ノコギリヤシの発毛効果でプロペシアいらず?

育毛に有効なサプリメントとして名高いものに「亜鉛」と「ノコギリヤシ」がありますが、中でもノコギリヤシはプロペシアと同様の作用があるとして注目を集めています。

育毛サプリならノコギリヤシ

この2つは育毛に取り組んでいる方であれば誰しも興味があると思いますし、すでに使っている方も多いのではないでしょうか。

特にノコギリヤシは発毛剤に似た働きをするとあって単独のサプリメントはもちろん、オールインワンの育毛サプリメントにも積極的に配合されています。

そんな注目のノコギリヤシですが、育毛に良いというのは知っていても具体的な効果はよく分からないという方もいらっしゃるでしょうし、実際どの程度の効果が期待できるのでかなど気になる点も多いので、その辺について詳しく取り上げてみたいと思います。

発毛剤並み? ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシのサプリメントの効能でよく目にするのが尿漏れや頻尿など尿トラブルを改善する効果で、ノコギリヤシの効果といえば育毛より尿トラブルを思い浮かべる人も多いかもしれません。

それは膀胱や尿道に近い位置にある前立腺が肥大することによって膀胱が圧迫されれば頻尿に、尿道が圧迫されれば尿の出やキレが悪く残尿感や尿漏れにつながるのですが、ノコギリヤシはその前立腺肥大症を改善する効果があるからです。

そう、勘のいい方はお気づきだと思います。前立腺肥大症の改善に効果があるという点でプロペシアの主成分であるフィナステリドやザガーロのデュタステリドと同じなのです。

フィナステリドやデュタステリドはそもそもが前立腺肥大症の治療薬で、前立腺が肥大する原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるため、テストステロンと結びついてDHTを作り出す「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害しますが、ノコギリヤシも同様の効果が期待できます。

いわば「自然由来の発毛剤」と言っても過言ではないかもしれません。

欧米では前立腺の健康に役立つとされる

ノコギリヤシに関して心強いデータも揃っています。

アメリカでは一定のエビデンス(科学的根拠)を元に前立腺の健康に役立つとする表現が可能になっていますし、ヨーロッパでは前立腺肥大症の治療にノコギリヤシが使われているという実績があります。

どちらも「薄毛」に対してではなく「前立腺」に対してなのは引っかかるところでもありますが、発毛剤であるフィナステリドやデュタステリドが前立腺肥大症の治療薬であった事実から、ノコギリヤシにも男性型脱毛症(AGA)への効果を期待できるというのは自然な流れといえるでしょう。

■ノコギリヤシはプロペシア同様前立腺肥大症を改善する効果がある
■前立腺肥大の原因となるDHTの生成を抑制することは発毛に繋がる

ノコギリヤシは育毛に効果がない可能性も

ノコギリヤシに薄毛の原因となるDHT生成を促す5αリダクターゼを阻害する効果があるというのは一般的な認識になっているものの、否定的な見方も存在します。

その根拠をいくつか見てみると…

日本では効果を認められていない

欧米では5αリダクターゼの阻害効果から前立腺肥大症に一定の効果があるとされるノコギリヤシですが、日本での臨床試験においては根拠に乏しく優位性はないとする見解になっています。

前立腺の健康に寄与するほどの5αリダクターゼ阻害効果がないとするなら、AGAに効果があると見るのは不自然というのも頷けます。

日本と欧米で臨床データに結構な差がある印象を受けますが、民族の遺伝的な要素が絡んでいる可能性も否定できないといったところでしょうか。

前立腺肥大症改善=薄毛改善ではない

フィナステリドやデュタステリドの影響から前立腺肥大症に効果がある成分は育毛においても効果的と見る風潮があるものの、この認識はちょっと危険。

というのも、前立腺肥大症の治療薬はフィナステリドやデュタステリド以外にも数多く存在。その中で発毛を認められているのがこの2つというだけの話なのです。

フィナステリドやデュタステリドは5αリダクターゼ(5α還元酵素)を阻害する作用があり、ノコギリヤシも同様の効果があるとされますが、前立腺の健康に寄与するからといって薄毛にも効果があるというのはやや乱暴な見方と言われても仕方ありません。

ただ、数ある前立腺肥大症の薬の中でも5αリダクターゼを阻害するのはアボルブ(デュタステリド)だけという位置付けであるため、ノコギリヤシに同様の作用があるなら薄毛にも効果がありそうなものですよね。

ちなみに日本においてフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として認められていません。

ノコギリヤシの副作用は?

ノコギリヤシがフィナステリドやデュタステリドと同様の効果があるのは確かですが、効き目に限れば当然ながら医薬品であるプロペシアやザガーロなどの発毛剤には敵いません。

しかしフィナステリドやデュタステリドでは男性ホルモンを強く抑制するため性欲減退や勃起障害などの副作用が比較的高い頻度で現れ、それを嫌ってこれらの服用をしない方も多くなっています。

一方ノコギリヤシは「副作用は無い」とはまでは言いませんが、フィナステリドやデュタステリドといった発毛剤に比べればほとんどないといってもいいでしょう。

ただ、ノコギリヤシがプロペシア同様5αリダクターゼを阻害し男性ホルモンであるDHTの生成を抑制する以上性機能障害の副作用が出ないとは言い切れません。しかしその頻度も強さもプロペシアなどに比べれば遥かに少なく弱いため仮に副作用が出ても気づくことはほとんどないと思います。

ちなみに、サイトなどを巡っていると「ノコギリヤシは性欲を高める」なんて書いている場合もあり、その理由を見ると「テストステロンには作用しないから」などとされていますが、それを言ったらフィナステリドもデュタステリドも同様です。

ジヒドロテストステロン(DHT)はれっきとした男性ホルモンであり、性欲などとも密接に関連しているのでノコギリヤシを飲むと万が一に性欲が減退することはあっても増幅されることは基本的にありません。

■ノコギリヤシで考えられる副作用は性欲減退や勃起障害だが稀な上に弱い
■ノコギリヤシに性欲を強める効果はない

育毛の観点からノコギリヤシを飲むべきか?

ノコギリヤシのサプリメントは若干高い部類に入り、安いもので1か月分600〜700円、高いものだと5,000円を超えてきます。

発毛の効果だけを見ればフィナステリドやデュタステリドのほうが間違いなく高く、また価格面でもプロペシアジェネリックの代表格であるフィンペシアであれば1か月分1,000円程度に納まるため、ノコギリヤシを使う理由はありません。

しかしフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルといった発毛剤は副作用の懸念も大いにあるため、それを嫌うのであればノコギリヤシという選択肢はありだと思います。

それでもノコギリヤシの高価なサプリメントを使うのはもったいなく、せいぜい2,000円くらいまでに抑えたいところでしょうか。

一緒に亜鉛を摂ると相乗効果が期待できますので、それらも含めていくつかおすすめのサプリメントをピックアップしておきます。

おすすめのノコギリヤシ関連サプリメント

■ソーパルメット

アメリカ製のお得なサプリメント。

前立腺肥大症や育毛に効果的とされる320mgを大幅に上回る1錠540mgという含有量と、1本で250錠入っているお得さから圧倒的な人気を誇っています。

単純計算で8ヶ月以上使用できることになり、それが1,500円前後で購入できるため日本のサプリメントとは比べ物にならないコストパフォーマンスを誇ります。アメリカの大手メーカーであるため信頼性も十分。

海外製に抵抗がないならこれを使うべき。


■オーガランド 亜鉛サプリメント

1粒に1日の必要摂取量である亜鉛12mgと銅0.6mgが配合され、30粒1ヶ月分が初回100円、2回目以降も定期コースであれば340円で購入できる非常に安価なサプリメント。

格安にも関わらず初回や定期コースでは送料も無料と良心的で、亜鉛は髪の成長にとって重要な役目を果たすため、相性のいいノコギリヤシとの併用はもちろん、他の育毛剤などとの併用にも格安亜鉛の費用対効果は抜群。


■チャップアップ育毛サプリメント

大人気育毛剤であるチャップアップの育毛サプリメントで、亜鉛やノコギリヤシ、フィーバーフューなどを配合したオールインワン育毛サプリです。

価格は定期コースで税込4,980円と決して安くはなく、このサプリメントを単品で買うくらいならこれがそのまま付属する育毛剤チャップアップの定期コース(9,090円)を購入したほうが色々とお得感はあります。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧