薬用ハリモア スキンケア発想育毛剤の効果は?

薬用ハリモアの効果と副作用

若い女性は髪の毛の質に対して意識することって少ないですが、年齢と共に髪の毛に衰えを感じ始めている人も多いのではないでしょうか。そういった場合、女性用育毛剤の薬用ハリモアが効果的かもしれません。

  • 髪の毛のコシが無くなってきた
  • 髪のツヤが無くなりバサバサしてきた
  • セットが決まらない

最近こう感じることってありませんか?

こういった変化は妊娠・出産などで身体の大きな変調があった場合を除き緩やかに進むため、毎日自分の髪と接していると気づきにくいかもしれません。しかし女性の美しい髪も20代後半から徐々に衰えてきます。

私の身の回りにも30代ですでに髪が全体的に薄くなっている方が数人おり、本人達はあまり表には出さないものの会話の中でふと出てくる「でもあたし髪の毛少ないから…」という声に悩みの深さを感じます。

そんな女性の髪の悩みを解決すべく、様々なスキンケア・エイジングケア商品をリリースしているレバンテが「ハリモア」という女性用育毛剤を販売。スキンケア発想から頭皮ケアや育毛を提案しています。

    目次
  1. 30代で急激に増えてくる女性の薄毛
  2. ハリモアはどういった成分で薄毛を改善するのか?
  3. 美容・育毛成分の配合量は驚きの99.7%
  4. ハリモアに危険性のある成分は入ってる?
  5. ハリモアの月々の費用
  6. ハリモアの30日間返金保証について
  7. 他の女性用育毛剤と比べてどう?

30代で急激に増えてくる女性の薄毛

スキンケアやアンチエイジングを得意とするレバンテが送り出したハリモアは30代40代を中心に高い人気を集めています。一見するとあまり育毛に関係のなさそうな企業の育毛剤がなぜそんなに支持を集めるのか?

女性の皮脂分泌量の変化 それは女性の肌や頭皮を守る皮脂の分泌量がひとつの鍵になっています。

右図のように女性は男性と違い皮脂の分泌量が生涯を通じて少なく、特に30歳前後からその分泌量は少なくなってきます。

加えて男性に比べ女性はドライヤーやカラーリングを行う頻度が高く、そういったものが肌を守る皮脂を一層減らす原因に。

顔などの乾燥肌で悩む女性は多いと思いますが、実はドライヤーなどの乾燥した熱風などに晒される頭皮は他の肌以上に過酷な環境にあると言えるのです。

そして盲点なのが顔も頭皮も一続きであるという点。頭皮は「髪」という毛が密集している以外に顔の肌と大きな違いはありません。

顔のケアに余念がない女性も頭皮においてはドライヤーやカラーリングなど過酷な状況を強いている場合が多く、それが加齢も手伝ってハリやコシの減少を招き、髪自体が細くなることによって「薄くなった」と感じる事態を引き起こすのです。

つまり顔のスキンケアやアンチエイジングは頭皮にもそのまま当てはめることができ、これらを頭皮にも積極的に取り入れることによってハリ・コシの減少や薄毛の改善ができるとハリモアは提案しているのです。

そう考えればスキンケアやエイジングケアを得意とするメーカーが育毛剤を製造・販売するのも納得がいきますよね。

■顔も頭皮も一続き。頭皮はドライヤーなどにより過酷な状況に
■肌と同じスキンケアやアンチエイジングを取り入れることで薄毛を改善

ハリモアはどういった成分で薄毛を改善するのか?

育毛剤は医薬部外品の“育毛剤”として認められるために厚生労働省で定められた「有効成分」を決められた量配合する必要があり、ハリモアの有効成分は「センブリエキス」「ニンジンエキス」「グリチルリチン酸2K(カンゾウエキス)」の3種。

ハリモアの有効成分

これらは育毛剤の有効成分として多くの実績のあるものなのはもちろん、漢方薬に用いられる自然由来の「生薬」でもあります。化学的に合成される成分とは異なり頭皮への悪影響はありません。

これら有効成分の主な目的は直接髪の毛を生やすことではなく、血行促進や抗炎症作用による頭皮の環境改善が目的。頭皮を健やかに保つことで髪の毛が生える土壌を作るのです。

肌の状態や環境が悪いとくすみやしわが発生し、逆に良い状態を保つことができれば美しく見せることができますし、化粧のりも違ってきますよね。同様に育毛にとって頭皮の状態や環境が重要なのです。

25種の天然由来成分を配合

それに加え、昔から髪を美しくする成分として有名なツバキオイルをはじめとした25の天然由来成分が頭皮をしっかり保湿、抗炎症作用などによって頭皮環境を改善しつつ育毛を強力にサポートします。

ハリモアの25の育毛成分

海藻エキスやビワ葉エキスなどマイナチュレやベルタ育毛剤といった大人気の育毛剤に使われる定番の育毛成分を配合しつつ、オレンジやグレープフルーツ、トマトなどフルーツのエキスを使用。

加えて女性ホルモンであるエストロゲンに近い働きをするイソフラボンを豊富に含有する大豆エキスや加水分解黒豆エキスなども配合。女性の薄毛はホルモンバランスの乱れによってエストロゲンが減少することが大きな要因のひとつなので、大豆エキスは嬉しいところ。

頭皮も顔の肌の一部と考え天然由来成分で頭皮環境の改善に努め育毛に繋げるという考えは顔や全身の肌のスキンケアやエイジングケアを得意とするレバンテだからこその発想とも言えるでしょう。

美容・育毛成分の配合量は驚きの99.7%

育毛剤というと様々な育毛成分がたっぷり入っているイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし現実にはそうではなく、一般的な育毛剤の育毛成分や頭皮ケア成分の含有量は内容量の1~2割程度とされ、それ以外は水とエタノールが大半を占めています。つまり8~9割が水とエタノール!

実は化粧水などの化粧品も同様なんですけどね…

そんななかハリモアは99.7%が美容・育毛成分と謳う。本当なのでしょうか?

ハリモアの育毛成分は99.7%

ハリモアの成分を調べてみると、一般的な育毛剤には必ずといって記載されている「水」「精製水」の文字がありません。

そんなことがありえるのかと目を凝らすと「ローズ水」の文字が。そう、ハリモアは水や精製水の代わりにローズ水を使用することで美容・育毛成分99.7%を実現しているのです。

ローズ水とは?

ハリモアのローズ水

このローズ水は「ローズウォーター」とも呼ばれるもの。保湿力や引き締め作用、抗炎症作用など肌の環境を整える効果を持つため、これを化粧水として使用している人もいるほど。

当然ながら頭皮の環境改善にも役立ちます。

そんなローズ水を水の代わりに使用しているあたり、女性の頭皮を真剣に考えていることが伺えます。スキンケアやアンチエイジングを得意とするメーカーならではといったところでしょうか。

ハリモアに危険性のある成分は入ってる?

数多くの育毛成分を配合し、水の代わりにローズ水を使うなど、育毛効果や頭皮ケアを徹底的に追及しているハリモア。

しかし育毛剤の中には安全性に疑問が残るパラベンや旧表示指定成分を配合しているものも多いのが実情。デリケートな女性の頭皮だからこそそういった成分には細心の注意を払いたいところですよね。

ハリモアに危険な成分が入っていないのか全成分をチェックしてみます。

薬用ハリモア
成分
ニンジンエキス
センブリエキス
グリチルリチン酸2K
タケノコ皮抽出液
ゴボウエキス
オリスエキス
ジオウエキス
大豆エキス
加水分解黒豆エキス
水添大豆リン脂質
大豆油
トウキエキス-1
ブナエキス
シコンエキス
シャクヤク浸出液
水解シルク液
オレンジ果汁
茶エキス-1
ビワ葉エキス
海藻エキス-1
キイチゴエキス
グレープフルーツエキス
トマトエキス
キュウリエキス-1
油溶性カロットエキス
椿油
ホホバ油
ローズ水
マルトース・ショ糖縮合物
グルコシルヘスペリジン
クエン酸
クエン酸Na
ジエチレントリアミン5酢酸5Na液
エタノール
ペンチレングリコール
BG
無水エタノール
POE硬化ヒマシ油
濃グリセリン
キサンタンガム

パッと見て安全性に疑問が残るような成分は入っていません。それもそのはず、ハリモアは危険性も指摘される以下の15の成分を無添加としているからです。

旧表示指定成分、パラベン、石油系界面活性剤、着色料、香料、鉱物油、タール系色素、紫外線吸収剤、動物性原料、酸化防止剤、シリコン、合成ポリマー、フェノキシエタノール、殺菌剤、合成保存料

パラベンやPG(プロピレングリコール)はもちろん、多くの育毛剤や化粧品で使用される防腐剤フェノキシエタノールも無添加というのはちょっと驚き。

パッチテストやアレルギーテスト、皮膚累積刺激テストを行い安全性を確認するなど、低刺激への強いこだわりが見て取れます。

ただし、多くの成分を配合する上で欠かせないエタノールを使用しているので、これにアレルギーがある人は使用を避けたほうがいいかもしれません。

そんなこと言ったらほとんどの育毛剤が使えないことになってしまいますけどね。

ハリモアの月々の費用

スキンケア、エイジングケアの会社だからこそ作ることができた高い育毛効果を誇るハリモア。しかしどうしても気になるのはやはり価格だと思います。

ハリモアには単品での購入と1ヶ月に1回定期的に商品が届く定期コースのがあり、それぞれの価格は以下のようになります。すべて税込。

商品名 送料 初回 価格
ハリモア 単品購入 650円 7,600円
ハリモア 定期コース 無料 3,800円 5,800円

単品の7,600円というのは女性用育毛剤としては少し高価な部類ではありますが、定期コースであれば初回は半額の3,800円。2回目以降も23%OFFの5,800円と費用はかなり抑えられます。

加えて定期コースでは送料が無料に。送料650円はばかにならないので、これは嬉しいところです。そのうえ30日間の返金保証も付くなど至れり尽くせり。

また定期コースの場合ずっと買い続けなければいけない印象を受けますが、公式にも「いつでも解約OK」となっておりますので、万が一肌に合わないなどの理由により解約したい場合、1ヶ月以内であれば30日間の返金保証も相まってほとんど出費なく解約できます。

ちなみに定期コースの解約は次回の商品発送の10日前までにカスタマーサービスなどに連絡する必要があるので、それだけは注意してください。

■定期コースはいつでも解約できるので、単品で欲しい場合も定期購入で

ハリモアの30日間返金保証について

ハリモアには万が一肌に合わなかった時などお試しの意味もこめて30日間の返金保証制度がありますので、最後にこれについて書いておきます。

返金保証を適用する場合の条件などは以下のようになります。

  • 商品到着日より30日以内
  • 事前に電話連絡が必要
  • 初回購入の方に限る(1家族1回限り)
  • 3本・6本セットを注文の場合は2本目を開封した時点で返金対象外
  • 定期コースを利用の場合2回目お届けの商品を開封した時点で返金対象外
  • 返金額に購入時の送料・代引き手数料は含まれない
  • 返品の際の送料は購入者負担

一般的な育毛剤の返金保証は送り返す際の送料と返金の際の振り込み手数料をこちらが負担する必要がありますが、ハリモアの場合振り込み手数料は会社の方で負担してくれるらしく、こちらの負担としては送料のみとなります。

ハリモアは初回は半額の3,800円で返金保証も良心的であるため「続けられるか?」「頭皮に合うか?」といった不安がある方も気軽に試しやすい育毛剤と言えます。

上でも書いたように返金保証が付く定期コースは単品購入より圧倒的にお得。しかも解約はいつでもOKなので、「とりあえず1本試してみたい」という場合でも必ず定期コースで注文するようにするといいでしょう。

他の女性用育毛剤と比べてどう?

スキンケアやエイジングケアを得意とするメーカーが作っているだけあって、成分や効果、安全性に対し高い信頼性を誇るハリモア。しかし他の女性用育毛剤と比べるとどうなのかも気になりますよね。

目に見える数字という点に関しては、ハリモアより成分数が多く全額返金保証の期間や条件が良い、しかも価格も安いマイナチュレやリジュンに軍配が上がるのは間違いありません。

しかしハリモアは水の代わりにローズ水を使うなど頭皮のケアを徹底的に追及しているのが大きな強み。有害性が懸念される成分が少ないのもメリットといえるでしょう。

初めて育毛剤を使う場合、頭皮に何らかの異常が出ないかどうか不安になると思います。そういった不安を払拭している点においてハリモアはどんな育毛剤より優れていると思って間違いありません。

色々な育毛剤を使ったけどいまいち合わなかったという女性にも当然おすすめ。

価格や成分、全額返金保証の充実を最重視するならマイナチュレリジュンを、安全性やローズ水といった点を評価するならハリモアを…という使い分けがベストになるでしょうか。

薬用ハリモアの詳細


当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧