女性の薄毛改善は日常生活や食生活から

食生活や日常生活の乱れが女性を薄毛にする

薄毛改善は日常生活から 前ページでも取り上げたように男性同様女性の薄毛にも遺伝は関わってきますが、男性ホルモンが少なく女性ホルモンが多い女性は遺伝の影響は少ないと言えます。

にも関わらず女性の薄毛が近年増えているという事は、女性の薄毛が少なかった昔と薄毛が増えた現在の女性の生き方、生活などの違いを探れば 、おのずとその答えは出てくるような気がします。

今と昔で女性にどんな変化が起こったか?

やはり真っ先に出てくるのは専業主婦が少なくなり共働きが当たり前となった事、食生活の変化などが挙げられると思います。

専業主婦が当たり前だった頃は、昼食は簡単に済ますとしても旦那さんがいる朝夕はちゃんとした食事を作る事が多くなるでしょうし、ちゃんと食事を作ればそれなりにバランスの取れた食事になるはずです。

しかし共働きが多くなり女性に時間的な余裕が無くなれば出来合いのものが多くなったり外食が多くなったりする事は想像に難くなく、栄養バランスは崩れてくるでしょう。

栄養バランスの崩れは髪の毛を成長を促し美しい髪にしてくれるエストロゲンなど女性ホルモンの減少を招き、それによるヘアサイクルの乱れが女性の薄毛の1つの要因になっているのは間違いないでしょう。

ただしこれはあくまでも1つの「要因」であって、基本的に女性ホルモンの豊富な女性が多少栄養バランスが崩れた程度で薄毛になるとは考えづらいともいえます。

そう、女性の社会進出はこれ以外にも薄毛を引き起こす様々な要因が隠れているのです。

睡眠不足が女性ホルモンを減少させる

もうサブタイトルで書いてしまいましたが、睡眠不足は女性ホルモンの分泌を確実に減少させ、これもまた薄毛を引き起こす要因になります。

フルタイムで仕事をしていれば早い時間に出勤し遅い時間に帰宅なんて生活が当たり前になる事も多く、そこから食事の用意、夕食、後片付けをしながらお風呂を沸かし入浴、洗濯…とやっていればあっという間に11時、12時となってしまいます。

しかし女性ホルモンが最も分泌され、かつ髪の成長が最も旺盛になるのは夜10時〜翌2時までの4時間とされており、この時間帯にしっかりと睡眠を取る事が重要になるのですが、仕事をしていれば夜10時に寝るのはなかなかに困難な上に睡眠時間自体も5、6時間くらいになってしまう事が多く、これが髪の毛にとって厳しい状況を作り出してしまいます。

加えて女性の社会進出により責任のあるポジションに就く事も多くなり、それによってストレスが増大し女性ホルモンや自律神経が乱れる…という状況などが重なり薄毛の女性が増えていると見られています。

男性の場合はこれら日常生活や食生活の乱れは頭皮への血行を滞らせ毛根へ十分な栄養が行き渡らず薄毛を引き起こすと見られていますが、男性の薄毛の場合は遺伝や体質が大きな割合を占めていますので、これらの改善は薄毛治療の「補助」的なものですが、女性の日常生活や食生活の乱れは髪の毛を作る女性ホルモンが大きく関わってくるため、薄毛治療においてこれらの改善が重要となります。

そしてこれ以外にも女性の薄毛の原因となる行動があり、それが女性の社会進出増加によってジリジリと増えている「喫煙」と「飲酒」です。

その他おすすめ育毛剤


ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回割引 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる育毛剤パントガールをさらに進化させた飲む育毛剤。体の内面から育毛に働きかけるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回割引 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。髪の成長に必要な41種の成分やお求め安い価格、180日間に拡大された全額返金保証など高い効果と信頼を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ マイナチュレの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事