薄毛・ハゲを引き起こす最大の要因は遺伝?

夢も希望もないハゲ遺伝説

薄毛の原因は遺伝?

巷では薄毛やハゲを引き起こす原因としてストレス、食生活、遺伝、睡眠不足、喫煙など様々なものが挙げられていますが、多くの方がまず真っ先に思い浮かぶのが「遺伝」ではないでしょうか?

かつては「父親がハゲていれば息子もハゲる可能性が高い」などと言われていましたが、近年は薄毛の遺伝子は母方から受け継ぐという説が有力という話も。

しかし、薄毛を「遺伝」という自力ではどうにもならないもので片付けてしまったら夢も希望もなく、絶望しか残りませんよね。…ある意味では諦めがつくとも受け取れますが…

私たちの薄毛にどれほど遺伝が関わっているのか、またそれに抗うにはどうすればいいのかを検証してみましょう。

ハゲの遺伝は母方の祖父から?

ハゲの間では結構有名な話として、「母方のおじいちゃんがハゲていると隔世遺伝で自分もハゲる」というものがあり、それを実証した研究があります。

2005年にドイツ、ボン大学の研究チームが薄毛の遺伝子である可能性の高い遺伝子を発見し、それによれば男性はY染色体とX染色体を持っておりY染色体は父親から、X染色体は母親から受け継ぎ、今回発見された薄毛の遺伝子はX染色体から見つかったとしています。

その遺伝子は男性ホルモンである「アンドロゲン」の働きを強め、受容体遺伝子に変異が起きて髪の毛が抜けてしまう…というもの。

この論文が発表されてから「ハゲの遺伝は母方の祖父」という説がさらに強まり現在に至る訳ですが、色々な薄毛関連のサイトなどを見ていると、もはやこれは決定事項であり断定している意見が多いことの驚かされます。

ただ実際の論文には「薄毛を引き起こす遺伝子はこれだけではないと思われるので一概には言い切れない」としており、まだまだ研究段階である事が伺えます。

個人的な感覚でも髪の毛の生え方や薄毛の進行の仕方、ハゲ時期など総合的に見てハゲの遺伝は母方のみならず父方からも来ているような事案も多く、「ハゲは母方からの遺伝」と決め付けるのは早計かと。

薄毛は優性遺伝?劣性遺伝?

母方からの遺伝説と並び、もうひとつ有名な話として「薄毛の遺伝子は優性遺伝で引き継ぐ」というものがあるのはご存知でしょうか?

結論から言うとハゲの優性遺伝説は間違いです。

人間は2つの染色体を持ち、女性であれば「XX」、男性であれば「XY」となります。そして薄毛の遺伝子はX染色体に含まれているとされます。

薄毛の遺伝は基本的に劣性遺伝とされ、女性であれば薄毛の遺伝子を持ったX染色体を父親と母親から一つずつ受け取らない限りハゲることはありません。これが女性に薄毛が少ない一因とされています。

しかし、男性の場合は2対の染色体のうち1体は必ず「Y」になるため、X染色体はひとつしか持っていません。そして唯一のX染色体に薄毛の遺伝子があるとハゲを引き起こす可能性が高まるのです

男性に生まれた場合Y染色体は100%父親から受け継ぎ、X染色体は母親が持つ2つのX染色体のどちらかを受け継ぐ形に。ここでハゲの遺伝子を持つX染色体を引くとハゲまっしぐらということに。

つまり、母親のX染色体のどちらかに薄毛の遺伝子があったとすれば、その子供(男)がハゲる可能性は50%。もし母親のX染色体どちらにも薄毛の遺伝子があったとするなら、ハゲになりやすい体に生まれる確率は100%…恐ろしい…

このように、男性の場合薄毛の遺伝子が含まれている可能性があるX染色体は100%母親から受け取る形になるため、母方に薄毛の遺伝があるかどうかが重要になるのです。

…結局母方が重要になるという結論か…

ただし、母親は祖父と祖母から遺伝子をひとつずつ受け継いでいるため、祖父がハゲているからといって私たちもハゲるとは限らないと付け加えておきます。

若年であればあるほど遺伝の影響が大きい

ただし、この問題はあくまでも「ハゲの遺伝の出所はどこか?」というものであり、薄毛の最大の要因が遺伝である事は間違いないと考えます。

特に、いわゆる「若ハゲ」といわれるものは遺伝の影響がほとんどで、20代くらいで明確に薄くなっている方はほぼ遺伝だと思って間違いと思われ、AGA(男性型脱毛症、若年性脱毛症)は遺伝である可能性が高いとなります。

一方で40代くらいから髪の毛が薄くなりだす加齢による薄毛の場合は遺伝的な要因もありつつ生活習慣も大きく影響してくる印象を受けます。

逆に、40代になってもハゲの兆候すら見えない人は当面薄毛にならない可能性も。

というのも、男性の多くは40代50代になってくると多かれ少なかれ髪の毛は減少し細くなり心もとない感じになってくるものですが、中には若い頃とほとんど変わらずフサフサ剛毛の方がいらっしゃいます。

40代50代で体は確実に衰えているのに毛髪は恐ろしく生き生きとしている…これはもう薄毛になる遺伝は持っていないと考えても不自然ではないでしょう。

どちらにせよ毛髪に関わる事の多くは遺伝が大きく影響しているという結論に。

一方で「ハゲの遺伝的要因はそれほど大きくない」というものもよく目にします。

薄毛を引き起こすのは遺伝だけではない

X染色体に薄毛に関連する遺伝子があると分かっている以上、私たちハゲに遺伝が大きく関わっているのは疑いようがありません。

しかし、薄毛の要因は遺伝以外にも様々存在し、それらに気を使うことで遺伝を持っていたとしても発症させない、もしくは大幅に遅らせること可能となります。

遺伝で引き継ぐのは薄毛になりやすい体質」という言葉をよく見聞きするように、対応次第ではハゲない可能性も十分残されているのです。

そのための基本として食生活や睡眠時間などに気を使い、タバコやお酒といった嗜好品はなるべく避けるなどの生活習慣改善が重要になります。

もちろん育毛剤や発毛剤といった手っ取り早い方法もありますが、可能であればそういったものに頼らない改善を心がけたいものです。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧