ブブカは効果なし?成分や価格に時代遅れ感も

育毛剤ブブカは時代遅れ?

数ある育毛剤の中でも屈指の人気を誇るブブカ(BUBKA)。

人気があるということはそれ相応の効果があると考えるのが自然だと思われますが、では具体的にブブカにはどういった魅力があるのでしょう?

大人気の育毛剤チャップアップやイクオスが作られる元となったであろうブブカの効果や成分、価格を見てみると、正直今となっては若干の時代遅れ感を感じざるを得ない点も。

育毛剤としては比較的歴史が長いブブカ。その成分や期待される効果に加え、他の育毛剤に比べ買う価値があるのかどうかなど徹底的に検証してみたいと思います。

ブブカといえばM-034だが…

ブブカのホームページを見てみると「育毛の限界を超えていく」というかなり過激なキャッチコピーが目を引きます。(現在この表現は使われていません)

ブブカは医薬部外品の育毛剤であるため薬機法(旧薬事法)の観点からミノキシジル配合のリアップなどのように「発毛」を謳うことはできません。そのため「発毛促進」などといった表現に留める必要があり、そのギリギリのラインを模索した結果このキャッチコピーを生み出したのでしょう。

「育毛の限界を超える」と言われれば、否が応でも髪が生えなくなってしまった所から再び髪が生える「発毛」を期待してしまいますが、果たしてブブカにはそれだけの効果があるのでしょうか?

ブブカには様々な育毛成分が配合されており、中でも前面に押し出しているのが育毛効果が高いとされる「M-034」という海藻エキス。これはチャップアップやイクオスなどにも配合されていますが、ブブカは業界最高濃度であるとのこと。

これは下図でもあるようにミノキシジルと同等の育毛効果を発揮する成分で、しかもミノキシジルより副作用が少ないという事で非常に注目されています。

M-034の効果

この図は多くの育毛サイトに転載されているためご覧になったことがある人も多いのではないでしょうか。ブブカの象徴ともいえるミノキシジルと比較したこの図はあまりにも有名ながら、今現在ブブカの公式サイトでは使われていません。

長年使ってきて賞味期限が切れたと判断したのか、発毛成分であるミノキシジルとの比較が不謹慎だと感じたのか…その理由は定かではありません。

増量を続けるブブカのM-034

M-034に関して、ミノキシジルと比較するような挑戦的な表現は控えられたものの、今現在においてもブブカの目玉成分であることに変わりはありません。

実際複数回のリニューアルを経て同成分の量は発売当初と比べ200%増量になっているとのこと。イクオスがM-034に「ペルベチアカナリクラタエキス」という別の海藻エキスを加え「Algas-2(アルガス2)」に進化させたのに対し、ブブカは一貫してM-034にこだわっている印象を受けます。

ただ、200%増量を謳い文句にしているものの、そもそもの含有量が一切記載されていないため、これによってどの程度効果が期待できるようになったのか読み取ることができないという側面も。

ミノキシジルと同等の育毛効果としている点についても、ミノキシジルやM-034の濃度について言及されていないため、いまいち信憑性に欠ける気がします。

M-034を増量しているのは嘘偽りないでしょうが、それを売りにするなら含有量を明記して欲しいと個人的は感じています。

M-034以外のブブカの成分

ブブカといえばM-034に注目が集まりがちですが、それ以外にも様々な成分を配合しています。その全成分を見てみると…

BUBKA(ブブカ)
成分
センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
クジン抽出液
酢酸DL-α-トコフェロール
海藻エキス(1)
海藻エキス(4)
海藻エキス(5)
ビワ葉エキス
オウゴンエキス
ボタンエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス(1)
ヒオウギ抽出液
クロレラエキス
ローマカミツレエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
ニンジンエキス
ホップエキス
オウバクエキス
スイカズラエキス
クワエキス
アルテアエキス
シソエキス(1)
タイムエキス(2)
L-ピロリドンカルボン酸
L-アルギニン
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
L-アスパラギン酸
水酸化ナトリウム
グリシン
L-アラニン
L-セリン
L-バリン
L-プロリン
L-スレオニン
L-イソロイシン
L-ヒスチジン
L-フェニルアラニン
サクラ葉抽出液
ジオウエキス
チョウジエキス
サンショウエキス
カモミラエキス(1)
セージエキス
加水分解コラーゲン末
アシタバエキス
シャクヤクエキス
マロニエエキス
ダイズエキス
ヒアルロン酸ナトリウム(2)
1,3-ブチレングリコール
濃グリセリン
乳酸ナトリウム液
精製水
水素添加大豆リン脂質
ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
1,2-ペンタンジオール
D-パントテニルアルコール
ラウリルジメチルアミンオキシド液
シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
天然ビタミンE
クエン酸ナトリウム
無水クエン酸
無水エタノール
エタノール
フェノキシエタノール

初期の頃は天真堂のソヴール08をそのまま使っていたため成分の数は31種でしたが、現在はかなり増えています。2017年5月のリニューアルまでは44種程度でしたが、現在はざっと数えて57~60種くらいでしょうか。つまり、イクオスとほぼ同じ成分数ということになります。

そんなブブカ、M-034以外にいくつかの成分を売りとしています。

ブブカの主要成分

マリン成分と和漢エキス、そしてカモミラエキスですね。これらがどんなものか見ていくと…

ブブカのマリン成分はイクオスのパクリ?

ブブカには3種の海藻エキスが配合されており、成分表記上の海藻エキス(1)と海藻エキス(4)が「アルゲエキス」、そして海藻エキス(5)がスサビノリエキスとなっています。

ん?スサビノリエキス?

2016年9月に大幅リニューアルしたイクオスはミツイシコンブ由来となるM-034以外にペルベチアカナリクラタエキスとスサビノリエキスの2種の海藻エキスを加え計3種としていますが、なんか既視感が…

言うまでもなくブブカのリニューアルのほうが後なので、ブブカがイクオスに寄せていったような印象を受ける。

ブブカのまねをしてチャップアップが発売され、その後3番煎じ的なポジションでイクオスが発売されました。天真堂のソヴール08を使用し定期コースに育毛サプリメントを付けるという方法を確立したパイオニア的なブブカが3番煎じのイクオスに寄せるというのはちょっと衝撃ですね。

トリプル和漢の表現がグレーすぎる

ブブカの売りのひとつは下記の3種の和漢エキスを配合していること。

  • 丁子エキス
  • 地黄エキス
  • 山椒エキス

あまり聞き慣れない成分ながら、プロペシアの主成分であるフィナステリドと同様に5αリダクターゼという酵素の働きを阻害し、男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制するとのこと。

「発毛のための環境を整える」という表現を使用しているものの、そのメカニズムを説明する図は発毛剤のそれと同じ。

ブブカのトリプル和漢がやばい

一般的にDHTの発生を阻止すれば発毛に繋がるのですが、その表現は薬機法違反になるため、最後に「育毛を促進」でお茶を濁している印象を受けます。

ちなみに、丁子エキス、地黄エキス、山椒エキスを調べても5αリダクターゼを阻害する効果があるとするデータは見当たりません。正直効果はあまり期待できないかと。

カモミラエキスはただのハーブ

最後となるカモミラエキス。あまり聞き慣れない印象を受けますが、これは育毛剤や化粧品に多く使用されるカミツレエキスのこと。またカモミールという名のハーブとしても有名です。

…ハッキリ言ってしまうと至って平凡な汎用成分ということになりますか。

ブブカの育毛サプリメントは?

ブブカを使用している人の多くが利用する定期コースだと様々な有効成分が含まれたサプリメントが付属し、これを併用することによって育毛効果は倍増するとされます。

なぜなら、髪の毛の99%を構成するケラチンの合成に必要不可欠な「亜鉛」などのミネラルはもちろん、髪の毛の成長に大きな影響を及ぼす女性ホルモンであるエストロゲンに近い働きをする「大豆イソフラボン」や各種ビタミンなど、ブブカは育毛に必要な成分をこれでもかと配合しているから。

しかし男性のAGA(男性型脱毛症)を防ぐにはプロペシアに代表される成分フィナステリドのように薄毛、ハゲを進行させるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す原因となる5αリダクターゼの働きを抑える必要があり、亜鉛や大豆イソフラボンだけではちょっと心もとないと言わざるを得ません。

それを補うために配合されているのがノコギリヤシ。ノコギリヤシはフィナステリドと同じく5αリダクターゼを阻害する作用があり、AGAと同様にDHTが原因で発症する前立腺肥大症の治療薬として用いている国もあるほど。

つまり、ミノキシジルと同等の育毛成分を持つとされるM-034をはじめとする様々な成分の育毛剤と、ノコギリヤシや亜鉛で育毛を強力にサポートするというのがブブカの強みと言えます。

しかしこの育毛サプリメントには問題点も。

成分含有量が少ないブブカサプリ

ブブカサプリの成分に関しては個々に販売している育毛サプリメントに比べても遜色ないものとなっています。定期コースではそれが付いてくるというのは非常に魅力的に感じることでしょう。

しかし含有量にやや問題が。

ブブカサプリの含有量

ブブカサプリのパッケージには上記のように主要な成分の含有量が明記されています。含有量を明記しない育毛サプリメントが多い中この姿勢は素晴らしいものですが、その内容を見てみると物足りない印象を受けます。

亜鉛に関しては男性の1日の推奨摂取量が配合されているものの、問題はノコギリヤシ。ノコギリヤシが十分な効果を発揮するには1日320mg程度が目安とされていますが、ブブカサプリは135mg。

イクオスサプリEXが300mgを配合していることを考えると厳しい評価にならざるを得ません。「ブブカサプリに効果なし」という厳しい意見が散見される理由も分かる気がします。

コストパフォーマンスが悪いブブカ

ブブカの気になる点は育毛サプリメントだけではありません。育毛剤やサプリメントに若干の不満があったとしても内容に価格が見合っていれば文句を言う理由がないですが、ブブカはその価格が高い。

商品名 成分量 初回限定 2回目以降
ブブカ定期コース 59種 5,980円 11,664円
チャップアップ定期コース 70種 9,090円
イクオス定期コース 61種 7,538円

ライバルになるであろうチャップアップやイクオスと育毛サプリメントが付く定期コースで比べてみると一目瞭然。

育毛剤の成分数はチャップアップに劣り、育毛サプリメントについてはイクオスに負けている…そんな状況にも関わらず価格はチャップアップに比べて約2,600円、イクオスに対してだと約4,100円も高い。

唯一の救いは初回が5,980円であること。しかし最低6ヶ月は使用する必要がある育毛剤において初回の割引はそれほど大きな意味を持ちません。

ある程度値段が高い方が「良い商品」という印象を与えることができるという考え方もできますので、必ずしも安けりゃ売れるってものでもないのでしょうが…

ブブカに効果なし!…とは言わないが…

ブブカが登場した当初は多めの成分数に育毛サプリメント付きということもあって注目や人気を集めましたが、チャップアップやイクオスが充実している現在、あえてブブカを選ぶ理由はほとんどなくなってきています。

もちろん一定の効果が望めるのは間違いないものの、値段の高さを考えると「効果なし」「効かない」という辛辣な意見が出てくるのも仕方ないのかもしれません。

ブブカというブランドに強いこだわりがあるのであれば使ってみてもいいとは思いますが、コストパフォーマンスを重視するのであればおすすめはできないかと。

1ヶ月1万円以上のお金を取るのであれば、「ブブカじゃなきゃダメ」という強みを提供して欲しいと感じます。

現段階でブブカはおすすめできないという結論になってしまうでしょうか。

濃密育毛剤ブブカ(BUBKA)の詳細

無添加育毛剤イクオスの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧