ミノキシジルの副作用で女性も体毛が濃くなる?

ミノキシジルで体毛が濃くなる?

プロペシアに代表される「フィナステリド」や2016年から日本でも発売されたザガーロの主成分である「デュタステリド」は男性にとっては非常に有効な発毛剤ですが、女性は使うことができません。

その理由はこの2つの成分がAGAの原因となる男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制するから。男性ホルモンが少なくDHTが薄毛の主因ではない女性には思うような効果を発揮しないのです。

そのため女性が唯一使える発毛剤は「ミノキシジル」のみ。それ以外の選択肢となると市販の育毛剤に頼ることになってしまいます。

中でも内服薬であるミノキシジルタブレットは非常に効果が高く、また安価であるため男性のみならず女性にも高い人気を誇っていますが、ミノキシジルタブレットを飲むと体中の体毛が濃くなる可能性があることをご存知ですか?

ミノキシジルってどんなもの?

薄毛が気になっている人であればミノキシジルをご存知の方も多いと思いますが、最近髪の毛が薄くなっていることに気付いた女性のには「ミノキシジルって何?」という人も多いと思いますので簡単にミノキシジルについて触れておきます。

ミノキシジルとはもともと高血圧を改善するための血管拡張薬。服用した人の多くに「多毛症」という全身の毛が濃くなる副作用が確認されたため、アメリカで発毛剤として使用されるようになったという経緯があります。

ミノキシジルを使用して毛が生えるメカニズムは完全に解明されたわけではないものの、同薬が持つ血管促進作用に加え毛包に作用し成長を促進させる成長因子の分泌を促すためと見られています。

日本においても厚生労働省から発毛剤として認可されており、大正製薬のリアップシリーズなどに使われています。しかし一般的なミノキシジル製剤のほとんどは外用薬…つまり頭皮に塗布するものなのです。

理由はミノキシジルが血管を広げる降圧剤という点。健康な人が服用すると低血圧やめまい、動悸などの副作用が出る恐れがあるため、副作用リスクが少ない外用薬での使用が一般的となっています。

しかし、外用薬では思うような効果が出ない場合も多々あるのです。

発毛効果は「内服薬>外用薬」

ミノキシジルを用いた発毛剤の多くは外用薬です。しかしミノキシジルの多毛症は本来内服薬において確認されたもの。つまり“毛を生やす効果”は服用時において最大限に発揮されるのです。

そのためミノキシジル外用薬を使用しても効果を実感できなかった女性は内服薬に移行するケースが多くなります。事実AGAクリニックなどの医療機関でもミノキシジルタブレットが処方されるくらいですからね。

ただし、発毛効果に関しては外用薬より内服薬の方が優れているのは疑いようがないものの、女性が使用する場合は副作用リスクと並んで気にする必要があるのが“体毛が濃くなる”という点。

そう、上でも少し触れたようにミノキシジルを服用すると髪の毛のみならず全身の毛が濃くなってしまう可能性があるのです。元々体毛が濃いめの男性であればまだしも、女性にとって体毛が濃くなるのは避けたい事態ですよね。

ちなみに、ミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレットは個人輸入を利用し海外から輸入するか、AGAクリニックで同じく海外製の薬を処方してもらうしか入手する手段はありません。

ミノキシジルを使うとどのくらい体毛が濃くなるの?

ミノキシジルでどのくらい体毛は濃くなる?

ミノキシジルで髪の毛が生えるメカニズムというのは本来血管拡張剤の副作用であった多毛症によるものです。

多毛症は髪の毛のみならず全身の毛を濃くする可能性がありますので、ミノキシジルタブレットを使用すると髪の毛を含めた体中の毛が濃くなってしまう恐れも。

しかし「体毛が濃くなる」とは言ってもあくまでも“可能性がある”というレベルで、それが出るかどうかは個人差が相当ありますし、何より女性は1日2.5mgのミノキシジルタブレットで十分な効果が期待できます。

これは高血圧の治療に使われる限度量である50mgに比べかなり少ない用量であるため副作用が出たとしても程度は知れています。

それは強く出たとしてもせいぜい腕の毛やすね毛が少し濃くなる程度で、ちゃんと手入れをしている女性であればさほど問題にもならないと思われますが…

明らかに体毛が濃くなったという声も

女性がミノキシジルタブレットを使用する場合の一般的な用量は2.5mgと、5~10mgを使用することが多い男性そのそれにくらべかなり低用量になっています。

それだけにヒゲや体毛が濃くなるという副作用のリスクは少ないと考えるのが自然であるものの、口コミなどを見ると「明らかに体毛が濃くなった」という声が多いという現実があります。

ミノキシジルタブレットは内服薬である以上その効果は全身に及ぶのは必然。効果を発揮し髪の毛が増えれば同時に体毛も増えてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

しかし、優先順位という観点で考えるとどうでしょう。

薄毛というのは恋愛はもちろん人間関係など様々な面においてマイナスに働きます。そしてそれをごまかすにはかつらやウィッグ、“ふりかけ”などを使用する程度しか方法はありません。

一方、体毛が濃くなってしまう分には剃ったり抜いたりすることで対応できますよね。そもそも体毛の大部分は服によって隠れてしまいます。

そう、薄いものを濃く見せるのは非常に難しい一方、濃いものを薄く見せる方法はいくらでも存在するのです。髪が薄いのと体毛が濃いの、どちらが辛いかと問われれば答えはおのずと見えてくるのではないでしょうか。

■ミノキシジルで体毛が濃くなる可能性があるのは間違いない
■発毛剤として女性が飲むのは2.5mgほど 濃くなるとしてもたかが知れている

体毛を濃くしない方法はないの?

ミノキシジルによる体毛を抑える方法

ミノキシジル…特に頭皮に塗布する外用薬ではなく服用する内服薬であるミノキシジルタブレットは女性の発毛剤・育毛剤としてもっとも効果が期待できるもののひとつです。

そのためミノキシジルを飲みつつ体毛を濃くしない方法があるならぜひ知っておきたいところですが、残念ながらミノキシジルを飲む以上多毛症によって髪の毛以外の毛が濃くなってしまう可能性は排除できません。

ミノキシジルタブレットには高い効果と引き換えに多毛症や低血圧などの副作用もあるため他の育毛剤を使うという選択肢もあります。

ミノキシジルタブレットに替わる女性用の育毛剤としては世界30ヶ国以上で使われる飲む育毛剤であるパントガールや、それをさらに進化させたルグゼバイブが挙げられます。

とはいえ、これらには副作用の心配がないという大きなメリットがある一方、価格が高価というデメリットも。費用対効果という面ではミノキシジルタブレットに分があるのは間違いないでしょう。

もしくはルルシアのような育毛剤と育毛サプリメントがセットになった商品。育毛剤のみではミノキシジルタブレットの効果には及ばないものの、育毛サプリメントと併用することで十分な効果が期待できるでしょう。

ミノキシジルタブレットと体毛のまとめ

日本で認可されている発毛成分3つのうち女性が使用できるのはミノキシジルのみ。男性に比べ発毛剤の選択肢は極端に少ないと言わざるを得ません。それだけにミノキシジルタブレットの存在は最後の砦ともいえるもの。

しかしそのミノキシジルタブレットは本来血管拡張剤であるため低血圧やめまい、動悸といった副作用に加え、全身に及ぶ強力な発毛効果により体毛が濃くなってしまうというリスクが懸念されます。

それでもAGAクリニックが処方したり多くの女性がこれを使用したりするのは、ひとえに女性にとって薄毛が深刻な問題だから。薄毛の対外的・精神的ダメージに比べれば多少体毛が濃くなる程度は許容範囲なのです。

女性ですから体毛が濃くなるのには抵抗があるとは思いますが、髪の毛が生える可能性が高いことを考えれば許せる範囲だと思いますので、どうしても薄毛を治したい方はミノキシジルタブレットを試してみてください。

とはいえ副作用がない他の選択肢も考慮したい…というのであれば、多少値は張るものの高い育毛効果と高濃度馬プラセンタによって美容と育毛を両立したルグゼバイブを検討してもいいでしょう。

一番の問題は何も対策をしないこと。女性としての魅力を高めるためには薄毛改善は避けては通れない道なのですから。

ミノキシジルタブレット2.5mgの詳細

フォリックス ルグゼバイブの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved