女性用育毛剤って何を基準に選べばいいの?

育毛剤に悩む

薄毛が気になりだして食生活や生活習慣の改善などに取り組んでみたけど効果が出ず、一度育毛剤を使ってみようかと考えているが、どう選んでよいのか分からない…そんな女性も多いのではないでしょうか?

薄毛に悩む女性が急増していることを受け、多くのメーカーから様々な女性用の育毛剤が発売されています。確かに選択肢が増えるのは歓迎できますが、数多ある商品の中から最適なものを選ぶのは一苦労。

そういったことから、様々な育毛剤を見てきた私が価格や効果、成分など重視するものが人によって違う点を踏まえ、いくつかのカテゴリ別におすすめの育毛剤を挙げていきたいと思います。

女性用育毛剤を成分数で選ぶなら

育毛剤を選ぶ基準の一つに「成分数」が挙げられます。

成分の数が多いからといってそれが必ずしも効果に繋がるわけではありませんが、多くの成分が配合されていれば相乗効果が期待できますし、効果の個人差が小さくなること、副作用が分散されることが予想されるなどメリットも多い。

そして今現在女性用育毛剤の中で最も成分数が多いのは72種のリジュン(RiJUN)、次いで56種のベルタ育毛剤と続きます。

リジュン

おすすめ育毛剤リジュン

リジュン(RiJUN)は2017年に発売された比較的新しい女性用育毛剤とあって、近年注目されている「リデンシル」という成分と、従来の商品を大きく上回る72種の成分数が大きな特徴。

特にリデンシルは発毛成分であるミノキシジルの2倍の育毛効果があるとされ、様々な育毛剤に配合されるようになってきています。現在このリデンシルを配合した女性用育毛剤はリジュン以外に見当たらない。

一方で価格は従来の女性用育毛剤と同等レベルを維持。加えて90日間最大3本までの全額返金保証が付くなど、サービス面でも抜かりなく人気育毛剤の仲間入りを果たしています。

リジュン(RiJUN)の詳細

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤の成分数は?

ベルタ育毛剤は3種の有効成分に39種のその他の成分、そして14種のアミノ酸で計56種という構成になっており、リジュンが登場するまでは女性用育毛剤として最も多い成分数を誇っていました。

また育毛・頭皮ケア成分が99.9%と非常に高濃度である点や、定期コースで購入すると毎回2,000円相当の頭皮クレンジングがプレゼントされるなどの特徴が。

ただ、ベルタ育毛剤は他の商品に比べ内容量が少なく、一般的な1日2回の使用だと2週間しか持たないというのが最大のデメリット。

それでいて価格はマインチュレより高く、リジュンと同じ4,980円。それで2週間した持たないとなるとちょっと厳しい。全額返金保証も30日間とあって、やや時代に付いていけていない感すらあります。

ベルタ育毛剤はマイナチュレに並ぶ人気育毛剤であるのは間違いありませんが、リジュン発売された今個人的には積極的におすすめすることは控えております。


女性用育毛剤の中で成分数が特に多いのがこの2つ。次いでルルシアルフレの45種、マイナチュレ41種、ヴェフラ育毛剤32種、ハリモア28種と続きます。

より多くの成分を求めるのであれば、リジュンかベルタ育毛剤のどちらかという選択になるでしょう。

サプリメントが付属する育毛剤

育毛を考えた時、頭皮に直接塗布する育毛剤の他に、摂取することで体の内側から育毛を促進させるサプリメントという選択肢もあります。それらがセットになった商品は非常に高い育毛効果が望めるのは想像に難くないですよね。

とはいえ、サプリメントが付属する育毛剤というのはつい最近まで女性用育毛剤の中には存在しなかったため、比較的安価で男女兼用である高性能育毛剤イクオスが最有力でした。

しかし2018年になって登場した「ルルシア」によって状況は大きく変わったといえるでしょう。

イクオス

イクオスは女性にもおすすめ

女性用の育毛剤と違い男女兼用で男性に非常に人気の高いチャップアップやブブカ、イクオスには定期コースで毎回亜鉛や各種ビタミン、アミン酸など様々な育毛成分が入ったサプリメントが付属するといった特徴があります。

育毛サプリメントは単体で買うと1ヶ月分で数千円するので、育毛剤と育毛サプリメントを併用したいという女性はあえて男女兼用育毛剤であるチャップアップやイクオスを使用するという方もいらっしゃいます。

「男性に人気の育毛剤だから女性が使うのはどうなの?」と感じるかもしれませんが、男女兼用のチャップアップやブブカ、イクオスと女性専用であるマイナチュレやヴェフラは元々すべて天真堂という会社の「ソヴール08」というプライベートブランド用の育毛剤がベース。

現在は多少の成分を加えリニューアルを行っているため完全に同じものではありませんが、基本的な成分はほとんど一緒です。公式サイトにおいても女性の使用もおすすめしているため安心感もあります。

中でもイクオスは育毛剤61種、育毛サプリメント46種の成分数を誇り、かつ価格は6,980円とリーズナブル。育毛サプリであるイクオスサプリEXが単体で4,380円することを考えればいかにお得か分かると思います。

一般的な女性用育毛剤と比べれば高価ながら、その中身や効果を考えると非常に安い。だからこそイクオスは競争が激しい男性向け育毛剤の中でも5本の指に入るほどの人気を得ているのです。

無添加育毛剤イクオスの詳細

ルルシア

サプリ付きルルシアおすすめ

以前までは女性用にサプリメント付きの育毛剤が存在しなかったため、おすすめ商品はおのずとイクオスになってしまっていましたが、2018年にルルシアが登場して状況は大きく変わりました。

ルルシアはイクオスと同じ会社が販売する、女性用育毛剤としては初となる育毛サプリメントがセットになった商品。2018年に登場しました。

目的別にホルモンバランスの乱れや加齢による薄毛を対象にしたピンクの「ルルシア ルフレ」と、生活習慣や食生活による薄毛を対象にした紫の「ルルシア シャルム」の2つが存在します。

中でも注目したいのはピンクのルルシアルフレ。育毛剤、育毛サプリメント共に王道の成分が配合されているとあって安心感と安定感があります。

成分の数も育毛剤約45種、サプリメント約40種と極めて優秀。それが4,980円で購入できるのですから、最近の女性は羨ましいとすら感じます。

育毛剤選びに迷ったらルルシアルフレを使っておけば間違いないでしょう。

女性用育毛剤ルルシアの公式サイト

価格で女性用育毛剤を選ぶなら?

成分や効果は重要な要素ながら、育毛剤は最低でも6ヶ月は使用しなければ効果を実感できないとあって価格は無視できません。

というわけで価格重視で考えてみると…

ヴェフラ

安い女性用育毛剤ヴェフラ

前述したように男女兼用育毛剤イクオスや女性用育毛剤マイナチュレは元々成分数32種の「ソヴール08」という同じ育毛剤を使用していた過去があります。

現在はイクオスもマイナチュレも成分を追加し脱ソヴール08化していますが、いまだにこのソヴール08を使い続けている女性用育毛剤が存在します。あまり有名ではないこの育毛剤の商品名は「ヴェフラ」。

相手先のブランドに向けた商品(OEM商品)をそのまま使っているとあって価格は安く、初回1,000円、2回目以降は3,900円。女性用育毛剤としてこれ以上安いものはなかなか見当たりません。

ただ、人気育毛剤であるマイナチュレも初回980円、2回目以降4,557円と遜色なく、かつ成分や全額返金保証に大きなアドバンテージがあるため、とにかく安ければ何でもいいという状況でない限り基本的にヴェフラはおすすめしません。

デルメッドヘアエッセンス

安いデルメッドヘアエッセンス

成分などには目を向けず1ヶ月あたりの費用だけで商品を選ぶならデルメッドヘアエッセンスという選択肢も。

デルメッドヘアエッセンスの定期コースでの価格は税込4,320円。ヴェフラに比べ若干高いものの、使用期間は1ヶ月半~2ヶ月となっているため、1ヶ月の費用は実質2,000~2,500円と非常にリーズナブル。

女性用の育毛剤は男性用に比べ価格は抑えられる傾向にありますが、それでも多くの女性用育毛剤は1ヶ月5,000円前後。デルメッドヘアエッセンスの価格がいかに安いか分かってもらえると思います。

ただ、内容量的にはマイナチュレなどと同じオーソドックスな120mlなんですよね。成分数はマイナチュレより少なく内容量は同じなのに、使用期間はマイナチュレの1ヶ月に対しデルメッドヘアエッセンスは1.5~2ヶ月。

単純に考えたら“薄く塗る必要がある”ということに。それで十分な効果があればいいんですけどね。老舗の製薬メーカーが製造販売しているため、育毛効果は期待できると思いますが…

デルメッドヘアエッセンスの詳細


育毛剤を少しでも安く使いたいという気持ちは痛いほど理解できますが、効果をスポイルするくらいならもう少し出して良い商品を選んだほうが良い気がします。

全額返金保証の内容で女性用育毛剤を選ぶなら?

全額返金保証はあくまでも肌に合わないなどの理由により使うもの。そのためほとんどの人は使うことはないと思いますが、万が一のことを考えると条件は良いに越したことはないですよね。

この全額返金保証、一定期間内であれば理由にかかわらず返金に応じるという制度で、ほとんどの商品は30~60日間、最初の1本のみを対象としています。しかし中にはもっと条件が良い商品もあるのです。

マイナチュレ

マイナチュレの全額返金保証

全額返金保証に関しては女性用育毛剤として1、2を争う人気を誇るマイナチュレが圧倒的。もうぶっちぎりです。

というのも、マイナチュレの全額返金保証は180日間と非常に長く、しかも返金保証を適用できる最大本数は脅威の6本! つまり1ヶ月1本を6ヶ月間みっちり行ったとしてもすべてが返金保証の対象になるということ。

かつて男性用の育毛剤でも180日間の全額返金保証を採用していた商品がありましたが、そちらは初回の1本のみでした。それだけにマイナチュレの180日間最大6本まで対象となる返金保証は規格外といえるのです。

本当は良くないことと前置きしたうえで、返金保証ありきで6ヶ月の期間ギリギリまで使うという手も。6ヶ月使えばマイナチュレが自分に効果があるかどうか見極めることができますしね。

全額返金保証ありきで使用するなら最も安く使えるという考え方できるマイナチュレ。このあたりも人気の理由なのでしょう。

無添加育毛剤マイナチュレの詳細

ルルシア・リジュン

全額返金保証の条件が良い育毛剤

マイナチュレの180日間最大6本には及ばないものの、それに次ぐ良心的な条件なのがルルシアとリジュン。どちらも90日間で最大3本まで適用できます。

この2つは上でも取り上げたように後発の新しい育毛剤。それだけに成分数が多かったりサプリメントが付属したりと“効果”の面ではマイナチュレやベルタ育毛剤より期待値が高いとみていいでしょう。

しかも90日間最大3本まで対象となる全額返金保証が付いているのですから鬼に金棒。そしてこの2つは次の項目でも主役になります。

効果重視での女性用育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶ際に考慮する項目は複数あれど、極論から言ってしまえば薄毛に効果がなければ何の意味もありません。だってそのための育毛剤なのですから。

そして効果面を重視するなら、全額返金保証で90日間最大3本という点で並んでいたリジュンとルルシアが候補に挙げられます。

上でした説明の繰り返しになってしまいますが、リジュンは女性用育毛剤最高の72種の成分数に注目のリデンシル配合。ルルシアは女性用育毛剤として初となる育毛サプリメントのセット。

ハッキリ言って現状この2つに効果面で敵う商品は存在しません。

育毛剤は効果や相性に個人差が大きため、これらが万人にとって最高の育毛剤と断言することはできません。しかし最大公約数的な考え方では最も期待できる育毛剤であることも確か。

奇しくもこの2つは価格も4,980円で並んでいるため、育毛剤のみで最高のものが欲しいのであればリジュンを、育毛サプリメントも使いたいというのであればルルシアルフレを選べば間違いないでしょう。

リジュン(RiJUN)の詳細

女性用育毛剤ルルシアの公式サイト

結局女性用育毛剤は何を選べばいいの?

簡単なカテゴリ別にいくつかおすすめ育毛剤をピックアップしてきたつもりですが、それぞれの育毛剤に価格や成分、効果などでメリットデメリットがあり結論が出しづらい状況になってしまっているかもしれません。

数年前であれば成分や効果、価格、返金保証など総合的に見てマイナチュレをおすすめしていましたが、リジュンとルルシアの登場で状況は大きく変わったといっても過言ではないでしょう。

現段階においてもマイナチュレは良い育毛剤ですが、人気や実績といったものを排除し単純に商品の良さや効果の高さを考えるのであれば、現状ではルルシアかリジュンが真っ先に候補に挙がります。

仮にその2つに絞るとして「結局どっちがいいの?」と問われれば、「とりあえずルルシアルフレを使っておけ」という結論になるでしょうか。

理由はやはり育毛サプリメントの存在。女性の薄毛の原因は頭皮環境の悪化に加え栄養バランスやホルモンバランスも大きく影響するため、体の内外から育毛できるというのは魅力。

ビタミンやミネラル、アミノ酸など多くの栄養素を含んでいるため美容にとってもプラスという点も見逃せません。

ピンクのルルシアルフレを半年ほど使ってみて、それでもいまいち効果を実感できない場合は、育毛剤に特化したリジュンを試せばいいと考えます。

マイナチュレやベルタ育毛剤が過去のものになりつつあるという状況を見るに、女性用育毛剤の進化は目覚ましいなと感じます。

女性用育毛剤ルルシアの公式サイト

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved