女好きの男はハゲる? 性欲と薄毛の関係

絶倫やエロい男はハゲるというが…

性欲が強い男はハゲる?

昔から「ハゲは絶倫」とか「性欲が強いとハゲる」なんて話を見聞きする機会があると思いますが、これって本当なのでしょうか?逆に考えれば、今時の“草食系男子”はハゲないことになりますが…

皆さんエロいですか? はい、エロいです。(自己解決)

相手がいるかどうかはさておき、性欲は人一倍強いという自負がある私がハゲているのは、もしかしたらこれが影響しているからなのか…

草食系やセックスレスが増えていると度々ニュースになるとはいえ、女好き、セックス好きのエロい男性も多いはず。

しかしそれが薄毛に悪影響を及ぼすとなると看過できない問題ですよね。というわけで、性欲と薄毛の関係を詳しく調べてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

性欲が強いとハゲるという説の根拠は?

そもそもなぜ「性欲が強い・エロいとハゲる」、もしくは「ハゲは絶倫」など性欲と薄毛が関連付けられて語られるのでしょうか?

そこにはいくつかの理由が存在しますので、一つひとつ詳しく見てみましょう。

■エロい、女好きは男性ホルモンが多い

一番の原因はやはりこれでしょう。

女性やエロが大好き、溢れる性欲がノンストップという人は男性ホルモンが多い傾向にあり、それが薄毛と関連付けられているから。

エロい人、スケベで女好きな人というのはやや蔑まれる傾向にあるものの、男性ホルモンによる「女性を求める」という動物としての本能を全うしている極めて健全な状態と言えます。エロは正義。

しかし、男性型脱毛症(AGA)の原因もまた男性ホルモンであることは疑いようがなく、そこから「薄毛=女好き」というイメージが定着しているのでしょう。

■男性ホルモン=ハゲは間違い

しかしちょっと疑問が。

勘のいい方ならお気づきかもしれませんが、男性らしさを演出する一般的な男性ホルモンは「テストステロン」。一方で薄毛を引き起こす男性ホルモンは「ジヒドロテストステロン(DHT)」と、そもそもものが違います。

このDHTは分泌に遺伝が大きく絡む「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」とテストステロンが結びついて生み出されるもの。一般的なテストステロンに薄毛を誘発する作用はなく、むしろ男性らしい太い髪の毛を生やす作用もあるとされるほど。

テストステロンが多ければ多いほど体毛が濃かったり、性欲が強かったりするのは概ね間違いありませんが、それが薄毛に結びつくというは勘違いなのです。

薄毛の原因であるDHTも男性ホルモンなので、DHTとテストステロンが混同してこういった誤解が生まれていると推測されます。

■DHTも性欲に関係している

ただ、確かに男性らしい行動や性欲に影響するテストステロンに薄毛を引き起こす作用はないものの、薄毛の原因であるDHTに性欲を強くする作用はあります。

つまり、「DHTが豊富=性欲が強い」というのも間違いではないのです。

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリドなどDHTの生成を抑える発毛剤を飲んだ際の典型的な副作用に「性欲減退」や「勃起障害」が挙げられることからも、DHTは性欲に関与していることが伺えるはず。

情報を統合すると、女好き、エロ、スケベ、チンチンMAXなど性欲が強い男性がハゲやすいと決めつけるのは乱暴かつ早計であるものの、薄毛の原因であるDHTは性欲にも影響するため、間違いとも言い切れない…となります。

■性欲が強い人間は射精も多いから

男性なら分かると思いますが、数日射精しないと「溜まる」よね?

「精液は3日で満タンになる」なんて言われてるように、健康かつ正常な男たるもの3日射精しなければ性欲はそこそこ強くなっているはず。

しかし絶倫な男性やエロ大王になると性欲は留まるところを知らず、一般的な男性よりオナニーやセックスの回数は多くなることでしょう。暇さえあればピュッピュしてるかもしれない。

しかしこの射精、当サイトでも「オナ禁でハゲ改善? オナニーと薄毛の関係」や「ハゲ改善のためオナ禁を実際にやってみた」で言及してるように、薄毛の要因という噂が絶えないのです。

その根拠として挙げられるのが射精によって髪の毛に必要な亜鉛やアミノ酸が排出されてしまうからで、実際に1回の射精で1日に必要な亜鉛のおよそ1割(約1mg)が放出されてしまいます。

数日に1回程度の射精であれば大きな問題にはならないものの、1日複数回の射精ともなれば亜鉛やアミノ酸の排出量は馬鹿にできず、結果ハゲてしまうと。

また、射精をすると男性ホルモンが増えるとの説もあり、これも「射精=ハゲ」を後押しする材料となっているのです。

暇さえあれば猿のようにオナニーやセックスを繰り返しているそこの私、もしかしたら射精がハゲの原因かもしれませんよ。

ハゲの原因をエロ、スケベと決めつけちゃダメ

周囲を見渡してみれば「女好き」「スケベ」と言われる人が何人かいるという人も多いと思います。

しかし考えてみて下さい。それはエロさを表面に出しているかどうかの尺度であり、実際は性欲が超強いけど内面に押しとどめているという人も多いでしょうし、そもそも自分のエロさが人並みなのか、そうでないのかも主観でしかありません。

そう考えると、薄毛男性に対し「あいつ性欲強いからハゲてんだぜ」というのはあまりにも乱暴。もしかしたらコミュニケーションを円滑にするためにちょっとスケベを演じている可能性もあるのです。

そして私のようにひっそりと存在するむっつりドスケベも相当数いるでしょう。

女好きでいけ好かない野郎だからと「やっぱ性欲強いやつはハゲるな」「あいつ遠からず絶対ハゲるぜ」とか言っちゃダメ。もしかしたらブーメランになるかもしれませんぞ。

薄毛と性欲の関係の総評・まとめ

男性ホルモンが多い人は性欲が強い傾向にあるのは間違いないものの、それがテストステロンであれば薄毛になる事はありません。つまりエロくてもスケベでもハゲないという事になります。

一方、薄毛の原因であるDHTは胎児や子供の頃なら男性器の成長を、その後は性欲などにも影響を与える普遍的な男性ホルモン。DHTが多ければ性欲が強くなる傾向にあるでしょうし、当然ハゲます。

結論としては、性欲が強い、女好きの男性はハゲるというのは間違いでもあり、真実でもあると言わざるを得ず、なんとも煮え切らない幕引きに。

ただ、性欲の弱い草食系の男性と性欲ムキムキの肉食系、どちらがハゲやすいかと問われれば、イメージ的にはスケベな方となるのでしょうが、冷静に周囲を見渡してみると、女好きでスケベな人がハゲていて、性欲があまりなさそうな人がハゲていないという印象はあまりないんですよね。

DHTは確かに薄毛と性欲に影響しますが、同じく性欲を強くするテストステロンには髪の毛を太く強く成長させる作用もあるため、全体で見ればトントンなのかもしれない。

ただ、有り余る性欲を処理するために1日何回も射精するのは薄毛の要因になる可能性がありますから、その点は気を付けるようにして下さい。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

おすすめ育毛剤


チャップアップ おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 永久
初回割引 ×
1本購入 7,400円(税込)
定期コース 9,090円(税込)
■チャップアップの特徴
星の数ほどある育毛剤の中でもトップクラスの人気を誇るチャップアップ。中でもサプリメントが無料で付いてくる定期コースは非常に人気が高くなっています。
チャップアップの詳細ページへ チャップアップの公式ホームページへ
イクオス おすすめ育毛剤
内容量 120ml
使用期間 1ヶ月
返金保証 45日
初回割引 ×
1本購入 9,698円(税込)
定期コース 7,538円(税込)
■イクオス(IQOS)の特徴
2016年の大幅リニューアルで成分量は61種と倍増し「Algas-2(アルガス-2)」という注目の新成分も配合。定期コースの値下げも行い死角のない最強育毛剤に。
イクオス(IQOS)の詳細ページへ イクオスの公式サイトへ
当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事