デュタステリドは女性の薄毛に効果あるのか

デュタステリドは女性にも効果的?

プロペシアに代表されるフィナステリド内服薬は男性にとって非常に効果の高い発毛剤である一方、女性の場合は使っても効果がないばかりか妊婦や子供に対しては触ることすら禁忌とされている危ない薬。

一方、2015年9月に発毛剤として日本で正式に承認され2016年6月に「ザガーロ」が発売されたデュタステリドはどうなのでしょうか?

女性の薄毛は近年増加の一途を辿っており、より効果的な発毛剤の登場を心待ちにしている方も多いと思います。そういった方々にはデュタステリドの存在が気になっている人もいることでしょう。

フィナステリドと違い女性はデュタステリドを使用できるのか? その安全性は? 女性とデュタステリドについて詳しく取り上げていきましょう。

デュタステリドとはどういった薬なのか

そもそもデュタステリドとはどういった薬なのか解説しておきます。

デュタステリドは元々男性が罹患する前立腺肥大症という病気を治療する成分であり、日本ではデュタステリドを用いた「アボルブ」という治療薬が2009年から存在していました。

しかし薄毛の改善にも効果があるということから発毛剤として注目されるようになり、現在ではそちらのイメージのほうが強くなっています。実はこれらの経緯はフィナステリドとまったく同じなのです。

プロペシアなどの主成分であるフィナステリドはデュタステリド同様本来は前立腺肥大症の薬で、後に発毛剤に使われるようになっています。

じゃあフィナステリドとデュタステリドは何が違うのか?

フィナステリドとデュタステリドの違い

フィナステリドとデュタステリド、どちらも前立腺肥大症や薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す酵素「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害しDHTの量を減らすというもの。

2種類ある5αリダクターゼのうち、フィナステリドはⅡ型にしか効果がないのに対し、デュタステリドはⅠ型Ⅱ型双方に効果があり、より強い発毛効果が望めるという点が大きな違いになります

従来のフィナステリドと作用は同一ながら、その範囲を広げたもの…それがデュタステリドになります。そのため発毛剤の主役は徐々にプロペシアからザガーロに移ってくるのではないかと見られています。

 ■デュタステリドはフィナステリド同様元々は前立腺肥大症の薬
 ■デュタステリドはⅠ型Ⅱ型両方の5αリダクターゼに効果がある

デュタステリドは女性の薄毛に効果なし?

鋭い方ならもうお気づきだとは思いますがフィナステリドと同じ作用を持つデュタステリドは基本的に女性には使ってもほとんど意味がありません。

男性の場合DHTという男性ホルモンが薄毛の主な原因ですから、これを作り出す酵素である5αリダクターゼの働きを阻害することで薄毛を改善します。しかし女性は男性の10分の1ほどの男性ホルモンしか持っていないため思うような効果は期待できません。

そもそも女性の薄毛は女性ホルモンが減ってしまうことが主な要因であるため、DHTを減らしたところで薄毛は改善しないのです。

そのためデュタステリド製剤であるザガーロの説明書には「女性には投与しないこと」と明記してあります。女性が使用できない最大の要因は後述する胎児や乳児への影響を懸念してのものですが。

デュタステリドが女性に効果がある可能性も

デュタステリドはフィナステリド同様女性が使っても意味がない薬であるというのが一般的な認識になっています。

その理由は、薄毛女性がフィナステリドを使用する臨床試験が海外で行われ、そこで「効果なし」という結果が出ているから。つまりフィナステリドに関しては効果がない根拠が示されているのです。

これにより「女性にフィナステリドは無意味」という説が一般化しているものの、実はこの試験以外にもフィナステリドを薄毛女性に使用した試験は複数行われており、その多くで一定の効果を示しているという事実があります。

参照記事:https://www.uptodate.com/(英語)

つまりフィナステリドは女性の薄毛に効果がある可能性があるのです。

ということはデュタステリドも女性の薄毛に効果がある可能性は捨てきれません。ただし、フィナステリドと違いデュタステリドを薄毛女性に用いた試験は今のところ確認できませんが。

少なくとも女性にもフィナステリドを処方するAGAクリニックは稀に存在します。日本の専門家は女性がフィナステリドやデュタステリドを使うことについて「NO」と明言しているのが実情ですけどね。

だからといってご自分の判断でデュタステリドを服用するようなことは絶対に避けてください。なぜならフィナステリドが女性の薄毛に効果があった試験では閉経後、もしくは避妊薬の使用が絶対条件だから。

妊娠する可能性がある女性がフィナステリドより強い作用を持つデュタステリドを飲むというのは非常に危険なのです。

デュタステリドを女性が使うと危険である理由

女性がデュタステリドを使えない理由

女性がデュタステリドを使用するべきでないとされる理由は「女性の薄毛に効果がないから」だけではありません。最も気を付けるべきは妊婦や授乳婦がこの薬に触れることなのです。

というのも、デュタステリドは経皮吸収されることが確認されており、男児を妊娠している女性がデュタステリドを服用、接触すると男性ホルモンの働きが阻害され男児の生殖器に障害が出る恐れがあります。

これは乳児に授乳を行っている女性も同様。デュタステリドに触れることで体内に成分が取り込まれ、それが母乳に移行するリスクが取りざたされています。

実際、ラットやウサギを用いた実験において、デュタステリドを経口投与した結果、雄の胎児の生殖器が雌性化したとのこと。

ザガーロなどのデュタステリド製剤やカプセルタイプであるため、服用しない限り女性が成分に触れることは考えづらいものの、配偶者などが使用している場合は注意が必要です。

妊婦や子供がいる家庭においては絶対に手の届かないところに保管し、また量を調整しようと家の中でカプセルを開けるようなことも絶対に避ける必要があります。

デュタステリドは妊婦、子供にとって「」という認識を持ってください。

■妊婦や子供が服用・接触すると生殖器に障害が出る恐れがある

女性はデュタステリド以外の選択を

妊婦や小児には触ることすら禁忌とされるデュタステリドですが、閉経後もしくは避妊薬を服用している女性など長期間にわたって妊娠の可能性がまったくない女性には必ずしも禁忌ではありません。

女性の薄毛にも男性ホルモンが影響している場合もあり、そういった方にとっては多少の効果が認められる可能性はあります。

しかしフィナステリドを用いた臨床試験では結果が分かれており、男性に比べれば効果が低いのは想像に難くありません。いくら妊娠のおそれがない女性であったとしても副作用などのことを考えれば服用しないのが賢明です。

女性はどんな育毛剤を使用するべき?

日本において「髪の毛が生える」と認められている発毛剤はフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3つ。そのうちのフィナステリドとデュタステリドは女性が使うことはできません。

ゆえに発毛剤にこだわるのであれば女性が唯一使うことができるミノキシジルに頼ることに。副作用が少ないミノキシジル外用薬が第一候補に挙がるでしょうか。

ただ、日本での女性向けミノキシジルは大正製薬のリアップリジェンヌしか存在しません。ミノキシジル1%を低濃度であるうえ価格は約5,000円と高価。

女性用ロゲインがおすすめ そのため、ミノキシジル外用薬の本家本元となるアメリカのロゲインをおすすめします。女性用ロゲインはミノキシジル2%で価格は1本あたり3,000円以下。リアップリジェンヌよりコストパフォーマンスに優れます。

アメリカ製とあって信頼性が高いのも大きなポイント。…というか、そもそも日本のリアップはロゲインの2番煎じ的な商品。世界で初めてミノキシジル外用薬を商品化した本家はあくまでもロゲインである点から信頼性を語るまでもありません。

女性用ロゲインの詳細

より効果を求めるならミノキシジルタブレット

女性にもミノキシジルタブレットを 薄毛の程度が軽度とはいえず、多少の副作用は覚悟してもとにかく髪を生やしたいというのであれば女性にも唯一使えるミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレットを使用するという選択肢も。

ミノキシジルタブレットは男性の間においても「最強の発毛剤」と呼ばれるほど強力な発毛効果があり、これを処方するAGAクリニックも多数存在します。

ただし、ミノキシジルの内服薬は本来血圧を下げるための降圧剤とあって、ミノキシジルタブレットを服用することで血圧低下やめまい、動悸といった副作用が出る恐れがあります。

副作用のリスクに加え女性の場合低用量のミノキシジルでも十分な効果を発揮するとあって、男性の多くが5~10mgを使用するのに対し、女性は2.5mgが一般的。最初はこれを2分割して1.25mgでもいいかもしれません。

色々な育毛剤を試したけど効果が出なかった、どうしても薄毛を治したいという女性はミノキシジルタブレットの使用を検討したほうがいいかもしれません。

ミノキシジルタブレット2.5mgの詳細

安全と効果の両立なら育毛剤を

ミノキシジルは世界的に使用されている発毛剤とあってその効果は折り紙付き。しかし高い効果がゆえに副作用リスクが存在するのも確か。それを嫌ってミノキシジルを避ける人も多くなっています。

パントガールを上回るルグゼバイブ 副作用がないものが良いなら世界39ヶ国で使用されている飲む育毛剤パントガールをさらにパワーアップさせたルグゼバイブがおすすめ。

このルグゼバイブ、パントガールと全く同じ成分を同じ含有量で配合しつつ、1日2000mgという高濃度馬プラセンタや栄養満点の牛の初乳「コロストラム」を配合し美容にも寄与するのがポイント。

今となってはパントガールを上回る人気を獲得しています。

フォリックス ルグゼバイブの詳細

サプリ付き女性用育毛剤ルルシア 一方、市販の育毛剤であればルルシアがおすすめでしょうか。

ルルシアは2018年に発売された新しい女性用育毛剤。注目すべきは女性用育毛剤として初めて育毛サプリメントを付属させたという点。それにより体の内側と外側の両面から育毛することができるのです。

しかも価格は他の女性用育毛剤と同レベルの4,980円。効果と安さを高いレベルで両立させた優れた商品といえます。

女性用育毛剤ルルシアの公式サイト

高い効果が期待される発毛剤デュタステリドが使えるのは男性にだけなんて何か不公平な気もしますが、女性が使ってもデメリットばかりが目立つのはまぎれもない事実。すっぱり諦め他の発毛剤や育毛剤を用いるようにしてください。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved