デュプロスト フィンペシアと同じシプラ社製

デュプロストの効果と副作用

プロペシアなどのフィナステリド内服薬の1.5倍の効果があるとされ、高い注目を集める成分「デュタステリド」。日本ではザガーロが2015年9月に認可を受け、2016年6月に販売が開始されました。

しかしその価格は1ヶ月分で約1万円と高価。長期間使用する必要がある発毛剤だけに、使用を躊躇う人も多いのが実情。

一方、個人輸入を用いればデュタステリド内服薬やそのジェネリックが発売されており、そちらに流れる人が後を絶ちません。

複数存在する格安なデュタステリド内服薬のうち、ここで紹介したいのはデュプロスト

必ずしも最安値で購入できるわけではないデュプロストですが、フィンペシアと同じ製薬会社が製造するなどメリットも。他の商品との比較など魅力を紐解いていきたいと思います。

デュタステリドはフィナステリドと何が違う?

デュタステリドはフィナステリドに比べ新しい成分。特に日本ではAGA治療薬として正式認可されたのが2015年9月という事もあって「何それ?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことによって生成される「ジヒドロテストステロン(DHT)」が脱毛因子を生み出し引き起こされます。

AGA治療薬として広く使われるプロペシアなどのフィナステリド内服薬は、DHTの前駆体ともいえる5αリダクターゼの働きを阻害する事によってDHTの生成を抑え、薄毛の進行を食い止めたり改善したりする治療薬。

しかし、薄毛の原因となるDHTを作り出す5αリダクターゼは2種類あり、フィナステリドでは「2型5αリダクターゼ」の阻害効果しかありません。

その効果を広げるべく登場したのがデュタステリド。これは1型・2型5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、臨床試験でもフィナステリドのおよそ1.5倍の効果が出ています。

2種類の5αリダクターゼ阻害効果

育毛剤でよくある「ミノキシジルの○倍の育毛効果!」みたいな胡散臭いものではなく、フィナステリドより発毛効果が高いと科学的に実証された成分がデュタステリド。

フィナステリド同様前立腺肥大症の治療薬からAGA治療薬に転用された経緯を持つことから、基本的な作用は同じ。そのためフィナステリドとデュタステリドの併用はできません。

これを配合した正規品の発毛剤がザガーロであり、そのジェネリックというポジションになるのがここで紹介するデュプロストということになります。

ディプロストの副作用は?

デュプロストなどデュタステリド内服薬はフィナステリドと同様に前立腺肥大症の治療薬。同じ作用によって薄毛を改善することから、副作用にも同様の心配が付きまといます。

デュプロストはジェネリックであるため臨床試験は行われていませんが、先発薬であるザガーロは900人規模の国際的な臨床試験を行っていますので、そちらの副作用に関するデータを見てみましょう。

デュプロストの副作用

一般的なデュタステリド内服薬は0.5mg。デュプロストも0.5mgになっています。

その0.5mgのデータを見てみると、最も多いのは勃起障害、次いでリビドー減退(性欲減退)と続きます。0.1mgでは性欲減退の方が多いことから、この2つがデュプロストの2大副作用とみていいでしょう。

また、ここには掲載されていませんが、ごく稀に肝機能障害を起こす事が報告されています。

フィナステリドよりデュタステリドの方が副作用が強い?

ここで気になるのはフィナステリドと比べての副作用の強弱。

臨床試験ではフィナステリドよりデュタステリドの方が若干副作用が出やすいという結果も。効果が高い分副作用も強いという事なのかもしれません。ただ、このデータを見る限り同等レベルになっていることから大差ない可能性も。

すでにフィナステリドを服用している人がデュタステリドに乗り換える場合は、これによって副作用が強くなったと感じることはほとんどないでしょう。

気を付けて欲しいのは今までAGA治療薬を飲んだことがない人。どの程度副作用が出るのか、AGA治療薬との相性はどうなのか見極めるためにも、まずプロペシアやフィンペシアなどフィナステリド内服薬から試してみる事をおすすめします。

フィンペシアと同じシプラ社製

デュプロストとフィンペシアはシプラ社製

デュタステリド内服薬の供給が不安定だったり、十分な種類が出揃っていない頃はデュプロストがザガーロジェネリックの最安値だった時期がありました。しかし複数の商品が出揃った現在、デュプロストは取りたてて安いわけではありません。

しかしデュプロストには大きな強みがあります。それはフィンペシアと同じインドのシプラ社が製造・販売を行っているという点。

ご存知の方も多いかもしれませんが、フィンペシアはプロペシアジェネリックとして最も知られた存在であり、これを使用している人は相当数存在します。裏を返せばそれだけ信用されていると考えることができる。

そんなフィンペシアと同じ製薬会社が製造しているというのは、信頼性において大きなアドバンテージ。個人輸入で購入できるインドやタイ製のジェネリックには胡散臭い印象が付きまとうだけに、こういった点に安心感を抱く人は多いでしょう。

シプラ社とは

フィンペシアやデュプロストを製造するシプラ社は、アメリカやヨーロッパをはじめ世界150ヶ国以上にジェネリック医薬品を流通させるインドの大手製薬会社。

インド製のジェネリックの多くは先発薬の特許が切れるのを待って製造した正規のジェネリック医薬品ではなく、特許を無視して製造されたもの。そういった薬を大手製薬会社が作れるあたり、特許に対するインドの姿勢が伺えます。

見方によっては「海賊版」とも受け取れるインド製のジェネリック医薬品ですが、前述のようにシプラ社は世界各国に流通させていることから、信頼性や品質には問題がありません。

実際、フィンペシアは日本の多くのハゲに確かな発毛効果と希望を与えています。

オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの大手個人輸入代行業者であれば、独自に成分鑑定も行なっているためさらに安心感は増すかと。

ディプロストの価格は?

デュプロストは、正規品であるグラクソ・スミスクライン社製のザガーロやアボダートのジェネリックの中では安価な部類に入り、何かとお金がかかる薄毛治療の大きな味方となってくれます。

ただ、複数のザガーロジェネリックが安定供給される現在においては、取り立てて安いわけでもない。

そんなデュプロストの価格を、正規品であるザガーロやアボダート、他のデュタステリド内服薬、そして同社が製造・販売する人気のフィナステリド内服薬である「フィンペシア」と比べてみたいと思います。すべて税込。

商品名 内容量 価格 1錠の単価
ザガーロ 30錠 9,000円 300.0円
アボダート 30錠 3,402円 113.4円
デュプロスト 100錠 5,424円 54.2円
ベルトリド 100錠 4,938円 49.4円
フィンペシア 100錠 2,959円 29.6円
(2018年7月現在)  

箱当たりの単価でみると、1箱300錠入りのデュタスという商品が最も安くなるものの、ベルトリド100錠を3箱同時に購入すると割引が効きデュタスよりずっと安くなるのでここでは除外しています。

で、デュタステリド内服薬で最も安いのは、インドのインタス社製であるベルトリド。デュプロストとの価格差は100錠で約500円程度となっています。

大きな割引が適用される3箱同時購入になるとその差はさらに広がり、ベルトリドが100錠3箱で約11,000円なのに対し、デュプロスト100錠3箱は14,000円ほど。ハッキリ言って価格面ではベルトリドに敵いません。

とはいえデュプロストの最大のメリットはフィンペシアと同じシプラ社製だという点。ベルトリドを製造・販売するインタス社もインドの大手製薬会社とはいえ、シプラ社よりは規模が小さくなりますし、馴染みや実績という点においても劣る。

インタス社はフィナロという格安のフィナステリド内服薬を販売していることもあり、個人的にはベルトリドで十分だと感じていますが…このあたりは各々の価値観によって意見が分かれるところか。

デュプロストの総評・まとめ

日本でも2015年9月に発毛剤として認可されたデュタステリドを配合したデュプロストは、海外製のジェネリックでは最も人気があるフィンペシアと同じシプラ社製という点が大きな魅力。しかし価格を比べると高いと感じるのも確か。

また、新しい薬であるため信頼性に不安を感じる方もいるかもしれません。

デュタステリド自体は前立腺肥大症の治療薬として日本でも2009年に認可されておりますし、2015年のAGA治療薬としての認可を見てもデュタステリド自体の信頼性にはまったく問題はありません。

ただ、フィナステリドよりデュタステリドの方が副作用が強いと感じる人もいるようで、出費の面も含め慎重に検討したほうが良いかもしれません。

初めて発毛剤を使うのであれば、まずはフィナステリドから使うのがベストなのは疑いようがない。6ヶ月ほどフィナステリドを使ってみていまいち効果を実感できない場合はデュプロストなどのデュタステリド内服薬に切り替えるといいでしょう。

デュプロスト0.5mgの詳細

最安デュタステリド内服薬の追記

デュタステリド最安値のベルトリド

前述したように、デュプロストはデュタステリド内服薬のジェネリックの中でもかなり安い方ですが、最近はベルトリドの安さが際立ってきています。

商品名 内容量 価格 1錠の単価
デュプロスト 100錠 5,424円 54.2円
ベルトリド1箱 100錠 4,938円 49.4円
ベルトリド2箱 100錠×2 7,837円 39.2円
ベルトリド3箱 100錠×3 10,749円 35.8円
(2018年7月現在)  

特にまとめ買いをすると圧倒的な安さになるため、少しでも費用を抑えたいならベルトリドという選択肢もありかもしれません。

製造・販売するのはデュプロストのシプラ社と同じくインドに本社を構えるインタス社で、こちらも大手製薬会社となっていますので信頼性に問題はありません。

これまでフィンペシアを使っていてシプラ社にこだわりがあるならデュプロストを、価格優先ならベルトリドという選択になるでしょうか。

ベルトリドの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧