女性はミノキシジルタブレットを使えるのか?

女性はミノタブを使える?

プロペシアを使えない女性にとってミノキシジルは数少ない治療薬であり、中でもリアップリジェンヌや女性用ロゲインなどのミノキシジル外用薬は一定の効果が見込め、かつ副作用の心配も少ないバランスの取れた発毛剤です。

しかし、ミノキシジル外用薬の発毛効果は世界的に認められてはいるものの、これではいまいち効果が出ないと感じている女性が多いのも確か。

ミノキシジルにこだわるのであれば次のステップとして考えられるのが内服薬であるミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)になってきます。実際これは男性の間では「最強」と名高い発毛剤。

とはいえ、これは女性にも使用できるものなのか?また、副作用などはどうなのかなど気になる点も多いですよね。

ミノキシジルタブレットとは?

ミノキシジルが発毛剤として使われるようになった理由。それは本来の血管拡張剤として使われていた時に発現した「多毛症」の副作用により、発毛剤として注目されるようになったという背景があります。

つまり発毛剤としてミノキシジルを使うのは、本来副作用である多毛症に期待しているからに他ならず、この多毛症はミノキシジルを飲んでこそ表れる作用。しかしこれでは血管を下げる薬としての作用が副作用となってしまいます。

そのため、副作用のリスクを極力減らしつつ多毛症の効果を頭皮に集中させるという観点から塗布する外用の発毛剤として使用されるようになりました。

ミノキシジルタブレットの作用は?

ミノキシジルを使用することで現れる多毛症のメカニズムは完全に解明されてはいないものの、毛包に働きかけて髪の毛に関わる成長因子を増やし、髪の基となる毛母細胞の増殖や分裂を促すという見方が有力です。

加えて、本来の血管拡張作用がもたらす血行促進効果により、血液を介して頭皮に十分な栄養や酸素を供給できるというのもポイント。

他の降圧剤では多毛症などの発毛効果は見られず、ミノキシジルのみの特別な作用となっています。


髪の毛が薄くなった頭皮に塗布するミノキシジル外用薬は厚生労働省はもちろん、アメリカの食品医薬品局(FDA)など国家からから正式に認可を受けている事実からも分かるように一定の効果は期待できるものの、だからといって劇的に生えてくることは期待できず、男女問わず効果に不満を持つ方も多いのが実情です。

男性の場合はミノキシジル外用薬の効果に満足できない場合、次なるステップとしてミノキシジル内服薬…いわゆるミノキシジルタブレット(ミノタブ)を使用し始める事が多くなっており、ネットでちょっと調べたら使用した感想などが腐るほどヒットすると思います。

しかしそれが女性となると一気に情報は乏しくなり、あっても女性がミノキシジルタブレットを使う事に否定的な文章が多くなっています。

その大きな理由は「女性使用の前例が少ない事」と「副作用」となっています。

女性のミノキシジルタブレット使用による副作用

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルは本来高血圧症の方向けの血管拡張剤ですが、リアップリジェンヌや女性用ロゲインなどの外用薬であれば、かゆみや湿疹といった外的かつ軽い副作用がほとんどですから女性も安心して使えるものとなっています。

しかしミノキシジルを服用するとなれば血管拡張剤としてめまいや低血圧、多毛症など様々な副作用が顔を出します。血圧が下がることによって心臓がより血液を送り出そうとした結果、動悸や心臓の負担増に繋がる恐れも。

女性の場合男性に比べ貧血や低血圧を持っている方が相対的に多く、またミノキシジル外用薬でも男性より効果を望めるといったこともありミノキシジルタブレットを女性が使用することはあまりありません。

中でも女性にとって特に問題になりそうな副作用が「多毛症」。これがあるからミノキシジルが発毛剤に使われる理由である一方、髪の毛を含め全身の毛が濃くなるこの副作用は女性にとって非常に深刻なものだと思います。

男性であれば多少ヒゲや体毛が濃くなっても髪が生えるのなら…となりますが、女性の場合濃くなる体毛と髪の毛を天秤にかけた時「どちらが大事か」という選択を迫られるでしょう。

もちろん「ちょっと濃くなった体毛はこまめに処理すればいいが、髪の毛の薄さはどうにもならないから…」という考え方もありだと思います。

今現在でもミノキシジルタブレットは「発毛剤」ではなく、あくまでも「血管拡張剤」。プロペシアと違い男性専用ではないため、女性だからダメという事はありませんし、実際少ないながらも服用している女性はいらっしゃいます。

積極的におすすめはしませんが、プロペシアなどのフィナステリド内服薬が使えない女性にとってこれ以上ない効き目のある発毛剤となりますから、薄毛の程度や深刻度と相談して検討してみてもいいかもしれません。

ミノタブは女性にどの程度効果あるの?

ミノキシジルタブレットに高い発毛効果があるのは間違いないものの、副作用も無視できないため、実際にどの程度の効果が見込めるのか気になるところですよね。

結論から言ってしまえばミノタブは女性にとっても最強の発毛剤です。

プロペシア(成分:フィナステリド)やザガーロ(成分:デュタステリド)といった男性用の発毛剤を使えない女性にとって唯一使える発毛成分がミノキシジルで、しかも最も多毛症の作用が出やすい内服薬なのですから、その効果は相当なもの。

これで髪が生えなかったら薄毛改善の余地はほとんどないと言ってもいいレベル。

ミノキシジルタブレットは遺伝や体質といった抗いがたい原因を持つ男性の薄毛に対してもしっかり効果があるのですから、男性に比べそれほど深刻でない女性の薄毛に効果がないはずがありません。

しかし髪の毛が生えるのと同時に体毛も濃くなってしまいますし、これら副作用以外にも問題点があります。

ミノキシジルタブレットは発毛剤ではない

ミノキシジルというのは発毛成分として世界中で認められてはいるものの、それは頭皮に塗布する外用薬のみだったりします。

内服するミノキシジルタブレットに関してはあくまでも血圧を下げる降圧剤であり、これを発毛剤として認可している国はひとつもないのが実情。その背景には副作用の強さなどが挙げられると思われます。

そのため、ミノキシジルタブレットの発毛効果や副作用を検証した臨床試験データは存在せず、「確かな発毛効果があるけど安全性は確立されていない」という性質の薬になっています。

もちろん血管拡張剤としての臨床試験は行われているため「危険」というほどではないものの、かなり強い作用や副作用を持つことから日本においてミノキシジルは降圧剤として認可されていません。

とはいえAGAクリニックなどの医療機関で処方されることもあることから、過度に心配する必要はないと思われますが…

女性のミノタブ服用は必ず少量から

ミノキシジルタブレットのリスクや効果に納得した上で、具体的にどういった商品をどう使えばいいのか?

現在個人輸入で売られているミノキシジルタブレットは本家のロニテンが生産していないためジェネリック医薬品のみとなります。選択肢はロニテン同様米国製の正式なジェネリックとなるMutual Pharmaceutical製ミノキシジルタブレットか、タイ製のノキシジル、あとはフィリピンのロイド社のものになります。

具体的な含有量別ラインナップや価格を見てみると…

2.5mg100錠 5mg100錠 10mg100錠
アメリカ製 4,085円 6,185円
タイ製ノキシジル 2,319円 3,193円
フィリピンロイド社製 3,400円 3,700円 4,000円

ものによってミノキシジルの含有量のラインナップは異なります。値段はノキシジルが圧倒的に安く半値近く、次いでロイド社製、最も高いのが本家アメリカ製になります。

どれを使うかは…信頼性と気分的なものによりけりといったところでしょうか。

女性が使うべき含有量は?

ミノキシジルタブレットを女性が使う際に気を付けて欲しいのが「とにかく少量から試す」ということ。男性よりミノキシジルの効果が出やすい女性であればできる限り1日2.5mgを上限とするべきでしょう。

そのため、2.5mgが存在しないノキシジルであれば、5mgを真ん中の割れ目で2分割して1日1欠片を服用するようにして下さい。

ただしこれは1日の上限での話。可能であれば2.5mgの半分…ノキシジルであれば4分割、2.5mgのものは2分割し、1日1.25gmから始めることが望ましいでしょう。

それでもリアップリジェンヌや女性用ロゲインなどの外用薬に比べればずっと効果が期待できます。しかし一方で副作用のリスクも確実に増えますから間違ってもいきなり5mgとか飲まないように。

含有量の多いものを分割すれば価格は抑えられるものの、1回の量が安定せず効果にムラが発生する上に手間もかかるため、できれば2.5mgのものを使うべきでしょう。特に4分割はおすすめしません。

ミノキシジルタブレットはいわばハイリスクハイリターンの発毛剤。

あくまでも最終手段とするべきで、これを使わずとも定番の女性用育毛剤マイナチュレやベルタ育毛剤、最近ではさらに進化したリジュンなど効果の期待できるものも色々とありますから、まずそちらを試してからでも遅くはないでしょう。

それらを使っても満足いく効果が出ず、どうしても薄毛を改善したいという場合に限りミノキシジルタブレットを使うようにして下さい。

ちなみに、2.5mgがあるアメリカ製とロイド社製どちらがいいのか?

価格的には約700円。信頼性の面ではアメリカ製のほうが良い印象があるものの、フィリピンのロイド社は多くの国にジェネリック医薬品を流通させる大手製薬会社なので、信頼性で劣るわけではありません。

まあこのへんは好みで。

ロイド社製2.5mgの詳細

アメリカ製2.5mgの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved