育毛剤の効果を最大限発揮する使用タイミング

育毛剤の効果を高めるには湯船へ浸かる事

発毛剤と育毛剤、養毛剤の違い 育毛剤の使用のタイミングを考えた時、真っ先に思い浮かぶのは風呂上りだと思います。

これは入浴前に塗布してしまうとお風呂で洗い流してしまう事や、洗髪後なら余計な汚れが取れている事、風呂上がりは毛穴が開いている事などが理由で、多くの育毛剤はシャンプー後に髪の毛をドライヤーなどで乾かした後の使用を推奨しています。

この「洗髪後」につていは頭皮の汚れや余分な皮脂を落とした方が育毛剤の効果が高くなるという面から議論の余地はありませんが、より効果を引き出したいなら洗面台でのシャンプーではなくしっかりと入浴した後にするべきです。

これは湯船に全身を浸けることにより体中の毛穴が開いてくるからで、毛穴の奥の毛根に浸透させる事が重要になる育毛剤ではこれが効果を最大限に高める結果になります

「シャワーばかりで湯船には浸からないよ」という方も多いとは思いますが、育毛剤の効果を少しでも高めたいのであれば湯船に浸かる入浴をおすすめします。

■湯船に浸かる事で毛穴が開き育毛剤が浸透する事で効果を引き出す

朝の育毛剤使用はどうするべきか?

育毛剤の多くは1日2回に使用を推奨しており、仕事の都合や時間的な感覚を考えれば自然と「朝晩」の使用になると思います。

そうなると、朝もシャンプーしたほうが良いのでしょうか?

育毛剤の使用において最も効果を発揮するのは、頭皮の余分な皮脂や汚れを洗い流し、かつ毛穴も開いている入浴後がベストではあるものの、だからといって朝もお風呂に入ったり洗髪したりするのはおすすめできません。

なぜかというと、頭皮の環境を守るにはある程度の皮脂が必要で、1日2回洗ってしまうと過剰に皮脂を奪ってしまう結果になってしまいますし、極論からいえば洗髪自体でも髪の毛にダメージがあるから。

haru黒髪スカルププロプレミアムブラックシャンプーなど質の高いシャンプーを使うことでこの問題はある程度回避できますが、頭皮の刺激なども考えればやはり1日1回の洗髪が良いでしょう。

そうなると、朝は皮脂や汚れがある状態で育毛剤を使うことになってしまいますが…

この辺に関しては育毛剤メーカーに問い合わせたことがあるのですが、1日2回の使用を推奨しているものはそこまで想定されており、多少皮脂や汚れがあっても十分に効果が出るよう作られています

朝に整髪料を使うのであれば、その前に育毛剤を使用し十分浸透させてから整髪料を使えば問題ありません。そもそも育毛剤は頭皮、整髪料は髪の毛と使用する部位も違いますしね。

ただ、育毛剤の効果を100%発揮させるには入浴後がベストであることに変わりありませんから、朝は少な目、夜はたっぷり使うようにするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

ドライヤーを使って髪の毛を乾かした後が良いのか?

育毛剤の使用タイミングを考える上で一番難しいであろう問題が「入浴後にドライヤーなどで髪の毛を乾かしてから使うべきか?ドライヤーを使わず水分をよくふき取ってから使うべきか?」というものだと思います。

これは育毛剤の取扱説明書に書かれている使用方法でも見解が異なっており、育毛剤愛用者の中でも「ドライヤーする派」と「ドライヤーしない派」に分かれるほど難しい問題。

とりあえず話をまとめるためにも片方ずつから見て行きましょう。

まずドライヤーで髪の毛を乾かした後に育毛剤を使用する場合のメリットを考えてみた時、以下のような理由があります。

  • ■髪の毛や頭皮の水分を飛ばす事で育毛剤が薄まるのを防ぐ
  • ■ドライヤーの熱や風により頭皮の水分が失われるので浸透しやすい

頭皮や髪に水分が残っていれば、育毛剤を塗っても薄まってしまうのは間違いありませんし、頭皮が水分をたっぷり含んでいる状況では浸透しにくくなる事も考えられるでしょう。

このような理由からドライヤー後に育毛剤を使用している方が多いと思われます。

ただ、ドライヤーの使用にはデメリットもあります。

ドライヤーをかけると毛穴は閉じてしまう?

入浴後はタオルでよく水分を拭き取った後ドライヤーを使わずにそのまま育毛剤を付ける方がこだわる点は1点のみ、「毛穴の開き」です。

ドライヤーをかけないと水分が残り育毛剤が薄まるのは分かるし、頭皮が水分を十分に含んでいて育毛剤を吸収しなさそうというのも分かるが、育毛剤は毛穴の奥に届かなければ意味がないのだから毛穴が開いている内に使うべき!…というもの。

せっかく湯船に浸かり全身を芯から暖め頭皮を柔らかくし毛穴を開かせているのに、ドライヤーをかけてしまってはガチガチで毛穴の閉じた頭皮に戻ってしまうというこの考え方、確かに的を射ております。

入浴後の頭皮が柔らかく毛穴が開いているのは熱と頭皮が保有する水分が鍵になっており、急激に乾燥させるドライヤーを使えば当然毛穴は閉じてしまいます。

育毛剤で効果を引き出すために使われる「頭皮に浸透させる」とは、実は頭皮全体に浸透させるという意味ではなく毛穴に浸透させる事が重要で、ドライヤーの使用で育毛剤が薄まらず頭皮に浸透しそうな状況を作っても肝心の毛穴が閉じてしまっては効果は大きく減少してしまいます。

とはいえドライヤーをかけなければ水分を除去する事はできず育毛剤が薄まり、また毛穴が開いているとはいえ中には水分が残っていますので結局浸透しづらい状況になってしまっているのは否めません。

育毛剤使用の最高のタイミングは?

では、結局ドライヤーを使うべきなのか?使わないべきなのか?

これに関しては各々の考え方や好み、経験などで異なってきますので断言は避けますが、私個人はこれらの要素を良いとこ取りしてネガティブな部分を極力排除した使い方を実践しています。

具体的には以下の手順になります。

  • ■入浴はしっかりと湯船に浸かり毛穴を開かせる
  • ■入浴後はタオルでよく水分を拭き取る
  • ■ドライヤーの温風で毛の根元を中心に30秒~1分ほど使用し半乾き程度に
  • ■育毛剤を塗る

要はドライヤーを使いある程度の水分は飛ばすが、使用は短時間に留め毛穴が閉じてしまう事を最小限に抑えようというもの。

ここで注意したいのは必ず温度の高い温風を使うという点

毛穴が開いている大きな要因は体が持つ熱を放出しようという働きのため、もしここに冷風を当ててしまうと毛穴は一気に閉じてしまいますから、育毛剤使用前にドライヤーを使う場合は必ず温風のみにして下さい。

最終的に育毛剤の効果を最大限引き出す使い方とタイミングは、湯船にゆっくりと浸かりタオルで髪と頭皮の水分をよく拭き取り、温風でさっとドライヤーをかけ半乾きにした後速やかに育毛剤を塗る…となります。

当然ながら上記の方法は私が行っているひとつの提案に過ぎずベストであるとは言い切れないため、様々なやり方を試してみてご自分に合う育毛剤の使い方を身に付けて下さい。

○結論
 ■入浴は湯船に浸かる
 ■ドライヤーのかけすぎは毛穴を閉じさせてしまう
 ■育毛剤使用前のドライヤーは必ず温風で

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため高い人気を集めています。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧