プロペシアは女性の薄毛治療に使える?

薄毛治療といえばプロペシアとミノキシジルだが…

近年増加傾向にある女性の薄毛。

「なんか最近髪の毛に元気が無くなってきたから何かしらの対策をしたい」…と女性が感じた時、どういった治療法があるのでしょうか?

男性の薄毛治療となれば真っ先に思い浮かぶのがプロペシアなどのフィナステリド内服薬とリアップに代表されるミノキシジルなのですが、これらは女性にも使えるのか?

ここではまず日本の薄毛治療において医療機関でも使われる「プロペシア」が女性にも有効かどうかを取り上げて行きたいと思います。

まず結論から言ってしまうと女性にプロペシアは禁忌となっています。

これは「飲まない方がいいよ」というレベルのものではなく、日本の厚生労働省がホームページ上で「女性は絶対に服用してはいけない」と注意喚起しているほどで、ここでは完全に「男性専用」と謳っています。

ではなぜ女性はプロペシアを使えないのか?

女性のプロペシア使用は様々な危険がある

プロペシアの主成分であるフィナステリドは本来前立腺肥大症の治療薬であり、前立腺は男性にのみ存在する器官なので、そもそも女性が服用する事は想定されていません。

例えれば男性がピルを飲もうとするようなもの。

そしてフィナステリドの作用は5αリダクターゼという酵素の働きを阻害し、男性ホルモンであるテストステロンから薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出しづらくするというものです。

女性のテストステロンの量というのは男性のそれと比べ10分の1以下なので服用しても効果はほとんど望めないばかりか副作用ばかりが目立つ結果となるでしょう。

特に女性が妊娠している場合は「使用してはいけない」どころか「近づくな」というレベル。

妊婦の方は夫にプロスカーやフィンカーを使わせない

フィナステリドは男性ホルモンに働きかけるという作用のため副作用として勃起障害や精液の質の低下や精子量の減少など生殖機能に悪影響が出る事があるのですが、こういった副作用は妊婦の胎児が男の子だった場合母体に少量のフィナステリドが入るだけでも胎児の生殖器異常を引き起こす可能性となって出てくるのです。

口から入るのはもちろん、直接プロペシアなどのフィナステリドに触れる事も万が一の皮膚からの吸収を想定してタブーとなっています。

とはいえプロペシアやフィンペシアといったフィナステリド錠剤はコーティングされているので、仮に旦那さんが服用していたとしても妊婦の方が直接錠剤に触るような事がなければ特に心配する必要はないでしょう。

ただし旦那さんがプロスカーやフィンカーのようなフィナステリド5mgという濃度の高い錠剤を使っている場合、これらはピルカッターなどで分割して使うので錠剤を割る際に舞うフィナステリドの粉末は吸い込まないように気をつけて下さい。

しかもプロスカーやフィンカーはプロペシアに比べ5倍の濃度ですから、少量でも吸い込んでしまうと非常に危険ですので、最低限妊娠中はプロペシアやフィンペシアといった1錠ずつ飲む錠剤に代えてもらって下さい。

では女性が薄毛治療の大本命であるプロペシアが使えないのであれば、何で治療すればよいのでしょうか?

日本で薄毛への効果が認められている成分はプロペシアなどの「フィナステリド」と、リアップに代表される「ミノキシジル」の2つのみとなっていますので、フィナステリドが使えないとなれば自動的にミノキシジルを使う事になります。

次のページでは女性に対するミノキシジルの効果を取り上げたいと思います。

その他おすすめ育毛剤


ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回割引 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる育毛剤パントガールをさらに進化させた飲む育毛剤。体の内面から育毛に働きかけるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回割引 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。髪の成長に必要な41種の成分やお求め安い価格、180日間に拡大された全額返金保証など高い効果と信頼を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ マイナチュレの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事