育毛剤イクオスには副作用があるのか?

育毛剤には副作用が付きもの?

新イクオス、チャップアップ、ブブカの比較

イクオスといえば大人気の男性用育毛剤で、2016年9月の大幅リニューアルや同12月の定期コース大幅値下げなどを経て人気と実力を兼ね備えたものになっていますが、育毛剤であるだけに副作用は気になるところです。

というのも、かねてから発毛剤や育毛剤といったいわゆる「毛生え薬」と副作用は切っても切れない関係で、中でも発毛剤として有名なプロペシアの主成分フィナステリドやリアップなどに配合されるミノキシジルは副作用のリスクがあることでも有名です。

「ハゲや薄毛はどうにかしたい…でも副作用は気になる」

そう感じている人も多いと思いますので、ここでは多くの人が使用し、また使用したいと考えているであろう育毛剤イクオスの副作用について詳しく取り上げていきます。

発毛剤・育毛剤の主要な副作用

イクオスの副作用に触れる前に、まず発毛剤や育毛剤の使用で考えられる主な副作用について触れていきます。

■フィナステリド・デュタステリド

発毛剤や育毛剤の副作用としてまず考えられるのがAGAクリニックなどで処方されるプロペシアの主成分フィナステリドやザガーロの主成分デュタステリドのもの。

この2つは共にもともとは前立腺肥大症の薬として製造されていたもので、薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成に関わる5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する効果があります。

しかしこのDHTは性欲や生殖器の発達などに影響する男性ホルモンでもあり、フィナステリドやデュタステリドを服用すると性欲(リビドー)減退や勃起障害という副作用が出る恐れがあり、その頻度はザガーロのデータで以下のようになっています。

イクオスの副作用は?

フィナステリド、デュタステリド共に副作用の発現率は20%前後と決して低くはなく、性欲が減退したり勃たなくなったりするのは男性としてはちょっと悲しいですよね。

これを機にオナ禁を試みるという利用法もありますが…

■ミノキシジル

リアップやロゲイン、ポラリスなどの外用薬はもちろんミノキシジルタブレットのような内服用そしても使われるミノキシジルはもともと高血圧の人に向けた血管拡張剤であるため、それに起因した副作用が出る恐れがあります。

  • ■めまい
  • ■むくみ
  • ■動悸
  • ■低血圧

血管を広げるほどの強い作用を持つ薬ですから血圧は下がる傾向にあり、それに伴ってめまいなどが起きる可能性があり、また血圧低下を補おうと心臓が過度に動くことによる負担増や動悸などの恐れも。

ことが血液や血管、心臓に及ぶため副作用の質としてはフィナステリドやデュタステリドより怖いと言わざるを得ません。

これら発毛剤の副作用はそういった成分を使わない育毛剤であるイクオスとは関係ないように感じるかもしれませんが、フィナステリドやデュタステリドと同じような効果がある成分も複数配合しているため必ずしも関係ないとは言い切れないのです。

イクオスで考えられる副作用は?

イクオスはフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどの西洋医学の成分と違いほとんどが自然由来のものとなっている上に、下図のように育毛座とサプリメントで計107という多くの成分を含有するがゆえに一つひとつの量は多くなく、特定の副作用が出る可能性は非常に低くなります。

育毛剤イクオス イクオスサプリEX

グリチルリチン酸ジカリウム
塩酸ジフェンヒドラミン
センブリエキス
精製水
海藻エキス(1)
海藻エキス(5)
ビワ葉エキス
オウゴンエキス
ボタンエキス
イエローヒマラヤンラズベリー根エキス
カンゾウ葉エキス
ニンジンエキス
シラカバエキス
クワエキス
コンフリーエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス(1)
ヒオウギ抽出液
ドクダミエキス
クララエキス(1)
ベニバナエキス(1)
セージエキス
シャクヤクエキス
ジオウエキス
ダイズエキス
アシタバエキス
クロレラエキス
ローマカミツレエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
サクラ葉抽出液
天然ビタミンE
グリシン
L-アルギニン
L-アラニン
L-セリン
L-バリン
L-プロリン
L-スレオニン
L-イソロイシン
L-ヒスチジン
L-フェニルアラニン
L-アスパラギン酸
L-メチオニン
クエン酸
クエン酸ナトリウム
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
塩酸リジン
L-ピロリドンカルボン酸
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
濃グリセリン
水酸化ナトリウム
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
ヒアルロン酸ナトリウム(2)
水溶性コラーゲン液(3)
1.3-ブチレングリコール
水素添加大豆リン脂質
ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
乳酸ナトリウム液
ラウリルジメチルアミンオキシド液
フェノキシエタノール
D-パントテニルアルコール
無水エタノール
エタノール


ノコギリヤシ種子エキス末
亜鉛含有酵母
フィッシュコラーゲンペプチド
ダイズ抽出液(イソフラボン含有)
ヒハツエキス末
ミレットエキス末
イチョウ葉エキス末
L-リジン
L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
L-メチオニン
L-フェニルアラニン
L-トレオニン
L-トリプトファン
L-ヒスチジン
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンC
葉酸
L- シスチン
ヒアルロン酸
フィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク)
カプサイシン
L-アルギニン
高麗人参エキス
ガニアシ
ケラチン加水分解物
αリポ酸
生姜エキス
ヨモギエキス
根昆布末
食用酵母
コエンザイムQ10
結晶セルロース
サイクロデキストリン
ステアリン酸Ca
微粒二酸化ケイ素
糖転移ビタミンP

61種 46種

仮にこの中で副作用が考えられるとすれば、フィナステリドやデュタステリドと同じような働きをする成分、あとは亜鉛あたりになるでしょうか。

フィナステリドと同じ働きをするなら性欲減退や勃起障害のようなものが出ないとも限りませんが…

イクオスでフィナステリドの働きに近い成分は?

イクオスは育毛剤の中でも特に効果が期待されるとあってフィナステリドやデュタステリド同様に5αリダクターゼの働きを阻害したりDHTの生成を抑制したりする成分が複数配合されています。

  • ■オウゴンエキス
  • ■大豆エキス
  • ■ビワ葉エキス
  • ■クララエキス
  • ■ヒオウギ抽出液

ただ、これらは他の育毛剤でもよく使用される定番の成分ですし、公表はされていないものの一つひとつの量自体少ないでしょうからフィナステリドのような副作用が出ることはないでしょう。

あえてイクオスの成分の中で副作用の可能性があるものを挙げるのなら、それは多くの人が利用する定期コースに付くイクオスサプリEXに含まれるノコギリヤシでしょうか。

イクオスのノコギリヤシに副作用は?

イクオスサプリEXに含まれるノコギリヤシは、同じく定期コースでサプリメントが付きノコギリヤシが含まれるチャップアップやブブカと比べても圧倒的に多い300mg。

■ノコギリヤシとは

ノコギリヤシは主にアメリア南西部で採取されるヤシの一種で欧州では前立腺肥大症の治療薬として使用されています。

プロペシアなどの主成分フィナステリドやザガーロのデュタステリド同様5αリダクターゼを阻害する作用があり、薄毛やハゲにも効果を示すことから育毛分野でも活躍しています。

300mgというのはノコギリヤシ単体のサプリメントとしては標準的な量であるものの様々な育毛成分が配合されるオールインワンの育毛サプリメントとしてはかなり多い部類に入ります。

基本的にノコギリヤシ300mgで副作用が出る可能性はほとんどありませんが、中には吐き気や下痢といったものを訴える人がいるという報告もありますので、100%安心とは言い切れないのかもしれません。

また稀ではあるものの性欲が弱くなるという話もありますので、一応その辺は留意するようにして下さい。

ただ、これらは必ずしも副作用とは限らずたまたま体調不良が重なった、もしくはプラセボ(偽薬)でも見られるような「思い込み」の可能性がある上に、仮に何かしらの副作用があったとしてもフィナステリドやデュタステリドより遥かに頻度は低く程度も軽いので過度な心配は一切無用です。

■吐き気、下痢、性欲減退などの副作用が出る可能性はゼロではない
■仮に副作用があったとしてもフィナステリドよりは遥かに少なく程度も軽い

イクオスサプリEXに含まれる亜鉛の副作用

イクオスサプリEXには亜鉛が含まれており、これは毛母細胞や毛乳頭細胞の分裂や増殖を促進させるとともに、髪の毛の99%を占めるケラチンというたんぱく質の生成に欠かせない成分になっています。

この亜鉛、過剰摂取すると吐き気やめまい、頭痛、肝機能障害などが出る可能性がありますが、基本的に毒性の極めて弱い成分なので一度の相当な量摂取しないと副作用が出ることはありません。

平均的な日本人男性が1日に摂取する亜鉛の量は9mg弱とされている一方、1日の理想的な摂取量は12mgとなっており、イクオスサプリEXにはこの12mgが配合されています。

平均値を食事で摂り、かつサプリメントを飲めば計21mgとなりますが、男性の1日の限度量は40~45mgで、これは大きめの牡蠣を1日15個以上食べないと摂取できないほどの量。

万が一1日の限度量を上回っても短期間で問題が出る可能性は低く、長期間それを継続して初めて副作用が出る可能性が出てくる…亜鉛はその程度の毒性となっていますので、イクオスサプリEXに含まれる12mgは全然問題ない量となります。

■イクオスサプリEXに含まれる亜鉛は12mg
■亜鉛の1日の限度量40~45mgを継続摂取しないと副作用はほとんど出ない

イクオスの副作用に関する総評・まとめ

基本的にイクオスの育毛剤は無添加ですし、サプリメントも様々な育毛成分を配合しつつも健康食品の域を出ず副作用が出る可能性はほとんどありませんが、それでも育毛効果があるものである以上ゼロとは言い切れません。

とはいえフィナステリドやミノキシジルのような強めの副作用が出ることはまずなく、最も出る可能性が高いのはノコギリヤシによるものになるでしょうか。

また、様々な成分を含む液体を頭皮に塗るという性質上「かゆみ」などが出る可能性もないとは言い切れません。

ただ、サプリメントには様々なビタミンやミネラル、アミノ酸が配合されており、副作用以上に健康への好影響が期待できることも忘れてはなりません。

イクオスは育毛剤もサプリメントも副作用の恐れはほとんどないため、もしこれまでプロペシアやミノキシジルで副作用が出た、もしくは勃起障害や心臓への負担が怖いという方にぜひ使ってみてほしい育毛剤と言えます。

無添加育毛剤イクオスの詳細


当サイト育毛剤人気ランキング


育毛剤イクオス関連記事


カテゴリ一覧