出産後の薄毛・脱毛の対策、治療法は?

女性特有の脱毛である産後薄毛

産後の薄毛の対策や治療法は? 女性にとって出産は結婚と並ぶ人生にとっての大きなイベントであり、またかけがえのない大事な命の誕生と同時に今までの自分の生活を一変させる出来事でもあります。

妊娠から出産、そしてその後の経過に至るまで女性の体は非常にめまぐるしい変化をし、その大きな負担により体質まで変わって場合もあるほどです。

この時期は心身ともに不安定になる時期でもあり、人によってうつ病を引き起こしたり激太りしたりと様々な問題が起こったりもするのですが、そんな変化の中のひとつに「脱毛・薄毛」があります。

産後薄毛の大きな原因はホルモンバランスの崩れ

そもそも女性の薄毛はどういった原因で引き起こされるのか?

一般的に薄毛が問題になる方の多くは男性で、男性の薄毛の原因は遺伝や体質といった本来自分が持っているものに起因する場合が多いのですが、女性の薄毛は生活習慣やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが大きな原因となります。

特に女性ホルモンであるエストロゲンは髪の毛の成長に重要で、女性の薄毛の原因の多くがこのエストロゲンの減少にあります。

女性が妊娠すると女性ホルモンが活発に作られ体内の女性ホルモンは増えるので、結果通常のヘアサイクルなら休止期を経て抜け落ちるはずの髪の毛が成長を続け抜けづらくなるという現象が起きます。

しかしこれは妊娠期間が終われば…つまり出産すると異常な成長を続けていた髪の毛は急速に寿命を迎え脱毛するため、産後は通常の抜け毛にこれらが加わり普段より抜け毛が増えるのです。

ただ、これだけであれば本来の状態に戻るだけなので特に問題はないのですが、妊娠中に増えた女性ホルモンは出産と同時に体内では正常な量に戻そうとします。

つまり女性ホルモンを減少させるよう働きかける訳ですが、急激に減らそうとするため正常な量を超えた減少になってしまう事が多く、結果として髪の毛にとって重要なエストロゲンが大きく減少し髪の毛が必要以上に抜け落ちてしまうのです。

ただしこれは一時的なもので多くは半年~1年程度で元に戻るものの、中には時間が経っても元には戻らず薄毛のまま…という方もいらっしゃいます。

なぜ一時的なはずの産後薄毛が元に戻らないのか?

これにはいくつが原因が考えられ、それは以下のようになります。

  • ■髪の毛に衰えが出だす30代での出産
  • ■妊娠出産による体質の変化
  • ■育児による生活習慣の変化
  • ■育児によるストレス

出産後の薄毛がいつまで経っても戻らない原因で考えられるのは以上にようになり、これらをひとつずつ見ていきます。

まず30代での出産という比較的「高齢」とされる出産の場合、自然な髪の毛の衰えと重なっている場合が考えられます。

髪の毛に影響を及ぼすエストロゲンなど女性ホルモンが豊富な女性は薄毛とは無縁と思っている方も多いと思いますが、実際は20代をピークに女性ホルモンの分泌は減少の一途を辿りますし、それは髪の毛にも大きな影響を及ぼします。

30代になって「若い頃と違って髪の毛に潤いやツヤが無くなった」と感じている方は多いと思いますが、まさにそれが加齢による衰えであり、潤いやツヤのみならず髪の毛自体も細くなり、場合によっては本数も減ってきます。

本数が減らないにしても髪の毛が細くなれば髪は薄くなった印象を受け、30代であれば妊娠から出産までの約10ヶ月の間にそれが顕著に表れても不思議ではありません。

しかもその10ヶ月の間に急激に女性ホルモンが増え、そして出産と共に急激に女性ホルモンが減少するといった変化が起きるのですから、その変化に自分の認識が付いていけないというのは当然かもしれません。

そしてこれらの激流のような体の変化により体質が変わってしまうというのはよくある話で、妊娠出産を経てホルモンバランスが変わり生理痛が緩和されたり元々持っていたアレルギーが無くなったりと良い方向に向かう事もあれば、髪の毛の薄くなったり太りやすくなったりと悪い方向に向かう事もあります。

これに関しては自分でどうこう出来る問題ではなく、女性から母親へと比重が移るこれらは「出産というのはこういったリスクを伴うもの」と認識し受け入れる必要があります。

出産後の日常生活の急激な変化による薄毛

とはいえ、多くの場合妊娠出産後は一時的なホルモンバランスの崩れはあるものの緩やかに以前体質に戻っていくもので、20代で出産し体質の変化も特に見られないにも関わらず一向に薄毛が改善しない場合は育児による急激な生活の変化やストレスを疑う必要があります。

独身の間は普通に仕事をし、一般的には結婚してからも夫婦二人の生活を送る訳ですから、出産後の育児に追われる生活は出産前と比較して凄まじい環境の変化になります。

それまでは仕事や夫婦生活がメインだったものが出産によって育児が生活の大半を占めることになり、生活習慣の変化はもちろんご自分のケアなどに費やしていた時間までもが無くなり、授乳期は睡眠時間の確保もままならず、かけがえのない子供の育児とはいえストレスも大きなものになります。

そういった日常生活の急激な変化やストレスの増大によって本来産後から緩やかに回復するはずのホルモンバランスが崩れたままになり、いつまで経っても薄毛が解消しない事は十分に起こりえます。

仮に子育てからある程度解放されるのが幼稚園や保育園に行きだす頃だとして、それまで日常生活の乱れとストレスにより出産前に比べ薄毛になっていたとするならば、年齢的なものを考えても幼稚園入園などによって負担が減ったとしても出産前と同様の髪に戻るのは難しいかもしれません。

産後薄毛の治療法や対策は?

では出産後の脱毛、薄毛はどうすれば治るのか?

上でも書いたように産後の薄毛が治らない原因に生活環境の変化とストレスの増大によるホルモンバランスの崩れがありますから、第一にこれを改善する必要があります。

そのために必要になるのが旦那様やご家族の協力で、奥様の家事や育児の負担を周囲が減らしてあげる努力が必要不可欠といえます。

ただ、こればかりは相手がいる事なので自分から積極的に協力を頼んでもやってもらえるとは限らず、それがダメなら自分で出来る対策を考える必要があります。

まず改善するべきは食生活と睡眠時間の確保で、バランスの良い食事と質の高い睡眠を取る事でホルモンバランスの改善が期待でき、睡眠時間の確保は難しくても食事に関してはご自分の心がけである程度どうにかなります。

それで改善が見られないようであれば女性ホルモンに近い働きをするイソフラボンや髪の成長に欠かせない亜鉛などのサプリメントを飲んでみるというのも手です。

さらに次のステップに進むのであれば育毛剤という選択になると思われ、一番効果が高いであろうリアップなどのミノキシジル配合の発毛剤であればそれなりの効果が期待できますし、副作用が心配なのであればベルタ育毛剤マイナチュレなどの育毛剤が選択肢に入ります。

これで大半の方はかなりの改善が見られると思いますが、それでも薄毛が治らない場合は産後薄毛ではなく遺伝や体質といった他の原因から来る薄毛の可能性も視野に入れたほうがいいかもしれません。

産後の薄毛は多くの場合一定期間で徐々に良くなってきますし、治療法や対策法も多くありますのであまり悲観せず希望を持って育毛に取り組んで下さい。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧