若い女性に薄毛が急増中! 原因と対策は?

若い女性に薄毛が急増中

一般的に薄毛やハゲというのは男性のもの…とりわけ中年男性がほとんどのイメージがありますよね。若い女性というのはその対極にある…と思いきや、近年は女性の薄毛が急増。20代などの若い女性も例外ではありません。

なんで中年男性のものというイメージのある薄毛が若い女性にも蔓延してきているのか?

その原因は多岐にわたるため断定することは難しいと言わざるを得ません。しかし傾向はある程度ハッキリとしています。恐ろしいことに「女性の男性化」というのがテーマだったりするのです。

本来人生を謳歌するはずの若い女性がなぜハゲてしまうのか? その原因と対策に迫ってみたいと思います。

女性が男性化している?

薄毛の原因や要因に関しては様々なものが挙げられますが、その根底にあるものは「男性化」というのをご存知でしょうか?

男性にしろ女性にしろ薄毛の最大の要因は髪の毛の成長を阻害する「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモン。これが多ければ多いほど、DHTに対する感受性が高ければ高いほど薄毛になりやすくなります。

とはいえ、女性は「エストロゲン」という髪を成長させたりDHTの生成を抑制したりする女性ホルモンを豊富に分泌しており、男性に比べ薄毛になりにくいという特徴があります。

また男性に比べ男性ホルモン自体の量も少ないため、薄毛になることは少なかったという背景も。事実女性がハゲるというイメージを持ち合わせていない人も多いことでしょう。

しかし近年活発化している女性の社会進出や、それに伴うストレスの増大、喫煙、食生活や生活習慣の乱れによって髪の毛を美しく成長させるはずのエストロゲンの分泌が減少し、相対的に男性ホルモンが増える傾向にあるのです。

女性ホルモンが減り相対的にDHTが多い状態になってしまう…このホルモンバランスの乱れが女性の薄毛の最大の要因。これはまさに「男性化」と言っても過言ではないでしょう。

専業主婦や家事手伝いという昔ながらの形態が減り女性が正社員としてバリバリ働くようになった昨今、こういった事情により若い女性にも薄毛が急増しているのです。

若い女性が薄毛になる主な要因と対処法

女性の薄毛の最大の要因はホルモンバランスの乱れ…つまり女性ホルモンであるエストロゲンが減り、薄毛の原因となる男性ホルモンDHTが増えてしまうことにあります。

ここではホルモンバランスを乱れさせてしまう代表的な原因や、若い女性が陥りがちな薄毛の要因と、その対処法や解決法について見ていきます。

■ストレス

強いストレスは自律神経を乱れさせます。結果緊張を司る交感神経が優位になりホルモンバランスが崩れる大きな原因になってしまいます。

若い女性は理不尽ともいえる職場の力関係に翻弄されがちであるうえ、若いがゆえに経験が少なく素直という美点があだとなり様々なストレスを感じがち。

結婚し子供を産めば家事と育児に追われるのも多くは若い女性。姑やママ友との関係や育児への責任も相まって、図太くなった中年女性より遥かにストレスを感じやすい状況といえます。

■ストレスを軽減させる

ストレスを解消する方法は人によって大きく違ってくるものの、基本は「頑張り過ぎない」…つまり仕事も対人関係もほどほどを心がけ、気負わないことが重要。でも若いと色々と頑張ってしまうんですよね。

それを解消するには自分の時間をある程度確保し、嫌なことを忘れリラックスできる時間を作るよう心がけてみてください。スポーツなど体を動かしつつ熱中できる趣味があればベスト。

友人に愚痴を聞いてもらうのも有効な手段でしょう。ただし一緒にいて気を使うような相手の場合はかえってストレスが溜まってしまう可能性があるため、人選も重要になります。

■偏った食生活

食生活は若い独身女性が乱れがちな要素。特に一人暮らしともなると外食や弁当などの食事が増え栄養バランスが乱れる傾向に。偏った食生活によりホルモンバランスが崩れてしまいます。

また偏った食生活は髪の毛の原料となる栄養素が不足する恐れも。たんぱく質や亜鉛、ビタミンB群の不足は薄毛の原因になりうるのです。

■食生活を見直す

理想はビタミンやミネラルなど栄養素のバランスを考えた食事を朝昼夕しっかりと摂ること。とはいえ仕事や恋愛、友人関係などで忙しい若い女性にとってはなかなか難しい問題ともいえます。

若い女性ほど朝食を抜く一方で夜にドカ食いしてしまう人が多いので、まずは朝食をしっかりと摂りつつ夜の食事を減らすようにしましょう。

今現在肉中心の生活であれば野菜や魚も摂るようにし、同時に女性ホルモンに近い働きをするイソフラボンを多く含む納豆や豆腐など大豆製品も積極的に摂りたいところ。

たんぱく質や亜鉛、ビタミンB群を一気に摂りたいのであればレバーや牡蠣がおすすめ。これらは「食べる育毛剤」と呼んでも差し支えないほど髪の毛に必要な栄養素が豊富なのです。

■睡眠不足

若い時は体力があり無理もきくがゆえに夜遅くまで起きていたり、場合によっては徹夜したりしてしまうもの。しかしそんな無理が薄毛の原因になってしまいます。

睡眠不足は自律神経を乱れさせる原因になるほか、女性ホルモンの分泌に悪影響を与えます。髪の毛にとっては最悪の状況と言えるでしょう。

■しっかりとした睡眠を取る

女性ホルモンが最も分泌されるのは入眠後3~4時間の間。しっかりと寝ることでホルモンバランスが整えられるのです。加えて睡眠の質も重要になります。

「夜10時~翌2時まで4時間の睡眠が美容にとってのゴールデンタイム」なんて話もありますが、実際は入眠から3~4時間に質の高い睡眠を取ることが大事に。夜10時から翌2時にこだわる必要はありません。

睡眠時間は1日6~7時間、分割せずに一度に取るのが望ましくなります。

若い時は何かと忙しい時期とあって寝る間も惜しんで遊んだり仕事したりしてしまいがち。しかし睡眠不足は髪の毛のみならず美容にも大敵となることを忘れないでください。

■ダイエット

体形を気にする人は思春期~20代の女性に最も多いもの。それは恋愛に対してはもちろん周囲の目を考えれば仕方のないところ。そして細い体を手に入れるために女性の間で日夜行われているのがダイエットです。

しっかりとカロリー計算され栄養バランスまで考えられたダイエットであればむしろ健康的であるものの、実際は食事を抜いたり特定の食品に偏ったりと無茶なものが横行。間違ったダイエットは女性ホルモンの分泌を減少させてしまいます。

■カロリーと栄養バランスに気を使う

仕事内容にもよりますが若い女性であれば1日の摂取カロリーが1日1800~2000kcalくらいで普通体型を維持する計算に。それを1500kcalにすれば1ヶ月で1kg以上の脂肪を落とすことができます。(脂肪1kg=約7200kcal)

ざっくりでもいいので1食400~500kcalを目安とし、その中でできる限りバランスの良い食事を心がけると薄毛の改善はもちろん美容にも驚くほどの効果が出るでしょう。可能であれば軽い有酸素運動も取り入れたいところ。

重要なのは基礎代謝以上のカロリー制限は行わないこと。

体重50kgほどの女性の生命維持に必要な基礎代謝はおよそ1200~1300kcal。1日の摂取カロリーがこれを下回るようだと筋肉まで落ちてしまい痩せにくく太りやすい体になってしまうので注意が必要。

■喫煙

女性全体の喫煙率は10%前後とされていますが、若い女性の喫煙率はそれより高い傾向にあります。

タバコは交感神経を優位にし緊張状態を生み出すうえにビタミンを破壊することでも知られ、女性ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

同時に薄毛の原因となる男性ホルモンDHTを平均13%増やすことがハーバード大学の研究で分かっています。喫煙は女性の薄毛の大きな要因のひとつと言っても過言ではないのです。

また、薄毛以外にも顔の老化が早く進むスモーカーズフェイスなど美容にもかなりの悪影響があることも忘れてはなりません。。

■基本は禁煙

タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど有害なものですから、可能であればスパッと禁煙すべき。

しかし女性は男性に比べ喫煙率こそ低いものの、喫煙者の禁煙成功率は男性より明確に低く、一度吸ってしまうとなかなか止められないという現実がデータで示されています。

理想はすぐに禁煙することですが、どうしても止められない場合は「家の中で吸わない」「車の中で吸わない」などルールを決め少しでも本数を減らすようにし、最終的に禁煙に結びつけるといいでしょう。

■パーマ、カラー、髪形など

若い女性はおしゃれに敏感ですし、魅力を十二分に引き出すためにもヘアスタイルには力を入れますよね。

しかし過度なパーマやヘアカラーは薬液のよって髪の土台となる頭皮にダメージを与えてしまいますし、髪の毛自体も傷んで抜け毛が増えてしまう原因に。

また、可愛らしいお団子ヘアなどは長時間引っ張ることによって牽引性脱毛症を引き起こす可能性も。仕事やスポーツなどで髪の毛を長時間縛ることも牽引性脱毛症の原因になります。

■髪や頭皮にストレスをかけないよう心がける

若いころは色々な髪形を試したくなるもの。若い女性の場合髪の毛に艶やハリがあるためパーマやカラーリングをしてもバサバサにならずある程度綺麗な状態を維持できます。しかしダメージは確実に蓄積されているのです。

何だかんだで日本人は黒髪が一番似合いますし、男性には黒髪ストレートを好む人が多いため、薄毛にならない、改善させるためにも私たちが本来持っている素材を活かす方向で考えてみてはいかがでしょうか。

若いからって油断は禁物

女性ホルモンの分泌は20代がピーク。それだけに“普通”の生活をしている分には薄毛に悩まされることはほとんどないはず。

しかしその“普通”が脅かされているのが現実が。女性がバリバリ働くのが当たり前になった昨今女性ホルモンの分泌は減る一方でDHTは増える傾向に。そうなれば当然若い女性にも薄毛が増加します。

実際私の周囲の20代女性の中には髪が薄く頭皮が目立つ人も散見され、内心「まだ若いのに…」と切ない気持ちになります。

最も女性ホルモンが分泌される20代ですでに髪の毛が薄いのであれば、生活習慣や環境を見直さない限り薄毛は進む一方です。なぜなら30代以降女性ホルモンは減少の一途を辿るから。

特に女性ホルモンが激減する40代以降は薄毛に悩む女性が一気に増えます。そうならないためにも若い時からの対策が重要になるのです。

基本的には生活などを見直しホルモンバランスの乱れを改善するのがベストですが、それが難しい人も多いと思います。そういった場合は育毛剤やサプリメントなどを上手に活用するようにしてください。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved