お酒やタバコが引き起こす女性の薄毛

体に悪い事は髪にも悪い

前ページの女性の薄毛を引き起こす日常生活や食生活の乱れに続いて、ここではお酒とタバコについて書いていきます。

まず男女問わず好きな方の多いお酒。

仕事をしていればお酒の席もありますし、仕事終わりの一杯は最高なものですが、何事にも「適量」があり過度な飲酒が体に悪いように、当然髪の毛にも悪影響があり女性といえども薄毛の原因になります。

アルコールは体内に入ると肝臓で分解され、その過程で毒性の強いアセトアルデヒドが生成されますが、適量のお酒であればそれは肝臓で問題なく分解され無毒の酢酸になります。

しかし肝臓がアルコールを分解するには大量のアミノ酸やビタミン、亜鉛などのミネラルといった髪を作るのに必要な様々な栄養素を消費し、それが髪の毛の生育に悪影響を与えるといわれています。

それでも適量の飲酒であれば心配するほどの影響は考えづらいのですが、それが肝臓のキャパシティを超える飲酒になれば話は変わってきます。

過度な飲酒により肝臓の処理能力を超える量のアルコールが入ってくると、アセトアルデヒドは血中に放出され2日酔いなどを引き起こしますが、それのみならず男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)も増加させるのです。

髪の毛の生育に必要なアミノ酸やミネラル、ビタミンが減るだけではなく髪の成長を阻害するジヒドロテストステロン(DHT)まで増加するのですから、適量を超えるアルコールを日常的に摂取していれば薄毛の危険性は確実に増しますから、「ちょっと量が多いな」と感じているなら少しでも減らすようにし、週1、2回の休肝日を設けるようにしましょう。

次はタバコです。

女性の喫煙でもジヒドロテストステロン(DHT)は増加

日本の成人の喫煙率というのは全体で見ればほぼ右肩下がりなのですが、それに大きく寄与しているのは男性の喫煙の減少であり、女性に限っては平成に入ってからのデータをみてもほぼ横ばいに推移しています。

しかし20~60歳までの現役世代に限っては微増傾向にあり、女性の社会進出がその背景にあると見られています。

私の周辺での話に限ると思った以上にタバコを吸う女性は多く、20~40代くらいの女性では2~3割は吸っている印象を受けます。

喫煙は男性ホルモンであるテストステロンや薄毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)を増加させる事が分かっており、またタバコを吸う事によって血行も悪くなりますしビタミンCやビタミンB、ビタミンEも消費されます。

もちろんタバコを吸っているからといってみんながみんな髪が薄いわけではありませんが、薄毛の要因のひとつになりうるという事は覚えておいて下さい。

女性の場合男性に比べ当然ながら薄毛を引き起こす男性ホルモンは少なく、また髪の毛を生長させる女性ホルモンが多いわけですからそうそう薄毛になる事はありませんが、遺伝や生活習慣や食生活の乱れ、ストレスの増大、飲酒喫煙といった薄毛を引き起こす要素が重なれば女性といえどもヘアサイクルは乱れ薄毛になる可能性は高くなります。

体のいたるところに大きな悪影響を及ぼす過度な飲酒と喫煙。
体に悪い事は髪の毛や頭皮にも悪いのは当然と言えますから、体を健全に保つ事が髪の毛を生えやすくする近道と考えてください。

では次のページでは薄毛の原因と聞いて誰しもが思い浮かべるであろう「ストレス」について掘り下げていきます。

おすすめ育毛剤


ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回割引 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる育毛剤パントガールをさらに進化させた飲む育毛剤。体の内面から育毛に働きかけるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回割引 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。髪の成長に必要な41種の成分やお求め安い価格、180日間に拡大された全額返金保証など高い効果と信頼を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ マイナチュレの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧