帽子をかぶる人はハゲる 調査で分かった事実

帽子をかぶるとハゲるという都市伝説

帽子をかぶるとハゲる? 「帽子かぶってるとハゲるよ」

こういった話は昔から存在し若い頃はなかば本気で信じていましたが、大人になりネットなどで真相を調べていくうちにこれは都市伝説の類で明確な根拠はないという結論に至りました。

実際1日中帽子やヘルメットをかぶっている工場などの作業員にも髪の毛フサフサの人は多く、「帽子をかぶったらハゲる」は蒸れてハゲそうなイメージがあるからそう言われるようになったんだろうと認識していましたし、多くの方が私と同様に感じていたはずです。

しかし、都市伝説と思われた“帽子ハゲる説”を強力に後押しするニュースが飛び込んできたのです。

帽子やヘルメットはやはり悪影響があるらしい

そのニュースが掲載されたのは2016年。

その中では成人男性51人に実際にヘルメットをかぶって3時間エアロバイクで有酸素運動をしてもらい、中の温度や湿度を調べると共に細菌の量も計測するという本格的な調査が行われています。

運動開始後30分でヘルメットの中の温度は外気温20度前後に対して30度まで上昇し、湿度も外の31〜96%に対してヘルメットの中は80〜100%あったとのこと。

運動前の段階でアクネ菌や肺炎桿菌が確認されていましたが運動後はその数が増える傾向にあり、ヘルメットの中の高温多湿の状況が菌にとって好ましく増殖に繋がっていると推測されます。

そのため、時折帽子を脱いだり髪の毛を洗ったりすることが望ましいと締めくくられていますが、仕事している人間が洗髪できるはずもなく、休憩時間に帽子を脱ぐか仕事中に数秒脱いで外気に触れさせるくらいしかできませんよね。

■ヘルメットをかぶって運動すると中の温度や湿度は急激に上昇する
■帽子の中の高温多湿の状況下では細菌が繁殖する傾向

今回のヘルメットによる調査で分かったこと

今回のこの調査では帽子やヘルメットをかぶって仕事や運動をすれば中の温度や湿度が急上昇し不快であると共に、細菌の繁殖を助長するというものでした。

しかしこれ…たぶん誰しもが分かっていた当たり前の結果だと思います。

帽子やヘルメットをかぶれば中が暑くなり蒸れることは誰しもが経験上分かっていることで、その状況下では雑菌が繁殖しやすいことも想像に難くないはずで、我々ハゲが本当に知りたいことはそこではないはず。

そう、重要なのはその高温多湿、細菌が繁殖しやすいことがハゲに直結するのかどうかで、今回の調査ではそこに一切触れられておらず、「過酷な帽子内の環境が頭皮や毛髪に悪影響を及ぼすことが考えられる」といういたって当たり障りのない結論になっています。

帽子やヘルメットが髪に良くないことは分かっているが、悪いとも言い切れないというのが今までの風潮であり、今回の調査では何も得られるものがありません。

例えば双子の片方は帽子をかぶらない仕事、もう片方は工場勤務とかで10組くらいを対象に10〜20年スパンの追跡調査とかしないときっと結論など出ないのでしょうね。

結局の結論としては「帽子をかぶって髪の毛にプラスになることはない」という微妙なニュアンスに落ち着くのでしょうか。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧