女性にも朗報?コラーゲンによる薄毛の原因解明

薄毛の原因は頭皮のコラーゲン減少だった?

薄毛の原因解明 女性の社会進出が進むにつれストレスの増大や生活習慣の乱れによって女性の薄毛が急増しています。

そんな薄毛の治療は生活習慣や食生活を見直したり、タバコやお酒を控えたり、育毛シャンプーや育毛剤を使ったり…といったものですが、「これぞ」という決定的なものがないというのが実情です。

そんな中、2016年2月に東京医科歯科大学が薄毛の原因を解明したと発表しました。

今までも薄毛の原因についてはある程度解明されていたと思っていたのですが、今回のこの発表はどういったものなのでしょうか?

頭皮のコラーゲンが減少し毛穴が無くなる?

東京医科歯科大学の発表では、加齢によって毛穴の中の毛包幹細胞の働きが弱ってくると「17型コラーゲン」が分解、消失し毛包幹細胞はより弱っていき、同時に毛穴も徐々に小さくなり、最終的には毛穴がなくなってしまうというものです。

17型コラーゲン減少と薄毛の仕組み

この中で17型コラーゲンが減る事によって薄毛が進行する事が今回解明された事であり、この減少を抑えられれば薄毛の治療に繋がると期待されています。

今回の解明は主にマウスを使ったものですが、人の頭皮でも同じ事が起きていると確認され、5~10年後をメドに治療薬を開発したいとしています。

人への確認は女性で行われた

コラーゲン減少による女性の薄毛 注目なのは研究の確認が行われた「人」というのは女性であり、私たち女性も薄毛とは無関係でいられない事が改めて証明された点です。

右図は上が40歳女性、下が59歳女性の毛穴を写したもので、59歳の写真の矢印の部分で毛穴が小さくなってしまっているのが見て取れます。

ただ、今回の発表では毛包幹細胞の老化や17型コラーゲンの減少による薄毛のメカニズムが解明されたものの、具体的に加齢のみで起こる事なのか、それともそれ以外にも様々な要因で引き起こされる事なのかといったものには触れられていません。

画期的な発表なのは理解できますが、現段階ではあまりにも情報が少ないため、今後の動きに注目が集まります。

こういう研究の発表って、期待させておいて実用化はずっと先になってしまいますから、なんとももどかしいですよね。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved