ハゲたくない、薄毛を治したいならまず痩せろ

デブはハゲると心得よ

ハゲるデブ ちょっと偉そうなタイトルになってしまいましたが、薄毛と肥満には強い関連性があるので、あえて強く言ってみました。

貴方の周りにデブでハゲって多くないですか?

私の身の回りには一定以上太っている人間は男女問わず髪の毛が薄い方が非常に多く、肥満は男性よりハゲづらい女性ですら薄毛になる可能性を高めるという確信があります。

もちろん肥満はあくまでも薄毛の要因の1つ。男性にとっては遺伝が最も強い要素である事は間違いないものの、デブが薄毛の進行を早めるのは間違いありません。

なぜそこまでデブに薄毛が多いのか?そしてダイエットをすることでどんな育毛効果が得られるのかを詳しく解説していきます。

デブがハゲる原因として考えられるもの

一般的に肥満が体に悪いことは誰しもが認識している事だと思われますが、それが薄毛とどう結びつくのか疑問に感じる人もいるのではないでしょうか?

実は「デブとハゲ」というテーマに関しては「デブにはハゲが多い気がするが、関連性は?」でも詳しく取り上げたのですが、ここではそれを要約して原因を紹介してみたいと思います。

脂や汗で頭皮環境が悪い

太っている人は太っていない人に比べ重い体を動かすため多くのエネルギーを消費するので、どうしても汗や皮脂を多く分泌します。

そうなると頭皮は皮脂や汗にまみれる時間が多くなり毛穴が詰まり気味になりますし、脂漏性皮膚炎などにかかりやすく頭皮の健康も失われがちになります。

「ホームレスにもハゲてない人間はいっぱいいるじゃん」という反論もよく聞かれ、頭皮を守る上で一定の皮脂が必要なのは間違いないものの、過度な皮脂や汗が頭皮にとってマイナスになることはあってもプラスになることはありません。

食生活や生活習慣が乱れている

「太っているからハゲる」というよりは「太る原因とハゲる原因が同じ」という考え方で、その最も顕著な例として食生活と生活習慣が挙げれます。これがハゲとデブを関連付ける大きな要因と見ています。

太っている人の食生活が乱れていないわけはなく、カロリーが低くビタミン豊富な野菜より肉や炭水化物中心である場合が多いのは想像に難くありません。当然栄養バランスは崩れがちなのは言うまでもないでしょう。

そしてデブは基本的に運動を嫌いますから血行も悪く、それでなくても偏った栄養バランスで不足しがちな髪への栄養が血行不良により行き渡らないというコンボを引き起こしていると考えられます。

糖尿病や高血圧、高脂血症の可能性が高い

太っている方は同時に糖尿病・高血圧・高脂血症といった生活習慣病を併発…いわゆるメタボリックシンドロームになっている可能性が高くなります。

これらはすべて血管に重大なダメージを与え、かつ血液をドロドロにしますから毛細血管まで血液が行き渡らなくなりますし、血行自体も悪くなります。

特に糖尿病は毛細血管を詰まらせ様々な合併症を引き起こすことで知られ、頭皮に対しても悪影響があるのは想像に難くありません。


…デブがハゲる原因をざっと挙げてきましたが、太っている方は思い当たる節がいくつもあるのではないでしょうか?

■太っていると汗や皮脂の分泌が多くなり頭皮環境が悪化
■乱れた食生活や生活習慣の乱れが薄毛を引き起こす
■メタボは血液や血管の病気を引き起こし血行を著しく悪くする

痩せることによって期待される育毛効果

ダイエットの育毛効果

肥満が薄毛を引き起こす理由について書いてきましたが、では逆に痩せることによってどんな育毛効果や発毛効果が得られるのでしょうか?

栄養バランスが改善される

太っている人の多くが積極的に摂取している栄養素…それは炭水化物やお菓子

炭水化物のほとんどは糖質なので髪の毛の成長にはほとんど影響しませんし、スナック菓子であれば炭水化物と脂質が主。これらには髪の毛の成長を助けるような力はほとんどないのです。

ダイエットを行うため炭水化物を減らし、代わりに野菜や低カロリーの鶏肉などを積極的に取り入れれば、髪の毛の成長に欠かせないアミノ酸やミネラル、ビタミンを摂ることに繋がるため育毛にとって大きなプラスになります。

ただし、ただ単に食事を極端に制限するだけの過度なダイエットの場合その限りではないので、栄養バランスをある程度考えて痩せるようにして下さい。

頭皮環境の改善

肥満の人はそうでない人に比べ汗をかきやすいため、頭皮は汗と皮脂まみれになる傾向にあり、髪の毛の成長が阻害される可能性が高まると共に脂漏性皮膚炎など薄毛の原因となる炎症を起こすこともあるのは前述のとおり。

体重を落とすことでこういったリスクは確実に軽減され、頭皮環境は改善の方向に向かいます。

血行促進効果

太っていると糖尿病や高血圧などの生活習慣病に罹りやすくなるのは前述の通りで、特に血糖や中性脂肪は血液をドロドロにしてしまいます。

一方、痩せることができれば食事の量も適切なものになっているでしょうから血糖や中性脂肪が減り血液はサラサラになっていきます。

そうなれば頭皮にも十分な栄養や酸素が行き渡り、結果として薄毛予防や改善効果が期待できるようになる。また、ダイエットに有酸素運動を取り入れていれば、代謝のアップやさらなる血行促進効果が期待できるのでなお良い。

糖尿病の改善

前述の血行促進にも通じるのですが、ダイエットで痩せることにより血糖値が下がり糖尿病が改善すると、髪の毛や頭皮を取り巻く環境は劇的に良化します。

なぜなら、高血糖の状態は血液をドロドロにするだけでなく、毛細血管を詰まらせてダメにしてしまうとう恐ろしい合併症があるから。

デブでも糖尿病じゃないという人には関係ないように感じるでしょうが、太っている限りそうでない人に比べ常に数倍のリスクに晒されていることになりますから、一刻も早いダイエットを。

どうやって痩せればいいの?

ハゲ改善のためのダイエット

テレビや雑誌などでは「〇〇で無理なく痩せる」「△△を使えば好きなだけ食べてもいい」といった甘い言葉が並んでいたりしますが、こういう文言のほとんどは嘘だと思ってください。

痩せる、ダイエットの基本はあくまでも「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を作ることで、これ以上でもこれ以下でもありません。

要は食事を減らして運動を増やせばいいだけ。しかし、こう書くのは簡単でも実際に行うのは困難を極めます。

食事を減らすといっても、炭水化物などの糖質や脂質など高カロリーの食品を減らしつつ野菜を積極的に摂るなど、栄養バランスや摂取カロリーを考えながら適度なダイエットを心がけないと、必要な栄養が補えずかえってハゲる可能性もあるから要注意

基本的には高たんぱく低カロリーである鶏のささみやムネ肉、大豆製品と野菜を積極的に取り入れ、1日の摂取カロリーは1800〜2000kcalくらいを目安に。

同時にウォーキングや軽いジョギングなど有酸素運動も取り入れ消費カロリーを増やすと共に、ダイエットで減りがちな筋肉や基礎代謝を維持できれば理想的。

そして、最も辛いのが体型を維持するためにこの生活を続けなければならないこと。まあこのへんは薄毛予防、ハゲ改善のためだと思って頑張るしかない。

ハゲたくない・薄毛を治したいなら痩せるべき

冒頭でも書きましたが、ハゲ・薄毛の最も大きな要因は遺伝や体質で、そういった強力なものに抗うにはプロペシアやミノキシジルが有効なのは確かです。

しかし生活習慣なども決して無視はできず、仮に40歳くらいでハゲる体質だった方でも、肥満によってそれは35歳、30歳になってしまうかもしれません。

それだけ肥満、メタボは髪や頭皮に与える悪影響に満ちているのです。

これを回避するには痩せる…できれば栄養バランスを考えた食事と適度な運動を取り入れて痩せるのが理想で、それによって薄毛の改善・予防に繋がる可能性が高まるでしょうし、健康という面でも非常に有効です。

もちろんフィナステリドやミノキシジルといった発毛剤やチャップアップのような育毛剤も合わせて使えば効果は高まるので、薄毛に悩んでいて太っている方は一念発起してダイエットに取り組んでみて下さい。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧