女性に多いびまん性脱毛症はこうして治す!

女性のびまん性脱毛症

薄毛やハゲは男性だけのもの。そういった印象を持っている人も多いと思いますが、実は近年女性の薄毛が非常に増えているのです。

しかし女性の薄毛は男性のそれとは薄毛のなり方で異なり、「M字ハゲ」や「頭頂部ハゲ」が特徴の男性型脱毛症に対し、女性の薄毛は「びまん性」と言われる全体的に薄くなる場合が多くなります。

最近は女性の薄毛が急増しているため、周囲を見渡せば薄くなっている女性を見かけることも多くなりました。分け目が薄く見える、もしくは全体的にまんべんなく薄くなっている場合がほとんどでしょう。

こういった女性特有の薄毛パターンを「びまん性脱毛症」と呼びます。そんなびまん性脱毛症の特徴や原因、対処法などに迫っていきたいと思います。

びまん性脱毛症とは?

まずびまん性脱毛症とはどういったものか解説します。

一般的に「ハゲ」と呼ばれる男性のハゲ方って非常に特徴がありますよね。おでこの生え際から薄くなる「M字ハゲ」、頭頂部から薄くなることから河童のように見えるてっぺんハゲなど。こういったハゲ方をする薄毛を男性型脱毛症(AGA)と呼び、男性の薄毛の9割以上を占めているとされます。

そんなAGA、生え際から頭頂部がどんどん薄くなる一方で側頭部や後頭部がハゲることはないため、最終的にはちょっと切ない感じに。ハゲを隠そうと側頭部の髪の毛を伸ばし頭頂部に被せるバーコードヘアーなども哀愁を誘います。

このように男性の薄毛はハゲる場所、ハゲない場所がはっきりと分かれているのに対し、女性の薄毛はM字ハゲやてっぺんハゲにないることはほとんどありません。

なぜなら、女性の薄毛の大半は髪の毛全体がまんべんなく薄くなるびまん性脱毛症だから。

びまん性脱毛症とは

男性の薄毛原因と大きく変わらないケースの薄毛でも、女性の場合はびまん性脱毛症になることがほとんど。なぜ男性とハゲ方が違うのかについては明確に理由は分かっていないのが実情。

びまん性脱毛症の原因はFAGA

そもそも、本来薄毛になるイメージがない女性がびまん性脱毛症になってしまう理由や原因はなんなのでしょうか?

女性が薄毛になってしまう原因の多くは生活習慣や食生活の乱れによってホルモンバランスが崩れ、髪の毛や肌の美しさを保つ「エストロゲン」という女性ホルモンが減ってしまうことにあります。

加えて女性の場合40代以降に必ず訪れるであろう更年期…つまり閉経によって女性ホルモンの分泌が激減。これら女性ホルモンの減少が薄毛を引き起こす原因になっているのです。

女性ホルモンが減ると薄毛になる理由

女性の薄毛の多くは女性ホルモンであるエストロゲンが減少することにより引き起こされます。しかしその裏には男性ホルモンが関わっているケースがほとんど。

男性の薄毛のほとんどを占める男性型脱毛症(AGA)の場合、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつき生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が髪の毛の成長を阻害することで起こります。

一方の女性は美しい髪の毛の作り出す女性ホルモンであるエストロゲンが豊富で、かつ男性ホルモンは男性に比べ10分の1程度しか保有していないため、本来なら女性が薄毛に悩むようなことはほとんど考えられません。

しかし、生活習慣の乱れや過剰なストレスなどによりホルモンバランスが崩れると、女性ホルモンの量が減少することで相対的に男性ホルモンの割合が高くなることになり、これが薄毛を引き起こす原因となるのです。

何らかの理由により女性ホルモンが減少した結果、AGAと同様にDHTの影響力が増え薄毛を引き起こすことからFAGA(女性男性型脱毛症)というちょっとややこしい名前で呼ばれたりします。

びまん性脱毛症の原因の大半はDHT

女性の薄毛の原因は多岐にわたり、代表的なものを挙げると…

  • 食生活の乱れ
  • 生活習慣の乱れ
  • 過度なストレス
  • 肥満
  • 過度なダイエット
  • 更年期

…このあたりでしょうか。

一見様々な要因がびまん性脱毛症に関わっているように感じるかもしれません。しかしこれらの先にあるものの多くはホルモンバランスの乱れ…つまりエストロゲンの減少に繋がります。

ただし、エストロゲンが減少したからといってハゲるわけではありません。そこに遺伝的な要因などによってDHTが多く作られる状況が重なってはじめてびまん性脱毛症になるのです。

それを物語るように、どんなに荒れた生活を送っていても薄毛にならない女性もたくさん存在しますよね。逆に規則正しい生活を送っていても薄毛になってしまう女性も存在します。

そこには男性の薄毛と同じように、個人差がある男性ホルモンの保有量や、DHTを作り出す5αリダクターゼ(5α還元酵素)の分泌量、そしてDHTの感受性が関わっているのです。

■女性ホルモンが減少すると相対的に男性ホルモンの割合高まり薄毛の原因に
■男性型脱毛症(AGA)に近い仕組みであるためFAGA(女性男性型脱毛症)

びまん性脱毛症の具体的な症状

薄毛の女性

男性の薄毛の場合おでこの生え際や頭頂部から薄くなってくる場合がほとんどとあって、ある程度進行すればすぐに「ああ、あの人ハゲてるな」と認識することができるでしょう。

頭頂部から薄くなるタイプでは男性より背の低い女性は気付かない場合もありますが、ある程度進行すれば横や後ろから見たとき頭頂部やつむじのボリュームが明らかに乏しいため判別は決して難しくありません。

しかし女性に多いびまん性脱毛症では全体的にじわっと薄くなります。軽度な状況では周囲も自分自身も気づきにくく、化粧などで毎日鏡を見ているため変化を捉えにくいことも発見を遅らせる要因にも。

しかしFAGAやびまん性脱毛症は進行性。気付かない間にも確実に抜け毛は増え、ある程度進行すると髪の毛のセットが決まらなくなったり、分け目が以前より広がったりといった理由から薄毛に気付くことに。

特に分け目は要注意。

正常な髪の毛とびまん性脱毛症の比較

左が正常な髪の毛の分け目、右がびまん性脱毛症の疑いがある分け目になります。

男性に比べ髪の毛が長い傾向にある女性の場合、ベリーショートでもない限り必ずどこかに分け目が存在するはず。その分け目の状態こそがびまん性脱毛症発見の重要な部分になるのです。

AGAのように生え際のラインが上がるわけでもなく、円形脱毛症のように部分的に薄くなることもないため発見は遅れがちで、気づいたらかなり進行していた…なんてことも多い。

「何かおかしいな」と感じたらすぐに何かしらの対策をするべきでしょう。

 ■びまん性脱毛症は生え際や部分的な薄毛がないため気づきにくい
 ■セットのしにくさや分け目の変化に気づいたら早急な対策を

びまん性脱毛症の治療法や対策は?

びまん性脱毛症の治療と対策

髪の毛が全体的に薄くなってしまう女性特有のびまん性脱毛症にはどういった治療法が有効なのでしょうか?

前述したようにびまん性脱毛症はFAGA(女性男性型脱毛症)の症状であるため、男性型脱毛症(AGA)と同じ対策が通用しそうですよね。しかし事はそう単純なものではありません。

AGAの代表的な治療薬であるプロペシア(成分名:フィナステリド)やザガーロ(成分名:デュタステリド)といった内服薬はDHTの生成を抑制する薬ですが、男性ホルモンが少ない女性には効果が無いと臨床試験で実証されています。

加えて妊婦や授乳婦に対しては胎児の生殖器に障害を起こす危険性があるとの理由から服用はおろか触れることすら禁止されています。

女性が唯一使用できる発毛剤は、プロペシアと並び世界中から効果を認められ、日本ではリアップに配合されているミノキシジルのみ。

ただし、女性は男性より効果や副作用が出やすいことからミノキシジルの濃度は男性用のそれより低いのが特徴。特に内服薬であるミノキシジルタブレットは副作用が強いため注意が必要になります。

びまん性脱毛症対策は生活習慣や食生活改善から

女性の薄毛に多いびまん性脱毛症はホルモンバランスの乱れによる女性ホルモンの減少やDHTの増加なので、それを是正する対策を取るのが女性としての美しさを保つという面でもベストになるでしょう。

その対策は睡眠不足や偏った食生活の改善、適度な運動、ストレスの低減、禁煙禁酒など生活習慣全般にわたります。すべてを行うのは不可能でも出来る限り実践する事により薄毛は改善に向かう可能性が高まります。

栄養バランスが取れた食事を心がけ、タバコは吸わずお酒は適量、ストレスを溜めこまず規則正しい生活をする…結局は健康的な生活こそがびまん性脱毛症改善に最も有効という結論になるでしょう。

育毛剤の使用も視野に

とはいえ、生活習慣や食生活を見直したからといってびまん性脱毛症が治るとは限りません。それはいかんも健康そうな生活を送っている年配女性に薄毛が多いことからも明らか。

というのも、女性は誰しも加齢によって女性ホルモンが減少していきますし、遺伝や体質的にDHTが多い人はそれを抑制する術がないからです。原因がホルモンだけに対策は一筋縄ではいきません。

生活習慣や食生活を見直したが薄毛は改善しなかった、生活習慣を見直すだけの時間的余裕がないという場合は、育毛剤に頼ることを考えたほうが良いでしょう。

おすすめの育毛剤は?

薄毛女性が急増している昨今、多くの女性用育毛剤が登場していますが、中でもマイナチュレリジュンなどは育毛効果が高く、かつ比較的リーズナブルに購入できるとして人気を集めています。

そんな中にあって2018年に登場したルルシアの存在感が大きい。

びまん性脱毛症にルルシア ルルシアは後発の女性用育毛剤とあって他の商品に負けない非常に多くの成分を配合しています。

中でも特に注目したいのが、女性用育毛剤として初めて育毛サプリメントをセットにしたこと。これにより体の外側と内側の両面から育毛させることが可能に。

それでいて価格は他の女性用育毛剤と同等の4,980円に抑えている点も好印象。まさに次世代の女性用育毛剤なのです。

女性用育毛剤ルルシアの公式サイト

もうひとつおすすめしたいのがルグゼバイブ

びまん性脱毛症治療にルグゼバイブ 世界39ヶ国で使用されており、日本のAGAクリニックでも処方される飲む女性用育毛剤「パントガール」の成分や含有量そのままに高濃度の馬プラセンタとコロストラムを追加配合した育毛剤。

様々な成長因子や栄養素を豊富に含む馬プラセンタは1日分2000mgと、馬プラセンタ単体のサプリメントより高濃度を実現しており、びまん性脱毛症はもちろん美容にも非常に効果的です。

パントガール同様AGAクリニックでも処方される信頼性高い育毛剤。総合的な美しさを目指すのであれば最もおすすめできる商品といえるでしょう。

ルグゼバイブの公式サイト


びまん性脱毛症は男性の薄毛と同じく進行性である場合が多く、治療や対策が遅れてしまうと改善が難しくなってしまいます。

どんな対策・治療法を用いるにせよいち早い行動を心がけてください。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved