ミノタブとルグゼバイブどっちが効く?

女性用発毛剤の代表格ルグゼバイブとミノタブ

ルグゼバイブとミノタブ

女性用育毛剤は各社から色々と販売されています。中でも効果という面で優れているのが発毛剤であるミノキシジルタブレットとパントガールが進化したルグゼバイブですが、この2つを比べた場合どっちがより良いのでしょうか?

というのもこの2つはどちらも高い人気を誇る発毛剤・育毛剤ながら、作用は全然違うのはもちろん価格も副作用の程度も大きく違い、どちらを使うか非常に悩ましいからです。

薄毛はもちろん髪の毛の量やボリュームは見た目年齢にも大きな影響を与えますのでしっかり対策したいところ。

育毛剤の中でも特に人気と効果の高いミノキシジルタブレットとルグゼバイブ。どういった人がどちらを使うべきかなども含め徹底的に比較してみたいと思います。

ルグゼバイブとミノキシジルタブレットの成分

ルグゼバイブもミノキシジルタブレットも成分など限られますが、効果を測る上で重要なものなので一応見てみましょう。

ルグゼバイブ ミノキシジルタブレット

ビタミンB1  60mg 
パントテン酸カルシウム 60mg 
薬用酵母 100mg 
L-シスチン 20mg 
ケラチン 20mg 
パラアミノ安息香酸 20mg 
コロストラム 20mg 
馬プラセンタ 100mg 


ミノキシジル 2.5~10mg 

この2つは一般的な育毛剤と違い非常に単純な成分構成となっており、ゆえに余計なものを一切含んでいませんし、成分量でごまかそうという向きも一切ありません。

両方の成分の特徴を簡単に書くと…

■ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは見てのとおり成分はミノキシジルのみで、含有量を2.5~10mgとしたのは2.5mg、5mg、10mgの3種類あるから。ただ女性の場合2.5mgでも十分効果が出るので、副作用のリスクを考慮すればどうしても効果が出ない場合を除き出来る限り2.5mgに抑えるべき。

髪の毛が生える作用は完全に解明されてはいないものの、元々が血管拡張薬とあり血管を拡げることによる頭皮への血行促進作用が理由の一つとして挙げられます。

ただ、ミノキシジルで発毛するもっとも大きな要因は毛乳頭細胞や毛母細胞の分裂や増殖を活発化させる作用で、事実ミノキシジルを飲むと髪の毛に限らず体中の毛が濃くなる「多毛症」が現れる傾向にあります。

ムダ毛が増えるのは女性にとって非常に好ましくない状況ではあるものの、第一印象を決める髪の毛には代えられない…というのが実情ですよね。

■ルグゼバイブ

ルグゼバイブは世界30ヶ国以上で使われる飲む育毛剤パントガールの成分とその含有量をそのままに、高価な馬プラセンタと子供の成長に欠かせない栄養素を凝縮した牛の初乳であるコロストラムを配合したもの。

パントガールは髪の成長に必要なビタミンB群などを中心に配合し、日本のAGAクリニックでも処方されている実績があるもので、それをパワーアップさせたルグゼバイブは女性の人気急上昇中の育毛剤となっています。

馬プラセンタは一般的な豚プラセンタより優秀な成分で、子供を育てる胎盤ということもあり髪の成長に重要なビタミン、ミネラル、アミノ酸、コラーゲンなどを豊富に含み、コロストラムも初乳とあって様々な栄養素を豊富に含んでいます。

しかも馬プラセンタの含有量は100mgと単体のサプリメントに匹敵する量を配合しているため、世界的に実績のあるパントガールの成分と相まって高い育毛効果が期待できます。


効果・実績があるのはどっち?

ルグゼバイブは新しい育毛剤なので実績という面ではミノキシジルタブレットに大きく劣るものの、パントガールも含めれば世界30ヶ国以上で使用されているとあって日本で人気のマイナチュレやベルタ育毛剤などの育毛剤より実績は遥かに上となります。

それでも世界中の男性を中心に大きな効果を発揮しているミノキシジルタブレットに実績面で劣るのは事実。

育毛・発毛効果の面においても最大公約数的な考えでいけば男性のハゲの遺伝にも立ち向かえるミノキシジルタブレットに軍配が上がるものの、“総合力”という観点では話は大きく違ってきます。

どういう事かというと、本来高血圧の人に向けた血管拡張剤であるミノキシジルタブレットは、健康な人が飲めば髪の毛を生やす効果以外はデメリットが目立つ結果となり、それは後述の副作用に繋がってきます。

一方のルグゼバイブは女性のための飲む育毛剤ということもありミノキシジルのような良くも悪くも強烈な効果はないものの、成分構成がビタミンB群、馬プラセンタ、コロストラムということで、発毛の観点はもちろん健康面・美容面でも大きな効果を発揮します。

“髪の毛を生やす”という点のみにおいてはミノキシジルタブレットが優位ですが様々な副作用のリスクがあり、育毛を含めた総合的な美容という面ではルグゼバイブが勝る…というのが実情です。

ミノタブとルグゼバイブの副作用

上でも書いたように本来血管拡張剤であるミノキシジルタブレットにはどうしても副作用のリスクが付きまといます。

  • ■低血圧
  • ■めまい
  • ■動悸
  • ■心臓への負担
  • ■多毛症

血管が広がることによって血圧が下がると低血圧やめまいといった症状が出ることがあり、また体は低血圧を是正しようと心臓がより血液を送り出そうとする結果、動悸や心臓の負担増といった形で現れることも。

一方ルグゼバイブはミノキシジルのような化学物質と違い体に必要な栄養で構成されているため副作用はありません。

ただ、血管拡張薬としてのミノキシジルの1日の限度量は50~100mgであるのに対し、発毛剤として女性が使うべきものは2.5mgと極めて低用量なので、副作用を過度に恐れる必要はありません。

副作用はプラセボ効果…つまり「副作用のある薬を飲んだ」という思い込みで発現することも多く、女性には使えないプロペシア(フィナステリド)の臨床試験の際、偽薬を飲んだ男性の15%にプロペシアと同様の副作用が出たという報告もあります。

ミノキシジルは確かに副作用の恐れがある医薬品ではあるものの、女性が使う2.5mgであればそれほど懸念する必要はありませんし、過度に副作用の心配すると思い込みで同様の症状が現れる可能性が高まります。

ただ、副作用を感じなかったとしても発毛以外にメリットがないもの事実なので、美容やアンチエイジングといった面でも効果が期待できるルグゼバイブと比較すると悩ましいものがありますよね。

■ルグゼバイブは多くの栄養素を含み副作用の心配はない
■ミノキシジルには低血圧やめまい、多毛症といった副作用のリスクがある
■女性が使うミノタブは2.5mgと低用量であるため過度な心配はいらない

ミノタブとルグゼバイブの価格比較

次に両者の価格を見てみましょう。ミノキシジルは女性には2.5mgで十分とされていますので、2.5mgに絞って価格を掲載します。

商品名 内容量 価格 1ヶ月分単価
Lloyd社製ミノタブ2.5mg 100錠 3,390円 1,017円
USA製ミノタブ2.5mg 100錠 6,218円 1,860円
ルグゼバイブ1本 90錠 7,000円 7,000円
ルグゼバイブ2本 90錠×2 10,500円 5,250円
ルグゼバイブ3本 90錠×3 14,000円 4,666円
(2017年2月現在)  

ハッキリ言って価格面では圧倒的にミノキシジルタブレットが優勢です。

製造が世界第一位の先進国アメリカということで信頼感があるUSA製のミノタブで1か月あたりの単価は1,860円、フィリピンの製薬会社大手Lloyd社製のものであれば約1,000円と非常にリーズナブルになっています。

一方のルグゼバイブは1本で買うと7,000円と効果で、もっとも安い3本セットでも1ヶ月あたりの単価は4,666円とミノキシジルタブレットに比べればかなり高くなってしまいます。

それでも日本の育毛剤と比べれば別段高いわけではなく、ジェネリック医薬品であるミノキシジルタブレットが安すぎるというが本音。ルグゼバイブには馬プラセンタやコロストラムという貴重で高価な成分を配合していることを考えればむしろ安いとすら感じます。

とはいえ長い期間使い続ける必要があるものですからできるだけ安く済ませたいですよね。

基本的にとても安いミノキシジルタブレットは2本、3本同時に購入することでさらに安くなりますので、何を置いてもとにかく髪を生やしたいという人はやっぱりミノキシジルタブレットになるのかな~という印象を受けます。

ミノタブとルグゼバイブの比較 結論は?

まずミノキシジルタブレットの優れている点は発毛効果と価格で、プロペシアを使えない女性だからこそ唯一使える発毛剤であるミノキシジルは貴重な存在といえます。

ただ、低血圧や心臓への負担といった副作用が出る可能性があるのは素直に怖いと感じる要素でもあり、体毛が濃くなってしまう多毛症も女性であればできる限り避けたい要因ですよね。

一方のルグゼバイブはミノキシジルほど強力な効果はないものの、世界30ヶ国以上で使われるパントガールの純粋なパワーアップ版ということで信頼性は高く、美容面や健康面にも効果が期待できるとあって当サイトでもルグゼバイブはもっとも人気のある商品となっています。

本気で発毛に取り組んでいる女性はこの2つを併用している人もおり、ミノキシジルタブレットの価格の安さを考えれば確かにそれも十分可能なはず。ルグゼバイブを併用することによってミノキシジルの副作用を相殺することは無理でも、健康面での悪影響を減らしつつ美容やアンチエイジングも目指すことはできます。

どちらか一方を選ぶのであれば、まずはルグゼバイブを3~6ヶ月ほど使ってみて、どうしても効果が見られない場合は最終手段としてミノキシジルタブレットを使用する…というのが現実的かつ体への負担が少ない選択になるでしょうか。

もしとにかく一刻も早く薄毛をどうにかしなければならないという差し迫った状況であればミノキシジルタブレット第一選択薬になります。

簡単にまとめると…

商品名 メリット デメリット
ミノキシジルタブレット 発毛効果が高い
価格が安い
副作用リスク
ルグゼバイブ 美容・健康面でもプラス
副作用がない
価格が高い
効果はやや劣る

今ご自分が置かれている状況に応じて適切なものを使うようにして下さい。

ちなみにUSA製とLloyd社製のミノキシジルタブレットは効果に違いはなく、またLloyd社はフィリピンとはいえ世界中に拠点を持つ製薬会社大手なので信頼性も十分。価格面で倍近い差があるので強いこだわりがない限りLloyd社製をおすすめしています。

ミノキシジルタブレット2.5mgの詳細

ルグゼバイブの公式サイト

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved