男性にこそ使って欲しいharu kurokamiスカルプ

男性にも使って欲しいharu kurokamiスカルプ

※haru黒髪スカルプ・プロは2018年7月10日に「haru kurokamisスカルプ」にリニューアルしたため、新商品の内容に書き換えてお送りいたします。

男性に向けた育毛シャンプーといえば、最も有名であろう「スカルプD」をはじめアートネイチャーが送る「ラボモ」や、育毛剤としても人気のブランド「BOSTONアロマシャンプー」など非常の多くの商品が存在します

それらのシャンプーはアミノ酸系洗浄成分やノンシリコンという基本を押さえつつ、育毛をサポートする様々な成分を配合しています。

しかし「シャンプーじゃ髪は生えないだろう」という印象は拭えず、また男性をターゲットにしたヘアケア商品は総じて価格が高めというデメリットもあります。

そこで、ここではメーカー側の都合による「男性用」「女性用」といったメインターゲットにとらわれず、「haru kurokamiスカルプ(旧haru黒髪スカルプ・プロ)」という、男女兼用ながら女性を主なターゲットに据えた育毛シャンプーを紹介したいと思います。

kurokamiスカルプにリニューアル

冒頭でも触れたように、haru黒髪スカルプ・プロは2018年7月10日に「haru kurokamiスカルプ」へリニューアルしました。

haru黒髪スカルプ・プロリニューアル

見ての通り見た目はほとんど変わらない。あえて変更点を挙げるならロゴなどの位置と商品名が変わり、容器が若干丸みを帯び縦長になったくらいでしょうか。

見た目は大して変わらないけど中身は大きく変わった…かといえばそうでもない。基本となるアミノ酸系洗浄成分3種は踏襲、内容量も価格も同じ。その他のケア成分に多少の変更は加えられているものの、メイン成分は変わらない。

…リニューアルの意味あったのか?従来の商品名の「黒髪」を「kurokami」とローマ字表記するあたりに若干のダサさも感じますが…

ただ、近年育毛分野で注目されているホップエキスを新配合したり成分を少し変更したりと見るべきところがあるのも確か。

そんなharu kurokamiスカルプについて詳しく見ていきましょう。

なぜ女性向けharu kurokamiスカルプがおすすめなのか

haru kurokamiスカルプ(haru黒髪スカルププロ)は累計30万本以上出荷する大人気のシャンプーながら、女性がメインユーザーのシャンプー。そんなこともあり存在すら知らない男性も多いのではないでしょうか。

「なぜそんなものを紹介するのか?」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

当然ながら男性の訪問者が多い当サイトで紹介するからにはそれなりの根拠があります。ハッキリ書いてしまうと男性向けシャンプー以上の強みがあるからに他なりません。

その理由のひとつに成分があります。

豊富なヘアケア成分

アミノ酸系洗浄成分やノンシリコンといったものは頭皮に負担をかけない育毛シャンプーではもはや当たり前。haru kurokamiスカルプも当然ながらこの2つはクリアしています。

そしてそれ以外にも様々な育毛サポート成分が配合されているのも他のシャンプーと同様ですが、haru kurokamiスカルプに配合されるある注目成分が配合されています。

haru kurokamiスカルプの成分

育毛成分に詳しい方ならもうお気づきだと思います。ミノキシジルの3倍の育毛効果があるとして非常に高い注目を集める「キャピキシル」を配合しているのです。

キャピキシルはボストンやフィンジア、ザスカルプ5.0Cなどの育毛剤に配合され人気を集めていますが、それらの育毛剤は安くても10,000円ほどと高価なものなので、「高くて使えない」と諦めている方も多いと思います。

そんなキャピキシルをharu kurokamiスカルプはシャンプーという立場でありながら配合。詳細な含有量は分からないながらも公式サイトでは「高濃度」を謳っております。

haru黒髪スカルプ・プロのキャピキシル

キャピキシル以外にも様々な成分を配合しており、その成分は100%天然由来成分という力の入れよう。そんなrurokamiスカルプを女性だけに使わせておくのはもったいない。

キャピキシルとは?

「キャピキシル」と言われても何のことだかよく分からないという人もいると思いますので、まずはこの成分について簡単に説明しておきたいと思います。

キャピキシルはカナダのルーカス・マイヤー・コスメティックス社が開発した成分で、培養毛包を用いた試験では外用薬として唯一発毛効果があると認められているミノキシジルの3倍の育毛効果があると話題に。

キャピキシルの効果

世界中で髪の毛が生えると認められているミノキシジルの3倍の効果と聞けば、いやが上にも期待は膨らみますよね。

ただ、培養毛包への添加と実際の人間の頭皮に塗布した状況は大きく異なるのも事実。そんな不安を払拭するかのように、キャピキシルは人間に対する試験においても良好な結果を残しています。

キャピキシル使用時成長期と休止期の髪の増減

キャピキシルを4ヶ月使用した群とプラセボ群(偽薬を使用した群)の試験において、プラセボ群は4ヶ月後に成長期の髪の毛が2%減少したのに対し、休止期の髪は23%増えています。

一方、キャピキシルを使用した群では成長期の髪の毛が13%増えた一方、休止期の髪は29%減少。実際の人間に対しても効果があることを証明しているのです。

キャピキシルは効果が高いが価格も高い

高い育毛効果が認められたキャピキシル。しかしこの成分は高価なことでも知られています。

実際、キャピキシルを配合した育毛剤は1万円を超えるものも多く、「使ってみたいけど高すぎて買えない」という人が続出。

haru kurokamiスカルプ(haru黒髪スカルプ・プロ)はそんなキャピキシルを配合する数少ないシャンプーのひとつ。財布のひもが固い女性をターゲットにしているとあって価格面でも男性用のシャンプーに比べ抑えられているのが特徴。

新配合ホップエキスに注目

haru kurokamiスカルプのホップエキス

haru黒髪スカルプ・プロからharu kurokamiスカルプにリニューアルされた際の一番のトピックスはホップエキスを配合したことではないでしょうか。

このホップエキス、大手化粧品メーカーが毛根細胞やマウス、実際の人間の頭皮を用いて育毛効果を検証しており、良好な結果を残しています。

毛根細胞に添加する試験ではミノキシジルとの比較が行われ、毛根の増殖促進効果はミノキシジルと同等、もしくはそれ以上の効果を発揮しています。マウスを用いた試験においてもミノキシジルに匹敵する効果が。

一方、人間の頭皮に塗布する試験においては、2ヶ月間ホップ抽出液を塗布したところ、11名中8名で髪の毛の成長速度が増加したとされる。

そもそもこのホップエキスは女性ホルモンに近い働きをすることで注目を集めた成分。代表的な女性ホルモンであるエストロゲンは男性型脱毛症(AGA)の原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を阻害しますからね。

また、DHTを作り出す5αリダクターゼの働きを阻害する効果も。この作用はプロペシアなどに使われる発毛成分フィナステリドと同様のもの。そう考えれば確かに期待できる。

ちなみに、ホップエキスを用いた前述の試験は1%の濃度で行われています。haru kurokamiスカルプのホップエキスがどの程度の含有量かは分かりませんが、メーカーは「高濃度」を謳っていますのでそれなりに期待できるかと。

haru kurokamiスカルプの洗浄成分解析

haru kurokamiスカルプの洗浄成分

haru kurokamiスカルプ(haru黒髪スカルプ・プロ)は多くの育毛シャンプーと同様にアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)を使用しています。

ただ、一口にアミノ酸系洗浄成分といっても様々な種類が存在しますので、ここではどんな洗浄成分が使われているのか解析したいと思います。

haru kurokamiスカルプに使われている洗浄成分は4つ。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • コミカドDEA
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルグリシンK

ひとつずつ見ていきましょう。

ココイルグルタミン酸TEA

ヤシ油由来の脂肪酸と、アミノ酸のひとつであるグルタミン酸系の成分から構成されるアミノ酸系界面活性剤がココイルグルタミン酸TEA。

泡立ちは比較的よく洗い心地はマイルド、そして刺激は低いという代表的なアミノ酸系洗浄成分でもあります。

陰イオン系ということもあり頭皮の汚れを吸着する作用もあります。

コミカドDEA

コカミドDEAはヤシ油由来の脂肪酸とジエタノールアミドから生成される成分で、泡立ちなどをよくするための補助として使われることが多い界面活性剤。洗顔料やシャンプーなど幅広い商品で使用されています。

コミカド系の成分に発がん性があるのではないかという懸念が一部に存在し、動物実験においては一定の発がん性が確認されたという報告があるものの、そういったデータは通常の使用では考えられないほどの濃度や量を使用してのもの。

発がん性が疑われる研究データにしてもその因果関係はハッキリしないなど、根拠と呼べるものは存在しません。

ココイルメチルアラニンNa

ココイルメチルアラニンNaは代表的なアミノ酸系界面活性剤のひとつで、ヤシ油脂肪酸とβアラニンから作られます。

アミノ酸系らしくマイルドな洗浄力や起泡性を持ち極めて低刺激。適度に皮脂を残しつつ乾燥を防ぐことで頭皮環境の改善に寄与します。

ココイルグリシンK

haru kurokamiスカルプにリニューアルして新たに配合された洗浄成分がココイルグリシンK。ヤシ油由来の脂肪酸とグリシンから作られる界面活性剤で、アミノ酸系としては高めの洗浄力と泡立ちの良さが特徴。

ココイルグリシンKは洗浄力が強めとはいえ、他のアミノ酸系洗浄成分同様低刺激となっています。毒性や安全性にも問題はありません。

haru kurokamiスカルプの価格は安い

男性用育毛シャンプーの多くはお得に購入できる定期コースにおいても価格は3,500~4,000円あたりが平均値。最も売れている男性用シャンプーであるスカルプDをはじめ多くのシャンプーはその価格帯に収まっています。

また、内容量は多いもので400ml。少ないものだと250mlや300mlというケースも。ちなみにスカルプDは350ml。およそ2ヶ月分とされます。

一方でharu kurokamiスカルプの価格を見てみると…すべて税別です。

商品名 内容量 使用期間 送料 価格
定期コース 400ml 2ヶ月 無料 2,880円
単品購入 400ml 2ヶ月 無料 3,600円
3本セット 400ml×3本 6ヶ月 無料 8,100円

男性用に比べ安くなっています。しかも一般的に送料が発生する単品購入でも送料が無料、30日間の全額返金保証制度も付くなどサービス面も充実。

これはharu kurokamiスカルプに限らず育毛剤や育毛シャンプーなどすべてのヘアケア商品に言える事なのですが、価格に敏感な女性用の商品は同程度の男性用に比べ価格が安い傾向にあります。逆の見方をすれば男性用は“若干ぼったくられている感”があるのは否めません。

キャピキシル配合育毛剤が他の商品に比べ明らかに高価であることを考慮するに、もし男性用の育毛シャンプーにキャピキシルが配合されれば4,000円は下らないはず。haru kurokamiスカルプの400mlで税込3,110円というのは破格なのです。

使用期間は2ヶ月となっているものの、haru kurokamiスカルプは髪が長い傾向にある女性向けの商品。そう考えると男性用の2ヶ月とは事情が異なります。髪の短い男性が使えば3ヶ月くらい持つことも。

キャピキシル配合で内容量が多く、かつ価格は安い。男性をターゲットにした育毛シャンプーにも見習って欲しいと感じるほどの商品に仕上がっています。

リンス、コンディショナー不要

haru kurokamiスカルプの魅力はキャピキシルや価格だけに留まりません。リンスやコンディショナーが不要な点も大きい。

男性用の育毛シャンプーを見てみてください。シャンプー自体が高価であるうえ、同じ価格でコンディショナーが用意されているものばかり。そしてシャンプーとコンディショナーをセットで使って最大限の効果を発揮するとも。

しかし、育毛の観点から見るとコンディショナーって不必要なんですよね。なぜならコンディショナーやリンスは本来髪の毛のみに付けるものであって、「頭皮には塗布しない=育毛に無意味」だから。

そんなこともあってか、育毛シャンプーとセットのコンディショナーはケア成分を配合した上で数分間のヘアパックを推奨していたりしますが、高機能なシャンプーであれば泡パックで事足ります。

実際haru kurokamiスカルプは2~3分程度の泡パックをすることでエイジングケア成分を浸透させる仕組みのオールインワンシャンプー。

haru kurokamiスカルプの泡パック

haruブランドからコンディショナーやリンスを一切提供しないこだわりようで、2016年にはオールインワンシャンプーにおける売上実績でNO.1を獲得。

育毛剤を使用している、今後使用する可能性がある場合、特に余計な出費は抑えたいところ。コンディショナーいらずのharu kurokamiスカルプはそういった点においても優秀と言えるのではないでしょうか。

haru kurokamiスカルプの30日間全額返金保証

haru kurokamiスカルプの30日間全額返金保証

haru kurokamiスカルプ(旧haru黒髪スカルプ・プロ)はシャンプーとしては珍しく30日間の全額返金保証が付いているのも特徴のひとつ。

インターネットを中心に販売する育毛剤においては全額返金保証は常識のようになっていますが、それらに比べ低価格の育毛シャンプーの場合、コストの兼ね合いから返金保証制度を採用していない商品も多い。

しかしharu kurokamiスカルプは全額返金保証制度を採用。しかも単品購入から定期コース、3本セットすべての購入方法において使用できるという良心的な設定になっているのです。

条件は初回の1本のみ。3本セットの場合は1本のみの使用に限り3本分すべての商品代金を返金します。つまり2本は未開封である必要があります。

返送時の送料は購入者が負担する必要があるものの、返金時の振込手数料や購入時の送料などを請求されることがないというのは非常に良心的。

全額返金保証を使う使わないにかかわらず、この制度が存在するだけでも安心感に繋がるのではないでしょうか。

haru kurokamiスカルプは楽天やAmazanでも買える?

基本的にインターネット専売となっているharu kurokamiスカルプはドラッグストアなど店舗での販売はしておりません。

購入できるのは公式サイトのほか、楽天市場やAmazonでも販売を確認しています。

ただし、Amazonの場合は公式サイトの単品価格より高い場合も多く、おすすめはできません。楽天市場に関しては単品購入のみの取り扱いで公式サイトと同じ税込3,888円。

楽天ポイントが190P貰えるというメリットはあるものの、公式サイトと違い500円の送料がかかる上、全額返金保証や特典のシャンプーブラシが付かないなど、ポイントのメリットを打ち消して余りあるデメリットが。

haruの公式サイト上においても全額返金保証、送料無料、シャンプーブラシの3大特典は公式からの注文のみ対象になると明記しています。

haru kurokamiスカルプは公式サイトがお得

haru kurokamiスカルプは楽天市場やAmazonでも購入することはできますが、割引されていないうえに送料無料や全額返金保証といった特典が受けられないので、必ず公式サイトで購入するようにしてください。

男性がharu kurokamiスカルプを使うデメリットは?

ここまで色々とharuのシャンプーについてメリットを色々と書き連ねてきましたが、デメリットはないのでしょうか?

おそらく最も不安に感じる点は「女性がメインターゲット」という点ではないでしょうか。何だかんだいっても男性向けのシャンプーのほうが安心感があるのも無理はありません。

しかし育毛剤ソヴール08が男性用、女性用関わらず大人気育毛剤に使われていたように、ヘアケア商品における「○○用」というのはターゲットを明確にするための便宜上のもので、中身はほとんど変わらないというのが実情です。

こういったサイトを運営しているため男性用、女性用問わず様々なヘアケア商品を見てきましたが、男性用や女性用に囚われずより良い物、安い物を使うべきという結論に至りました。

例えば育毛剤に関しては、基本的にチャップアップやイクオスといった高い効果を誇る育毛剤に高機能育毛サプリメントが付属するものをおすすめしていますが、サプリメントにこだわりがないのであれば、ベースが同じ女性用育毛剤マイナチュレを男性にもおすすめしたりしています。

そういったこともあって、ここではあえて女性をターゲットにしたharu kurokamiスカルプを紹介しています。興味のある方は男性女性かかわらず一度手にとって欲しいと心から思える素晴らしいシャンプーだと断言できます。

haru kurokamiスカルプの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧