ミノキシジル外用薬は女性にも効くのか?

女性の薄毛治療薬としてミノキシジルは?

一般的に薄毛の治療薬と聞いてまず思い浮かべるのは「プロペシア」ですが、前ページでも書いたように残念ながら女性にプロペシアは使えません。

日本において薄毛治療薬として認められている医薬品はプロペシアとミノキシジル配合のリアップシリーズのみなので、プロペシアを使えないとなれば正式に厚生労働省から認可されている成分はミノキシジルのみとなります。

しかしここでふと疑問、なぜプロペシアはダメでミノキシジルは大丈夫なのか?

プロペシアの主成分であるフィナステリドは本来男性のみが罹る前立腺肥大症の治療薬であり、男性ホルモンに強く働きかけるため男性に比べ10分の1以下のテストステロンしか持たない女性への効果は見込めず、また妊婦に使うと胎児が男の子だった場合生殖器障害を起こす恐れがあるため女性のプロペシア使用は禁忌となっています。

しかしミノキシジルは元々高血圧症の方のための血管拡張剤であり、男女問わず使う事が出来るため女性の薄毛治療にも積極的に使われています。

ただ、多くの場合リアップやロゲインを始めとした皮膚に直接塗るミノキシジル外用薬は「男性用」と「女性用」に分かれており、また必ずと言っていいほど女性用のミノキシジル濃度は男性用に比べ明らかに低く抑えられています。

それはなぜなのか?

女性用のミノキシジルはなぜ濃度が低い?

日本で唯一のミノキシジル外用薬である「リアップシリーズ」を例に取って見ると、男性用の場合主力商品はミノキシジル5%配合の「リアップX5」で、一応ミノキシジル1%のものもありますが、売れ筋は圧倒的にリアップX5です。

一方で女性用のリアップは冒頭に画像を載せた「リアップリジェンヌ」のみで、ミノキシジル濃度は1%となっています。

「女性の薄毛も深刻なんだからもっと濃いの出せよ!」

…と感じる方も多いかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があります。

一般的にミノキシジルの効果は男性より女性の方が高いと言われ、ゆえに男性用のように濃度を高めなくても十分な効果が期待できるというのが1つの理由です。

遺伝という強固な原因に加え男性ホルモンの塊である男性のハゲようとする力に逆らって髪を生やす事を考えればミノキシジルは最低でも5%は必要で、そこへ行くと絶対的な原因がない女性の薄毛から髪を増やすくらい低濃度ミノキシジルで十分なのかもしれません。

そしてもう1つ女性用が低濃度である理由が副作用です。

ミノキシジルの副作用は男性より女性の方が敏感

男性に比べ色々とデリケートな女性に配慮している事に加え、ミノキシジルがそもそも高血圧症の薬である事から男性より貧血、低血圧になりがちな女性にはあまり高濃度の商品を使うべきではないのでしょう。

ミノキシジルの副作用であり主作用ともいえるものに全身の毛が濃く太くなる「多毛症」がありますから、ムダ毛も深刻な問題である女性の事を考えればやはり低濃度になるのは仕方ないと言えるでしょう。

ただ、ミノキシジルの副作用の多くは内服薬のものであり、肌に直接塗布するミノキシジル外用薬の場合副作用は塗ったところのかゆみやかぶれ、湿疹がほとんどなので、ちょっと神経質になりすぎている感もあります。

実際、日本のリアップに関しては1%しかない女性用のミノキシジル外用薬も、アメリカの女性用ロゲインであれば2%ですし、1日1回の泡フォームであれば5%のものもあります。

外用薬でも一定の効果が得られるミノキシジルですが、当然効果の出ない方もおり、そういった方々の中には効果を求め「ミノキシジルタブレット(ミノキシジル内服薬)」を考える方もいらっしゃいます。

男性には「最強の発毛剤」と名高いミノキシジルタブレットですが、これを女性が使うとどうなるのか?

次のページでは女性とミノキシジルタブレットについて取り上げます。


当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧