育毛シャンプーで髪の毛は生えるのか?

いかにも生えそうな響きの育毛シャンプー

育毛シャンプーで髪は生える?

世の中には「育毛」と名の付く、もしくはそれっぽい雰囲気を漂わせているシャンプーが溢れており、これを使えば髪が生えそうな気がしてきますが、果たしてこれら育毛シャンプーで髪は生えるのでしょうか?

もっとも有名どころではCMなどでお馴染みのアンファースカルプDが挙げられ、それ以外にも様々なものが存在します。

価格的にも3,000円〜4,000円くらいと決して安いものではないので、私たちハゲとしては「育毛シャンプーで髪の毛が生えるのかどうか?」という問題は非常に気になりますよね。

  • ■育毛シャンプーで毛は生えるのか?
  • ■生えるならどの程度なのか?
  • ■どんなところに注目するべきなのか?

色々と不明瞭な点はあると思いますので、一つひとつ、できる限り疑問に答えていきたいと思います。

育毛シャンプーで髪の毛は生える?

まず、いきなり結論を言いますと、育毛シャンプーで髪は生えません

「じゃあこの話題終わっちゃうじゃん」

いえいえ、この話には当然続きがあって、そもそも「育毛」というものにはある程度明確な定義があるのです。

■育毛の定義とは

「育毛」というのは今ある髪の毛を太くしたり成長を早めたり、抜け毛を予防したりといったものを指す。

髪の一本一本を強くしつつ抜け毛を予防することで結果として髪の毛が増えたり濃くなったりといったことが期待できる…それが育毛で、育毛シャンプーはもちろん育毛剤も例外ではない。

「髪の毛が生える」「発毛」と明記できるのは発毛剤のみで、日本においてはフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3つの成分だけ。

つまり育毛シャンプーはもとより育毛剤ですら「髪が生える」とか「発毛する」という文言は法的に使えず、それはイクオスなど効果の高い育毛剤に本当に髪の毛を生やす効果があったとしても…です。

■シャンプーの育毛成分は育毛剤に比べ少ない

育毛シャンプーには育毛剤と同じような成分が配合されている場合が多くなりますが、育毛剤に比べると一つひとつの成分量は少ない傾向にあります。

例えばキャピキシルやピディオキシジルといった注目の成分を配合しているものもありますが、育毛剤が2〜5%くらいなのに対しシャンプーは1%程度。

当然ではありますが、育毛剤より効果が落ちるのは仕方のないところ。

■シャンプーは短時間で洗い流してしまう

育毛剤は付けたら乾燥・浸透するまでずっとそのままですが、シャンプーは当然ながら洗い流す必要があります。

有効成分が留まる時間はどうしても短くなってしまうため、効果のほうもそれに応じた程度にになってしまうのは致し方ないところ。

ただ、育毛シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を使っているため頭皮にやさしく、洗った後流さずに数分間放置することで頭皮に浸透させるという方法が可能になります。

■育毛シャンプーでは髪の毛は生えない
■育毛剤に比べどうしても効果は小さくなる

シャンプーでも一定の育毛効果は見込める

育毛シャンプーで強固な男性型脱毛症(AGA)の人の“髪を生やす”というのは厳しいものがありますが、一定の育毛効果、そして育毛剤との相乗効果は十分に期待できます。

それはなぜか?

■頭皮にしっかり吸収させることができる

一般的に育毛剤は頭皮の汚れや皮脂などを取り除いたお風呂上りに使いますが、実はこれ、頭皮がお風呂のお湯を吸っていて吸収しづらい状況ともいえるのです。

そこへいくとシャンプーは髪をざっと流した後使用しますから、それはつまり頭皮がお湯を吸っていない状態で使うことになります。

洗い終わった後流さずに泡パックをすればお湯を吸っていない頭皮にしっかりと育毛成分が浸透することになりますから、そういった面では育毛剤より恵まれた環境にあると言えるのです。

■育毛剤を使うならノンシリコンは必須条件

育毛シャンプーはほぼ100%ノンシリコン…つまりシリコンを使っていません。

一方、ラックスやエッセンシャルなど市販の安価なシャンプーのほとんどはシリコンを配合しており髪にツヤや滑らかさを演出しますが、それは頭皮や毛穴にも若干のコーティングをする結果に。

「シリコンで毛穴が詰まるなんてことはない」「仮に多少詰まっても分泌される皮脂や髪の成長で押し出される」なんて声も聞きますが、育毛剤を使うのは風呂上り直後。皮脂の分泌や髪の成長など待っていられません。

ノンシリコンシャンプーの場合そういったコーティングは行いませんから、頭皮や髪にしっかりと育毛成分を浸透させることができるのです。

もちろんこれは育毛シャンプーが持つ様々な育毛成分の浸透にも関わってくるのは言うまでもありません。

■頭皮の環境を健やかに保つ

市販のシャンプーはシリコンを配合している上に、大半は高級アルコール系や石油系の洗浄成分(界面活性剤)を使用しています。

これは非常に安価かつ強い洗浄力が特徴となっていて、数百円で売るためのコスト、洗浄力を考えればこれらの洗浄成分を使うのは自然の流れともいえますが、強すぎる洗浄力で過剰に皮脂を奪ってしまうため頭皮には決して優しくありません。

台所や仕事で洗剤を頻繁に使っていると手がガサガサに荒れてしまうことを想像してもらうを分かりやすいでしょうか。

一方、育毛シャンプーのほとんどはアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

これは石油系と違い洗浄力はマイルドで、頭皮の皮脂を取り去ってしまうようなことはないため頭皮が荒れることを防ぐことができますが、高価であることがネックで安いシャンプーにはおいそれと使えないのです。

それに加え抗炎症作用や保湿効果を持つ様々な育毛成分が配合されているため、頭皮の環境をしっかりと守ることになり、それは抜け毛の予防にも繋がります。

「髪を生やす・育毛する」とうよりは「髪が生える土壌を作る・守る」という性質…それが育毛シャンプーの立ち位置になるでしょうか。

■育毛シャンプーは育毛剤の効果を十二分に引き出す
■髪が生える土壌を作る・守る

シャンプーのどんな点に注目すればいいのか?

では育毛シャンプーを選ぶ際どんな点に注目すればいいのでしょうか?

■洗浄成分・シリコン

まず基本中の基本として…

  • ■洗浄成分(界面活性剤)に何を使っているか?
  • ■ノンシリコンかどうか

この2点を見ておく必要があります。

基本的に2,000円以上するようなシャンプーのほとんどは洗浄力が強すぎない「ラウロイルサルコシンTEA」「ココイルグルタミン酸TEA」などのアミノ酸系洗浄成分とノンシリコンですが、ものによってはアミノ酸系ではない場合もあります。

高価なシャンプーに「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」などに代表される高級アルコール系・石油系を使っていることはまず考えられないものの、洗浄成分はきちんとチェックしておくべきです。

また、イクオスブラックシャンプーのように相性の良いアミノ酸系とベタイン系を組み合わせている場合もありますので、「アミノ酸系だけじゃない!」と勘違いしないようにして下さい。

■育毛成分

育毛シャンプーですから当然どんな育毛成分が入っているかもチェックするべき。

多くのものには育毛剤でも使われるような成分を使用しており、これらは優れた保湿効果や抗炎症作用を持っていますので、様々な成分から幅広く効果を引き出すためにも10種くらいは欲しいところです。

多くの場合センブリエキスやグリチルリチン酸など育毛剤の定番成分を配合していますが、中にはキャピキシルやピディオキシジルといった注目成分や発毛成分ミノキシジルを配合したものも存在します。

シャンプーでは毛が生えないとはいえ、このレベルの成分が配合されると効果を期待せずにはいられない…といったところでしょうか。

■ノンシリコンとアミノ酸系などマイルドな洗浄成分は絶対条件
■キャピキシルなど注目成分や、中にはミノキシジルを配合するものも

ハゲが使ってはいけないシャンプー

ここまで育毛に関するシャンプーを取り上げていますが、逆にハゲが使ってはいけないシャンプーとはどういったものなのでしょうか?

基本的にシャンプーで髪の毛が生えることはないものの、悪いものを使えば抜け毛が増えたり薄毛を助長することは十分に考えられ、もっともそのリスクが高いのはドラッグストアなどに売っている有名かつ安価なシャンプーです。

男性用にしろ女性用にしろ500円以下で買えるようなものはほぼ間違いなく「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」など高級アルコール系・石油系の洗浄成分を使っているので避けるべき。

安価なものはシリコンを使用している場合も多いので、育毛剤を使っている人は効果を最大限引き出すためにもシリコン使用のものは避けたほうがいいでしょう。

シャンプーは「安かろう悪かろう」が顕著なので、今ある髪の毛を守り育毛剤との相乗効果を考えるなら安いシャンプーは使うべきではありません。

シャンプーで髪は生えないが…

美容室に行ったことがある人であれば分かると思いますが、そういったお店では市販の安いシャンプーを使用することはほとんどなく、育毛シャンプーと同様にアミノ酸系など高価な洗浄成分を使用しつつノンシリコンのものを使用します。

お店の利益のため…という側面も否定はできないものの、こだわりのある店ほどシャンプーにも妥協しない傾向があり、それだけ髪や頭皮にとってシャンプーは重要だということの裏返しでもあるのです。

育毛シャンプーで髪の毛は生えないものの、育毛効果…今ある髪の毛を太く元気にする効果なら期待できます。

逆に間違ったシャンプーを使用すればハゲを加速させる恐れや育毛剤の効果を殺してしまう可能性も考えられます。

値段的には決して安くないものの、多くのものは1本で2ヶ月ほど使え育毛剤に比べればずっとリーズナブルなので、育毛への入門はもちろん本気で育毛・発毛に取り組んでいる人はシャンプーにもこだわってみて下さい。

効果見込めるおすすめ育毛シャンプー

最後に、いくつかおすすめの育毛シャンプーを紹介します。

■haru 黒髪スカルププロ

おすすめシャンプー haru黒髪スカルププロ

私が使用しているシャンプー。

一応女性をターゲットにしているシャンプーですが、成分的には男性が使っても何ら問題がない…どころか素晴らしいので男性にも強くおすすめしています。

22種の育毛・エイジングケア成分の中にはキャピキシルも配合されており内容量は400mlと多めで2ヶ月使用でき、そして女性向けとあって価格も定期コースで2,880円と男性用に比べ安価。

定期コースに期間の縛りはないためいつでも解約できますし、30日間の全額返金保証も付いていて至れり尽くせりです。


■BAKUシャンプー+トリートメント+リジンサプリ

おすすめシャンプー BAKUシャンプー

若干胡散臭いAV男優がイメージモデルとあって怪しい雰囲気を漂わせていますが商品自体は至って良好。

ミノキシジルとほとんど同じ分子構造であるため「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれるピディオキシジルを配合しており、それ以外にもセンブリエキスや褐藻エキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキスなど育毛剤の定番成分も配合。

内容量は500mlと非常に多く単品では2,980円、トリートメントとのセットでは4,780円ながら、2,000円相当のリジンのサプリメントが付くセットでは5,180円と妙にお得感がある謎の価格設定。


■ポラリスNR-02シャンプー

おすすめシャンプー ポラリスNR-02

シャンプーとしては非常に珍しい発毛成分であるミノキシジル1%とフィナステリド0.05%を配合するアメリカ製のシャンプー。

ミノキシジルがX5でないリアップと同じ濃度で配合されているため口コミでは発毛したという声も多く、肌から吸収されることが知られているフィナステリドも地味にポイントが高い。

残念なのは洗浄成分の一つに「ラウリル硫酸Na」が使用されていること。「コカミドプロピルベタイン」というベタイン系の洗浄成分も使用されているから市販のものに比べればマシだが。

価格は2017年1月時点で1本3,880円、2本で6,680円と個人輸入にありがちな複数購入で一気に安くなる典型になっています。

「シャンプーでも発毛を」と考えている場合現状これしか選択肢はありません。


効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

おすすめ育毛剤


チャップアップ おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 永久
初回割引 ×
1本購入 7,400円(税込)
定期コース 9,090円(税込)
■チャップアップの特徴
星の数ほどある育毛剤の中でもトップクラスの人気を誇るチャップアップ。中でもサプリメントが無料で付いてくる定期コースは非常に人気が高くなっています。
チャップアップの詳細ページへ チャップアップの公式ホームページへ
イクオス おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 45日
初回割引 ×
1本購入 9,698円(税込)
定期コース 7,538円(税込)
■イクオス(IQOS)の特徴
2016年の大幅リニューアルで成分量は61種と倍増し「Algas-2(アルガス-2)」という注目の新成分も配合。定期コースの値下げも行い死角のない最強育毛剤に。
イクオス(IQOS)の詳細ページへ イクオスの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事