女性用育毛剤マイナチュレの効果は?

マイナチュレの効果に迫る

女性用の育毛剤として圧倒的な人気を誇るマイナチュレ。

男女兼用の育毛剤全体で見ればチャップアップやイクオスといった育毛剤の人気が高く、またこれらは女性にも問題なく使える育毛剤であるにもかかわらず、女性に人気の育毛剤となるとマイナチュレやベルタ育毛剤といった名前が上位に来ます。

これはなぜなのか?

チャップアップやイクオスは女性の使用者も多いものの、基本的には男性をターゲットに作られておりますが、マイナチュレなどは「女性用」を謳うだけあって女性の目線で作られた女性のために育毛剤だからです。

インターネットを中心に販売する女性用育毛剤の中でも屈指の人気を誇るマイナチュレについて、良い面はもちろん悪い面もしっかりと紹介していきましょう。

    目次
  1. マイナチュレの全成分
  2. マイナチュレの注目成分
  3. マイナチュレとチャップアップは変わらない?
  4. 副作用は存在するのか?
  5. マイナチュレの良心的な価格
  6. 180日間全額返金保証は送料のみ負担
  7. (追記)2016年10月より初回980円に値下げ
  8. マイナチュレのおすすめ度

マイナチュレの全成分

マイナチュレの人気の秘密は様々あれど、それは育毛剤として十分な効果が期待できるいう下地があってこそ。そしてその効果をもたらしているのが業界トップクラスの数を誇る成分です。

まずはマイナチュレの全成分を見てみましょう。

マイナチュレ
成分
グリチルリチン酸ジカリウム
酢酸DL‐α‐トコフェロール
センブリ抽出液
精製水
1,2-ペンタンジオール
1,3-ブチレングリコール
濃グリセリン
フェノキシエタノール
クエン酸
クエン酸ナトリウム
ビワ葉エキス
海藻エキス(1)
ボタンエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス(1)
ヒオウギ抽出液
クロレラエキス
オウゴンエキス
ローマカミツレエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
セージエキス
トリメチルグリシン
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
ソルビット液
L-セリン
グリシン
L-グルタミン酸
L-アラニン
L-リジン液
L-アルギニン
L-スレオニン
L-プロリン
サクラ葉抽出液
ジオウエキス
エタノール
アロエエキス(1)
キューカンバーエキス(1)
セイヨウサンザシエキス
セイヨウノコギリソウエキス
タイムエキス(2)
ラベンダーエキス(1)
ノバラエキス
ニンジンエキス
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

成分数は41種。ベルタ育毛剤の56種やリジュンの72種には及ばないものの、女性用育毛剤の中ではかなり多いといっていいでしょう。中には10種程度のものもありますからね。

41種の簡単な内訳は医薬部外品の育毛剤に欠かせない有効成分が3種。育毛促進効果や頭皮ケア作用がある天然成分が28種、そして髪の毛を形作る「ケラチン」というたんぱく質を構成するアミノ酸が10種になっています。

マイナチュレの注目成分

41種の成分を配合するマイナチュレ。そんな中でも特に注目したい成分に焦点を当て詳しく紹介してみます。

海藻エキス(1)

海藻エキス(1)はミツイシコンブから抽出されるエキスで、男性の間では「M-034」として有名な成分でもあります。

なぜそこまで人気なのかというと、海藻エキス(1)は医薬品の発毛成分であるミノキシジルと同等の育毛効果があるとされているから。

マイナチュレのM-034

上図はマイナチュレと同様に海藻エキス(1)を大きな売りにしている男女兼用の育毛剤「ブブカ」が公表していたデータ。これによってM-034は瞬く間に人気の成分になりました。

海藻類が持つ高い保湿力に加え、ミツイシコンブから抽出されるエキスには髪の毛の成長を促す外毛根鞘の増殖を促進させる効果があるとされています。

育毛剤に使われる海藻エキスはミツイシコンブ由来のもの以外にも複数存在するものの、知名度、信頼性共に海藻エキス(1)を上回るものは存在しません。

ビワ葉エキス

マイナチュレのビワ葉エキス

名前のとおりビワの葉から抽出されるエキスで、古来から万能薬として用いられてきた経緯がある成分。

ビワ葉に多く含まれるコロソリン酸は血糖値や総コレステロール量を下げたりする効果が期待できるものの、外用の育毛剤として使用する場合に期待される効果はまた異なります。

中でも薄毛改善に威力を発揮してくれそうなのが成長因子の生成を助ける作用

髪の毛の成長にはFGF-7に代表される様々な成長因子が関わっており、ビワ葉エキスはこれの生成を補助し育毛に貢献してくれます。

また血行促進作用もあるため頭皮に十分な酸素や栄養を供給することができ、成長因子の増加と相まって女性の薄毛改善に大いに役立ってくれることでしょう。

10種のアミノ酸

髪の毛の99%は「ケラチン」というたんぱく質が構成しており、このケラチンは18種のアミノ酸を合成して作られます。

マイナチュレはその18種のうち半数以上となる10種を配合しているため、ケラチンの生成を助けてくれると推測されます。

ただし、頭皮に塗布したアミノ酸がケラチンになるかどうかという点については科学的に実証されていないという事実も。とはいえアミノ酸は体を構成する上で絶対に欠かせないものなので、細胞の活性化などによって間接的に役立ってくれるのは間違いないでしょう。

マイナチュレとチャップアップは変わらない?

マイナチュレやベルタ育毛剤など女性用を謳う育毛剤は星の数ほど存在します。

しかし実のところブブカやチャップアップといった男性をメインターゲットにする育毛剤と比べ成分などに大きな違いはなく、マイナチュレはブブカやチャップアップ、イクオスといった育毛剤が「ミノキシジルと同等の育毛効果」と謳うミツイシコンブ抽出の「M-034」を目玉の成分としていることからも分かります。

その他オウゴンエキス センブリエキス、ビワ葉エキスなど多くの育毛剤で目にする成分が並んでおり「女性用」を標榜するだけで中身はほとんど同じなんじゃないかと感じます。

ただ、よーく見てみると女性ホルモンに影響を与える成分が入っていたり、デリケートな女性の頭皮に刺激を与えないよう考えられた成分が入っていたり、はたまた害が懸念される成分を無添加としていたりと男性用とはある程度異なる点も見受けられます。

男性と女性では薄毛のメカニズムに異なる点が多く、当然治療法や対処法も異なってくるため、女性であれば男性向けの育毛剤より女性用の育毛剤を使った方が安心で確実なのは言うまでもありません。

しかもマイナチュレは男性用のそれに比べ値段の面でも比較的買いやすい価格設定となっており、また多くの育毛剤が設けている返金保証制度の期間も長くじっくりと試しながら自分に合うかどうかを判断できます。

ここからはその価格や全額返金保証について詳しく掘り下げていきます。

副作用は存在するのか?

マイナチュレの副作用

男性に比べデリケートな女性にとって育毛剤の副作用というのは非常に気になる点。それでなくてもこういった商品は副作用について取り上げられることが多いからなおさらだと思います。

一般的に育毛剤の中で副作用が確認されているのは医療機関で処方される男性用の発毛剤「プロペシア」と「ザガーロ」。おそして男女ともに使える唯一の発毛成分であるミノキシジルを加えた3つになります。

これらは強い効果と副作用がある「医薬品」に分類され、性機能障害やめまい、低血圧、動悸などの副作用が報告されています。

しかしマイナチュレは医薬部外品の育毛剤。発毛剤のような急激な効果はない代わりに副作用のリスクもほとんど存在しません

なぜかというと、プロペシアやザガーロといった医薬品は科学的に合成された強力な成分1つだけに特化しているため、どうしても副作用が出てしまいますが、マイナチュレのような育毛剤は効き目がマイルドな天然成分を少しずつ配合しているから。

ただし、多くの成分を配合する都合上エタノールを使用せざるを得ないため、これにアレルギーがある人などは頭皮のかゆみや炎症といった形で出てくる可能性もゼロではありません。

とはいえそういったものは育毛剤のみならず女性が必ず使用するであろう化粧品でも同様ですので過度な心配は不用。仮に合わないとしても使用を中止すればかゆみや炎症はすぐに治まることがほとんどだからです。

万が一合わなかった時のために良心的な全額返金保証制度も存在しますしね。

マイナチュレの良心的な価格

育毛剤の価格は非常に幅広いものの全体的な価格帯は比較的高くなっており、それが育毛剤を試してみる上で高いハードルになっている感は否めません。値段に厳しい女性に対してのものとなればなおさらです。

そんなこともあってマイナチュレは女性用育毛剤の中でも比較的リーズナブルで、それは単品でも大人気の定期コースでも同様です。

ではローション単品と定期コースの価格を他の人気の女性用育毛剤と比較してみます。

商品名 内容量 使用期間 価格
マイナチュレ 120ml 1ヶ月 5,195円
ベルタ育毛剤 80ml 1ヶ月 5,980円
リジュン 100ml 1ヶ月 5,960円

女性用育毛剤の中でトップを争うベルタ育毛剤に比べると800円ほど安くなっており、男女用含め最も成分が多いであろうリジュンと比べても同様。

続いて定期コースを比べてみると…

商品名 内容量 初回 2回目以降
マイナチュレ 120ml 980円 4,557円
ベルタ育毛剤 80ml 3,980円 4,980円
リジュン 100ml 2,980円 4,980円

以前は20%引きだったマイナチュレの初回価格が2016年10月から82%OFFの980円になったため、さらにお得感が増しています。(詳細は後述)

こちらでも内容量が3分の2しかないベルタ育毛剤や、100mlとやや少ないリジュンに比べてもマイナチュレは安くなっています。

ただ、ベルタ育毛剤の定期コースには2,000円相当と謳う非売品の「ベルタ頭皮クレンジング」という頭皮の不要な皮脂や汚れを取り除く事によって育毛剤の効果を高める製品が毎回付いてくるので悩ましいところ。

このへんは育毛剤に何を求めるかで選択は変わってきますが、ベルタ育毛剤の場合内容量が少なく効果を高めるには月2本使う事を推奨していますので、単純な育毛剤の効果やコストパフォーマンスはマイナチュレに軍配が上がります。

一方、リジュンは成分量72種とマイナチュレの41種に比べ圧倒しているものの、リジュンが異常なだけでマイナチュレも女性用育毛剤の中では十分多いほう。成分が少ないぶん定期コースの価格は安いため、こちらも非常に悩ましい選択に。

ネット販売で人気の育毛剤の多くはサプリメントやクレンジングを付けてお得感を演出しますが、薄毛にとって重要なのはやはり育毛剤。純粋に育毛剤のみの定期コースを行っているマイナチュレは価格面、効果面で他の育毛剤を上回っており、それが女性用育毛剤人気を不動のものにしている原動力となっています。

ちなみに、マイナチュレには育毛剤とは別に女性の薄毛のみならず美容全般に効く成分をこれでもかと詰め込んだ育毛サプリメントがあるのですが、ここでは紹介しきれない上に値段もそれなりにしますのでここでは除外します。

では次に、マイナチュレを気軽に試してみたくなる業界最高の全額返金保証の制度を取り上げていきます。

180日間全額返金保証は送料のみ負担

マイナチュレの全額返金保証

※マイナチュレはこれまで90日最大3本まで返金保証に応じるという業界最高の全額返金保証制度でしたが、2016年10月から180日最大6本まで拡大され半年間安心して使えるようにパワーアップしました。

現在インターネットを中心に販売している育毛剤は多く、そのほとんどが「全額返金保証」を謳い一定期間内の返金に応じています。

しかし男女兼用であるチャップアップやブブカといった人気育毛剤の多くは30~45日以内と短く、ヘアサイクルの観点からこの期間では育毛の効果は出ませんから、効果を確かめるというよりは「肌に合うかどうか」を確かめる制度となっています。

しかしマイナチュレの返金保証は180日と非常に長い期間を設けていますので、効果があるかどうかを見極めてから返金保証を適用するかどうかを判断できるという強みがあります。

マイナチュレの返金保証の詳細は以下のようになっています。

  • 定期コースの育毛剤は初回注文日より180日以内(上限6本)
  • その他、単品での購入などは初回到着日より8日以内(上限1本)
  • 各ご家庭一回限りで初回ご注文に限る
  • 事前の電話連絡が必要
  • 使用途中の商品や商品の箱、明細書を返却
  • 返金保証制度を利用すると、以後同商品が購入不可になる
  • 返品時の送料は客負担
  • 商品購入時に送料無料であれば650円の送料を差し引く

上記を見ても分かるように、実に180日間(約6ヶ月)の返金保証を受けられるのは定期コースのみとなっており、定期コースの割引率などを考慮すると定期コース以外は選択肢に入らないような設定になっています。

そしてこの制度を使う際にかかる費用は商品を送り返す際の送料と、商品購入時の送料を差し引かれるのみですから1,000~1,500円くらいに収まります。

多くの育毛剤は上記に加え振込み手数料を差し引いてきますし、チャップアップやベルタ育毛剤に至っては事務手数料1,000円に加え定期コースの場合、商品発送準備期間に入ってしまうとさらにキャンセル料的なものまで差し引かれますから、マイナチュレはかなり良心的といえます。

育毛剤が効果を現すのに必要な期間は3~6ヶ月必要ですが、マイナチュレの返金保証期間までいっぱいに使えば効果の有無は十分把握できます。もし育毛剤を使ってみるか悩んでいるのであれば返金保証適用前提で試してみるというのはいかがでしょうか?

(追記)2016年10月より初回980円に値下げ

これまでマイナチュレは非常に豊富な成分量ながらリーズナブルな価格を実現し、さらに全額返金保証は90日間で最大3本まで対応するという業界最高の制度を誇っていました。

これが2016年10月からは初回限定割引を従来の20%OFFの3,780円から82%OFFの980円と大幅割引した上で2回目以降の価格は今までどおりとさらにお求め安くなっています。

また業界最高だった全額返金保証は180日最大6本まで適用できるようになり、これで半年間しっかり試したうえで効果に満足できない場合は、半年間すべての商品代金を返金してもらえるように。(定期コースのみ)

ベルタ育毛剤もこれまでのマイナチュレと同じ90日間の全額返金保証になっていますが、こちらは1本のみの適用。しかも2017年にはこの期間を30日間に短縮しています。マイナチュレの180日間最大6本までがいかに太っ腹な対応か分かっていただけると思います。

元から成分的にもトップクラスの育毛剤であったマイナチュレが価格面、サービス面でも独走態勢に入った感があり、女性用の外用育毛剤は1強の時代に入っていくのかもしれません。

個人的には他の育毛剤にも頑張ってほしいところではありますが…

マイナチュレのおすすめ度

男性用の育毛剤や育毛シャンプーは内容が大したことなくても積極的な広告展開で人気になっているものが散見されます。しかし良いものを見極める目が厳しい女性に対しての育毛剤はそういったごまかしが効果を発揮しない印象を受けます。

そんな中で屈指の人気を誇るマイナチュレは成分や効果といった本質的な部分から、価格や全額返金保証などサービス面まで死角はなく、悪い面を探すのが難しい状況となっています。

しかしそこは育毛剤。効果には個人差があり、万人に効果があるとは言い切れません。とはいえ効果を実感できる人が多いのは間違いなく、サービス面でも業界最高と言っても過言ではないため、初めて育毛剤を使うという人はもちろん、他の育毛剤で効果がなかった人にもぜひ使ってみて欲しいと感じます。

あえてライバルを挙げるなら同じく女性に人気のベルタ育毛剤…ではなく、2017年に発売されたリジュンを推したい。

価格的にはマイナチュレに敵わないものの、成分数はもちろん注目のリデンシル配合という点は大きな強み。1日2回使えば半月しか使えないベルタ育毛剤と比べ価格面で圧倒的に有利で、かつ全額返金保証はマイナチュレに次ぐ90日間最大3本まで適用。

育毛剤としての性能はリジュン、価格やサービスはマイナチュレ…非常に悩ましい選択になりますが、多くの女性は負担の少ないマイナチュレから使ってみるべきと考えます。

それでどうしても効果が出なかった場合はリジュンを考えればいいかと。

無添加育毛剤マイナチュレの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧