女性の薄毛は病院で治療を受けるべき?

女性は病院で薄毛治療を受けるべき?

近年はプロペシアやミノキシジルといった発毛剤などの登場によって薄毛治療が進化しAGAクリニックや女性専用の薄毛治療を行う病院などが全国各地に登場。そう考えると薄毛に悩む女性は病院に行った方がいいのでしょうか?

女性の薄毛は増加の一途を辿っているとあって、髪のボリュームが無くなっている、地肌が透けていることを悩んでいる人も多いはず。しかしどう対策すればいいのか分からず、AGAクリニックの受診を検討している女性もいるでしょう。

ただ、誰かに見られたら恥ずかしいし、健康保険が使えず治療費が高額になってしまう心配から二の足を踏んでしまうのも事実。

薄毛の悩む女性は病院で治療を受けたほうがいいのか?薄毛に悩む女性が納得できる対策のヒントを示していきたいと思います。

女性の薄毛は何科にかかればいいのか?

病院を受診する際は自分の症状や病気に特化した科にかかるのが基本であり、それは薄毛も例外ではありません。

ただ、薄毛治療というのは健康保険が使えない自由診療になるため、AGAクリニックや女性の薄毛治療専門に行っているクリニックは美容整形など「利益優先」というイメージが強く、実際に治療も高額になりがちです。

私自身一度某大手の女性専門の薄毛治療クリニックで無料カウンセリングを受けたことがあるのですが、数万円もするような高めの治療や薬を勧められたことなどから嫌な印象が強く残っています。

ですから可能であれば以下のようなちゃんとした医療機関を受診するのがベストでしょう。

  • 脱毛症外来などがある大学病院
  • AGA治療も積極的に行っている皮膚科

近年はホームページを持っている病院も増えているため、そういった医療機関であれば薄毛の治療をおこなっているかどうか確認しやすいですし、メールで問い合わせてみても良いでしょう。

東京医科大学病院など大きな大学病院であれば脱毛症外来が存在することもあり、そういった医療機関であれば高額な薄毛治療を勧められるようなことはありませんので安心できます。

そういった病院が近くにない場合はAGAクリニックや女性専門の薄毛治療を行うクリニックにかかるという方法もありますが、巧みな話術で高額な治療を勧めてくる場合もありますので注意して下さい。

■可能であれば薄毛治療をおこなっている皮膚科や大学病院を選択
■AGAクリニックなどは美容整形同様高額な治療を勧めてくる場合も

病院ではどんな治療を行うの?

女性の薄毛治療はどんなことをするの?

女性の薄毛治療を行っている病院を見つけたとして、どういった治療をするのか気になるところですよね。

基本的に大学病院や皮膚科などちゃんとした医療機関であれば頭皮のマッサージやハーグ療法のような怪しげな治療を行うことはなく、医学的な観点から効果があるものだけを取り入れます。

男性であればプロペシアやザガーロが第一選択薬になるものの、それを使えない女性の場合はミノキシジル外用薬の処方が主となり、男性型に比べ治療の選択肢が少ないのが実情といえます。

一方でAGAクリニックなど薄毛を専門に扱うものでは遺伝子検査や血液検査をおこなった上でミノキシジル外用薬やパントガールルグゼバイブの処方、ほかに病院によって再生治療などオリジナルの育毛剤や様々な治療メニューがあります。

一見薄毛を専門に扱うクリニックの方が幅広い治療をおこなっているように感じますが、パントガールやルグゼバイブなどの処方をとってみても個人輸入を用い自分で購入するのに対し割高になりますし、初診料などで数千円かかるなど出費は大きくなりがち。

またクリニックオリジナルの育毛剤や治療は高額な上に医学的根拠のない民間療法に近い場合も多く、大学病院などちゃんとした医療機関が注意を呼び掛けるほど。

そういった怪しげなものを除けば治療は簡単な生活や食生活の指導と投薬が基本になると思っておいて間違いありません。

■大学病院や皮膚科の治療は基本的に投薬治療
■薄毛専門のクリニックでは高額な治療もあるが医学的根拠に乏しい

病院で薄毛治療を受けた場合の治療費

気になる病院で薄毛治療を受けた場合の治療費は、脱毛症外来や皮膚科で治療を受けた場合、初診料や検査費、そこに処方代や薬の料金がかかりますから10,000円~を見ておく必要があるでしょう。

また大学病院など病床数の多い大きな医療機関は紹介状がない場合「初診料特定療養費」として1,000~5,000円程度の追加料金がかかるので注意が必要です。

一方で薄毛専門クリニックなどでは初診料がかからない場合も多く、カウンセリングが無料だったり薬の処方料だけで済んだりする場合も。上手に使えば皮膚科などより安く済む可能性もあります。

しかし血液検査に5,000~10,000円かかったり高額な治療を勧められたりと面倒も多く、またパントガールひとつとっても個人輸入であれば6,000円くらいで買えるものが8,000~9,000円するなど処方される薬は基本的に割高。

初診料や診察料がかからないのは“良心的”なのではなく、高い価格に設定した薬によって元を取っていると考えたほうがいいでしょう。

医療機関によって違いますが、おおまかな料金を挙げると…

  • 初診料…無料~5,000円
  • カウンセリング…無料
  • 検査料…5,000~20,000円
  • 薬代…8,000~30,000円

大学病院や皮膚科などでは初診料と診察料、薬代と一般的な病気と変わらず、よほど多くの薬を処方してもらわない限り10,000~15,000円程度で済みますが、AGAクリニックなどでは高額な治療を選択すると数十万円というケースも。

初診料、カウンセリング無料のクリニックで様々なセールストークを無視し検査も行わず薬だけ貰ってこれる自信があるなら薄毛専門クリニックの方が安く済む可能性はありますが、安心・安定という面では薄毛治療をおこなっている大学病院や皮膚科を選ぶべきです。

血液検査や遺伝子検査って受けるべき?

薄毛治療で血液検査や遺伝子検査は必要?

血液検査では栄養状態やホルモンバランスが、遺伝子検査では薄毛の遺伝子の有無などが調べられますが、こういった検査を行うのは薄毛専門クリニックがほとんど。一般的な医療機関ではまず行いません。

また検査をしたからといって薬やサプリメントなどの治療という基本的なものは変わらず、また検査の必要性を示した科学的根拠も乏しいため、お金儲けのためにやっているという印象は拭えません。

「検査をおこなった結果」という口実のもと高額な治療も勧めやすいですしね。

生活習慣や食生活が乱れているならば自身でもなんとなく自覚するでしょうし、基本の治療は育毛剤やミノキシジルを用いたものになりますので高いお金を払って血液検査や遺伝子検査を行う必要はないと考えます。

■検査をしても基本は育毛剤やミノキシジルを用いた治療になる
■高額治療の口実にされる可能性に注意

女性がAGAクリニックを受診するメリットデメリット

女性の薄毛治療に対する基本的な情報を見てもらったところで、実際に病院を受診するメリットデメリットをまとめつつ包み隠さず公開したいと思います。

近年は女性の薄毛に特化した治療を行うクリニックが登場するなど、医療機関による女性の薄毛治療が身近になりつつあります。専門家である医師が行う治療や指導を受けられるならこれに越したことはありませんよね。

しかし自由診療となるだけに費用は高額になりがちですし、「治療」とはいってもそのほとんどは発毛剤や育毛剤が担うことになります。必ずしもメリットばかりではないのです。

薄毛治療のメリット

女性がAGAクリニックなどの医療機関で薄毛治療を受ける最大のメリット…それは安心感に集約されます。

女性の場合薄毛男性に処方されるプロペシアやザガーロはといった発毛剤が使用できません。そのため病院で処方されるのはドラッグストアでも売っているミノキシジル外用薬や個人輸入で購入できる海外の育毛剤ばかり。

にもかかわらず医療機関を受診するメリットは医師に適切な対策や対処法のアドバイスを受け、かつ自分に合った育毛剤を提示してもらうことに他なりません。

生活習慣や食生活の改善などで指導を受ければ薄毛改善への方向性が見えてきますし、病院から自分に合う育毛剤の処方を受けておけば、その後は自分で購入し費用を浮かせることもできます。

このように専門家の視点から薄毛治療の方向性を示してくれること…これこそがAGAクリニックなどを受診する最大のメリットと言えるでしょう。

薄毛治療のデメリット

一方でデメリットにはどんなものがあるのか?前述したようにこれは多岐にわたります。まとめも兼ねて分かりやすく箇条書きしてみましょう。

  • 1度の通院で半日潰れる
  • 健康保険が使えないため費用が高額に
  • 処方される育毛剤は自分で買うよりかなり割高
  • 病院で独自に処方される医薬品は存在しない

通院に時間がかかるという点についてはどの病院においても同様ですが、公的な医療保険が使えないため費用は高額になりがち。育毛剤などを処方してもらうと1回で2~3万円くらいかかることも覚悟しておく必要があるでしょう。

しかし費用が高額になるという点については健康保険が使用できないため仕方ないと見ることもできます。問題なのは処方される薬や育毛剤が市販品と同レベルのものである点、しかもそれがより高額である点です。

前述したとおり日本において髪の毛が生えると認められている医薬品成分はプロペシアに使われる「フィナステリド」、ザガーロの「デュタステリド」、そしてリアップなどの主成分である「ミノキシジル」の3つ。

このうちフィナステリドとデュタステリドは男性ホルモンに働きかける成分であるため女性が使用することはできません。そうなると女性が使用できる発毛剤はミノキシジルのみということになります。

しかし、頭皮に塗布するミノキシジル外用薬はドラッグストアや個人輸入で国内外の正規品が簡単に手に入るのです。

より強力なミノキシジルの内服薬である「ミノキシジルタブレット」はそもそも日本では製造されておらず、先発薬「ロニテン」を製造していたアメリカのメーカーもすでに製造を中止しています。

ミノキシジルタブレットを手に入れるには個人にしろ病院にしろ海外からジェネリック医薬品を輸入する必要が。

個人でも個人輸入で簡単かつ安価にミノキシジルタブレットが購入できる現在、数倍の値段を取るAGAクリニックなどで処方してもらうメリットはないに等しいと言わざるを得ません。

AGAクリニックで取り扱っている飲む育毛剤パントガールやルグゼバイブも、個人輸入で全く同じものを病院より安価に購入することができます。

クリニックオリジナルと称する薬も厳密にはミノキシジルタブレットか、適当な栄養を詰め込んだただのサプリメントである場合がほとんど。いずれもわざわざ高いお金を払って病院で処方してもらうほどのものではないのです。

ミノキシジルタブレットに関しては副作用が懸念される成分であるため、医師から説明を受けたほうが安心である点は否定しませんが、1度処方を受け使用してみて問題がなければ個人輸入に切り替えたほうがいい。

それほどまでに個人輸入と病院での処方の価格差は大きいのです。具体的に書くと個人輸入であれば1ヶ月分1,000円にも満たないのに対し、病院での処方では4,000~8,000円が相場。もちろん中身は一緒。

病院から処方を受けているという安心感が何より重要というのであればAGAクリニックなどで薬を出してもらうのがベストでしょう。しかし時間やお金を節約にしたくない人にとっては無駄以外の何ものでもありません。

以上が女性がAGAクリニックを受診することのデメリット。端的に言ってしまえば安心感以外にメリットは存在しないことになります。

女性の薄毛は病院で治療を受けるべきか

女性であれ男性であれ薄毛治療の基本は育毛剤や発毛剤になりますので、それを理解し個人輸入で同様の薬を購入することに抵抗がなければハッキリ言って医療機関を受診する必要はありません。

とはいえ、個人輸入に抵抗がある、もしくは医師のアドバイスや見解を聞きたいという人もいらっしゃるでしょうから、そういった人にとっては受診する価値はあるでしょう。

もうひとつ注意点が。薄毛治療に一定の知識がある人であれば薄毛専門のクリニックでも皮膚科でも構いませんが、もし知識に乏しいのであれば薄毛専門クリニックへの受診は避けた方がいいと考えます。

薄毛専門クリニックは利益優先で高額治療を積極的に勧めてくるようなところもありますので、薄毛治療の知識に自信がなく治療の取捨選択ができないようであれば、脱毛症外来や薄毛治療をおこなっている大学病院や皮膚科を受診するようにしたほうが無難。

こういったちゃんとした医療機関であれば科学的根拠のない高額な治療を行うことはありませんからね。ただ、そうなると女性の薄毛への対応は限られてしまうというデメリットもありますが…

…余談ですが、薄毛治療に詳しい女性であればあるほど個人輸入でパントガールやルグゼバイブなどの効果的な育毛剤を購入する傾向に。

特にルグゼバイブはパントガールの成分+高濃度馬プラセンタの新しい育毛剤とあって、従来の育毛効果に加えプラセンタによる美容効果も期待できる優れもの。しかも価格はパントガールとほぼ一緒。

医療機関を受診しても処方される薬や育毛剤は個人輸入で購入できるものと同じなので、時間やお金を無駄にしたくない人はしっかりとした知識を身に付け個人輸入を上手に活用するようにしましょう。

フォリックス ルグゼバイブの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved