育毛剤の効果を最大限発揮する使用タイミング

育毛剤を使用するタイミング

一般的な育毛剤の使用方法は朝晩の2回となっています。単純に考えれば朝は髪の毛をセットする前に、夜は入浴後に使用すればいいように感じますよね。しかし育毛剤の効果をできる限り発揮させたいならもうちょっとこだわる必要があります。

例えば入浴後ひとつとっても、ドライヤーで乾かした後か、お風呂から出た直後かで効果には差が出てくるのです。

育毛剤は決して安いものではありません。少しでも無駄にしないためにもベストな使用タイミングを探っていきたいと思います。

理想は風呂あがり

育毛剤の使用のベストタイミングを考えた時、真っ先に思い浮かぶのは夜の風呂あがりだと思います。入浴前に育毛剤を塗布してしまうと洗髪時に洗い流してしまうことを考えれば、お風呂に入った後に使用するのは当然。

洗髪後なら頭皮や毛穴の汚れが取れているうえ、風呂上がりは頭皮の毛穴が開いているので、多くの育毛剤はシャンプー後の使用を推奨しています。

育毛剤使用は洗髪後が良いという点については、頭皮の汚れや余分な皮脂を落とした方が浸透しやすいため議論の余地はありませんが、より効果を引き出したいなら洗面台でのシャンプーではなくしっかりと入浴した後にするべきです。

これは湯船に全身を浸けることにより体中の毛穴が開いてくるから。毛穴の奥の毛根に浸透させることが何より重要になる育毛剤において、毛穴を開き浸透しやすい状況を作り出すことがカギになるのです。

一人暮らしの男性の場合「シャワーがメインで湯船には浸からない」という方も多いとは思いますが、育毛剤の効果を少しでも高めたいのであれば湯船に浸かる入浴をおすすめします。

ドライヤーを使って髪の毛を乾かした後が良いのか?

育毛剤はドライヤーの前?後?

育毛剤を使うタイミングとして入浴後が良いというのは誰でも想像が付くこと。

使用のタイミングを考える上で一番難しいであろう問題が「入浴後にドライヤーなどで髪の毛を乾かしてから使うべきか?ドライヤーを使わず水分をよくふき取ってから使うべきか?」という点ではないでしょうか。

これは育毛剤の取扱説明書に書かれている使用方法でも見解が異なっており、育毛剤愛用者の中でも「ドライヤーする派」と「ドライヤーしない派」に分かれるほど難しい問題。

とりあえず話をまとめるためにも片方ずつ見ていきましょう。

ドライヤーを使用した後に育毛剤を使用する派の意見

入浴後にドライヤーで髪の毛を乾かし育毛剤を使用する場合のメリットには以下のようなものが考えられます。

  • 髪の毛や頭皮の水分で育毛剤が薄まるのを防ぐ
  • ドライヤーの熱や風により頭皮の水分が失われるので浸透しやすい

頭皮や髪に水分が残っていれば、育毛剤を塗っても薄まってしまうのは間違いありませんし、頭皮が水分をたっぷり含んでいる状況では浸透しにくくなることも考えられるでしょう。

ドライヤーを使用して水分を飛ばすことで育毛剤が薄まってしまうのを防ぐことができますし、頭皮や毛穴が吸収した水分もある程度乾かすことができます。

このような理由からドライヤー後のタイミングで育毛剤を使用している方が多いと思われます。

ただ、ドライヤーの使用にはデメリットもあります。

ドライヤーをかけると毛穴は閉じてしまう?

入浴後はタオルでよく水分を拭き取った後ドライヤーを使わずにそのまま育毛剤を付ける人がこだわる点はひとつ、「毛穴の開き」です。

ドライヤーをかけないと水分が残り育毛剤が薄まるのは分かるし、頭皮や毛穴が水分を含み育毛剤の吸収を妨げてしまいそうというのも理解できる。しかし育毛剤は毛穴の奥に届かなければ意味がないのだから毛穴が開いている時に使うべき…という考え。言いたいことは分かる。

湯船に浸かり全身を芯から暖め頭皮を柔らかくし毛穴を開かせているのに、ドライヤーをかけ乾燥させてしまうと毛穴が閉じた頭皮に戻ってしまうというこの考え方、確かに的を射ております。

入浴後に毛穴が開いている状態というのは頭皮が保有する水分と熱が鍵になっており、急激に乾燥させるドライヤーを使えば当然毛穴は閉じてしまいます。

育毛剤で効果を引き出すために使われる「頭皮に浸透させる」とは、実は頭皮全体に浸透させるという意味ではなく毛穴に浸透させることが重要。

なぜなら、極めて優秀なバリア層である角質層を育毛剤が突破し毛根まで浸透するのは難しいから。一方、毛穴は角質層に比べはるかに浸透しやすく、また毛根部分に届けるという点においても毛穴からの浸透は理に適っています。

ドライヤーの使用で育毛剤が薄まらず頭皮に浸透しそうな状況を作ったとしても、肝心の毛穴が閉じてしまっては効果は大きく減少してしまいそう。

ドライヤーで乾かさず毛穴が開いている状況を取るか、ドライヤーで乾かし育毛剤が薄まらない状況を取るか…非常に難しい選択ながら、一般的な育毛剤ではドライヤーで乾かした後に使用するケースが多くなっています

ただ、多少の水分が残った生乾き状態が良いとする育毛剤なども存在するので、使用方法を確認した方が無難。特に記載がなければドライヤーで乾かした後に使用すれば間違いがないでしょう。

朝の育毛剤使用はどうするべきか?

育毛剤の多くは朝晩1日2回の使用を推奨しています。

夜は入浴後にドライヤーをかけた後に使用するとして、朝はどのタイミングで使用するべきなのでしょうか?もしや朝もシャンプーしたほうがいい?

育毛剤の使用において最も効果を発揮するのは、頭皮の余分な皮脂や汚れを洗い流し、かつ毛穴も開いている入浴後がベストではあるものの、だからといって朝もお風呂に入ったり洗髪したりするのはおすすめできません。

なぜかというと、頭皮の環境を守るにはある程度の皮脂が必要だから。髪の毛を1日2回洗ってしまうと皮脂を過剰に奪う結果になってしまいますし、極論からいえば洗髪自体で髪の毛にダメージを与えてしまいます。

haru黒髪スカルププロプレミアムブラックシャンプーなど質の高いシャンプーを使うことでこの問題はある程度回避できますが、頭皮の刺激なども考えればやはり1日1回の洗髪が良いでしょう。

そうなると朝は皮脂や汚れがある状態で育毛剤を使うことになってしまいますが…

多少の汚れや皮脂は問題ない

朝の育毛剤使用に関して育毛剤メーカーに問い合わせたことがあり、回答は「1日2回の使用を推奨しているものはそういった点も想定されており、多少皮脂や汚れがあっても十分に効果が出るよう作られています」というものでした。

朝に整髪料を使うのであれば、その前に育毛剤を使用し十分浸透させてから整髪料を使えば問題ありません。そもそも育毛剤は頭皮、整髪料は髪の毛と使用する部位も違いますしね。

育毛剤を塗布した後に整髪剤を使いたいなどの理由で水気が邪魔になる場合は、しっかりともみ込んだ後にドライヤーを使用するようにしましょう。

ただ、育毛剤の効果を100%発揮させるには入浴後がベストであることに変わりありませんから、朝はやや少な目、夜はやや多めに使うようにするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

育毛剤使用の最高のタイミングは?

最後に育毛剤使用のベストタイミングをまとめます。

これに関しては各々の考え方や好み、経験などで異なってきますので断言は避けますが、私個人はこれらの要素を良いとこ取りしてネガティブな部分を極力排除した使い方を実践しています。

具体的には以下の手順になります。

  • 入浴はしっかりと湯船に浸かり毛穴を開かせる
  • 入浴後はタオルでよく水分を拭き取る(タオルドライ)
  • ドライヤーの温風で毛の根元を中心に1分ほど使用し8~9割程度乾燥させる
  • 育毛剤を塗りよくもみ込む

ドライヤーを使用しある程度の水分は飛ばすべきだが、時間が長くなるとせっかく開いた毛穴が閉じてしまうため、使用は短時間に留め毛穴が閉じてしまうことを最小限に抑えようというもの。

ここで注意したいのは必ず温度の高い温風を使うという点

毛穴が開いている大きな要因は体が持つ熱を放出しようという働きのため、もしここに冷風を当ててしまうと毛穴は一気に閉じてしまいますから、育毛剤使用前にドライヤーを使う場合は必ず温風のみにして下さい。

「温風のみだと頭皮が熱くなって育毛剤が蒸発してしまう」なんて意見もありますが、短時間の使用で頭皮がそこまで熱くなることはありません。

最終的に育毛剤の効果を最大限引き出す使い方とタイミングは、湯船にゆっくりと浸かりタオルで髪と頭皮の水分をよく拭き取り、温風でさっとドライヤーをかけ半乾きにした後速やかに育毛剤を塗る…となります。

当然ながら上記の方法は私が行っているひとつの提案に過ぎず、すべての育毛剤に対してベストであるとは言い切れないため、各育毛剤の使用方法も確認するようにしてください。

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤イクオスおすすめ 数ある育毛剤の中でもっともコストパフォーマンスに優れるのがイクオスです。

成分量61種の育毛剤と、ノコギリヤシや亜鉛、コラーゲンペプチドなどの含有量表記し、一つひとつの成分が十分な量が配合されていることを証明しているイクオスサプリEXのセットに期待できる育毛効果は業界屈指。

価格面においても約5,000円の育毛サプリメントがセットになっているとは思えない6,980円。育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

無添加育毛剤イクオスの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧