女性に多い低体温による薄毛の原因と改善法

女性の低体温と薄毛の関係

かねてから冷え性や低体温で悩んでいる女性は多いもの。布団に入っても手先や足先が温まらずなかなか寝付けないなんて人も多いのでは?しかも近年はその傾向が強まっているといいます。

多くの場合「体質だから…」と諦めてしまっていると思いますが、それが薄毛の原因となると状況は変わってきます。そう、低体温や冷え性は女性としての魅力を大きく損ねる原因にもなりうるのです。

もし今あなたが冷え性と薄毛に悩んでいるのであれば、それらは密接に関係しているかもしれません。

低体温自体が薄毛の原因になるうえに、低体温に至る原因の中にも薄毛を引き起こすものが多いなど、決して無視できないこの2つの関係。低体温を解消する方法を身に付け薄毛改善に役立ててください。

低体温が続くと薄毛になってしまう理由

低体温や冷え性と薄毛…一見何の関係もないように感じる両者ですが、冷え性が続くと髪の毛の成長が阻害される可能性が高くなります。また冷え性の原因と薄毛の原因はオーバーラップする面も。

低体温や冷え性が薄毛を引き起こす原因の根本に存在するのが血流の悪化です。

全身に栄養や酸素を送り出すのは血液が担っており、それによって体の機能は維持されています。それは髪の毛の成長も例外ではありません。育毛にとって血行促進が重要とされている理由はここにあります。

髪の毛はケラチンというたんぱく質で作られており、その合成には18種のアミノ酸やビタミンB群、亜鉛が欠かせません。そしてそれら栄養素を頭皮に運ぶのはまさに血液なのです。

その血液は体温の維持にとっても欠かせません。熱エネルギーを血液が運ぶことによって人間の体温は保たれているのです。つまり冷え性や低体温の人というのは血流が悪い状態といっても過言ではありません。

そう、つまり「体温が低い=血行が悪い=髪の毛に必要な栄養が行き渡っていない」という図式が成り立つのです。

薄毛を引き起こす血流悪化の原因とは?

血流悪化の原因は?

ではなぜ薄毛の原因となる血行の悪化が引き起こされるのか? そこには複数の要因が隠されています。

栄養バランスの偏り

食事と体温は密接に関係しており、特にたんぱく質やビタミンB群、鉄分などのミネラルは体温を上げるために必要な栄養素となります。

代謝を助けるビタミンB群や亜鉛、造血に欠かせない鉄分の不足は低体温の一因となり、特に体のエネルギー源となるたんぱく質の不足は大きな問題。

栄養バランスの偏りによって体温が下がるということは、それだけ血流が少ないことを意味しています。また、血液が熱エネルギーを上手に運べていないということにも。

ついつい簡単な食事で済ませてしまうという人は要注意です。

運動不足

体温を上げる手段として最も分かりやすいのが運動です。激しい運動をしなくても10分ほどウォーキングすれば体温が上がってくるのが実感できることでしょう。

その理由は運動により筋肉などの血流が増え、結果的にそれが全身に行き渡るから。運動を行うと筋肉が酸素を求めるようになり、その求めに応じて血流が促進されるというメカニズムになります。

しかし、現実問題として体温の上昇を実感できるレベルの運動を行っていない人が非常に多くなっています。車社会、エレベーターやエスカレーターの存在、インターネットの普及など理由は多岐にわたります。

運動不足によって血流が滞るようになると、髪の毛の成長に必要な酸素や栄養が足りなくなってきます。頭皮は心臓の上に位置しているうえに距離も遠いため、特に血行が悪くなりやすい部位であるのは想像に難くありませんよね。

筋肉量の低下

運動不足が血流に悪影響を与えるのは直接的な血流悪化だけに留まりません。運動量が少ないということは筋肉量が少ないことを意味しているのです。

筋肉を動かすと酸素が必要になり血液の循環が促進されるのは前述の通り。乱暴に言ってしまえば筋肉量が多いほど血流も増える傾向にあるのです。男性に冷え性が少ないのは女性に比べ筋肉が多いからという点を鑑みると分かりやすい。

本来であれば筋肉量が少ない女性こそ積極的に運動するべきなのですが、現実には男性に比べ女性の方が運動を好まず、運動を実施している割合も少ないという実態が明らかになっています。

ストレス

薄毛の大きな要因として知られるストレスは血流に悪影響を与えます。

動物はストレスを感じると交感神経が優位になり、緊張によって血管が収縮、血圧が上がります。血管が収縮するため当然ながら血流が悪くなるのです。

専業主婦が当たり前だった時代は、強いストレスの多くは男性のものでしたが、女性の社会進出が当たり前となった現代において女性のストレスは確実に増大しています。

近年増えいてる女性の薄毛にストレスが関わっているのは間違いないでしょう。

低体温や冷え性による薄毛の解消法

冷え性や低体温による薄毛の対策

一般的に人間の正常な体温は時間帯によっても違いがあるものの概ね36.5度前後。平均して36度以上あるなら大きな問題にはなりませんが、女性の中には平熱が35度前後という人も少なくありません。

それによって引き起こされる薄毛を解消・改善する方法は以下の通り。

■積極的に運動をする

運動することによって血行が促進され体温が上がるのはもちろん筋肉量の増加にも寄与するため、運動は低体温や冷え性による薄毛改善にとって最も有効な手段となります。

特に「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎを積極的に鍛えたいところ。ウォーキングやジョギング、サイクリングなどが最適。エアロビクスやヨガも良いでしょう。

だからといって無理して行うと短期間で嫌になってしまう可能性が高くなるため、無理にならない範囲で行うのがベスト。友人や家族と一緒に行うとより続けやすいでしょう。

また筋肉量は基礎代謝にも影響するので、薄毛の改善はもちろん美しく引き締まった体を維持するという面でも、一定以上の筋肉量を付けるというのは美容面でも非常に効果的です。

■栄養バランスを整える

エネルギーを効率よく代謝するにはたんぱく質やミネラル、ビタミンをバランスよく摂取する必要があります。パンや麺類など炭水化物に偏っている食事が多い人は特に食生活を見直すべき。

髪の毛の成長に欠かせない栄養を多く含む食品として挙げられるのはレバーや牛肉、納豆、豆腐など。特にレバーは鉄分や亜鉛、ビタミンB群、たんぱく質が非常に豊富とあって、食べる育毛剤と言っても過言ではないほど。

これらを積極的に摂取することで低体温の解消はもちろん育毛にも役立ちます。

少し脱線しますが、肥満と薄毛は密接に関連しているため、栄養バランスの改善による肥満解消も見逃せないところ。

■ストレス解消

過度なストレスは自律神経を乱し緊張を司る交感神経が優位に。その結果血管が収縮し血行が悪くなることにより低体温や冷え性を引き起こしがちです。

現代社会においてストレスを完全に無くすことは難しいものの、ご自分の環境に合わせて上手くストレスをコントロールすることは可能。

もっともおすすめなストレス解消法は有酸素運動。体を動かすことはストレス解消に効果的であるうえ、筋肉量の維持や血行促進にも非常に効果的。まさに一石二鳥にも三鳥にもなるベストな方法といえます。

しかし、運動が嫌いという人も多いことでしょう。そういった場合は嫌なことを忘れて没頭できる趣味などを行うといいでしょう。

ただし、長時間のスマホやPCのネットサーフィンなどは目を酷使したりブルーライトを浴びたりすることでかえって交感神経が刺激される場合も。至近距離で画面を長時間み続けるようなものは避けたほうが無難でしょう。

■体を冷やす飲食を避ける

冷たい飲み物や食事は物理的に体を冷やします。

冷えた飲み物はできるかぎり避けるとともに、毎日湯船にしっかりつかり体を芯から温めるようにすると血行が良くなり低体温解消に繋がります。

■低体温は直接的に薄毛を引き起こすに留まらず、その過程にも薄毛の原因が
■筋肉量とビタミン・ミネラルの摂取は特に重要

冷え性や低体温と薄毛の関係のまとめ

近年は平熱が36℃に届かない女性が増え、低体温や冷え性と薄毛の関係は軽視できるものではなくなりつつあります。

低体温の原因には血行が悪いことが主な原因。そしてその要因として大きな割合を占めるのが筋肉量です。頭皮の血行が悪いと髪の元となる毛乳頭などに十分な栄養が行き渡らず薄毛の原因になることが広く知られています。

また、不足することで低体温を引き起こす亜鉛やマグネシウムなどのミネラル、たんぱく質、ビタミンB郡といった栄養素をしっかりと摂取することは髪の毛の成長にとって非常に重要な要素。

これらのことから、低体温や冷え性を解消し薄毛を改善させるには適度な運動と食生活の改善がもっとも効果的といえます。

低体温を是正することは薄毛の改善のみならず美容面でも非常に有効。様々な面において女性らしい美しさを取り戻すためにもぜひ低体温や冷え性の解消に取り組んでください。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved