゲンは経口摂取してもアミノ酸などに分解されてしまうのですが、分子の小さいコラーゲンペプチドは分解されにくく、そのままコラーゲンとして体内で利用されることが期待できます。

コラーゲンペプチドはイクオスサプリEX、ぐんぐん共に配合されています

■イソフラボン(ダイズ抽出液)

女性ホルモンであるエストロゲンは髪の毛を成長させるうえで非常に重要なホルモンで、大豆に多く含まれるイソフラボンはエストロゲンに近い働きをします。

女性ホルモンに似た働きをするなら男には関係ないじゃん」と感じる人もいるかもしれませんが、男性にも女性ホルモンは存在していますし、そもそもエストロゲンには薄毛の原因となるDHTを抑制する効果があるため男性の育毛にも効果を発揮します。

これもイクオスサプリEX、ぐんぐん共に配合されている成分。

■ミレットエキス

穀物である「キビ」の一種であるミレットから抽出されるエキスで、アミノ酸やビタミンB群、ミネラルといった育毛に必要な栄養素を豊富に含んでいます。

髪の毛の90%以上を構成するケラチンというタンパク質は18種のアミノ酸が合成されて作られるため、アミノ酸が豊富なミレットエキスは髪の毛に良いとされます。

中でもケラチンを構成するアミノ酸の中でもっとも比率が高いシスチンが豊富なので、欧州では遥か昔から育毛剤として用いられている歴史があります。

ミレットエキスはイクオスサプリEXにしか配合されていません

■アミノ酸

ミレットエキスのところでも書きましたが、髪の毛を形作るケラチンというタンパク質は18種のアミノ酸で構成されており、その中の9種は体内で合成できず食事やサプリメントなどで摂取する必要がある必須アミノ酸

そのためより多くのアミノ酸が入っているサプリメントが理想となります。

2つの育毛サプリのアミノ酸の数を見てみると、イクオスサプリEXが11種なのに対しぐんぐんは5種と少な目。

またイクオスサプリEXにはケラチン加水分解物が配合されているため、ケラチン合成に必要なアミノ酸はすべて入っていると思っていいでしょう。


ぐんぐんは安価なサプリメントとしてはツボを押さえた成分を配合しているものの、イクオスサプリEXと比べてしまうと入っている成分の量はもちろん、その質に関してもやや厳しいと言わざるを得ません。

含有量で明暗

成分量や入っている成分ではイクオスサプリEXに軍配が上がりましたが、それぞれの含有量も気になるところですよね。

イクオスサプリEXは主要4成分の含有量を明記している一方、ぐんぐんは…

イクオスサプリEX ぐんぐん
ノコギリヤシエキス 300mg 非公表
亜鉛 12mg なし
ミレットエキス 150mg なし
大豆抽出物 100mg 非公表

ノコギリヤシは薄毛と同様にDHTが原因で引き起こされる前立腺肥大症に対する効果を検証する臨床データが主に海外で豊富に存在し、有意な改善が見られたデータの多くは1日320mg使用しているため、単体のサプリメントもこれに準じた量が配合されている場合が多くなっています。

イクオスサプリEXには300mgとこれに近しい量が入っているためDHT抑制効果は十分期待できるでしょう。

また、亜鉛に関しても成人男性の1日の推奨摂取量は10〜12mgとされているので、これも十分な量が配合されています。

イソフラボンはサプリメントなどの健康食品で摂る1日の限度量は30mgと決められており、イクオスサプリEXの「大豆抽出物100mg」にどの程度のイソフラボンが含有しているかはハッキリ分からないものの、ノコギリヤシや亜鉛同様30mgに近い量が入っているものと思われます。

一方でぐんぐんは成分含有量がすべて非公表となっており、どのくらい配合されているのかがまったく分からない。

育毛サプリメントなどオールインワンのものはこのように成分の含有量を公表していないケースも目立ちますが、量に自信があればイクオスサプリのように公表すると思いますので、ぐんぐんの含有量は1日の摂取量を満たすレベルではないのかもしれません。あくまでも推測ですが。

イクオスサプリEXとぐんぐんの価格比較

成分的にはイクオスサプリEXの圧勝という結果になりましたが、ぐんぐんは低価格が売りなだけに価格面では巻き返しを期待したいところ。

購入プラン 送料 価格
イクオスサプリEX単品 630円 7,538円
イクオスサプリEX定期 無料 4,730円
ぐんぐん単品 540円 5,980円
ぐんぐん定期 無料 3,980円
※すべて税込(2017年4月現在)  

こう見ると確かにぐんぐんの方が安いものの、送料がかからず価格面でも圧倒的にお得とあってほとんどの人が利用する定期コースでの差は750円。

この差を大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれながら、成分量や質、含有量まで考慮した場合、個人的には「たった750円しか差がないの?」とうのが本音。

イクオスサプリEXのコストパフォーマンスが良いことは間違いないものの、ぐんぐんに関してはこの成分で含有量未公表ならもうちょっと安くして欲しかったと感じざるを得ません。

イクオスサプリEXとぐんぐんの比較を終えて

元々圧倒的な安さで人気だったイクオスは2016年9月のリニューアルで育毛剤、サプリメント共に成分や内容量を大幅に増やしお得感を前面に押し出しています。

現状ではコストパフォーマンスでこれを上回る育毛剤は存在せず、それは育毛サプリであるイクオスサプリEXも同様です。

ぐんぐんが特別悪いというわけではないものの、進化を続け主要4種の成分だけ見ても個別のサプリメントレベルの含有量を誇るイクオスサプリEXと比べると明らかに分が悪いのも確か。

この2つを比べた場合ぐんぐんを多少ひいき目に見たとしてもその差は歴然で、薄毛改善を第一に考えるならイクオスサプリEXをおすすめしないわけにはいきません。

これから育毛サプリメントを使おうと考えている人はもちろん、今何らかの商品を使っていて乗り換えを検討している人も一度イクオスサプリEXを使ってみて下さい。その効果やコストパフォーマンスに驚くはずです。

イクオスサプリEXの詳細へ

天然無添加育毛剤イクオス詳細へ


当サイト育毛剤人気ランキング


育毛剤イクオス関連記事


カテゴリ一覧