最安値でお得に使える発毛剤の組み合わせは?

最も安い発毛剤の組み合わせ

「副作用のリスクは無視できないが、薄毛を改善させるには発毛剤しかない」

覚悟を決めて発毛剤を使ってみようとしたけど、いざ探してみると色々な商品があり、価格も様々でどれを使っていいか分からない。

そう感じている人も多いのではないでしょうか?

一般的な認識では「発毛剤=効果も副作用も強い」というものだと思われ、発毛剤を使うにはちょっとした覚悟が必要になります。しかし副作用リスクを受け入れることができれば心強い味方にもなります。

しかし発毛剤を使うにあたってハードルは「長期間にわたって使い続けなければならない」という点も。発毛剤は複数併用する人も多く、また長期の使用が前提となるため、価格は非常に気になるところ。

できる限り効果が高く、かつ最安値で使用できる発毛剤や、その組み合わせをいくつか提案していきたいと思います。

定番のフィナステリドの場合

安いフィナステリド内服薬は?

発毛剤を併用している人に最も人気の高い組み合わせとなるのがフィナステリド内服薬1mgと5%のミノキシジル外用薬の併用です。

フィナステリド内服薬で最も価格が高いのは医療機関で処方される「プロペシア」。このプロペシアを個人輸入で購入した場合若干安くなるものの、それでもフィナステリド内服薬で最も高いことに変わりはありません。

一方、フィナステリド内服薬を最安値で使う事を考えるなら、人気のフィンペシアやフィナロ…ではありません。徹底的にコストパフォーマンスを追求するならフィナステリド5mgのフィンカーを4分割して使うこと。その安さは圧倒的といえます。

具体的に個人輸入を用いた場合のプロペシアとフィンカー、そして参考にフィンペシアも交えて価格を比較してみます。

商品名 錠数 価格 1錠当たりの価格
プロペシア(オーストラリア) 28錠 4,386円 約157円
フィンペシア 100錠 2,958円 約30円
フィンカー4分割 100錠×4 4,083円 約10円
(2018年6月現在)  

以上のようにフィナステリド5mgのフィンカーを4分割して使用すれば1箱で1年以上持つことに。しかも1回あたり約10円、1ヶ月換算で約300円と圧倒的に安くなります。1欠片1.25mgとややオーバードーズ気味になりますけど。

フィンペシアですら1ヶ月約1,000円、AGAクリニックなどで処方されるプロペシアにいたっては28日分で7,000円前後することを考えれば、フィンカー4分割の安さが実感できるのではないでしょうか。

ただ、フィンカーの4分割にはデメリットも。「ピルカッターなどで分割するのが面倒臭い」「綺麗に4分割できず効果にムラが出てしまう」と感じる人も多く、この方法は賛否分かれるところです。

フィンカーの詳細

フィンカー4分割以外は?

フィナステリドをとにかく安く使いたいというのであればフィンカーの4分割がベストであるものの、面倒な上に効果にムラができるのは避けたい人も多いことでしょう。

そういった場合は低価格で人気のフィンペシアを選ぶべき…とはなりません。探せばフィンペシアより安いフィナステリド1mgがいくつか見つかります。その中の2つを紹介しましょう。

まず1mgのフィナステリドの中では最安値となるフィナロ

このフィナロを製造するインタス社はフィンペシア同様インドの製薬会社で、多くの国にジェネリック医薬品を流通させている企業。信頼性にも問題はありません。

フィナロ以外にも、デュタステリド内服薬の中で最も安いベルトリドを販売しているなど価格には定評があります。

次いで安いのがフィナロイド

フィリピンを拠点にするロイド社のフィナステリド内服薬で、これ以外にもミノキシジルタブレットなど多くのジェネリック医薬品を製造・販売しています。

フィナロ、フィナロイドとフィンペシアの価格を比べてみましょう。

商品名 内容量 価格
フィナロ 1mg100錠 2,474円
フィナロイド 1mg100錠 2,812円
フィンペシア 1mg100錠 2,958円

見ての通りフィナロの安さは頭一つ抜けています。

海外製のフィナステリド内服薬の中で最も人気があるのはシプラ社のフィンペシアであるため、そういった実績を重視するならこのくらいの価格さは問題にならないかもしれません。

しかし長期的な視点で見れば1ヶ月数百円の違いも馬鹿になりません。フィンカー4分割は嫌だけどできる限り出費を抑えたいというのであれば、フィナロやフィナロイドを検討してみるのも悪くないと思います。

フィナロの詳細

フィナロイドの詳細

信頼性も重視するなら海外製プロペシア

フィンカーやフィナロが安いとはいってもジェネリックである事に変わりはなく、信頼性が高く馴染みのあるプロペシアにこだわって使い続ける方もいます。安全性を最優先に考えるなら先発薬であるプロペシアに勝るものはありませんからね。

しかし高い…AGAクリニックなどで処方を受ければ28日分で約7,000円なので、1年間で9万円ほどかかることに。

「プロペシアをできるだけ安く使いたい」と考えているのであれば、海外製のプロペシアを個人輸入で購入するという方法があります。

オーストラリア製であれば医療機関での処方より1ヶ月分で2,500円ほど安い4,500円程度で購入できるうえ、時間や診療代なども払わなくて済むというメリットも。そのため、信頼性と価格の両立を考える人から海外製プロペシアは高い支持を得ています。

もちろん海外製といえどプロペシアはすべてMSD社製の純正品。安全性にこだわる人は海外製のプロペシアを検討してみてはいかがでしょうか。

プロペシアの詳細

ミノキシジル外用薬はどうか?

最安のミノキシジル外用薬

一方、フィナステリド内服薬と併用している方が非常に多いミノキシジル外用薬の最安値はどの商品なのか?

ミノキシジル外用薬は複数の商品が存在し、オーソドックスな5%のものからフォリックスやリグロースラボのような10%を超える濃度のものも。世界標準といえる5%の商品と、高濃度の商品別別に見てみましょう。

まずは5%のものから。

商品名 内容量 ミノキシジル濃度 価格
カークランド 60ml×2 5% 3,340円
リグロースラボM5 60ml 5% 2,500円
フォリックスFR05 60ml 5% 4,075円
リアップX5プラス 60ml 5% 7,611円
(2018年6月現在)  

日本では唯一のミノキシジル外用薬として知られる「リアップX5プラス」は海外のものに比べ非常に高いと言わざるを得ず、これを使うくらいなら同じミノキシジル濃度で1本あたり1,700円程度のアメリカ製のカークランドをおすすめしたい。

ただ、カークランドは基本的に2本セットであるため、とりあえずミノキシジル外用薬を試してみたいという場合は、同じくアメリカ製のリグロースラボM5がベストかもしれません。

一方フォリックスFR05は海外製の商品としてはやや割高に感じるかもしれません。しかしフォリックスFR05にはミノキシジル以外にも一定の発毛効果が認められているアデノシンやプロキャピル、アゼライン酸など実績のある成分が目白押し。

効果面はこれら4つの中で間違いなくトップ。

とはいえ、4,000円出すのであればあと1,000円出してミノキシジル15%のFR15や同16%のFR16を選択したほうがいい気もします。

安いミノキシジル外用薬はカークランドかリグロースラボM5の2択になるか。

カークランドの詳細

リグロースラボM5の詳細

高濃度ミノキシジル外用薬は?

一方、フィナステリドでは効きづらいとされるM字ハゲ対策に高濃度ミノキシジルを使用したい場合はどうなのか?

10%を超えるような高濃度ミノキシジル外用薬の選択肢は少なく、ブランド的にはフォリックスかリグロースラボの2つしか存在しません。かつて存在したザンドロックスやジェンヘアー、ポラリスは販売中止になってしまいましたからね。

どうせ高濃度のものを使うなら15%以上のものを…という観点から見ると、選択肢は3つ。

商品名 ミノキシジル濃度 価格
リグロースラボM15 15% 3,500円
フォリックスFR15 15% 4,940円
フォリックスFR16 16% 5,180円

価格はリグロースラボM15が圧倒的に安いが、ミノキシジル以外の育毛成分はTrichogen Blend(トリコゲン)のみ。

一方でフォリックスはミノキシジル以外にアデノシンやアゼライン酸、プロキャピルを配合しており、特に旗艦モデルであるFR16はフィナステリドも配合する最強の外用薬。でもどちらも5,000円。正直安くはない。

様々な成分が配合されているとはいえ、それらはあくまでも補助成分。発毛効果のほとんどはミノキシジルが担うことを考えれば、リグロースラボM15で十分という考え方もできます。

リグロースラボM15の詳細

フォリックスFR16の詳細

ミノキシジルタブレットで最も安いのは?

安いミノキシジルタブレットはどれ?

次に「最強の発毛剤」と名高いミノキシジルタブレットを見てみましょう。

ミノキシジルタブレットはメーカーにより2.5mg、5mg、10mgの3種類が存在しますが、男性が主に使用するのは5mgか10mg。

5mgと10mgのミノキシジルタブレットで安価なものはというと、タイ製のノキシジルかフィリピン・ロイド社製の商品の2つ。ただノキシジルはシートタイプとボトルタイプで価格が異なるため選択肢は実質3つということに。

この3つの価格を5mg、10mg別で見てみます。ちなみにすべて100錠の価格。

商品名 5mg 10mg
ノキシジルボトルタイプ 2,273円 3,130円
ノキシジルシートタイプ 2,962円 3,257円
Lloyd社製ミノキシジルタブレット 3,700円 4,000円

安いのはタイ製のノキシジル。シートタイプに比べボトルタイプは安価で、特に5mgの安さは群を抜いています。ボトルに100錠流し込むより、シートに1錠1錠封入する方がコストがかかるということか。

Lloyd社製はボトルタイプであるうえに価格が高い。しかも古くから愛用されてきたノキシジルに比べ歴史も浅いため、あえて選ぶ必要はない。ミノキシジルタブレットはノキシジル以外選択の余地はないかと。

ボトルタイプかシートタイプかに関しては好みもあるでしょうが、出張などにより外出先で飲むことが多いといった理由でもない限りボトルタイプで十分。

5mgか10mgかの選択は…5mgの安さが際立っているものの、2本同時購入になると5mgも10mgも4,000円強とアドバンテージがなくなるという特徴も。

また10mgであれば、最初は2分割して5mgとして使用し、薄毛改善の状況を見ながら本来の10mgとして使用するという使い方もできる。2分割前提であれば実質2倍の量になる10mgのほうが安くなるため、分割が面倒でない限り10mgが最安値のミノキシジルタブレットということになります。

ノキシジルボトルタイプ10mg

ノキシジルボトルタイプ5mg

デュタステリド内服薬最安値は?

デュタステリド内服薬最安値

一般的に発毛剤の3種の神器はフィナステリド内服薬+ミノキシジルタブレット+ミノキシジル外用薬となっています。しかし2015年に日本でも発毛剤として認可されたデュタステリド内服薬についても触れておきましょう。

デュタステリドは従来のフィナステリドと基本的な作用は同じながら、2型の5αリダクターゼの阻害作用しかないフィナステリドに対しデュタステリドは1型2型を阻害するため、約1.6倍DHT抑制効果があるとされます。

そのため、フィナステリドで思うような効果が得られなかった人でも、デュタステリドに切り替えることで効果を実感できる可能性があるのです。

そのデュタステリドも複数の商品がラインナップされており、その中で特に安いものはデュタスかベルトリドになるでしょうか。

商品名 内容量 価格 1錠の単価
ベルトリド 100錠 4,935円 49.3円
デュプロスト 100錠 5,421円 54.2円
ベルトリド3箱 100錠×3箱 10,744円 35.8円
デュタス 300錠 13,168円 43.9円
(2018年6月現在)  

箱単位で見ると1錠あたりの単価が最も安いのは1箱300錠入りのデュタスということになりますが、300錠となると約10ヶ月分。いきなりこれを購入するのは躊躇われますよね。

一方でバランスがいい100錠入りだと最安値はベルトリド。300錠入りのデュタスほどではないにしろ、1ヶ月あたり約1,500円で使用することができます。

また、ベルトリドは複数個を同時に購入することで割引が適用され、3箱同時購入するとデュタスよりずっと安くなるという逆転現象が起きます。つまり100錠にしろ300錠にしろベルトリドが最安値ということに。

ちなみにこのベルトリドはフィナステリド内服薬においても圧倒的な安さで提供しているフィナロと同じインドのインタス社製。信頼性で問題になることはありません。

比較表にベルトリドよりやや高いデュプロストをあえて掲載した理由は、この商品がフィンペシアと同じシプラ社製だから。

ベルトリドのインタス社は大手製薬会社とはいえ、規模も売り上げもシプラ社の方が大きい。またプロペシアジェネリックとして最も支持されているフィンペシアと同じメーカーという安心感があるのではないでしょうか。

個人的にデュタステリド内服薬はベルトリドで事足りると感じていますが、フィンペシアに馴染みがある人はデュプロストという選択もありかと。

ベルトリドの詳細

デュプロストの詳細

デュタステリドの信頼性を重視する人は

AGAクリニックなどの医療機関で処方されるデュタステリド内服薬「ザガーロ」は1ヶ月分が9,000~10,000円と高価で二の足を踏んでしまう。しかし海外製のジェネリックはいまいち信用できない…そう感じている人もいるのでは?

世界中に普及しているプロペシアと違いザガーロは日本と韓国でしか使用されていません。そのため信頼性が高く価格が抑えられた海外製の純正品というのは存在しないのです。

しかしこのザガーロ、実は前立腺肥大症の治療薬であるアボダート(日本名:アボルブ)の外見だけ変えた代物。錠剤の見た目と名前だけが異なるだけで中身はアボダートと同一。当然ながら製薬会社はどちらもグラクソ・スミスクライン社。

実際日本でもザガーロが認可される前はアボルブを処方するAGAクリニックがいくつも存在しましたしね。

勘の良い方であればもうお気づきかもしれませんね。海外製ザガーロは存在しないものの、海外製のアボダートは存在するのです。中身はザガーロと同一のグラクソ・スミスクライン社製の純正品が。

商品名 内容量 価格
アボダート1箱 30錠 3,400円
2箱 30錠×2箱 6,015円
3箱 30錠×3箱 8,615円

ベルトリドやデュプロストと違いこちらは1箱30錠入り。価格的には最安のベルトリドに比べ2.5~3倍ほどになってしまいますが、日本で処方されるザガーロに比べれば約3分の1。

安いに越したことはないが信頼性や安全性も重視したい人は、グラクソ・スミスクライン社製の純正品アボダートを試してみてはいかがでしょうか。

アボダートの詳細

発毛剤最安の組み合わせの価格は?

さて、ここまでフィナステリド内服薬、ミノキシジル外用薬、ミノキシジルタブレット、デュタステリド内服薬の最安値について取り上げてきましたがいかがだったでしょうか。

これをもとに、3種の神器の組み合わせで最も安いパターンはというと…ミノキシジルタブレットは10mg、ミノキシジル外用薬はオーソドックスな5%で考えます。

商品名 内容量 価格 1ヶ月あたりの費用
フィンカー4分割 1mg100錠×4 4,083円 300円
カークランド 60ml×2本 3,340円 1,700円
ノキシジルボトルタイプ 10mg100錠 3,130円 1,000円
(2018年6月現在)  

個人輸入は為替相場の影響を受け価格は日々変動していますので、1ヶ月あたりの費用はやや大雑把に計算しています。

どうでしょう?3種の神器をすべて使用しても1ヶ月あたりの費用は3,000円です。日本であればプロペシアだけで1ヶ月7,000円。一方個人輸入ならこれら3つ使用して3,000円。極めて大きな差です。

フィンカーの4分割に不安や面倒くささを感じるのであればフィナロに変更。それでも1ヶ月の費用は3,500円程度で収まることに。

薄毛や副作用の状況に応じてノキシジルを5mgにしたり10mgを2分割すればさらに費用を抑えることができます。この安さこそが個人輸入最大の魅力といっていいでしょう。

信頼性を重視するなら?

上記の組み合わせは非常に安価ではあるものの、信頼性に不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

そういった場合は、フィナステリドを海外製プロペシア、デュタステリドをアボダートのような純正品にしましょう。純正品とはいえ日本で処方してもらうより遥かに安く購入できます。

ミノキシジル外用薬に関してはすべてアメリカ製となっていますので、カークランドであろうがフォリックスであろうが信頼性は高いといえます。

最も問題になるのはミノキシジルタブレット。本家アメリカ製のロニテンは現在流通していないので、個人輸入で購入できるミノキシジルタブレットはインドやタイ、フィリピン製ジェネリックばかり。

すべて大手製薬会社ではあるものの、これらの国に若干の怪しさを感じるのも理解できます。そもそもミノキシジルタブレットは発毛剤の中でも比較的副作用が強い医薬品なので、信頼性や安全性を重視するなら使用を見送るべき。

ミノキシジル外用薬も副作用リスクがほとんどない5%のカークランドを使用することで余計なリスクは回避できます。

海外製プロペシアとカークランドの組み合わせで1ヶ月あたり約6,500円。アボダートとカークランドの組み合わせで5,000円程度になります。

【番外編】最強の組み合わせは?

最安の発毛剤というテーマからは少し外れますが、より効果が高い最強の組み合わせと価格についても簡単に触れておきましょう。

より高い発毛効果を求めるなら、内服薬はフィナステリドではなくデュタステリド。そして外用薬はフォリックスFR16。ミノキシジルタブレットはもちろん1日の限度量の10mgとなります。

その価格はというと…

商品名 内容量 価格 1ヶ月あたりの費用
ベルトリド 0.5mg100錠 4,935円 1,500円
フォリックスFR16 60ml 5,180円 5,180円
ノキシジルボトルタイプ 10mg100錠 3,130円 1,000円
(2018年6月現在)  

3種の神器最安の組み合わせに比べると1ヶ月あたり5,000円ほど高くなってしまいますが、それでも8,000円でお釣りが来ます。

これはあくまでも効果のみを追求した例。発毛効果は絶大だが副作用リスクもかなり高くなってしまいますので参考程度に。

国産と個人輸入の価格差は非常に大きい

仮に国産のもので発毛剤を揃えようとすれば、医療機関で処方されるプロペシアやザガーロとリアップX5プラス以外の選択肢はありません。現在はプロペシアより2~3割ほど安いサワイやファイザーといったジェネリックも存在しますが…

その場合の費用は医療機関でのプロペシアが1錠200~250円、リアップX5が60ml1か月分7,500円として、毎月14,000~15,000円。そこに診療代や処方代が加われば負担は馬鹿になりません。

一方、個人輸入であればプロペシア・リアップX5プラスと同じ成分量のフィンカー4分割とカークランドの使用で1ヶ月2,000円、フィンカーの分割を嫌いフィンペシアを用いたとしても3,000円でお釣りがきます。

さらなる効果を求めミノキシジルタブレットを追加しても月額は+1,000円程度で済むので、ネットでしっかり情報収集している人の多くは個人輸入で発毛剤を購入しています。

発毛剤が効果を示すのは使用している間のみ。場合によっては一生…半永久的に使い続ける必要があるので、コストや費用は長い目で見る必要があります。

国産と外国産、正規品とジェネリックに効果の差は基本的にありません。負担を少なく、かつ永く髪を維持するためにも毎月のコストは抑えるに越したことはないでしょう。


当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧