BAKUシャンプー ピディオキシジル配合で低価格

BAKUシャンプー 男性向けの育毛シャンプーは各社から様々なものが発売されており、多くがアミノ酸系洗浄成分とノンシリコンが主体。それによって髪や頭皮にダメージを与えない事を前提に作られています。

なぜなら、ドラッグストアなどで買える数百円のシャンプーは高級アルコール系や石油系の界面活性剤を使用していることが大きな理由。洗浄力が強すぎるため頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。

つまり多くの育毛シャンプーは「育毛」というよりは「頭皮や髪に余計なダメージを与えない」という事を目的にしているといっていい。しかし、ここで取り上げるBAKUシャンプープレミアムやトリートメントは育毛成分として注目されているピディオキシジルを配合した、いわば“攻めの育毛シャンプー”。

そんなBAKUシャンプーが具体的にどういった成分を配合し、ピディオキシジルはどんな効果があるのかなど詳しく見ていきたいと思います。

BAKUシャンプーに配合されるピディオキシジルとは

BAKUシャンプーのピディオキシジル BAKUシャンプープレミアムとトリートメントには前述の通りピディオキシジルが配合されています。

このピディオキシジルは右図のように世界で発毛剤として認可されているミノキシジルと非常によく似た分子構造を持つのが特徴。違いは青丸の点のみとなっています。

高い発毛効果を示しつつも副作用の心配があるミノキシジルの効果はそのままに、副作用のみ無くす事を目的として作られたピディオキシジルは、高価なキャピキシル育毛剤であるフィンジアBOSTONのみにしか配合されていません。

ピディオキシジルは本当にミノキシジルと同等の効果?

次世代の育毛成分として期待されているピディオキシジル。ミノキシジルと分子構造が酷似しているから効果も一緒なんて、いささか乱暴な考えである気もしなくもありません。

しかしそこには一定の根拠も。

薄毛はNIH3T3線維芽細胞の増殖が阻害されることが一因とされており、ピディオキシジルとミノキシジルを添加したところ、増殖阻害を同程度抑止したというデータがあります。

ピディオキシジルが線維芽細胞増殖阻害を抑制

また、あらかじめ脱毛させたマウスを用いた試験において、ミノキシジルを上回る発毛効果が核にされたとも。

ピディオキシジルのマウス試験で発毛効果確認

今のところ人間に対する臨床試験は行われていないため、発毛効果の根拠としては弱いのも確か。ただ、多くの薬は臨床試験の前段階としてマウスを用いて効果や安全性を確認することから、一定の信頼はできるでしょう。

このピディオキシジルを配合したシャンプーというのは、現時点においてBAKUシャンプーとドクターゼロ馬プラセンタ&ピディオキシジルシャンプーしかない。貴重かつちょっと異色の存在でもあるのです。

※ドクターゼロ 馬プラセンタ&ピディオキシジルシャンプーは販売終了。

ピディオキシジル以外のBAKUシャンプーの注目点

ピディオキシジルばかりに注目が集まりがちなBAKUシャンプー&トリートメントですが、育毛シャンプーとしての基本もしっかり押さえています。

質の高いアミノ酸系洗浄成分

市販の有名シャンプーに使われる石油系洗浄成分やシリコンといった髪や頭皮に悪影響のあるものは一切使わず、高価なシャンプーと同様にアミノ酸系洗浄成分とノンシリコンにより皮脂を取り過ぎるような事はなくマイルドに洗い上げます。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • コカミドDEA

BAKUシャンプーには上記4つのアミノ酸系洗浄成分が使われています。これらは非常に安全性が高く質の高い界面活性剤。

育毛剤に使われる成分を多数配合

またBAKUのシャンプープレミアムやトリートメントには下記のような育毛剤の成分としてもよく目にするものが名を連ねているのも特徴のひとつ。

  • センブリエキス
  • 褐藻エキス
  • 酵母エキス
  • ヒオウギエキス
  • ビワ葉エキス
  • オウゴン根エキス
  • ダイズ種子エキス
  • フユムシナツクサタケエキス(冬虫夏草エキス)

男性型脱毛症(AGA)の原因であるDHTを作り出す5αリダクターゼの働きを阻害するビワ葉エキスやオウゴン根エキス、頭皮環境を整えるセンブリエキスや褐藻エキスなど、多くの育毛成分を配合。

育毛剤とは違い塗布した後に洗い流すシャンプーやトリートメントですから高い育毛効果までは望めませんが、髪や頭皮を考えアミノ酸系のシャンプーを使うなら少しでも育毛効果を期待できるものを使いたいところ。

そういった希望を叶えてくれるのがBAKUシャンプーなのでしょう。

■高級シャンプーの基本であるアミノ酸系洗浄成分とノンシリコン
■ピディオキシジル以外にも様々な育毛成分を配合している

BAKUシャンプーとトリートメントの価格

成分と並んで気になるのが価格。どんなに良いものでも価格が高すぎればおいそれと購入は出来ませんし、結婚している方なら限りあるお小遣いをやりくりする必要もあるでしょう。

BAKUシャンプーやトリートメントには単品と双方のセット、そしてリジンのサプリメントが付属するものがあり、具体的な価格は以下のようになります。

商品名 内容量 価格
BAKUシャンプープレミアム 500ml 2,380円
BAKUトリートメントプレミアム 500g 2,380円
BAKUシャンプー+トリートメント 500ml+500g 3,780円
BAKUシャンプー+トリートメント+リジン 500ml+500g+200粒 4,180円
(2018年7月現在)  

上記は全て税込・送料無料となっています。

リジン2000mgのサプリメントはL-リジン、L-アルギニンなどの必須アミノ酸はもちろん亜鉛やたんぱく質、タウリンなどが含まれた牡蠣エキスや海藻なども含まれた人気の育毛サプリメントで単品価格は1,980円。これがプラス400円で付くというのは非常にお得といえます。

さらにお得な詰め替え用パック

BAKUシャンプーは詰め替え用がお得

シャンプーとトリートメントはセットで買うと1,200円ほどお得になるものの、もっとお得なのが詰め替え用のパック。

商品名 内容量 価格
BAKUシャンプー詰め替え用パック 1000ml 2,780円
BAKUトリートメント詰め替え用パック 1000g 2,780円
BAKUシャンプー+トリートメント詰め替え用 1000ml+1000g 4,680円
(2018年7月現在)  

シャンプー単品で比べると、ボトルで買えば500mlが2,380円なのに対し詰め替え用だと1000mlで2,780円と圧倒的にお得。自分でボトルを用意してそれに入れて使うのもひとつの方法かと。

シャンプーとトリートメントのセットも、ボトルなら3,780円なのが詰め替え用だと倍の内容量にもかかわらず4,680円。この価格を知ってしまうと、他の育毛シャンプーがやたらと高く見えてしまう。

シャンプーやトリートメントのみが目的なら詰め替え用を、リジンにも興味があるなら1,980円のリジンサプリメントが400円で付いてくるセットをおすすめします。

■リジンのセットは1,980円で販売されるプレミアムリジンが実質400円
■シャンプーとトリートメントのみならボトルを用意し詰め替え用がお得

BAKUシャンプーは大幅値下げされていた!

前述の価格は価格改定後のものになっていますが、少なくともこの記事を最初に書いた2017年頃まではもう少し高い価格で販売していました。そう、いつの間にか値下げされていたのです。しかも大幅に。

参考までに、以前の価格と比較してみましょう。

商品名 値下げ前 値下げ後
BAKUシャンプープレミアム 2,980円 2,380円
BAKUトリートメントプレミアム 2,980円 2,380円
BAKUシャンプー+トリートメント 4,780円 3,780円
BAKUシャンプー+トリートメント+リジン 5,180円 4,180円
BAKUシャンプー詰め替え用パック 3,480円 2,780円
BAKUトリートメント詰め替え用パック 3,480円 2,780円
BAKUシャンプー+トリートメント詰め替え用 5,980円 4,680円

500ml入りで2,980円という元々の価格ですら他の育毛シャンプーに比べれば圧倒的に安かったのに、さらに値下げしたことによって他の追随を許さない安さに。

もちろん内容量や成分に一切の変更はありません。

アミノ酸系洗浄成分にノンシリコン、そしてピディオキシジルはじめ様々なヘアケア成分が入ってこの価格。しかも日本製。これだけ見てもBAKUシャンプープレミアムに死角は見当たらない。

スカ〇プDとかにぼったくり感が…

BAKUシャンプー&トリートメントの総評

注目の育毛成分であるピディオキシジルを配合している数少ないシャンプー&トリートメントであるBAKUは、アミノ酸系洗浄成分とノンシリコンという高級シャンプーの基本を抑えつつ様々な育毛成分も配合しています。

内容量300~400mlが主流の一般的なシャンプーと違い、BAKUシャンプーはボトル1本に500ml入っている点も見逃せず、詰め替え用の圧倒的な安さや格安でリジンのサプリメントが付いてくるあたりは他の育毛シャンプーと一線を画しています。

個人的にBAKUシャンプープレミアムと比較検討するなら、同じくピディオキシジル配合のドクターゼロのシャンプーか、キャピキシルを配合し男女から高い評価を受けるharu kurokamiスカルプあたりでしょうか。

でもドクターゼロ 馬プラセンタ&ピディオキシジルシャンプーは販売終了となってしまったため、ピディオキシジルを配合したシャンプーは事実上BAKUシャンプーのみとなってしまった。

キャピキシルを配合するharu kurokamiスカルプにしても、400ml入りで価格は定期3,110円。コストパフォーマンスを重視するなら比較対象にはなりません。

プレミアムリジンのセットやお得な詰め替え用があるのもBAKUシャンプーならでは。価格面ではこちらに大きなアドバンテージがあります。

超有名育毛シャンプーであるスカルプDなどの男性用シャンプーの多くが300~400mlで3,000~4,000円することを考えると、BAKUの詰め替え用は1000mlで2,780円と3分の1程度の価格。

正直言って成分的にもBAKUシャンプープレミアムの方が上。

育毛シャンプーの入門用としてはもちろん、「別の育毛シャンプーを使ってるけどけど高い…」という方にもぜひ使ってみて欲しいシャンプーです。育毛剤と併用することを考えても安いに越したことはない。

BAKUシャンプー+トリートメントの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事


カテゴリ一覧