ポラリス ミノキシジル16%配合の最強外用薬

リアップX5やロゲインを凌ぐ最大16%配合のポラリス

日本でのミノキシジル外用薬で一番濃度の高いものは「リアップX5」でミノキシジル5%配合となっており、やはり人気のアメリカ製ロゲインやカークランドの含有量も5%となっています。

その事から副作用や効果のバランスを取った黄金比がミノキシジル5%と思われますが、この濃度を遥かに凌ぐ製品もあり、それがアメリカ製の「ポラリス」です。

一口にポラリスと言ってもリアップX5やカークランドと同等のミノキシジル5%配合の「NR-07」から脅威の16%配合「NR-10」まで、そのラインナップは多岐に渡り、細かなニーズに応えているといったところか。

ただ「多岐に渡る」といってもポラリスを使う方の多くはリアップやロゲイン、カークランドでは満足できずに、より強い効果を求めてポラリスを手にしているので、少なくとも日本では「ポラリス=ミノキシジル濃度10%以上」という認識になっています。

ちなみにミノキシジル10%以上配合しているポラリスは以下の3点となります。

  • ■[NR-11]ミノキシジル12%+フィナステリド0.1%
  • ■[NR-09]ミノキシジル15%
  • ■[NR-10]ミノキシジル16%+フィナステリド0.1%

ミノキシジルの濃度が高いという事は薄毛・ハゲに対し大きな効果を期待できますが、一方で相応の副作用も覚悟しなければなりません。

では高濃度のミノキシジルを配合するポラリスの効果や副作用はどんなものか?

高濃度ミノキシジル配合のポラリスの効果と副作用

高濃度のミノキシジルを配合しているだけあってロゲインやリアップに比べ効果を期待できそうなポラリスですが、公式のホームページを見るとただ濃度が高いだけではなく独自のテクノロジーで効果を高めているとの事です。

そのテクノロジーとは「Liposphere」と呼ばれており、ロゲインやカークランドに使われており刺激が強いとされる溶剤プロピレングリコールを使わず、人間の皮膚とよく似た保護組織内の化合物をカプセル化し角質層のより深い部分にまで浸透、同時に頭皮の保護バリアを強化する事によって水分の喪失を遅らせ頭皮への刺激を最小限にするというもの。

要は他の商品より頭皮に浸透し効果を発揮するし、またかゆみやかぶれといった副作用も少ないよ…という事で、これを鵜呑みにするなら確かに効果はありそうに感じます。

しかし、以前美容室に勤めていた頃にこれを使っているお客様から「自分には合わないからあげる」とミノキシジル15%配合のNR-09を頂いた事があり、当時私はカークランドを使っていた事もあって1ヶ月間試し、その後自分で購入し半年ほど使い続けましたが、3倍濃度を実感する事はあまりありませんでした。

しかしカークランドから乗り換えてすぐに多少の初期脱毛はあったものの、その後はある程度の発毛が認められ印象としては「カークランドよりは若干生えるかな」くらい、副作用のかゆみはしっかりありました。

ちなみに臭いは朝付けて仕事に行きたくないレベル。

商品を売りたい事もあってネットなどでは絶賛する声が多いポラリスですが、色々なお客様から「広告」という要素を排除した生の感想を聞いた限りでは15%、16%という数字のインパクトほどの効果はなく、「リアップの3倍のミノキシジルだから効果も3倍」とはいきませんし、かゆみやかぶれ、湿疹といった副作用も5%のものと比べればその頻度は高くなります。

とはいえ、あくまでも外用薬であるため内服薬のミノキシジルタブレットのような重篤な副作用はなくかゆみが主なものですし、3倍とは言わないもののロゲインやリアップよりは効果を期待できるのは確かです。

気になるポラリスの価格は?

ポラリスは先ほども書いたように独自のテクノロジーなどを使用しており、またミノキシジルの濃度も高いことからロゲインやカークランドに比べれば価格は高くなります。

ポラリスの主力商品であるNR-07~NR-11までの価格は2017年現在以下のようになっています。

商品名 内容量 価格
NR-07 60ml 4,075円(税込)
NR-08 60ml 4,482円(税込)
NR-09 60ml 4,940円(税込)
NR-10 60ml 5,180円(税込)
NR-11 60ml 5,180円(税込)
(2017年3月現在)  

いずれもリアップX5やロゲインと同様に60mlとなっており、7,000円を超えるリアップX5よりは安いがロゲインやカークランドよりは高いといった価格帯になっています。

いままでリアップやカークランドを使ってみたが効果を実感できなかったという方は使ってみる価値は十分にあると思いますが、自分の肌に合うかどうかを確かめる意味でもいきなり15%16%ではなく、初めは7%のNR-08か12%のNR-11から使ってみるとよいでしょう。

次はポラリス同様ミノキシジル15%配合という高濃度を売りにする「ジェンヘアー」を取り上げていきます。

【追記】ポラリス販売終了でフォリックスへ

他の追随を許さないミノキシジル濃度によって人気を集めたポラリスシリーズですが、商品の確保が難しいとのことで2017年8月から取り扱う個人輸入業者が減少してきました。

今後はほぼ同成分である「フォリックスシリーズ」に移行することが発表されており、これからはこちらが主流になりそうです。

フォリックスシリーズはポラリスシリーズとほぼ同じ成分を使用し、高い浸透力を実現する「リポスフィアテクノロジー」もポラリス同様に採用していることから、何らかの繋がりがある企業と推測されます。

ポラリスと違い商品名の数字はミノキシジル濃度を示すようになり、気になる価格も完全同価格での提供になりますので、今後はこちらを使用していただければと存じます。

フォリックスFR12の詳細

フォリックスFR15の詳細 フォリックスFR16の詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧