女性用育毛シャンプーの定番ドクターボーテム

ドクターボーテムシャンプーの効果

ドクターボーテムが販売する女性用シャンプーは様々な有名女性誌に掲載されていることもあり、薄毛や育毛に興味がない、必要ない人でもどこかで見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

近年は女性ん薄毛が急増していることもあって特にその傾向が強いかと。ただ、こういった商品は「有名だから」「有名誌に掲載されたから」といって効果が高いとは限りません。

というのも、お金をかけて多くの広告を打てば効果に関わらず商品の知名度が上がるため、ハッキリ言ってしまえば効果とは無関係。何よりお金を払えばそれなりの提灯記事を書いてもらえるので「知名度=効果」と考えるのは早計です。

それを踏まえ先入観を排除し客観的な目線でドクターボーテムスカルプケアシャンプーの良し悪しを暴いてみたいと思います。

※ドクターボーテムスカルプシャンプーは2018年に販売を終了いたしました。詳細や代替商品に関しては最後に。

ドクターボーテム女性用シャンプーの洗浄成分は?

使ってはいけない洗浄成分 シャンプーの良し悪しを決める上で絶対に欠かせない要素であり、真っ先に確認しなければならないものが「洗浄成分(界面活性剤)」です。

ドラッグストアやスーパーなどで売っており数百円で買える有名シャンプーのほとんどは「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」といった安価な高級アルコール系や石油系の洗浄成分を使っています。

しかし高級アルコール系の界面活性剤は強すぎる洗浄力により頭皮の皮脂を過度に奪ってしまい、頭皮環境の悪化や薄毛の原因になることも。髪の毛にとって適度な皮脂が重要なのです。

それを踏まえた上でドクターボーテムスカルプケアシャンプーの洗浄成分を見てみると強すぎない洗浄力と頭皮との親和性から理想と言われるアミノ酸系の洗浄成分であることが分かります。

ドクターボーテムシャンプーの洗浄成分

人間の体を形作るたんぱく質はアミノ酸で構成されているため、アミノ酸の洗浄成分で洗うことにより頭皮や髪へのダメージをなくすことが出来るのです。

そして洗浄成分と同様に気になるものがシリコン

多くのシャンプーに配合され髪をコーティングしサラサラツヤツヤにするシリコンも、頭皮や髪にとってマイナスになりうる成分であることが広く知られるようになり、近年はシリコン配合シャンプーは嫌われる傾向に。

その理由はシリコンが毛穴を塞いでしまったり頭皮の皮膚呼吸を妨げてしまったりする可能性が取りざたされているから。またシリコンを使用すると髪の毛がサラサラになる代わりにボリュームがなくなるなど薄毛の人には何かと邪魔な成分。

ドクターボーテムの女性用シャンプーはノンシリコンでその点でも安心です。

しかし2,000円を超えるようなシャンプーではアミノ酸系洗浄成分やノンシリコンは当たり前かつ最低条件であり、重要なのはそれ以外の部分になります。

■ドクターボーテムのシャンプーはアミノ酸系洗浄成分
■髪や頭皮に悪影響があるシリコンは配合していない

ドクターボーテムシャンプーの詳しい成分

多くのヘアケア商品は水が主成分。しかしドクターボーテムスカルプケアシャンプーは水を一切使わず、アミノ酸やたんぱく質、各種ビタミン・ミネラルを豊富に配合する「自然酵母発酵代謝液」を原液のまま配合しているという特徴があります。

それに加え天然由来の植物エキスを13種配合。

ドクターボーテムシャンプーの天然由来成分

これらの成分は多くの育毛剤でも配合されている成分で、特にセンブリエキスは育毛剤の有効成分として使われる以外に生薬として用いられるもの。

ちなみに全成分を見てみると…

有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム、トリクロサン
その他の成分 酵母培養上澄液、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ヤシ油脂肪酸時エタノールアミド、1,3-ブチレングリコール、塩化ナトリウム、センブリエキス、ホホバ油、トウガラシチンキ、ジオウエキス、ウコンエキス、加水分解シルク液、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキヅタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス ベントナイト、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、クエン酸、塩化ジココイルジメチルアンモニウム、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、エデト酸二ナトリウム、安息香酸ナトリウム、ソルビン酸、パラオキシ安息香酸メチル、香料

有効成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」は別名「カンゾウ(甘草)エキス」。これもセンブリエキス同様厚生労働省から育毛効果があるとして正式に認可された育毛剤の有効成分に名を連ねる成分になっています。

それ以外にもローマカミツレエキスやオドリコソウエキス、ゴボウエキス、ローズマリーエキスなどなど、育毛剤や美容液でよく見かける成分が多数。

これらのことからドクターボーテムスカルプケアシャンプーはアミノ酸系洗浄成分やノンシリコンという基本を押さえつつ育毛や美容という部分にもかなりの力を入れていることが伺えます。

■センブリエキスやグリチルリチン酸など育毛剤の有効成分と同じものを配合
■その他の成分にも育毛をサポートする天然成分が豊富

ドクターボーテムシャンプーの価格は?

ドクターボーテム女性用シャンプーの購入方法は2つ、1本のみ買う通常購入と1ヶ月毎に商品が届く定期コースになります。

実際に価格を見てみると…

商品名 内容量 送料 初回 価格
通常購入 200ml 700円 3,200円
定期コース 200ml 無料 500円 2,450円
(2016年1月現在)  

上記を見ても分かるように定期コースの方が圧倒的に安くなっています。ヘアケア・美容関連商品の常ではあるのですが、この定期コースありきの価格設定はちょっと試してみたい人には不親切だな~と個人的に感じています。

2,450円という価格はアミノ酸系+ノンシリコンシャンプーとしては比較的安い部類といえます。しかし内容量200mlというのはさすがに少ない。せめて300mlは欲しいと感じるのが本音でしょう。

このあたりはブランド代も乗っかっているのかな?

初回価格となる500円は非常に良心的ながら、この初回500円というのは150名限定となっておりいつまで続くのか分からないのはマイナス点。購入を考えている方は早めに行動した方がいいかもしれません。

ドクターボーテムシャンプーのまとめ

アミノ酸系洗浄成分にノンシリコン、そして水を一切使わず様々な栄養素を含有する自然酵母発酵代謝液に置き換えている点など、女性の髪の毛や薄毛に真剣に向かっている印象があるドクターボーテムシャンプー。

一方で成分的にはそれほど目新しいものがないうえに内容量が少ないなどデメリットがあるのも確か。個人的には内容量200mlというのが痛いと感じる。

ただ、どういったシャンプーが自分に合うのかについては好みや個人差など相性がありますので、今使っているシャンプーに不満を感じているのであればドクターボーテムシャンプーを使ってみるのも手かと。

薄毛に悩む女性にとって最も身近で手軽なヘアケア商品が育毛シャンプーですので、最近髪のハリやコシが無くなってきた方や地肌が目立ってきた方はまずドクターボーテムなどのスカルプケアシャンプーを試してみてください。

【追記】ドクターボーテムシャンプー販売終了

多くの女性に支持されていたドクターボーテムシャンプーですが、2018年7月末日を持って販売終了になったと発表されました。今までドクターボーテムのシャンプーをつかってきた人、気になっていた人には残念な結果に。

これに替わる商品を探すにあたり重要なのは成分と価格でしょうか。アミノ酸系、ノンシリコン、多くの天然由来成分、コストパフォーマンスあたりは外すことができません。

そうなると最もベストなのはharu kurokamiスカルプでしょうか。

haru kurokamiスカルプおすすめ アミノ酸系の洗浄成分+ノンシリコンは当然として、20を超える天然由来成分を配合。

その中には世界中で使用される発毛成分ミノキシジルの3倍の育毛効果があるキャピキシルが含まれているなど、高い効果が期待できるシャンプー。

そんなこともあってharu kurokamiスカルプは女性のみならず薄毛に悩む男性からも支持を集めています。

リンスがいらないオールインワンシャンプーであるうえに内容量400mlで価格は定期コースで2,880円。欠点を探すのが難しいほど出来の良いシャンプーといえるでしょう。

ドクターボーテムシャンプーがなくなってしまった今、代替商品として最も適しているのはharu kurokamiスカルプであるのは疑いようがありません。

haru kurokamiスカルプの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved