ミノタブとルグゼバイブ 女性に効果あるのは?

どちらも世界中で使われる育毛・発毛剤

ミノタブとルグゼバイブ、女性に効果あるのは?

薄毛男性であれば第一選択薬になるであろうフィナステリドやデュタステリドが使えない女性にとって大きな効果を望める発毛・育毛剤といえばミノキシジルタブレットかルグゼバイブで、実質この2強と言っても過言ではありませんが、実際どちらの方が効果があるのでしょう?

効果も重要ですが発毛剤は副作用のリスクがあり、また長期間使う必要があるものですので価格も無視できない要素になってきます。

薄毛に悩む女性は増加の一途を辿っていて、周囲の目が気になり「どうしても薄毛を治したい」という女性も多いと思いますので、ここでは大きな効果が望めるミノキシジルタブレット(ミノタブ)とルグゼバイブを徹底的に比較してみたいと思います。

ミノキシジルタブレットの成分と効果

女性にミノキシジルタブレットは?

男性ホルモンが少なく、また妊婦には危険な薬とあって男性の薄毛治療に広く使われるフィナステリドやデュタステリドを女性が使用することはできず、女性が使える発毛剤は事実上ミノキシジルのみとなります。

ミノキシジルは元々高血圧の人の血圧を下げるための血管拡張薬ですが、治療の過程で発毛する人が相次いだこともあって発毛剤として使われるようになった経緯があります。

発毛のメカニズムは完全に解明されたわけではないものの、副作用に「多毛症」があり、毛乳頭細胞や毛母細胞の増殖や分裂を促すのではないかと考えられ、また血管拡張作用によって頭皮の血流が良くなることも影響しています。

一般的にミノキシジルは頭皮に塗布する外用薬として使われることが多いのですが、それでは効果が限られるためより強い効果を求める人はミノキシジルタブレット…つまりミノキシジルの内服薬を使います。

女性は男性に比べ効果が出やすいといわれ、男性の多くが5mgや10mgを使うのに対し女性は副作用のリスクを減らすためにも2.5mg程度にしておくべきでしょう。

ルグゼバイブの成分と効果

ルグゼバイブとミノタブの比較

一方のルグゼバイブは発毛剤ではないものの世界30ヶ国以上で使われるパントガールの成分や含有量をそのままに馬プラセンタとコロストラムを贅沢に配合した飲む育毛剤。

成分 効果・効能
ビタミンB1 60mg ビタミンB1は「チアミン」とも呼ばれ、エネルギーの代謝を促進し全身にそのエネルギーを行き渡らせ免疫力などを向上させます。
パントテン酸カルシウム 60mg 新陳代謝や細胞分裂を促し髪の成長をサポートする成分でビタミンB郡の一種。
薬用酵母 100mg 髪の成長に必要なビタミンB郡や消化酵素を含み、新陳代謝を促すと同時に栄養補給も担っています。
L-シスチン 20mg 髪の毛の主成分であるケラチンのさらに主成分であるアミノ酸で、髪を形作り成長させるのに欠かせない成分。
ケラチン 20mg ケラチンはL-シスチンを始めとした18のアミノ酸で構成されるたんぱく質で、髪の99%を占める主成分となっています。
パラアミノ安息香酸 20mg パラアミノ安息香酸は「PABA」とも呼ばれるビタミンB郡の栄養素で、肌や髪を美しく保つ効果があり、葉酸の前駆体でもあります。
コロストラム 20mg コロストラムとは牛が出産後最初に出す母乳の事で、非常に多くの栄養素が凝縮され、これに含まれる成長因子は髪の生育にも効果的
馬プラセンタ 100mg 一般的な豚プラセンタに比べおよそ300倍のアミノ酸を含有しており、良質なコラーゲンやビタミン、たんぱく質なども含む高価な成分

入っている成分や含有量が完全に一緒である上に成分追加ということは効き目は間違いなくルグゼバイブの方が上なのは間違いなく、内服の育毛・発毛剤としてはトップクラスの効果が期待できます。

特に馬プラセンタは専用のサプリメントでも100mgで1ヶ月3,000〜4,000円くらいはザラなので非常にお得な育毛剤と言えます。

髪の成長に必要なビタミンB群に加え髪の主成分で18種のアミン酸で構成されるケラチンが直接入っているものはパントガールとルグゼバイブくらいしか見当たらないのも高ポイント。

■ルグゼバイブはパントガールと完全同成分+コロストラム+馬プラセンタ
■18種のアミノ酸で構成されるケラチンが直接入っているのは珍しい

ミノタブとルグゼバイブの成分・効果比較

ミノキシジルタブレットとルグゼバイブは立場こそ発毛剤と育毛剤で違うものの、どちらも女性向けとしては数少ない内服薬ということで比較対象として申し分ありません。

どちらも成分の量が少ないため表にするのもあれですが、一応分かりやすいように掲載しておきます。

ミノキシジルタブレット ルグゼバイブ

ミノキシジル 2.5〜10mg


ビタミンB1 60mg
パントテン酸カルシウム 60mg
薬用酵母 100mg
L-シスチン 20mg
ケラチン 20mg
パラアミノ安息香酸 20mg
コロストラム 20mg
馬プラセンタ 100mg

1種 8種

■最強の発毛剤ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの成分は当然ながらミノキシジルのみで、外用薬としては下図のリアップのもののように有効性を示す様々なデータが示されているものの、内服薬としてのデータには乏しいというのが実情です。

ミノキシジルの効果

内服薬のデータは乏しいものの、そもそもミノキシジルは内服薬として開発され、そして顕著な発毛効果があったため発毛剤に転用されているという経緯がありますから、間違いなく内服薬の方が効果がありプロペシアを使える男性の間でもミノキシジルタブレットは「最強の発毛剤」と言われるほど。

とりあえず外用薬のデータを見ても分かるようにミノキシジルは高い発毛効果がありますが、内服薬はこれを遥かに上回る効果があると思って構いません。

■世界で効果が認められたルグゼバイブ

一方のルグゼバイブはどうか?

上でも書きましたがルグゼバイブは世界30ヶ国以上で使われる育毛剤パントガールをさらにパワーアップさせたもので、いわば女性用育毛剤の世界的スタンダートともいえるものになっています。

ただルグゼバイブは新しい商品ということもありデータが出そろっていないので、パントガールのもので見てみましょう。

ルグゼバイブの脱毛に関するデータ

これは脱毛に関するデータで、投与前は脱毛の度合いが中程度〜多いの人が多数を占めていますが、3ヶ月後には脱毛が「少ない」「なし」の割合が圧倒的に多くなっているのが分かります。

ルグゼバイブの毛髪構造損傷のデータ

また、毛髪構造損傷…つまり髪の毛やその元となる毛母細胞、毛乳頭細胞、頭皮に至る損傷の改善も顕著で、髪に関わる全体への効果も期待できます。

ルグゼバイブの毛髪構造損傷のデータ

この臨床試験をおこなった研究者のパントガールに対する評価はプラセボ(偽薬)と比べ圧倒的に高く、また副作用も認められませんでした。

これはあくまでもパントガールのデータであるものの、成分とその含有量が完全に同一かつ馬プラセンタとコロストラムを加えたルグゼバイブの効果がこれを上回ることは想像に難くありません。

馬プラセンタは男性用育毛剤の間でも「成長因子」として高い注目を集めていて、それをより吸収されやすい内服で、しかも単体のサプリメントと同レベルの100mg配合しているだけでも期待は高まります。

■ミノタブとルグゼバイブどっちの効果が大きい?

ミノキシジルタブレットとルグゼバイブを単純な発毛効果の大きさで比べれば、ややミノキシジルタブレットの方が強いと感じています。

ルグゼバイブの「パントガール+α」の効果はかなりのものであることは間違いありませんが、女性の薄毛に比べより強固な男性方脱毛症(AGA)の人にすら発毛させるだけの効果があるミノキシジル内服薬の効き目には敵わないでしょう。

ただ、後述しますがミノキシジルタブレットにはそれなりの副作用リスクが存在するのに対し、ルグゼバイブは馬プラセンタやコロストラム、ビタミンB群などによる美容効果も大きく、総合的に考えると…

とはいえ単純な発毛効果だけで考えればやはりミノキシジルタブレットに軍配が上がるでしょうか。

発毛効果だけであればミノキシジルタブレットに軍配が上がるものの使用の判断基準はそれだけではなく、副作用の中には女性にとって辛いものが多いため、双方の正しい知識を得るためにももう少しお付き合いください。

ミノキシジルタブレットとルグゼバイブの副作用

発毛剤や育毛剤は強力であるがゆえに副作用の心配も尽きず、デリケートな女性であれば尚更だと思いますので詳しく触れておきます。

■ルグゼバイブの副作用

ルグゼバイブは飲む育毛剤というカテゴリながら髪の成長に欠かせない重要な成分に特化したサプリメントという側面もあり、成分構成はビタミンB群に馬プラセンタ、コロストラムといった栄養素豊富な成長因子となっています。

ビタミンBは種類によって過剰摂取するとまれに副作用が出るものもありますが、ルグゼバイブには過剰になるほどの量は入っておらず、基本的に副作用の心配はありません。

■ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルは外用薬であれば副作用の心配はほとんどないものの効果は小さめ、内服薬は効果が大きいものの副作用のリスクを想定しておく必要があります。

ミノキシジルを飲むことによって考えられる主な副作用は…

  • ■めまい
  • ■動悸
  • ■むくみ
  • ■潮紅
  • ■血圧低下
  • ■多毛症

「最強の発毛剤」と名高いミノキシジルタブレットですが、男性の間でも「髪の毛のためなら多少の副作用は覚悟する薬」という位置づけ。

しかも内容を見てみると女性にはより厳しいものが目立ちます。

男性に比べ貧血気味の人が多い女性にとってめまいや血圧低下は辛いもので、場合によっては危険も伴いますし、血圧の低下に伴う心臓への負担も無視できません。

またミノキシジルで発毛するメカニズムには毛乳頭細胞や毛母細胞の増殖・分裂を促進させ体中の毛を濃くする「多毛症」が深くかかわっていますが、これはつまり髪の毛と共に体毛やヒゲが濃くなることを意味しています。

ムダ毛か髪の毛か…なかなか厳しい選択でもあります。

副作用の面ではルグゼバイブの圧勝となります。

■ルグゼバイブに副作用の心配はない
■ミノタブは低血圧や多毛症など女性にとって辛い副作用が多い

ミノキシジルタブレットとルグゼバイブの価格

育毛剤や発毛剤は使用すればすぐに効果が出るわけではありません。

髪の毛が1日に伸びる量は0.3〜0.5mmくらいで、しかもしっかりとした新たな毛が生えるには育毛剤を飲みだしてから一定期間必要であるため長期間の使用が必要になり、それだけに価格は重要な要素になってきます。

主要なミノキシジルタブレットとルグゼバイブの価格を比べてみると…

商品名 内容量 価格 1ヶ月分単価
ルグゼバイブ1本 90錠 7,000円 7,000円
ルグゼバイブ2本 90錠×2 10,500円 5,250円
ルグゼバイブ3本 90錠×3 14,000円 4,666円
ノキシジルボトル5mg 100錠 2,368円 717円
ノキシジル5mg 100錠 3,086円 935円
USA製ミノタブ2.5mg 100錠 4,171円 1,263円
(2016年12月現在)  

下から3つ目までを見てもらえば分かるようにミノキシジルタブレットの価格は圧倒的に安く、価格面では勝負になりません。

女性がミノキシジルタブレットの飲む場合、効果の出やすさや副作用の観点から1日2.5mgに留めるべきとされておりますが、ノキシジルはシートタイプもボトルタイプも2.5mgが存在せず5mgしかありません。

USA製には2.5mgが存在しますが割高になってしまうため、5mgを2分割し毎回ひとかけら飲むのがコストパフォーマンス的にベストになるでしょうか。

そうなるとルグゼバイブとの差はさらに広がりますが…

ルグゼバイブは2本分の価格で3本買うことができますので多くの人はそれを利用していますが、それにしたってミノキシジルタブレットとの価格差は如何ともしがたいのが実情です。

まあこれはルグゼバイブが高いのではなくミノキシジルタブレットが安すぎるのですが…どちらにせよ価格面ではミノキシジルタブレットの圧勝になります。

■ルグゼバイブは決して高いわけではないがミノタブが安すぎる

ミノキシジルタブレットとルグゼバイブ比較の総評

長々とミノキシジルタブレットとルグゼバイブの比較をしてきましたが、一長一短の様相を呈していますので最後に分かりやすくまとめてみましょう。

ミノキシジルタブレット ルグゼバイブ
効果 ◎かなり強い 〇強い
副作用 ×かなり強い ◎なし
美容・健康効果 ×なし ◎ビタミンB、馬プラセンタなど
内容量 100錠 90錠
1商品あたりの使用期間 3ヶ月10日 1ヶ月
単品価格 2,368円 7,000円
最安の1ヶ月あたりの価格 717円 4,666円
(2016年12月現在)  

この2つを比べてみて大きく違う点は「副作用」と「価格」で、これをどう見るかによってどちらを使うべきか変わってくるでしょう。

ミノキシジルタブレットの副作用は必ず出るとは限らないものの、心臓への負担や体毛が濃くなる可能性を考えると女性にはあまり向かないのかな〜とも感じられ、育毛はもちろん総合的な女性らしさを目指すならルグゼバイブをおすすめします。

ただ当サイトの傾向を見るとこの2つを一緒に購入…つまり併用している人も散見され、ミノキシジルタブレットの安さから5mg2分割とルグゼバイブ3本セットを組み合わせれば両方使っても1ヶ月5,000円程度に収まるとあって本気で薄毛を治したい女性はどちらも使用しているようです。

ルグゼバイブの美容・健康効果がミノタブの副作用を相殺…はしてくれませんが、栄養素が豊富なルグゼバイブとの相性は良いのかもしれません。

とにかく薄毛を治したい女性はミノキシジルタブレットを使ってみて、副作用が出るようならルグゼバイブやマイナチュレに変更する…副作用が気になる人ははルグゼバイブを使ってみてあまり効果を感じないようであればミノキシジルタブレットを追加してみる…というスタンスが良いのではないでしょうか。

ルグゼバイブの詳細へ

ノキシジルボトルタイプ5mgの詳細

その他おすすめ育毛剤


ルグゼバイブ おすすめ女性用育毛剤
内容量 90錠
使用期間 1ヶ月
返金保証 ×
初回割引 ×
1本購入 7,000円
定期コース
■ルグゼバイブの特徴
世界30ヶ国以上で使われる育毛剤パントガールをさらに進化させた飲む育毛剤。体の内面から育毛に働きかけるため他の育毛剤との併用も可能。
ルグゼバイブの詳細ページへ ルグゼバイブの公式サイトへ
マイナチュレ おすすめ女性用育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 180日
初回割引 980円
1本購入 5,095円
定期コース 4,457円
■マイナチュレの特徴
女性用育毛剤の代名詞ともいえるマイナチュレ。髪の成長に必要な41種の成分やお求め安い価格、180日間に拡大された全額返金保証など高い効果と信頼を誇る。
マイナチュレの詳細ページへ マイナチュレの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事