リジュンの成分・効果は女性用育毛剤最高

マイナチュレを超える女性用育毛剤の登場か?

女性用育毛剤リジュン

女性用育毛剤といえば価格やサービス、成分など総合的な面でマイナチュレが圧倒しており、それに代わる育毛剤も存在しませんでしたが、リジュン(RiJUN)の登場でその状況が大きく変化するかも。

成分のみで見ればマイナチュレよりベルタ育毛剤の方が優れていると見ることができるものの、価格や全額返金保証の条件などはマイナチュレが明らかに優れており敵無しの様相を呈していました。

しかし、2017年になって登場したリジュンはその勢力図を塗り替えられるだけの力があると確信できるものでした。

成分的には最高と思われたベルタ育毛剤を完全に超え、価格や返金保証でマイナチュレに肉薄するという恐るべき潜在能力を持ったリジュン。その特徴や効果について徹底検証してみたいと思います。

ベルタ育毛剤を超えたリジュンの全成分

これまで女性用育毛剤でもっとも多くの成分を配合したものは56種のベルタ育毛剤で、マイナチュレが41種で続いているという状況でした。

しかしリジュンはそれらを大きく上回る72種と謳っている。「本当なのか?」という疑念を抱きつつ全成分に目を通してみると…

リジュン(RiJUN)
成分

プロパンジオール
ペンチレングリコール
グリセリン
PEG-40水添ヒマシ油
BG
グリチルリチン酸2k
パンテノール
センブリエキス
ジフェンヒドラミンHCI
ラウラミンオキシド
水添レシチン
トコフェロール
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
ショウガ根油
シア脂
マカデミア種子油
メドウフォーム油
リンゴ果実培養細胞エキス
コメ胚芽油
ヘーゼルナッツ油
カンゾウ根エキス
イチョウ葉エキス
アカヤジオウ根エキス
イチョウ葉エキス
アカヤジオウ根エキス
オタネニンジン根エキス
シア脂油
アボカド油
ヨモギ葉エキス
クララ根エキス
シャクヤク根エキス
酒粕エキス
アシタバ葉茎エキス
ホップ花エキス
トウキ根エキス
ローヤルゼリーエキス
ノイバラ果実エキス
クチナシ果実エキス
クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体
ホホバ種子油
ツバキ種子油
ブドウ種子油
アーモンド油
キサンタンガム
セージ葉エキス
オウゴン根エキス
ブドウ葉エキス
スイカズラ花エキス
シソ葉エキス
チョウジエキス
ユキノシタエキス
スイカズラ葉エキス
グレープフルーツ果実エキス
月見草油
カニナバラ果実油
マタタビ果実エキス
カワラヨモギ花エキス
ゲンチアナ根茎エキス
ダイズ種子エキス
サンザシエキスボタンエキス
スギナエキス
セイヨウアカマツ球果エキス
ローズマリー葉エキス
セイヨウキズタ葉茎エキス
ローマカミツレ花エキス
レシチン クズ根エキス
レモン果実エキス
クレマティス葉エキス
セイヨウナツユキソウ花エキス
ヒバマタエキス
活藻エキス
カミツレ花エキス
セイヨウオトギリソウ花葉茎エキス
トウキンセンカ花エキス
フユボダイジュ花エキス
ヤグルアギク花エキス
アルニカ花エキス
オドリコソウ花葉茎エキス
オランダガラシ葉茎エキス
ゴボウ根エキス
ニンニク根エキス
フルボ酸
チャ葉エキス
グリシン
塩化亜鉛
ピロ亜硫酸ナトリウム
フェノキシエタノール

全成分は88種あり、ここから水やフェノキシエタノールなどヘアケアとは関係ない成分を除外すれば72種…女性に比べ薄毛の根が深い男性に人気の育毛剤ですら72種というのはお目にかかれず、リジュンの力の入れようが見て取れます。

成分的にも天然由来成分がほとんどを占めているため、頭皮に優しいことは想像に難くなく、よくぞここまで配合したな…というのが本音。

しかもただ量が多いというわけではなく、リジュンにはこれまでの女性用育毛剤では使用されなかった「リデンシル」や「フルボ酸」など注目の成分も配合しているから驚きです。

リジュンの注目成分

リジュンには72種という業界最多レベルの豊富な成分が入っていますが、その中で中核に据える成分は「リデンシル」と「フルボ酸」の2つ。

これがどういった成分かというと…

■リデンシル

リデンシルは近年育毛剤に使用されるようになった新しい成分。上記の成分を見て「リデンシルなんてないじゃん」と感じるかもしれませんが、下の5種の成分を合成したものになっていますので、表記的にリデンシルの文字はありません。

  • ■セイヨウアカマツ球果エキス
  • ■チャ葉エキス
  • ■グリシン
  • ■塩化亜鉛
  • ■ピロ亜硫酸ナトリウム

バルジ領域に作用するリデンシル このリデンシルはスイスのinduchem社が新たに開発した成分で、毛穴の中ほどに存在する「バルジ領域」に作用し毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化を促すというもの。

バルジ領域は脱毛の分野において、「毛乳頭を破壊しなくてもバルジ領域を破壊すれば脱毛が完了する」として注目を集める器官で、それは裏を返せばバルジ領域を活性化すれば髪の毛の成長は強力に促進されることを意味しています。

そこに着目したのがリデンシルであり、徐々にこれを使用する育毛剤が増えていることから今後の主流の成分になる可能性があります。

■リデンシルの具体的な効果は?

リデンシルの開発に際し様々な実験や試験を行っていますので、そこで示された具体的な効果を見てみましょう。

リデンシルの育毛効果

上図はリデンシルの最も象徴的なデータで、培養した毛乳頭細胞を用いた実験では世界的に効果が認められ、日本においても医薬品の発毛剤として指定されているミノキシジルの2倍近い成長が示されています。

実際に人の頭皮に使用したデータでも成長期の髪の毛が9%増えたのに対し休止期の髪が17%減るなど明らかな発毛促進効果を示していることが分かります。

リデンシルの効果

遺伝という極めて強固なものが薄毛の原因である男性の育毛剤にはリデンシルが使われているものもいくつか存在しますが、女性用育毛剤としてこれを使用するのは私が知る限りリジュンが最初の育毛剤になるはず。

正直、男性ほど原因が深刻ではない女性の薄毛に対してはオーバースペックなのではないかと感じるくらい。

■フルボ酸

フルボ酸とは森などの土壌に存在する有機酸の一つで、ミネラルなどを体内に運んだり、活性酸素の働きを抑制したりといった役割を担っています。

元々は植物にミネラルやアミノ酸を届ける役目をしているフルボ酸ですが、これを育毛剤に使用することで髪の毛に成長に必要なミネラル、アミノ酸をしっかりと毛根まで届けることが可能になるというもの。

従来の育毛剤では見られなかった成分ということもあって、その効果は未知数な部分もあります。しかし頭皮に塗布する育毛剤は常に「浸透できるかどうか」との戦いでもありますので、後述するナノ化と併せて効果に期待したいところ。

確実に浸透させるリジュンのナノ化技術

女性用育毛剤リジュンのナノ化技術

どんなに優秀な成分を配合していたとしても、頭皮に浸透し毛根まで成分が届かなければ何の意味もありません。そういった不安を解消すべくリジュンは72種の成分をナノ化しており、高い浸透力を実現しています。

前述のフルボ酸と相まって頭皮に浸透しやすい環境が整っており、リデンシルを含む72種の成分を毛乳頭細胞や毛母細胞がある毛根まで確実に届けてくれるはず。

近年の育毛剤はナノ化で浸透力を高めているものも多くなっているものの、それを行っていない商品もまだ目立ちますので、成分量という目先の数字に囚われないこういった技術の採用は評価したいところ。

リジュンに副作用は?

育毛剤を使用する上で非常に気になる副作用の存在。特に男性に比べ皮膚が薄くデリケートな女性であれば尚更です。

女性も使える唯一の医薬品の発毛剤で、リデンシルとの比較の際にも少し登場したミノキシジルは、元々が血圧を下げる血管拡張剤とあって低血圧やめまいといった副作用が出る恐れがあるものの、リジュンにおいては副作用を心配する必要はありません。

リデンシル自体ミノキシジルより高い効果を望めるものですが、ミノキシジルと違い副作用のリスクがある医薬品でも血管拡張剤でもなく、成分も天然由来成分で構成されていますので非常に安全。

それ以外の数多ある成分もほとんどが天然由来成分である上に、様々な成分をバランスよく配合するなど副作用が出ないよう配慮して作られています。

ただ、よりデリケートの女性の場合、肌に合わない可能性を100%否定することはできず、そういった万が一を想定して後述の全額返金保証が設定されています。

気になるリジュン(RiJUN)の価格

リジュンは業界最多レベルの成分量に加え、女性用として初になるであろうリデンシル配合など、効果や成分に注目が集まるものの、実は価格においても女性目線での設定になっています。

商品名 内容量 初回価格 価格
送料 640円 5,960円
定期コース 無料 2,980円 4,980円
3本セット 無料 11,440円
※すべて税抜(2017年8月現在)  

単品で購入する際の5,980円というのは、男性用のそれに比べ低価格に設定する傾向にある女性用育毛剤の中でもやや安い部類に入り、1ヶ月ごとの定期コースでは4,980円とさらに安くなる上に、初回は2,000円引きの2,980円。

特筆すべきは3ヶ月ごとに3本送られてくるコースで、その価格は11,440円。1本当たりの単価は3,813円と、定期コースよりさらに1,000円以上安くなるのです。

圧倒的人気を誇る女性用育毛剤マイナチュレの定期コースの価格が4,457円。倍近い成分が入っている上にリデンシルも入ってマイナチュレより安く購入できるという事実は私も衝撃を受けました。

定期コースだからといって「最低〇回以上購入しなければならない」という縛りも存在しない上に、90日間の全額返金保証もありますので、いきなり3本セットを購入するのが最も無駄がないと考えられます。

リジュンの全額返金保証がすごい

ネット販売を中心にしている育毛剤はほぼすべての商品に一定期間を対象にした「全額返金保証」が付いています。

多くの場合その期間は30日間、長くても60日間で、対象本数は初回の1本のみというのがほとんどであるのに対し、リジュンの全額返金保証は90日間と長期であることに加え、対象本数はその間に使うであろう3本と極めて良心的。

つまり、3ヶ月弱で3本使用したとしても、そのすべての商品代金を返金してくれることになるのです。

上でも書いたようにリジュンは3ヶ月3本セットが最もお得になりますが、自分に合うかどうか分からないという不安も付きまとうため、普通であれば「まずは1本の定期コースで試してみて…」となるでしょう。

しかし、リジュンに限っては90日間最大3本対象の全額返金保証があるため、いきなり3本セットを購入するのがベストチョイスになります。

一般的に全額返金保証は定期コースのみの適用で単品購入には使用できないのが通例となっていますが、問い合わせたところリジュンに関しては単品購入でも適用されるとのこと。どの購入方法でも安心できるのは大きな強みか。

女性用育毛剤のトップに躍り出る可能性

近年は女性の社会進出に伴って薄毛女性が増えています。

そういう背景もあり女性用育毛剤市場は活発化し多くの商品がリリースされていますが、どれもこれもマイナチュレを超えられないというのが正直なところでした。

しかり、リジュンは成分やその数、期待できる効果、価格においてマイナチュレを超えたと言っても過言ではなく、負けている点といえば定期コースの初回価格と全額返金保証の内容くらいでしょうか。

中でもリデンシルはこれまで男性用育毛剤の中でも1万円以上するような特に高価な育毛剤にしか配合されていなかったので、女性用、しかもこの価格帯の育毛剤で配合するというのは驚きました。

リジュンはまだ発売して間もない新しい育毛剤とあって口コミや評価、効果が出揃っていない面は否めないものの、成分や価格を見れば女性用育毛剤のトップに躍り出てもおかしくないだけのポテンシャルは間違いなくあります。

リデンシル他多くの成分を配合していることから別の育毛剤で効果が出なかったという人はもちろん、90日間の返金保証があるため初めて育毛剤を使うという人にもぜひ使って欲しいと感じる育毛剤に仕上がっていると断言できます。

リジュン(RiJUN)の詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧