イクオスとポリピュアEXを多角的に徹底比較

高い人気を誇る2つの育毛剤

イクオスとポリピュアEXの比較

イクオスとポリピュアEX…どちらもインターネットでの販売に力を入れる育毛剤で、共に高い人気を誇っていますが、様々な面から比較するとどちらが優れているのか気になるところですよね。

育毛剤は客観的に見て効果の程度はある程度量れるものの、どれが効果を示すかは個人差が大きいと言わざるを得ず、どの育毛剤を選んでいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

これまで使っていた育毛剤で思うような効果が出なかった、これから育毛剤を使おうと思っているがどれを選べばいいか分からないと人たちの多くはこの2つも選択肢に入っていると思いますから、ここではイクオスとポリピュアEXに焦点を当て徹底的に比較していきたいと思います。

イクオスとポリピュアEXの概要

2つの育毛剤を徹底比較する前に、イクオスとポリピュアEXがどういったものなのか簡単に説明しておきましょう。

2016年のデータではネットを中心に販売する男性用育毛剤の売上において、数多ある商品の中からポリピュアEXは2位、イクオスは5位と高い人気を誇っています。

育毛剤の順位

チャップアップはまあ予想通りとして、ポリピュアEXはシリーズ累計350万本を売り上げる大人気育毛剤ですし、イクオスはかなり後発の育毛剤ながら、豊富な成分と育毛サプリメントのセット販売における圧倒的な安さでシェアを急激に伸ばしています。

独自成分であるバイオポリリン酸を配合するという強みを持つポリピュアEXと、総合力に優れるイクオス…といった構図になるでしょうか。

上記のデータはイクオスが大幅リニューアルした直後のもの。このデータにはそれが反映されていない上に直後の2016年12月には値下げに踏み切っているので、勢いや検索の多さなどを勘案するに、イクオスがトップ争いをするのは時間の問題といえます。

一方のポリピュアEXは根強い人気に加えモンドセレクションで6年連続金賞を受賞するなど信頼性の高さも売り。ただ、イクオスも2017年には金賞を受賞しているので大きなアドバンテージにはなりませんが。

イクオスとポリピュアEXの全成分を比較

まず育毛剤にとって最も重要になるであろう全成分を比較してみたいと思います。

イクオス ポリピュアEX

グリチルリチン酸ジカリウム
塩酸ジフェンヒドラミン
センブリエキス
精製水
海藻エキス(1)
海藻エキス(5)
ビワ葉エキス
オウゴンエキス
ボタンエキス
イエローヒマラヤンラズベリー根エキス
カンゾウ葉エキス
ニンジンエキス
シラカバエキス
クワエキス
コンフリーエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス(1)
ヒオウギ抽出液
ドクダミエキス
クララエキス(1)
ベニバナエキス(1)
セージエキス
シャクヤクエキス
ジオウエキス
ダイズエキス
アシタバエキス
クロレラエキス
ローマカミツレエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
サクラ葉抽出液
天然ビタミンE
グリシン
L-アルギニン
L-アラニン
L-セリン
L-バリン
L-プロリン
L-スレオニン
L-イソロイシン
L-ヒスチジン
L-フェニルアラニン
L-アスパラギン酸
L-メチオニン
クエン酸
クエン酸ナトリウム
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
塩酸リジン
L-ピロリドンカルボン酸
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
濃グリセリン
水酸化ナトリウム
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
ヒアルロン酸ナトリウム(2)
水溶性コラーゲン液(3)
1.3-ブチレングリコール
水素添加大豆リン脂質
ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
乳酸ナトリウム液
ラウリルジメチルアミンオキシド液
フェノキシエタノール
D-パントテニルアルコール
無水エタノール
エタノール


精製水
エタノール
ポリリン酸ナトリウム
ニンジン抽出液
1・3-ブチレングリコール
酵母エキス(1)
酵母エキス(2)
加水分解コラーゲン末
センブリエキス
フェノキシエタノール
グリチルリチン酸ジカリウム
パントテニルエチルエーテル
チョウジエキス
ホップエキス
レイシエキス
ヒオウギ抽出液
l-メントール
ユーカリ油

…成分の量を比べるとさすがにちょっとアレです。

イクオスは業界でもトップクラスの61種という成分量を誇っており、私が知る限りではチャップアップに次いで多くなっています。

一方のポリピュアEXは成分量こそ少ないものの、独自のバイオポリリン酸と新たに使いされたバイオパップス(酵母エキス2)に特化し発毛促進させる少数精鋭型といえば分かりやすいか。

ただ、多くの成分で総合的に育毛させる方法が主流の育毛剤において、ポリピュアEXの成分の少なさに心もとなさを感じるのも確かです。

2つの育毛剤の注目成分を比較

イクオスとポリピュアEXには売りとなる目玉の成分が存在しますので、それを詳しく見てみましょう。

■イクオスの注目成分1:M-034

イクオスといえばまず思い浮かぶのが、ミツイシコンブから抽出され発毛剤ミノキシジルと同等の育毛効果があるM-034です。

イクオスのM-034

チャップアップやブブカにも配合されている定番の成分で、ミノキシジルと同等の効果がある一方で副作用のリスクがないとあって、爆発的に人気が出ました。

チャップアップ、ブブカ、イクオスがネットを中心に販売する育毛剤の上位を埋めている理由はM-034のお陰といっても過言ではありません。

■イクオスの注目成分2:Algas-2(アルガス2)

2016年9月にイクオスはリニューアルし、育毛剤・サプリメント共に成分を大幅追加しました。その際にM-034をさらに進化させたAlgas-2(アルガス2)という成分を新たに配合しています。

これは従来のM-034に「ペルベチアカナリクラタエキス」という海藻エキスを新たに加えたもので、相乗効果によりさらなる発毛促進効果が期待できます。

イクオスのAlgas-2(アルガス-2)

また、アルガス2とは別に「スサビノリエキス」という海藻エキスも配合することで、一連の海藻エキスの効果は極まった感さえあります。

アルガス2は新しい成分とあってこれまでは効果が未知数な部分もありましたが、登場から1年近く経った現在、効果を示す声が続々と上がってきている状況です。

■ポリピュアEXの注目成分1:バイオポリリン酸

次にポリピュアEXの注目成分を見てみましょう。

ポリピュアEXはバイオポリリン酸ありきの育毛剤といっても過言ではないくらい同成分に力を入れており、それは少ない成分量や名前からも見て取れると思います。

特許も取っているバイオポリリン酸はポリピュアEXのみにしか使われておらず、否が応でも期待は膨らむというもの。しかし気になる点も。

バイオポリリン酸に並々ならぬ情熱を注いているポリピュアEXですから、育毛メカニズムに関してもしっかりとした説明がされているのかと思いきや、公式サイトのどこを探してもそういったものは見当たらない。

開発者である柴肇一医学博士によると、ナノサイズによる高い浸透力に加え、毛乳頭細胞の活性持続力が8.4倍という実験結果が出ているとのことだが…何の8.4倍?

公式サイトにおいても「毛乳頭に働きかける」とは書いているものの、その程度ならどの育毛剤も謳っていることで、我々としては特許を取るほどの成分の詳しいメカニズムが知りたいわけで。

ただ、ポリピュアEXはリニューアルのたびにバイオポリリン酸を増量しておりますので、確実に進化しているのは確かと言えそうです。

■ポリピュアEXの注目成分1:バイオパップス

2017年に行われたリニューアルで新たに配合されたのがバイオパップス(酵母エキス2)です。

ポリピュアEXのバイオパップス

この成分もバイオポリリン酸同様「育毛剤組成物」として特許を取得しており、その中では「毛伸長促進効果のみならず、また毛周期における成長期を維持・延長する効果を有し、脱毛を抑制する作用も著しく高い」とある。

発毛剤のように臨床試験を行ったわけではないものの、人間の毛包を使用した試験ではミノキシジルより高い効果を示したとのことです。

…相変わらずミノキシジルは目の敵にされてるな…

配合されてまだ間もない成分であるため、バイオパップスの実際の効果はまだ未知数。しかし、増量したバイオポリリン酸との相乗効果には期待したいところです。

イクオスとポリピュアEXの効果を分析

イクオスとポリピュアEXの効果を量る上でひとつの指針となるのがデータです。

イクオスは公式サイトには下図の臨床試験に相当するデータを公開しており、これを見る限り発毛剤であるミノキシジルより遥かに高い効果を示しています。

イクオスAlgas-2の効果

M-034にミノキシジルと同等の育毛効果があると考えるなら、さらに進化させたアルガス2によってこれだけの効果が出ても不思議ではないのかもしれません。

一方、ポリピュアEXに関しては公式サイトで明確なデータを示してはいないのですが、新配合のバイオパップスの特許に際するデータとして下図のようなものがあります。

バイオパップスのデータ

「PAPS群」というのがバイオパップスのもので、こちらでもミノキシジル以上の効果が出ています。ただ、ミノキシジルより蒸留水ほうが効果があるというのはどうなんだ?

こちらは実際に人間の頭皮に使用したものではない上に対象の数が13~15と少なめなので、やや不透明感は拭えないものの、十分な効果は期待できるとみていいのではないでしょうか。

イクオスとポリピュアEXの副作用

育毛剤というと副作用を気にする人も多いと思いますが、イクオスもポリピュアも成分のほとんどは自然由来のもので副作用の心配はありません。

万が一あるとすれば、肌に合わないことによるかゆみといったものですが、敏感な女性が使用しても問題ないくらい肌に優しく作られているので、かゆみが出る可能性もほとんどないでしょう。

仮にそういったことがあったとしても、イクオス、ポリピュアEXともに45日間の全額返金保証がありますので、万が一の際にも安心できるはず。

イクオスサプリEXの存在感

ここまでイクオスとポリピュアEXを比較してきましたが、イクオスには育毛サプリメントが付く格安の定期コースがあり、ほとんどの人はこれを利用しています。

この育毛サプリメントの成分を見てみると…

イクオスサプリEX

ノコギリヤシ種子エキス末
亜鉛含有酵母
フィッシュコラーゲンペプチド
ダイズ抽出液(イソフラボン含有)
ヒハツエキス末
ミレットエキス末
イチョウ葉エキス末
L-リジン
L-バリン
L-ロイシン
L-イソロイシン
L-メチオニン
L-フェニルアラニン
L-トレオニン
L-トリプトファン
L-ヒスチジン
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンC
葉酸
L- シスチン
ヒアルロン酸
フィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク)
カプサイシン
L-アルギニン
高麗人参エキス
ガニアシ
ケラチン加水分解物
αリポ酸
生姜エキス
ヨモギエキス
根昆布末
食用酵母
コエンザイムQ10
結晶セルロース
サイクロデキストリン
ステアリン酸Ca
微粒二酸化ケイ素
糖転移ビタミンP

定番のノコギリヤシや亜鉛、イソフラボンなどをはじめ、髪の毛の成長に欠かせないビタミンB群やアミノ酸も豊富に含まれるています。

ノコギリヤシと亜鉛、イソフラボンに関しては単体のサプリメントと同レベルの含有量を誇っており、他の育毛サプリメントと比べても遜色ない…どころか、むしろ上回っています。

イクオスサプリEXの存在により体の内と外の両面から育毛できる点がポリピュアEXにはない最大の強みといえます。

使用期間はポリピュアEXが有利だが…

一方、ポリピュアEXにも「長い使用期間」という強みがあります。

イクオスは1日2回の使用で使用期間は約1ヶ月となっているのに対し、ポリピュアEXは同じく1日2回の使用で約2ヶ月使えるとのことで、そう考えると実質イクオスの半額で使用できることになります。

しかしここでちょっとした疑問が。

というのも、イクオスもポリピュアEXも内容量は120ml。内容量も使用回数も同じなら使用期間が倍になる事なんてありえないと考えてしまいますよね。

そこから導き出される答えは、ポリピュアEXの1回の使用量はイクオスの半分ということになります。

ミノキシジルを用いた発毛剤やキャピキシル育毛剤あたりは60mlで1ヶ月分なので、それを考えればポリピュアEXの「2ヶ月分」におかしな点はないものの、チャップアップやブブカをはじめ多くの育毛剤は120mlで1ヶ月分となっている。

やや腑に落ちない点はありますが…ポリピュアEXは少量でも十分な効果が出るということなのでしょうか。

イクオスとポリピュアEXの価格を徹底比較

最後の比較として気になる価格を見てみましょう。まずは単品購入から。

内容量 送料 税込価格
イクオス単品 120ml 630円 9,698円
ポリピュアEX単品 120ml 650円 7,800円
※税込 (2017年7月現在)  

単品価格は明らかにポリピュアEXに分があり、しかも2ヶ月使えることを考えると実質5,000円以上の差になります。

一方でイクオスの育毛サプリメントが付く定期コースと、育毛剤単体であるポリピュアEXの定期コースを比べてみると…

商品名 サプリメント 送料 税込価格
イクオス定期コース 無料 7,538円
ポリピュアEX定期コース × 無料 6,800円
※税込(2017年7月現在)  

イクオスは育毛剤+育毛サプリメントの定期コースに力を入れており、育毛剤単品購入より安くなる上に送料無料という謎仕様。一方のポリピュアEXは単品に比べ1,000円安くなり、こちらも送料無料になります。

定期コースで比較した場合価格差はあまりなく、損得勘定だけで考えると、イクオスの育毛サプリメントを取るか、ポリピュアEXの2ヶ月使用を取るかという選択になるでしょうか。

イクオスとポリピュアEX比較の総評・まとめ

ここまでイクオスとポリピュアEXを様々な面から比較してきましたがいかがだったでしょうか。最後に概要をまとめてみましょう。

ポリピュアEX イクオス
内容量 120ml 120ml
使用期間 2ヶ月 1ヶ月
注目成分 バイオポリリン酸・バイオパップス M-034・Algas-2(アルガス-2)
成分量 12種 61種
サプリ成分量 46種
サプリ内容量 350mg×90粒 31.5g
単品価格(税込) 7,800円 9,698円
定期コース(税込) 6,800円 7,538円
定期サプリ
全額返金保証 45日 45日
(2017年7月現在)    

どちらにも良い点があり「結局どっちを選んでいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

私からできるアドバイスとしては、まずは育毛サプリメントが付くイクオスを使ってみることをおすすめします。

育毛剤に含まれる多くの成分、内容の詰まった育毛サプリメントで体の内外から育毛できることに加え低価格であるイクオスは、現状では万人のおすすめできる最高クラスの育毛剤だからです。

ポリピュアEXのバイオポリリン酸やバイオパップス、そして2ヶ月使えるリーズナブルさも魅力ではあるものの、口コミでは効果がなかったとする意見も多く、効く人と効かない人がはっきりと分かれる印象。

ただ、従来の商品にはない独自のアプローチは他の育毛剤が効かなかった人にとって救世主となりえる可能性を秘めていますので、まずはイクオスを使ってみて、いまいち効果を実感できなかった場合は、全くアプローチが違うポリピュアEXを試してみる…というスタンスをおすすめします。


当サイト育毛剤人気ランキング


育毛剤イクオス関連記事


カテゴリ一覧