Wアプローチヘアプログラム 2剤の女性用育毛剤

Wアプローチヘアプログラム 2剤

女性の薄毛が増加し様々な商品が登場する中、ここで紹介する女性用育毛剤はちょっと変り種。育毛剤としては非常に珍しい2剤を用いた「Wアプローチヘアプログラム」です。

これは頭皮美容液と育毛剤に分かれており、1剤の美容液を頭皮に塗布した後に2剤の育毛剤を塗るという工程を踏む、一風変わった育毛剤なのですが、これには発売元の会社と共同開発した東京ミッドタウン皮膚科形成外科の女性院長の強いこだわりがあるようです。

医薬部外品の育毛剤を開発する研究者と違い、医薬品を取り扱う皮膚科の医師という視点から育毛を考えた場合の理想系としてこの2剤を用いた育毛剤が誕生しており、それだけにそのメカニズムや効果が気になるところです。

そんな今までにない2剤を用いたWアプローチヘアプログラムという女性用育毛剤、その成分や効果、使用方法から、詳しい価格、デメリットにいたるまで細かく見て行きましょう。

    目次
  1. Wアプローチヘアプログラムの成分は?
  2. Wアプローチヘアプログラムの育毛成分
  3. 注目のその他の成分
  4. Wアプローチヘアプログラムの使い方
  5. Wアプローチヘアプログラムの価格
  6. Wアプローチヘアプログラムの返金保証制度は?
  7. Wアプローチヘアプログラムはおすすめ?

Wアプローチヘアプログラムの成分は?

2剤に分かれているWアプローチヘアプログラムはそれぞれ「頭皮美容液」と「薬用育毛剤」となっており、当然ながら成分は全く違います。

まずはWアプローチヘアプログラムの1剤と2剤の全成分を見てみます。

スカルプエッセンス(1剤) 薬用育毛剤(2剤)


BG
ペンチレングリコール
エトキシジグリコール
ソルビトール
オクタペプチド-2
ヒアルロン酸Na
カミツレ花エキス
シソ葉エキス
エンドウ芽エキス
パントテン酸Ca
グルコシルヘスペリジン
イソマルト
アクリレーツコポリマー
アルギニン
クエン酸
フェノキシエタノール


グリチルリチン酸ジカリウム
センブリエキス
ピロクトンオラミン
酢酸DL-α-トコフェロール
パントテニルエチルエーテル
ニンジンエキス
海藻エキス(1)
ダイズエキス
イチョウエキス
コメ発酵液
カキタンニン
乳酸
乳酸ナトリウム液
精製水
1,3-ブチレングリコール
ジエチレングリコールモノエチルエーテル
1,2-ペンタンジオール
濃グリセリン
モノオレイン酸ポリグリセリル
クエン酸
水酸化カリウム
フェノキシエタノール

パッと見てまず目を通すべきはパラベンやPG(プロピレングリコール)など安全性に疑問がある成分が入っていないという点。

公式サイトでは「〇〇無添加」など強調することはしていませんが、Wアプローチヘアプログラムにはこれらの成分は入っておらず好感が持てます。

防腐剤としてはフェノキシエタノールが入っているものの、これはパラベンより刺激が少ないため現在は多くの化粧品にも使われています。

また、Wアプローチヘアプログラムの成分に目を通して気が付くのはエタノールを使っていないという点。ほとんどの育毛剤にはエタノールが使われているため、アルコールフリーには少し驚きました。

多くの育毛剤に使用されているとはいえエタノールにアレルギー反応を示す人も一定数存在します。男性に比べ女性の頭皮はデリケートであるため、これは嬉しいところです。

Wアプローチヘアプログラムの育毛成分

刺激性のある成分が入っていないことを確認したところで、肝心の育毛成分やその効果についても検証してみます。

Wアプローチヘアプログラムの主要な育毛成分は下図のようになっています。

Wアプローチヘアプログラムの成分

1剤の頭皮美容液には保湿や抗炎症作用のある成分が多く配合することで頭皮環境を整え、そして2剤の育毛剤が髪の毛の生育にとって重要な毛根内の毛母細胞にしっかり作用し発毛促進します。

Wアプローチヘアプログラムの効果の仕組み

驚くべきは2剤である薬用育毛剤の成分。全成分数自体は取り立てて多いわけではないものの、有効成分が5つも配合されているというのかなり珍しい。3種くらいが一般的ですからね。

有効成分というのは厚生労働省により「育毛に有効」と正式に認められた成分で、厚生労働省に認可された医薬部外品の育毛剤を名乗るにはこの有効成分を決められた量を配合しなければなりません。

どんなに高価な育毛剤でも含有する有効成分はせいぜい3種類程度。そんな中でWアプローチヘアプログラムの5種は群を抜いています。

注目のその他の成分

また、2剤には多くの育毛剤に使われ効果に定評があるミツイシコンブ由来の「海藻エキス-1」や、女性ホルモンを補う事で有名なイソフラボンを含有するダイズエキスが含まれ効果を確かなものにしています。

もうちょっと詳しく見てみましょう。

海藻エキス-1

Wアプローチヘアプログラムの海藻エキス

男女兼用育毛剤として人気のあるチャップアップやイクオスといった育毛剤の目玉成分が海藻エキス-1。「M-034」と呼ばれることも。

厚生労働省に「髪の毛が生える」と認められた医薬品成分ミノキシジルと同等の育毛効果があるとして一躍有名になり、人気を不動のものにしました。保湿成分とされているものの、毛根に働きかけ成長を促進させることが確認されています。

人気の女性用育毛剤マイナチュレやベルタ育毛剤にも配合されています。

ダイズエキス

Wアプローチヘアプログラムのダイズエキス

ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが影響して薄毛になる男性と違い、女性の場合は何らかの理由でホルモンバランスが崩れ女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ることが薄毛の大きな要因。

そんなエストロゲンに近い働きをするのが大豆に含まれるイソフラボンです。

実は女性も少量の男性ホルモンを分泌しており、エストロゲンが減少するとDHTが相対的に増え薄毛になってしまいます。いわゆる女性男性型脱毛症(FAGA)というやつです。

女性ホルモン自体を増やすことは難しいものの、イソフラボンによって補うことは可能。また、頭皮や肌に塗布するダイズエキスは保湿効果もあるため、頭皮環境の改善に一役買ってくれるでしょう。

ニンジンエキス

Wアプローチヘアプログラムのニンジンエキス

5種の有効成分を配合していることが特徴的なWアプローチヘアプログラムですが、このニンジンエキスも有効成分として使用される実績のある成分となっています。

ニンジンエキスの主な作用は血行促進効果。頭皮に酸素や栄養を届けることで発毛促進させます。

カキタンニン

Wアプローチヘアプログラムのカキタンニン

柿に多く含まれるタンニンはポリフェノールの一種で高い抗酸化作用があります。

髪の毛の基となる毛乳頭細胞や毛母細胞は活性酸素の影響により酸化・老化が促進されます。それが薄毛の一因になるとも。

高い抗酸化作用を持つカキタンニンはこの活性酸素を除去。結果育毛やアンチエイジングに効果を発揮するのです。

Wアプローチヘアプログラムの使い方

女性の薄毛に対し高い効果が期待できる成分を様々配合しているWアプローチヘアプログラムですが、そもそも1剤と2剤に分かれているこの育毛剤はどう使うのか?

Wアプローチヘアプログラムは画像を見ても分かるように頭皮美容液には「1」、薬用育毛剤には「2」の番号が振ってありますので、当然ながらこの順番で使う事になります。

問題になるのは「どういったタイミングで使うのか?」「1剤と2剤の間隔はどの程度空ければいいのか?」だと思われます。

公式に推奨している使い方は朝晩の2回、頭皮全体または気になる部分に直接塗布するというもの。洗髪後であればしっかりと乾燥させてから使用します。

気になる1剤と2剤の使用間隔は、1剤を使った後すぐに2剤を使っても問題ないとしています。しかし基本的には1剤を塗った後2、3分置いて頭皮にしっかり浸透するのを待ってから2剤を塗布するのが一番効果的。

ただ、一般的な育毛剤であれば1回で済む塗布を毎回2回行わなければならないというのは面倒といえます。これはWアプローチヘアプログラムのデメリットといえるでしょう。

とはいえ2剤に分けることで効果を高めていると考えれば十分我慢できる範囲。ぶっちゃけ数日使えば慣れます。

■1剤と2剤の使用間隔は1剤を塗布し2、3分待って浸透した後がベスト

Wアプローチヘアプログラムの価格

まずWアプローチヘアプログラムの単品価格は、税抜6,285円(税込6,787円)で、下図のように人気の女性用育毛剤の中では中くらいの価格帯になります。ちなみに1回分はそれぞれ30mlの1剤2剤が2本ずつセットになっています。

商品名 内容量 使用期間 価格
Wアプローチヘアプログラム 30ml×2×2 1ヶ月 6,285円
マイナチュレ 120ml 1ヶ月 5,195円
ベルタ育毛剤 80ml 1ヶ月 5,980円
リジュン 100ml 1ヶ月 5,960円

Wアプローチヘアプログラムは単品での購入以外に初めて購入の方限定の2週間のお試しセットと初回割引のある定期コースがあり、詳しい価格は以下のようになります。

商品名 内容量 初回 価格
単品 30ml×2×2 6,787円(税込)
2週間お試しセット 30ml×2 1,980円(税込)
定期コース 30ml×2×2 3,980円(税込) 6,108円(税込)

上の他の育毛剤との比較では税別で表示していますが、ここでは税込での表記。

マイナチュレやベルタ育毛剤の定期コースが税込で5,000~5,500円くらいなのでWアプローチヘアプログラムは定期でも若干高くなってしまいます。2液を2セットというパッケージを考えると仕方がないのかもしれません。

女性用育毛剤としては高めの部類と言わざるを得ませんが、2剤を用いていることや育毛に対するこだわりなどを考えれば妥当だと思われます。

Wアプローチヘアプログラムの返金保証制度は?

もし当サイトを見る前に他のサイトでWアプローチヘアプログラムの情報を見ている方であれば、そこでWアプローチヘアプログラムの60日間返金保証についての記述を目にしているかもしれません。

しかし現在は60日間返金保証制度は終了しており、その代わりに14日間のトライアルセットが発売されたようです

Wアプローチヘアプログラム 60日間返金保証は終了

上図のようにメールで問い合わせた結果の正式な回答なので間違いありません。詳細な終了日時は分からないものの、このメールのやり取りは2015年11月に行われたことから、全額返金保証制度はかなり前に終了してしまったのでしょう。

返金保証制度が無くなったのは残念といえば残念ですが、育毛剤の全額返金保証は商品を送り返す際の送料や返金時の振り込み手数料が差し引かれることがほとんど。送料や代引き手数料が無料だった場合それも差し引かれることも。

つまり全額返金保証といってもそれは商品代金だけの話であり適用すると実質1,000~2,000円の出費になってしまう。事前に連絡したり使用済みの商品を梱包、送付したりといった余計な手間がかからない分返金制度より1,980円の14日お試しセットの方がお得で便利という見方もできるでしょう。

ただ、お試しセットの安さで返金保証が無いことをカバーしているとはいえ、180日間最大6本までの全額返金保証制度があるマイナチュレや、90日間最大3本までのリジュンに比べると見劣りするのも間違いありません。

Wアプローチヘアプログラムはおすすめ?

価格は他の女性用育毛剤に比べ若干高いものの、他の育毛剤にはないアプローチと様々なこだわりが詰まったWアプローチヘアプログラム。

2液を用いた育毛剤というのはお目にかかることはないため、他の育毛剤で効果がなかった人に対しても十分な効果を発揮する可能性が高いといえます。

全額返金保証がないため、初めて育毛剤を使用するという女性には、同制度が充実しており価格も安いマイナチュレリジュンのほうが良いかもしれませんが、今使っている育毛剤に限界を感じている人はぜひ一度試してほしいと感じます。

それでなくてもちょっと面倒な育毛剤の使用において、2液を使わなければならないというのはネックなんですけど、そこらへんは使っていくうちに慣れてくるはず。

女性の薄毛は放っておいても改善する可能性は低く、むしろ悪化するケースが多いもの。薄くなればなるほど改善が難しくなってきますので、早めの対策を心がけるようにしてください。

Wアプローチヘアプログラムの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved