更年期は女性ホルモン急減によって薄毛に

更年期の女性は薄毛になりやすい

女性は40代になる頃から徐々に更年期に入りはじめ、45~50歳くらいで閉経を迎えるケースが多くなります。

閉経によって女性ホルモンの分泌が減少すると女性の体に様々な変化をもたらし、体のほてりや頭痛、めまいから倦怠感やイライラといった非常に多くの不調を引き起こす原因に。

そしてそれはそれは心身の不調に留まらず、抜け毛の増加や薄毛など髪の毛にも悪影響があるのです。

女性にとって髪の毛は見た目年齢にも大きな影響を与える非常に重要なもの。いつまでも美しい髪の毛を維持したいと願うのが普通ですよね。更年期はそんな髪の毛にどういった影響を及ぼすのでしょうか?

なぜ更年期や閉経は髪に悪影響を及ぼすのか?

男性も女性も年をとれば体の様々な場所が衰え、それは髪の毛も例外ではありません。あるデータによると髪の毛の太さのピークは男性で20代前半、女性は30台前半となっています。

つまりそれ以降は徐々に細くなっていくのです。

40代といえば明らかに体力が落ち、肌などを含め様々な場所に衰えを感じる年ですから当然髪の毛もその影響を受けることに。しかし時期を同じくして起こる更年期はその衰えをさらに加速させます。

エストロゲン減少が薄毛の要因

髪の毛の成長には女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が深く関わっています。このエストロゲンが太く美しく健康な髪の毛を生み出すと言っても過言ではありません。

そのエストロゲンの分泌は20代半ばをピークに減少に転じ、更年期が始まる40代半ばから減少のスピードが上昇します。

女性ホルモンの分泌量

薄毛を気にしだす女性が急増するのも40代からということを考慮すれば、更年期によるエストロゲン減少が大きな要因になっているのは間違いありません。

薄毛の原因であるDHTが増える

エストロゲンは女性らしい髪の毛を作り出すホルモンですが、もうひとつ大きな役割があります。それは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの生成を抑制すという点。

女性であっても少量ながらテストステロンなどの男性ホルモンを分泌しており、その中でも特に強力なDHTは薄毛を引き起こすことで知られています。男性の薄毛のほとんどを占める男性型脱毛症(AGA)もこれが原因。

このDHTはテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びついて作り出され、毛乳頭細胞内で男性ホルモン受容体と結合し脱毛因子を放出します。

女性ホルモンであるエストロゲンはこのDHTの生成を抑制する作用がありますが、更年期や閉経によってエストロゲンの分泌が激減すると、DHTが作られやすくなってしまうのです。

DHTを原因とする女性の薄毛は男性のAGAと同じメカニズムであることから「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれ、女性の薄毛の原因として最も多いという見方もあるほど。

更年期ではDHTが作られやすい状況になることに加え、女性ホルモンが減ることにより男性ホルモンの数が変わらなくとも相対的に増えたことになるのも問題。

これまで女性ホルモンと男性ホルモンの割合が「100:10」だったのに対し、更年期になると「50:10」になり男性ホルモンの割合が高くなる…といえば分かりやすいか。

そうなればエストロゲンによる髪の毛の成長力が弱まり、DHTによる脱毛が表面化しやすくなるのは想像に難くないですよね。

もちろん更年期だからといってすべての女性が薄毛になるわけでは決してありませんが、元々髪の毛が少な目の方や食生活や生活習慣が乱れがちの方などは更年期の影響で「薄い」と感じるレベルになってしまう可能性があります。

 ■太く美しい髪の成長に必要な女性ホルモン“エストロゲン”
 ■女性ホルモンは20代半ばをピークに減少し更年期でそのスピードを上げる

更年期による薄毛や抜け毛を防ぐには?

更年期の薄毛対策は食生活の見直し

女性である以上更年期は絶対に避けることはできません。しかし更年期をなくすことは無理でも更年期による薄毛を抑える方法は存在します。

まずは更年期障害の症状を抑えるという観点から、エストロゲンに近い働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取するべきでしょう。

そのためにおすすめなのは納豆と豆腐。納豆であれば1パック、豆腐であれば半丁(150g)食べるだけで十分なイソフラボンが摂取できます。両方食べると1日の限度量に達してしまうほど。

それと同時に髪の毛を構成する「ケラチン」というたんぱく質の合成に欠かせないアミノ酸や各種ビタミン、亜鉛などのミネラルもしっかりと摂っておきたい。

レバーや牛肉を食べればこれらを効率よく摂取できるでしょう。

忙しい人は育毛サプリメントも視野に

そのために最も手っ取り早い方法は育毛サプリメントの使用。オールインワンサプリであるマイナチュレサプリBOSTONレディースにはこれら栄養素がしっかり配合されているので、薄毛の治療と更年期障害の軽減という観点からベストの選択。

また、現在は育毛剤と育毛サプリメントがセットになっているにもかかわらず5,000円を切る価格で購入できるルルシアが販売されています。薄毛の改善と予防の両立を考えるならこちらを。

更年期障害は女性ホルモンの急減が主な原因の体の不調であるため、ホルモンバランスを乱す生活習慣や食生活の偏り、乱れを見直すことで更年期障害の軽減を図ることができます。

更年期にさしかかり髪の毛が薄くなってきたと感じた場合は、積極的なイソフラボンの摂取と栄養バランスの見直しを行ってみてください。

更年期による薄毛のまとめ

かつて女性は結婚した後は専業主婦になるのが普通でした。しかし景気の悪化などを背景に共働きが一般化。それに伴ってストレスが増大したり生活習慣が乱れたりして薄毛に悩む女性が急増しています。

それに追い打ちをかけるように更年期になると抜け毛が増えてしまう状況に。

理想をいえば生活習慣や食生活を見直すべきですが、仕事をする女性が多い中でそれが実行できないという人も多いことでしょう。そういった場合は思い切って育毛剤の使用を検討するのも手です。

育毛剤などの使用を考えるなら、マイナチュレなど頭皮に塗布する育毛剤も効果はありますが、できればパントガールルグゼバイブのような飲む育毛剤の方が必要な栄養素を補うという点でもおすすめです。

特にルグゼバイブは、世界39カ国で使用される飲む育毛剤パントガールの成分そのままに、高濃度の馬プラセンタやコロストラムを配合した大人気商品。これを使っておけば美容にも大きなプラスになるでしょう。

絶対に避けることができない辛い更年期。

更年期障害の辛い症状に加え薄毛という踏んだり蹴ったりな状況にならないためにも、生活習慣の改善やケアを怠らないようにしてください。

フォリックス ルグゼバイブの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved