ハゲの進行スピードはどのくらい?

尊く愛しい髪の毛はいつまで持つのか

ハゲの進行スピードは?

「なんか最近髪の毛が薄くなってきた…?」

遅かれ早かれ多くの男性が直面する薄毛の問題ですが、気になるのは「治るのかどうか」と共に「薄毛がどのくらいのスピードで進行していくのか?」という点ではないでしょうか。

ある程度時間の猶予があるのであれば治療するかどうかの選択も含め心の準備もできますし、恋人がいるのであれば酷くならないうちに結婚してしまうという方法もあります。

果たしてハゲはどの程度の速さで進行していくのか?

不安に駆られている人も多いと思いますので、この問題について詳しく検証してみたいと思います。

一般的な薄毛進行速度

男性の薄毛の多くは男性型脱毛症(AGA)で、一般的にAGAは「徐々に、かつ確実に進行する」というのが多くのパターンになっています。

しかし、そもそもどの段階で薄毛と判断するかは人によって異なりますし、しょくせいかつや生活習慣によっても進行のスピードは変わってくるので明確に「どのくらいの期間で薄くなる」と言い切ることは難しいのです。

ただ、あくまでも“一般論”を言うのであれば、自分が薄毛を認識するしないに関わらず兆候が現れてから5~10年くらいで明確な薄毛になるとされます。

30歳でAGAになったとすれば35~40歳くらいで一人前のハゲになる…って感じ。

薄毛を意識しだす年齢は30歳前後という意見が多く、実際に薄毛を実感する年齢も30代から急激に増えるため、このパターンに当てはまる人は多いのではないでしょうか。(→ハゲる年齢って平均的に何歳?

これだけ期間があれば自分の中で薄毛を受け入れることもできるでしょうし、治療を始めるかどうかを判断する十分な時間が与えられていると考えられます。

ただ、この期間はあくまでも「AGAを発症してから」になりますので、髪の毛が長めの人や無頓着の人は発見が遅れ、予想以上に早くハゲあがってしまった感覚に陥る可能性がありますので注意して下さい。

■一般的にAGAは5~10年でハッキリ薄毛と分かるレベルになる
■発見が遅い場合短期間でハゲてしまった感覚に陥る場合も

急速にハゲが進行する場合も

一般的にはゆっくりと進行するAGAですが、そのスピードには個人差があり場合によっては急速に進むこともあります。

特に薄毛だと感じていなかった状況からほんの半年~1年くらいでスカスカになったという話も散見されるからです。

それほど早く薄毛が進行してしまう理由を特定するのは難しいものの、考えられる要因を挙げてみると…

  • ■遺伝的にAGAのスイッチが入ると一気に来る
  • ■AGA発症に加え強いストレスや大きな生活の変化があった
  • ■もともと肥満や食生活の乱れなど薄毛の要因を複数持っていた
  • ■かなり進行するまで気付かなかった

「男性型脱毛症(AGA)」と一口に言っても「遺伝の強さ」「どこから来るか」「進行のスピード」は千差万別で、さらに各々の生活習慣や食生活なども関わってくるため、一般的な5~10年というのは目安に過ぎません。

髪の毛に悪い生活をしている中でAGAを発症すればあっという間にスカスカになってしまう可能性もあるのです。

人間の平均的な毛髪量は約10万本といわれており、半分の5万本くらいになると誰が見てもハッキリ薄毛と認識できるレベルになります。

正常な人でも1日100本くらいは抜けるとされる髪の毛において、ヘアサイクルが大きく乱れる、日常的に強いストレスに晒されるなど何らかの理由で1日200本抜け、かつ抜けた後に生える髪が生えない、もしくは産毛程度だとすれば単純計算で250日すれば半分程度になってしまうことに。

徐々にヘアサイクルが乱れるのであればこうはならないでしょうが、様々な要因が重なればこういった可能性もあるということを忘れないで下さい。

進行が止まることも

一方で薄毛がある程度進行したところで小康状態になる場合もあります。

ただ、AGAであれば発毛剤や育毛剤を使用しない限り徐々に進行するのが一般的であるため、特に治療をしていないのに薄毛の進行が止まった場合AGAではなく別の原因によって髪の毛が抜けていた可能性があります。

もしくはAGAであったとしても、これまでそれを誘引していた何らかの原因…例えば強いストレスや生活習慣の乱れが解消された場合ということも考えられます。

とはいえ男性の薄毛の多くは放っておいて回復することはほとんどなく、加齢によっても髪の毛は細く薄くなる傾向にあるため、仮に進行が止まったとしても遠くない将来再び進行しだすと思っておいた方がいいでしょう。

薄毛の進行を止めるには

薄毛というのは円形脱毛症や薬の副作用など一過性のもの以外は基本的に対処しなければ進行する一方だと思って間違いありません。

それを食い止める、改善しようとするならば生活習慣や食生活を見直すことが必要になりますが、AGAは遺伝という極めて強固なものが原因である場合も多いため、そう考えると育毛剤などの使用によってそれに立ち向かう必要があります。

薄毛の進行を止めたり改善させたりできる可能性がある方法としては…

■肥満の改善

もしあなたが今太っているのであれば、まず真っ先に痩せることを考えて下さい。

なぜなら肥満は運動不足、生活習慣や食生活の乱れなど様々な薄毛の要因が重なり合った結果だからです。

太っていると汗をかきやすく頭皮環境は悪くなりがちですし、なにより糖尿病のリスクが5倍になります。糖尿病は頭皮のみならず体中の血行を悪化させるなど確実に薄毛を進行させるでしょう。

■食生活の改善

髪の毛はケラチンという18種のアミノ酸を合成したものでできており、ケラチンを合成するためには亜鉛などミネラルが必須。

またビタミンは毛母細胞や毛乳頭細胞の分裂や増殖などに寄与しており、これらを食事でしっかりと補うことが重要になります。

■運動不足の解消

適度な運動は全身の血行促進効果があり、栄養や酸素を頭皮に行き渡らせる効果がありますし、前述の肥満や糖尿病の予防にも大きな効果を発揮します。

栄養をしっかり届けるという意味でも食事面の改善も同時におこなった方が良いのは言うまでもありません。

■育毛シャンプーの使用と正しい洗髪法の実践

すでに育毛シャンプーを使って正しい洗い方をしているなら必要ありませんが、市販の数百円程度のシャンプーを使っている場合は注意が必要です。

基本的にCMをバンバン流している数百円の有名シャンプーはどれも洗浄力が強すぎる高級アルコール系の界面活性剤とシリコンを使用しており、頭皮に良いことはひとつもありません。

育毛シャンプーは3,000円前後するので尻込みしがちですが、haru黒髪スカルププロやBAKUシャンプーなどキャピキシルやピディオキシジルをはじめ様々な育毛成分が配合されているので、育毛入門としてはもちろん、育毛剤の効果を100%引き出すためにもぜひ使用しておきたいところ。

…スカルプDは有名なだけでアレなのであまりおすすめはしない。

■サプリメントの使用

本来であればバランスの良い食事でしっかりと栄養を摂取するべきですが、「仕事が忙しい」「独り暮らし」などで難しい場合はサプリメントを使用するのも一つの手です。

手っ取り早いのはイクオスなどのオールインワンサプリですが、亜鉛やノコギリヤシ、アミノ酸などを組み合わせて飲んでみてもいいでしょう。

■育毛剤・発毛剤の使用

薄毛対策でもっとも効果が高いのはやはり育毛剤や発毛剤の使用です。

多少の副作用を覚悟しても効果を最重視するならフィンペシアデュタスミノキシジルタブレットを、上でも挙げた育毛サプリメントとの併用を考えるならイクオスチャップアップがベストでしょうか。

昔と違い今の育毛剤や発毛剤は大きな効果を期待できますので、「絶対に生やしたい」と考えている人はまず使ってみるべきといえます。

薄毛の進行は遅いようで速い

AGAが始まってから明らかに薄くなるまで平均して5~10年ほどかかるものの、発症してから自覚するまでにはタイムラグがあり、自分で気付く頃にはかなり進行している可能性があります。

特に頭頂部は鏡で見にくいため気づいた時にはかなり地肌が見えている…なんてことが頻発しています。

何となく薄毛の兆候を感じても「気のせいかもしれない」「まだ大丈夫」と見て見ぬふりをし進行させてしまうと、重い腰を上げ治療を始める頃には手遅れになっている可能性も考えられます。

薄毛治療は早ければ早いほど元通りに戻る可能性が高まりますので、もし薄毛の兆候を感じたらスルーせず1日も早い治療を心がけて下さい。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧