フィナ・デュタとミノキシジル 副作用が強いのは?

ハゲは治したいがやっぱり気になる発毛剤の副作用

気になる発毛剤の副作用

日本には様々な育毛剤が存在しますが、薄くなってしまった髪の毛を再び生やす効果がもっとも高いと感じる人が多いのはやはり発毛剤です。

日本でもおなじみの「プロペシア」や「フィンペシア」に代表されるフィナステリドを用いたものや、ミノキシジル配合の外用薬「リアップX5」や内服薬の「ミノキシジルタブレット」、そして近年一気に注目を集め日本でも2016年に発毛剤として正式に発売された「ザガーロ」に使われるデュタステリドがあります。

これらは高い発毛効果があるものの一方で副作用の問題も付いて回りますが、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3つの発毛剤で副作用がより強いのはどれなのでしょうかを比較・検証してみたいと思います。

ミノキシジルで副作用が出るのは内服薬のみ

発毛剤にはフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3つがありますが、フィナステリドとデュタステリドに関しては外用薬はほとんど存在せずほぼ内服薬のみで、当然副作用があります。(→フィナステリドやデュタステリドの外用は効く?

一方、日本でもっとも有名なミノキシジルを用いた発毛剤は外用薬である「リアップ」ですが、外用薬は副作用がほとんどない代わりに内服薬に比べ効果が低くなってしまいます。

本気で発毛に取り組んでいる方の多くは副作用は強いが効果も大きい内服薬のミノキシジルタブレットを用いていますので、ここでの比較はあくまでも内服薬のミノキシジルを対象にします


フィナステリド・デュタステリドの副作用はほぼ同じ

3つの発毛剤は作用的にフィナステリドとデュタステリドが近く、ミノキシジルはこの2つとはまったく違う作用をします。

まずフィナステリドとデュタステリドの効果を簡単に書いておくと、テストステロンという男性ホルモンを薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変化させる5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

この働きに関してはどちらも同じなのですが、5αリダクターゼには1型と2型が存在し、従来のフィナステリドは2型のみにしか効果がなかったのに対し、デュタステリドは1型、2型双方に阻害効果を発揮します。

そのためデュタステリドはフィナステリドに比べ1.5倍の効果があるとされているものの、薄毛の原因となるDHTは精液を作り出したり性欲を発生させたりする大事な効果もあり、この生成を抑制するということは性機能に副作用が出てくることになり、デュタステリドは効果が高い分フィナステリドの比べより顕著に副作用が出やすくなります。

ちなみにフィナ・デュタ双方の副作用の特徴は…

  • ■性欲減退
  • ■勃起障害(ED)
  • ■精液の質低下
  • ■乳房障害(女性化乳房、乳房痛)
  • ■肝機能障害

薄毛関連サイトの中にはDHTを「悪玉ホルモン」と紹介している場合もありますが、先ほども書いたように精液を作ったり性欲を強くしたり、また子供の生殖器の成長を促したりと大事な働きも持っており、決して存在が悪というわけではありません。

ただ、DHTは前立腺肥大や薄毛を引き起こす大きな要因となっていますので、大人の男性としては迷惑な面も多いのは事実ですが…

■フィナステリドとデュタステリドの副作用の主なものは性機能障害
■デュタステリドの方が効果が大きい分副作用も強い

ミノキシジルの副作用は?

一方のミノキシジルは元々が高血圧患者向けの血管拡張薬でしたが、副作用に全身の毛が濃くなる「多毛症」があること、血管拡張作用によって頭皮の血の循環が良くなることなどから薄毛改善の効果が認められ発毛剤にも使われるようになったという経緯があります。

そのためミノキシジルを飲んで毛が生える理由は多毛症と血流改善によるもの。ただ、元が血圧を下げる薬であるため、それに関連した様々な副作用の恐れがあるのです。

  • ■低血圧
  • ■めまい
  • ■動悸
  • ■頭痛
  • ■体毛が濃くなる
  • ■心臓への負担

リアップ以降日本でミノキシジルの発毛剤が出ない理由として、因果関係は分からないもののリアップを使用した人が死亡したり、ミノキシジルを用いたAGA内服薬としての開発段階で犬を用いた動物実験を行い、その犬が心臓破裂で死亡したなどが挙げられます。

「最強の発毛剤」の呼び声が高く、またフィナステリドやデュタステリドと違い女性にも使える唯一の発毛剤とあってミノキシジルタブレットは高い人気を誇っていますが、それなりの副作用があることを覚悟する必要があります。

■ミノキシジルの副作用は低血圧やめまい、頭痛、動悸など血管や血に関連
■ミノキシジルとの因果関係は不明ながら死亡例も

3つの発毛剤でもっとも副作用が強いのは?

まず、前述したとおりデュタステリドはフィナステリドに比べ効果が大きい分副作用も強くなりますので、副作用の強さに関してはフィナステリドは除外していいでしょう。

となると、デュタステリドとミノキシジルタブレットの争いになりますが、これらは薬の作用も副作用もまったく異なるため単純な比較ができないというのが本音でもあります。

とはいえ、デュタステリドはごく稀に肝機能障害の副作用が出る以外は性欲減退や勃起障害など性機能への影響なのに対し、ミノキシジルは人間の命を維持する上で極めて重要な血管に作用し心臓への負担も懸念されることから、怖いのはやはりミノキシジルということになるでしょうか。

ただ、高血圧患者に使われるミノキシジルは1日の上限量が50mg(ミノタブの箱には上限100mgと書いている場合も)なのに対し、発毛剤としてのミノキシジルの上限量は10mgと5分の1で、少なくともそれを守っていれば重篤な副作用が出る可能性は極めて低いと言えるでしょう。

…強い効果を求めて15mg、20mgとOD(オーバードース・過剰摂取)する人もいますが、危険なので絶対にやめて下さいね。

デュタステリドやミノキシジルは「発毛剤」と銘打っているものの、元は前立腺肥大や高血圧の治療を目的として作られた薬ですから、100%安全なものでは決してありません。

場合によっては寿命を縮める可能性もありますので、副作用の心配がない育毛剤で効果が出るならそれを使うに越したことはないのかもしれません。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧