キャピキシルは女性にも効果があるのか?

最終更新日:

キャピキシルは女性にも効く?

近年育毛剤市場においてキャピキシルが注目を集めています。まつげ美容液の成分としてこの名前に聞き覚えがある女性も多いのではないでしょうか。

育毛分野においては「ミノキシジルの3倍の効果」というキャッチフレーズにより一躍有名になったキャピキシル。私たちとしては薄毛に悩む女性にも効果があるか気になるところですよね。

なぜなら女性はプロペシアやザガーロといった男性に人気の発毛剤を使えないなど選択肢に制限があるから。ミノキシジルの3倍の育毛効果があるキャピキシルを使用できれば薄毛改善の大きな助けになるはず。

ただ、キャピキシルが配合されている女性用育毛剤は見当たらず、どれも男性用ばかり。育毛剤としてのキャピキシルは女性に対して効果があるのか? そもそも使用できるのかどうかなどを詳しく解説します。

キャピキシルとは

そもそもキャピキシルとはどういったものなのでしょうか?

キャピキシルは「アカツメクサ」という花のエキスと「アセチルテトラペプチド-3」という成分を合成したものになっています。

それぞれの特徴を見ていくと…

■アカツメクサ花エキス

アカツメクサは冒頭で画像に使用した花。実はそのへんの原っぱにも自生している非常に身近な植物ということもあり見覚えがある人も多いのではないでしょうか。

この花から抽出されるエキスには「ビオカニンA」という成分が含まれています。これはプロペシアなどと同様に5αリダクターゼという酵素の働きを阻害し薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制します。

また、ビオカニンAは大豆に含まれるイソフラボンの一種というこもあり、大豆イソフラボン同様女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをします。

女性の薄毛の大きな要因は何らかの理由によるホルモンバランスの乱れ。髪の毛の成長を促進したりDHTの生成を抑えたりするエストロゲンの減少が大きく関わっているのです。

そのためイソフラボンの一種であるビオカニンAはむしろ女性にとって嬉しい成分と言えるのではないでしょうか。

■アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は強い細胞修復能力を有しており、髪の毛のもととなる毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化すると同時に、抗炎症作用にも優れ頭皮の環境改善に寄与します。

強力な細胞外マトリクスの修復作用を持ち、毛根部分を包み込む毛包を健やかな状態に保ちます。

キャピキシルの効果は?

アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3の合成物であるキャピキシルの育毛効果とはどの程度のものなのでしょうか?

「キャピキシルにはミノキシジルの3倍の育毛効果がある」というのは育毛を目指す男性の間では有名。しかし何をもって3倍と言っているのか?

これはキャピキシルの開発元であるカナダのルーカスマイヤーコスメティック社が行った研究によるもので、その中の試験において培養細胞を用いたもので下図のような結果が出ているからです。

キャピキシルの効果

これはミノキシジルを使用した場合52%の育毛効果があったのに対し、キャピキシルは156%の効果があったことを示しています。これが3倍の育毛効果と呼ばれる根拠になっているのです。

ただ、実際はこれ以外にも様々な実験や試験を行っており、抜け毛予防や育毛において大きな効果を示してはいるものの、さすがに3倍は言い過ぎ。上図データが独り歩きしている感は否めません。

しかしキャピキシルはまつげを長く太く成長させるまつげ美容液にも使用されているように毛を成長させる力は本物。それが認められたからこそ育毛剤で使用されるようになったのです。

■ミノキシジルの3倍の効果があるというのはさすがに言い過ぎ
■まつげ美容液から転用されたように育毛効果は本物

キャピキシルは女性にも使える

キャピキシルに優れた育毛効果があっても私たち女性が使えなければ意味はありません。そのため女性がキャピキシルを使用できるのかどうかは非常に気になるところですよね。

この点については女性がメインターゲットであるまつげ美容液にもキャピキシルが使用されるいることを考えればおのずと答えは見つかるはず。そう、女性のキャピキシル使用もまったく問題がないのです。

女性が使えないプロペシアと同様に5αリダクターゼ阻害によるDHT生成の抑制という作用があるものの、これはノコギリヤシ同様問題にならないレベル。

近年の女性の薄毛は男性同様DHTが原因となっている場合が多いので、キャピキシルを使用すればその生成を抑えられますし、プロペシアほど強力な効果はないため妊婦や授乳婦に問題が出るようなこともありません。

むしろキャピキシルは女性ホルモンに近い働きをするイソフラボンの一種であるため、女性にこそ使って欲しい成分といえます。

前述したように女性の薄毛の原因の多くはホルモンバランスが乱れ女性ホルモンが減ってしまうことで男性ホルモンであるDHTが相対的に増えること。それを補えるキャピキシルは有用と考えられるからです。

しかし女性用のキャピキシル育毛剤は見かけない…なぜなのでしょうか?

キャピキシルを配合した女性用育毛剤はない?

女性用のキャピキシル育毛剤はない?

キャピキシルは女性に対してもしっかりとした効果があり、かつアカツメクサ花エキスにイソフラボンが含まれていることを考えればむしろ女性こそが使うべき成分。しかし女性用育毛剤でキャピキシル配合のものを見聞きした記憶がありません。

実際、マイナチュレやベルタ育毛剤のように「女性用」と銘打っている育毛剤にキャピキシルを配合したものは存在しないのです。

一方で男性に向けた育毛剤にはキャピキシルを配合したものがいくつも存在している…これってなぜなのでしょうか?

女性用育毛剤にキャピキシルが使われない理由

女性用育毛剤の中にキャピキシルを配合したものが存在しない最たる理由…それは価格と考えられます。

キャピキシルはスイスのルーカス・マイヤー・コスメティックス社が開発した新しい成分で、これを一般的な濃度となる5%配合するには基本的にライセンスが必要になります。これが高価である大きな理由。

男性は薄毛に対する意識が高い…といえば聞こえはいいですが、恋愛など様々なシーンにおいて死活問題となりうるため、女性に比べ薄毛治療に多くのお金を投入する傾向に。ゆえに高価なキャピキシル育毛剤でも十分売れるのです。

一方、女性は様々な面において現実的。費用対効果を重視するため、それに合わせて女性用育毛剤は低価格に抑えているものがほとんど。高価なキャピキシル育毛剤は売れないという見方が根強いと見られます。

キャピキシル育毛剤は男性用ではない

ただ、複数あるキャピキシルを配合した育毛剤は“男性に人気”なのであって「男性用ではない」というのをご存知ですか?

実は育毛剤というのは成分的に男性用も女性用も大差はなく、女性用と銘打っているマイナチュレやベルタ育毛剤も例外ではありません。

あくまでも販売する側がどこにターゲットを絞るかという話。

それを知っている賢いユーザーは男性であっても安くて効果の大きいマイナチュレを使用したり、逆に女性がイクオスのような育毛サプリメントが付いてコストパフォーマンスが高い育毛剤を使用したりしています。

男性に人気のキャピキシル育毛剤はあくまでも「男女兼用」。女性をメインターゲットにしたキャピキシル育毛剤が存在しないだけ。事実、それを知っている女性は男女兼用のキャピキシル育毛剤を上手に活用しているのです。

とはいえ、やはりネックは価格なんですよね。

キャピキシル育毛剤の価格

今現在キャピキシルを使用した男女兼用の育毛剤は主要なところで5つ存在します。最もお得に購入できる定期コースでの価格を見てみましょう。すべて税込。

商品名 内容量 使用期間 価格
バイタルウェーブ 60ml 1ヶ月 8,200円
ボストン 60ml 1ヶ月 9,504円
フィンジア 50ml 1ヶ月 9,980円
ザスカルプ5.0C 60ml 1ヶ月 10,000円
Deeper3D 60ml 1ヶ月 14,100円
(2019年5月現在)  

高いんですよね…

最も安いバイタルウェーブでも8,200円。一方最も高価なものでは1本14,100円ですから気軽に試せる価格ではないですよね。

マイナチュレベルタ育毛剤が5,000円以下、高機能な育毛サプリメントが付くとあって女性に大人気のルルシアも5,000円くらいで使えることを考えれば、キャピキシル育毛剤の価格はちょっと厳しいというのが本音だと思います。

効果は望めるが高い…これがキャピキシル育毛剤への率直な感想になります。

女性にとってキャピキシルは使う価値あり?

女性ホルモンを補いつつ薄毛の原因となるDHTの生成を抑制するキャピキシル配合育毛剤は、価格面を考慮しなければぜひとも女性に使って欲しいと感じるものになっています。

ただ、一般的な女性用育毛剤の倍くらいの価格設定になっているため、とりあえずはルルシアやルグゼバイブ、リジュンなどを試してみて、それでも効果が見られない場合にはキャピキシルを検討する…というスタンスでいいと思います。

もし使用するのであれば最もリーズナブルかつキャピキシル濃度が高いバイタルウェーブ、キャピキシルに加えピディオキシジルを配合したフィンジアあたりがおすすめになるでしょうか。

また、後述しますがharu kurokamiスカルプのようにキャピキシルを配合した女性用シャンプーなら存在します。育毛シャンプーとして価格も特別高いわけではないため、シャンプーの改善を兼ねこのあたりが落としどころのような気もします。

キャピキシルは女性も問題なく使用できますし、効果も十分期待できるものの価格が高いのが大きなネック。ルルシアなど女性用育毛剤で効果が出なかった場合の最終手段という位置付けでいいのではないでしょうか。

キャピキシル配合「フィンジア」の詳細

バイタルウェーブの公式サイト

キャピキシル配合シャンプー haru kurokamiスカルプ

女性用と銘打ったキャピキシル育毛剤はないものの、一方で非常に高い人気を誇る女性用シャンプー「haru kurokamiスカルプ」はキャピキシルを配合しているという特徴が。

しかも内容量は400mlとたっぷり、もちろんアミノ酸系洗浄成分にノンシリコン、そしてキャピキシルを含め22種のスカルプ成分を配合しながら価格は2,880円とリーズナブルなのです。

私が知る限りキャピキシルを配合した女性用シャンプーはこれだけ。薄毛はもちろんフケやかゆみなど頭皮環境の悪化が気になっている女性にぜひ使って欲しいおすすめのシャンプーになっています。

どんなに良い育毛剤を使っていても髪の毛の土台となる頭皮に問題があると効果を十分に発揮できませんので、育毛のベースを作るという意味でもharu kurokamiスカルプの使用を検討してみて下さい。

haru kurokamiスカルプの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved