ブリーチや髪を染める行為はハゲの原因?

髪を染めるとハゲる?

印象を大きく変えるヘアカラーやブリーチをオシャレや個性の一環として行う方も多いと思います。しかし染髪や脱色は頭皮にダメージを与えハゲの原因になると昔から語られるなど不安が残るのも確か。

実際私自身も若い頃は髪が白っぽくなるまで脱毛してみたり、その上にさらに色を乗せてみたりと色々やりましたが、薄毛が気になりだしてからは髪の毛への影響を懸念し一切行わなくなりました。

髪の毛を染めたりブリーチしたりする薬剤が頭皮や髪にとって良くないのは想像に難くないからです。しかし「良くない」と「悪い」は同じようでニュアンスが若干異なり、必ずしも悪影響を与えるとは言い切れない。

できる事ならヘアスタイルの幅を広げるためにも髪の毛に色を乗せる選択肢も残しておきたいところですので、髪の毛を染める、脱色する行為が頭皮や髪、そしてハゲにどの程度影響してくるのか検証したいと思います。

ブリーチやヘアカラーの仕組み

髪の毛を染めたり、ブリーチ剤で脱色したりすることによって本当にハゲるのかどうかを考える前に、まずはこれらの仕組みを知っておく必要があります。

髪の毛を半永久的に染めるヘアカラー、そして髪の毛の色を抜くブリーチ。一見まったく逆の作用が起きているようにみえる両者ですが、やっていることはそれほど変わりません。

ヘアカラー剤やブリーチ剤を使ったことがある人ならご存知だとも思いますが、これらは2液を混ぜて使うタイプのものがほとんど。どちらも片方はアルカリ剤、もう片方は過酸化水素水が主な成分となっています。

アルカリ剤によって髪の毛を保護しているうろこ状のキューティクルを開かせ、過酸化水素水の化学反応によって髪の毛のメラニン色素を分解するという仕組み。

ヘアカラーの場合は過酸化水素水の化学反応によって発色する染料が配合されており、これによって髪の毛を脱色しつつ色を入れていくのです。

ただし、ヘアカラーとブリーチは基本的な仕組みは同様ながら、色を抜くことに特化しているブリーチは作用が強い傾向に。

ブリーチの方が髪が痛みやすいとされるのはこういったことが理由なのです。

ブリーチやヘアカラーの悪影響

ヘアカラーやブリーチの反応というのは基本的に髪の毛のみに作用するようにできています。しかし髪の毛のキューティクルを開かせたり化学反応を起こしたりする薬剤が頭皮に付着すれば刺激となるのは想像に難くありませんよね。

髪の毛というのは頭皮の皮下組織にある毛根部分の細胞分裂や増殖によって生えてきます。そのため、しっかりとした髪の毛を生やすために頭皮を健康な状態に保つのは基本中の基本。

育毛剤や育毛シャンプーの大きな目的の一つに「頭皮環境の改善」があることからも、頭皮の状況をいかに健康に保つかが育毛にとって重要なのです。

そんな状況にあって非常に刺激が強いヘアカラー剤やブリーチ剤が頭皮に付いたら…どう考えたって悪いに決まっています。

どんなに良いシャンプーや育毛剤を使っていたとしても、髪の毛を染めたり脱色したりすることで台無しになる可能性すらあるのです。

私のハゲはブリーチが原因のひとつかも

自分でブリーチしてハゲ?

私が若い頃、脱色やカラーリングが流行っていたこともあって、私自身も市販のブリーチ剤を使い白っぽくなるまで色を抜くという荒行を何度も行っていたという過去があります。

しかしいざ脱色してみると、部分部分で異なる髪の太さなどによってどうしても均一に色を抜く事ができず、髪が細い生え際はま金髪、側頭部や後頭部はほどほど明るい茶色になり、それ以外の頭頂部など髪の太い部分はごくごく普通の茶色といったムラっぷり。

そのムラを解消するには、抜けていない部分を複数回脱色する必要があり、計3時間ほどブリーチ剤を塗りっぱなしということも。

当時は薄毛とは無縁だったため生え際以外の前頭部から頭頂部にかけての髪の毛の色が一番抜けづらかったが、今やったらその部分の髪が真っ先に抜けるんだろうな…

自分がハゲるなんて夢にも思わなかった当時はとにかく根元までしっかりと色を抜きたくて、髪の毛はもちろん頭皮にもブリーチ剤をベッタリたっぷり塗っていました。そしてそれを何回も…

「ヘアカラーやブリーチと薄毛はほとんど関係ない」という意見も存在しますが、ハゲてしまった今となっては「あの時無茶な脱色をしなければもう少しましな状況だったかもしれない」と後悔しています。

ブリーチ剤やヘアカラー剤は進化しているが…

私がブリーチしていた当時、脱色後の髪質は「バサバサ」の一言。明らかにキシキシゴワゴワしたものでしたが、こういった染髪剤や脱色剤は年々進化しており、現在では昔に比べ髪の毛や頭皮に与えるダメージが減っているとされます。

実際、現在のブリーチ剤はうるおい成分や保護成分にも力を入れているものが目立つなど、ダメージを最小限に抑える配慮がなされている。

ただ、こういった保護成分ってあくまでも髪の毛に対してのものなんですよね。

キューティクルを開いたうえで過酸化水素水による化学反応によって脱色や染色を行うという行為自体に変わりはありません。つまり、ヘアアラーやブリーチの刺激がなくなることはないのです。

ただし、以前に比べて効率よく脱色したり染めたりできるようになっているのは間違いないので、昔の薬剤に比べれば刺激が減っているのもまた事実でしょう。

薬剤を頭皮に付けなければ問題ない

髪の毛や頭皮へのダメージを考えれば何もしない黒髪の状態がベストなのは言うまでもなく、髪を染めたりブリーチしたりする行為がプラスになる事は決してありません。

しかしここで基本に立ち返り「髪の毛がどういうものなのか?」を振り返ってみると、少し結論に近づいてきます。

そもそも“髪の毛”というのはすでに死んでいる細胞の塊であり、極端な話頭皮から上の髪の毛をどんなに痛めつけようがハゲや薄毛への影響は一切ありません

つまり髪の毛を染めたり脱色したりする際に問題になるのは頭皮に薬剤が付着してしまう事であって、頭皮に薬剤が付かないように心がければ染髪しようが脱色しようが問題にならないのです。

ただ、それが分かっていても個人がこれを実践するのは至難の業。根元まで染めようとすれば頭皮に付いてしまいますし、頭皮に付かないよう気を付ければ染め上がりからすでにツートンカラーになってしまう可能性が高くなります。

仮に髪の毛に塗った時点では頭皮に付いていなくても、染め上がりや脱色を待つ数十分の間に髪の毛の皮脂を伝って頭皮に到達する可能性も否定できません。

上手に染め上げるためには髪の毛の分け目を少しずつ移動させながら根本付近に塗っていくことになりますが、分け目を変える際の櫛の使用や髪の毛を分ける動きなどから、頭皮に薬剤を一切付着させないというのは事実上不可能。

ヘアカラーやブリーチを自分一人で行うのであればなおさらです。

頭皮への悪影響を懸念するなら美容師に任せるべき

髪を染めるなら美容室で

頭皮に薬剤を付けない染髪や脱色は個人では難しいものの、日常的にヘアカラーを行っているプロ(美容師)であればこれを最小限に抑えることができます。

一度美容室で髪を染めてみると分かりますが、プロは頭皮に薬剤をほとんど付着させずに髪の毛の根元までしっかりと薬剤を塗る技術に長け、染め上がりの綺麗さやムラのなさは個人とは雲泥の差があります。

また、市販の安い染髪剤などとは違い保護能力がしっかりしたものを使いますし、最近はカラーリングの前に頭皮保護剤を塗る美容室も増えてきています。そういった面でも個人での毛染めやブリーチに比べ頭皮に与えるダメージは圧倒的に少なくなります。

…まあその分高いですが…

ヘアカラーやブリーチは薄毛の原因になりうる

ネットなどを調べてみると、頭皮に薬剤が付いて荒れたりかぶれたりという事が起きてしまっても、それは一時的であり薄毛やハゲの原因にはならないという意見もあります。

男性の薄毛に多い男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因なので、ヘアカラーやブリーチをしてもハゲになったり薄毛が進行したりすることはないとも。

ただ、何度も書いているように髪を染める・脱色する行為は、頭皮や髪の毛にとってプラスになることはなく、ほとんどのケースでマイナスの要素にしかならないでしょう。

DHTの影響が大きい男性の薄毛とはいえ、生活習慣やストレスなどの影響も無視できません。様々な要因が重なって引き起こされる薄毛ですから、その要因を増やさないという意味でヘアカラーやブリーチを避けるというのは至極当然かと。

これといった強い希望や理由がない限り髪を染めたり脱色したりするのは避けた方がいいという結論になります。

どうしても髪の毛を染めたい場合はプロにお願いするようにしてください。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧