タバコが引き起こす女性の薄毛

タバコで女性も薄毛に

「最近髪の毛が薄くなってきた気がする…」

それ、タバコが原因かもしれませんよ。

タバコを吸えば直ちにハゲるというわけではないものの、ストレスの増大や生活習慣の乱れなどが重なると女性でも薄毛を引き起こすことがあります。

日本の成人の喫煙率というのは全体で見ればほぼ右肩下がりなのですが、それに大きく寄与しているのは男性の喫煙の減少であり、女性に限っては平成に入ってからのデータをみてもほぼ横ばいに推移しています。

私の周辺での話に限ると思った以上にタバコを吸う女性は多く、20~40代くらいの女性では2~3割は吸っている印象を受けます。その中には髪の毛が薄い人もちらほら。

なぜタバコを吸うと薄毛になってしまうのか、そのメカニズムや対処法などを詳しく取り上げていきましょう。

    目次
  1. 喫煙による男性ホルモン増加で薄毛女性に
  2. タバコの影響はDHTだけじゃない
  3. ビタミンを壊す
  4. 酸素や栄養が頭皮に行き渡らなくなる
  5. 自律神経が乱れる
  6. アイコスなど加熱式タバコならハゲない?
  7. 女性の薄毛改善には禁煙がベストだが…
  8. タバコで薄毛にならないために

喫煙による男性ホルモン増加で薄毛女性に

女性の薄毛の原因は男性のそれとは異なるイメージがあるかもしれません。しかし必ずしもそうとは言い切れないのです。

男性の薄毛の9割以上を占める男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びついて作り出されるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが原因。

一方、女性の薄毛はホルモンバランスの乱れによって髪の毛の成長に深く関わるエストロゲンが減少してしまうことが大きな原因となっています。

しかし、普通であればエストロゲンが多少減ったとしても女性が薄毛になることはなく、髪の毛が薄くなってしまう女性は男性同様DHTが大きく関わっていることが分かってきています。

これを女性男性型脱毛症(FAGA)といいます。

そしてここからが本題。海外の調査で喫煙は薄毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)を増加させることが分かっており、タバコを吸わない人に比べ平均して13%多いという調査結果が出ています。

元々男性ホルモンの少ない女性でも喫煙によってDHTが増え、そこにホルモンバランスの乱れによる女性ホルモンの減少が重なると薄毛になってしまうのです。

タバコの影響はDHTだけじゃない

タバコが薄毛の原因であるDHTを増やしてしまうのは間違いないものの、喫煙による髪の毛への悪影響はこれだけに留まりません。

ビタミンを壊す

女性であればタバコを吸うとビタミンCが破壊され美容面で悪影響があるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

具体的にはタバコを1本吸うと約25mgのビタミンCを破壊・消費すると言われています。1日に必要なビタミンCの量は100mgとされていますので、4本吸うと1日分のビタミンCを破壊してしまうことになります。

そしてこのビタミンC、美容面では重要であるものの髪の毛には特に影響がない…と思ったら大間違い。抗酸化作用があるビタミンCが減ると、活性酸素が髪の毛を作り出す毛乳頭細胞や毛母細胞を老化させてしまう恐れがあるのです

また、活性酸素を無力化し酸化してしまったビタミンEを再び抗酸化作用を発揮できる状態に還元する作用があるのもビタミンCの特徴。

つまり、タバコを吸うと抗酸化作用があるビタミンCが大量に破壊されると共に、同じく抗酸化作用があるビタミンEの働きを弱めてしまうのです。

そうして増えた活性酸素は髪の毛の元となる細胞のみならず体中を老化させてしまいます。髪の毛が薄くなる上に肌がボロボロになっては女性としての魅力は半減ですよね。

酸素や栄養が頭皮に行き渡らなくなる

タバコを吸うと血管が収縮し血行が悪くなります。

その作用は全身に及ぶので当然頭皮の血行も悪くなり、髪の毛の成長に欠かせない酸素や栄養素が行き渡りづらくなってしまいます。

血行を促進すれば必ずしも薄毛が改善するというわけではないものの、薄毛の一因になる可能性はあります。特に女性は低血圧で血の循環がよくない人が多いので、その影響は大きくなるでしょう。

ちなみにタバコを1本吸うと血流が正常に戻るまで約20分ほどかかるとされます。1日1箱吸うと400分…つまり結構が悪い状況が7時間弱に及ぶことに。

自律神経が乱れる

自律神経には交感神経と副交感神経があり、タバコを吸うと交感神経が優位になり緊張状態を作り出すことになります。

交感神経が優位になり緊張すると血行が悪くなるうえ、自律神経が過度に乱れるとホルモンバランスまで崩れる可能性が。緊張状態は男性ホルモンが分泌されやすい状況になるため、相対的に女性ホルモンが減りより薄毛になりやすい状況になってしまいます。

アイコスなど加熱式タバコならハゲない?

女性の薄毛対策にアイコス

一般的な紙巻きタバコが女性の薄毛の原因になってしまうのは間違いありません。では最近急速に普及しているアイコスやプルームテックなどの加熱式タバコはどうなのか?

これらは紙巻きタバコ同様にニコチンが含まれているものの、高温でタバコの葉を温めつつ水蒸気と共に吸い込むという仕組みであるため、葉を燃やす通常のタバコと違いタールが発生しません。

タバコの有害物質の多くはタールに含まれており、加熱式タバコは発がん物質を約9割削減しているとされます。

ただし、血管を収縮させるニコチンの量は紙巻きタバコと大差ないため、頭皮への酸素や栄養が滞りがちになるのは間違いありませんし、緊張状態になりやすいのもまた同様。

また「発がん性物質を9割削減」とメーカーは謳うが、一部物質は紙巻きタバコより多いというデータがあったり、健康への害に関して分かっていない点も多かったりと不安要素も。

それでもタールたっぷりの紙巻きタバコより悪いということはないと思われますので、薄毛を予防、改善したいがタバコは止められないという女性は加熱式タバコに乗り換えるべきと考えます。

女性の薄毛改善には禁煙がベストだが…

男性に比べハゲにくい女性であってもタバコを吸えば薄毛のリスクが上がります。それを確実に避けたいのであれば禁煙する以外方法はありません。

ただし女性の禁煙は成功率が極端に低いというデータがあり、現実的に難しいのも確か。ある調査では成功率が高い禁煙外来を受診してもなお女性の1年後の禁煙継続率は25%に満たないとも。ちなみに男性は約65%です。

そのため、薄毛の対処法としては禁煙がベストではあるものの、それが難しいのであればせめて前述のように加熱式タバコに変更したり本数を減らしたりといったことを試してほしいと感じています。

もちろん禁煙外来を受診するのもいいでしょう。2万円ほどの費用がかかるのは痛いものの、それだけに頑張ろうという気になるのも確かです。

病院にかかるのが面倒という場合は禁煙補助の処方薬であるチャンピックスが個人輸入で比較的安く購入できますので、これを試してみるという方法もあります。

チャンピックスを服用すると驚くほどタバコが不味くなるので、禁煙を目指す女性にとって大きな助けになるでしょう。

チャンピックスの詳細

タバコで薄毛にならないために

ここまで読んできて「タバコ吸っていてもフサフサの女性はいっぱいいるじゃん」と感じた方も多いのではないでしょうか。

確かにタバコを吸っているからといってみんながみんな髪が薄いわけではありませんが、薄毛の要因のひとつになりうるということは間違いありません。

女性の場合男性に比べ当然ながら薄毛を引き起こす男性ホルモンは少なく、また髪の毛を生長させる女性ホルモンが多いわけですからそうそう薄毛になる事はありませんが、遺伝や生活習慣や食生活の乱れ、ストレスの増大、飲酒喫煙といった薄毛を引き起こす要素が重なれば女性といえどもヘアサイクルは乱れ薄毛になる可能性は高くなります。

全身に大きな悪影響を及ぼす喫煙。体に悪い行為は髪の毛や頭皮にも悪いのは当然という考えもできますから、体を健全に保つことを心がければおのずと薄毛改善にも繋がってくるのではないでしょうか。

おすすめ育毛剤


ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回割引 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる育毛剤パントガールをさらに進化させた飲む育毛剤。体の内面から育毛に働きかけるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回割引 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。髪の成長に必要な41種の成分やお求め安い価格、180日間に拡大された全額返金保証など高い効果と信頼を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ マイナチュレの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧