女性の薄毛の原因は遺伝なのか?

ハゲないはずの女性がなぜ薄毛になるのか?

女性の薄毛は遺伝? 「男性と違い女性はハゲない」

おばあちゃんになれば多少薄くなる事はあっても、一般的に女性はハゲないものというのが世間の共通認識でしたが、近年は状況が変わり女性の薄毛が増えています。

それがまだ40代50代というならまだしも最近は20代30代の女性が薄毛になっている事も多く、育毛サロンにも女性のお客様は多かったですし、美容室で多くの女性と接していても「ああ、薄毛の女性って結構いるんだな」と痛感させられました。

男性の場合なら薄毛の原因は遺伝の要素が一番強く、そこに生活習慣などによって発症する時期や進行スピードが変化するイメージですが、遺伝でハゲる印象のない女性の薄毛の原因ってなんなのでしょうか?

実は意外ですが女性も遺伝で薄毛になるのです。
ただその頻度は男性のそれに比べ明確に低くなります。

薄毛の遺伝に関しては様々な説があり、男性の薄毛に関しては母方からしか薄毛の遺伝子を受け継がないという説が最近脚光を浴びています。

こういった様々な遺伝の説の中にそれなりに信憑性のありそうなものがあり、それが「男性は優性遺伝」「女性は劣性遺伝」というもの。

遺伝により女性が薄毛になる仕組み

男性の薄毛は優性遺伝…つまり親のどちらかが薄毛の遺伝子を持っていれば子に受け継がれるというもので、優性遺伝の場合男子がハゲを受け継ぐ確率は片親だけが持っている場合は50%、両親が持っている場合は75%となり、絶対に受け継がないパターンは父も母も薄毛の遺伝子を持っていない場合のみとなります。

一方で女性の場合は劣性遺伝なので、女子が薄毛の遺伝子を受け継ぐには父親と母親の両方が薄毛の遺伝子を持っている必要があり、その確率は25%となります。

つまり女性は男性に比べ薄毛を受け継ぐ可能性は圧倒的に少ないのです。

薄毛の遺伝子は男性の場合AGA(男性型脱毛症)を引き起こしますが、このAGAとはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結び付き生まれるジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが悪さをして髪の毛が抜け落ちるというもの。

女性の場合も薄毛の遺伝子を受け継げば同様の事が起こりますが、そもそも女性は男性に比べ男性ホルモンが圧倒的に少ない上に、髪の毛の成長を促す女性ホルモンであるエストロゲンが豊富なため普通ならそうそう薄毛になったりはしません。

しかし女性の薄毛は昔に比べ確実に増えています。

女性ホルモンが大幅に減る閉経後であればまだ分かりますが、女性ホルモンが旺盛に分泌されるであろう20代30代の女性が薄毛に悩むのは、やはり遺伝以外の理由が関わっていると考えるのが自然です。

その理由は生活習慣や食生活の乱れ、喫煙の増加、ストレスの増大など様々な要因が重なっている事が原因と見られます。

次のページからはその辺の理由を掘り下げて行きたいと思います。

おすすめ育毛剤


ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回割引 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる育毛剤パントガールをさらに進化させた飲む育毛剤。体の内面から育毛に働きかけるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回割引 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。髪の成長に必要な41種の成分やお求め安い価格、180日間に拡大された全額返金保証など高い効果と信頼を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ マイナチュレの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧