女性の薄毛に自毛植毛は効果的なのか?

女性の自毛植毛は?

女性にしろ男性にしろ薄毛に悩む人達の多くは生活習慣や食生活を見直しつつ、育毛シャンプーや育毛剤の使用などにより改善を目指していると思います。

それでも効果が出なかった場合、カツラやウィッグのような手段があるものの、自分の髪の毛を生やすという観点での最終手段は自分の髪を薄毛部分に移植する「自毛植毛」と考えていいでしょう。

この方法で定着した髪は薄毛になることなく半永久的に生えてきますし、その部分に関してはメンテナンスなどの必要ないため最も効果的な薄毛治療とも言えますが、費用が高価という大きなデメリットもあります。

これまで自毛植毛はお金がある男性や、どうしても薄毛を治したい男性が受ける治療という認識でしたが、近年は植毛を行うクリニックに女性の相談が増加。女性の社会進出の一般化やそれに伴う金銭的な余裕も一因とみられます。

女性の薄毛治療の選択肢になりつつある自毛植毛。「女性に自毛植毛はどの程度有効なのか?」「費用などはいくらくらいになるのか?」など、気になる点について取り上げていきます。

自毛植毛の有効性とメカニズム

そもそも自毛植毛とはどういったものなのか?

自毛植毛はその名の通り後頭部や側頭部などの髪の毛を薄毛部分に移植する施術。後頭部や側頭部は髪の毛が伸びてしまえば多少髪の毛が少なくても目立たないため、これらの部位から薄毛が目立つ部分に髪の毛を移植するのです。

自毛植毛が薄毛の治療に高い効果を示す理由は、後頭部など脱毛の影響をあまり受けない部位から、毛根を包み込んでいる「毛包」という組織ごと髪の毛を採取し薄毛の部分に埋めることで半永久的な発毛が望めるから。

前頭部から頭頂部までハゲ上がってしまった男性というのをよく目にすると思いますが、そういった人でも側頭部や後頭部は驚くほどフサフサである点を逆手に取った治療法といったところでしょうか。

男性の薄毛のほとんどを占めるAGA(男性型脱毛症)の影響は前頭部から頭頂部にかけてのみ。それらの部位の髪の毛のみジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの影響を受け髪の毛の成長が阻害されるためハゲてしまうのです。

一方、側頭部や後頭部の髪の毛はDHTによる影響を受けないため、そこから髪の毛の基(毛包)を採取し脱毛部分に移植すれば頭頂部などでもAGAの影響を受けずに済むのです。

毛包を提供する側…つまり後頭部など毛包を取られた部分は髪の毛が生えなくなってしまうというデメリットがあるものの、後頭部などは髪の毛が上から幾重にもかぶさる場所なので大きな問題になることはありません。

冒頭の写真の赤いポチポチが植毛した部分になっており、ここからは一生髪の毛が生えてきますし、一度植毛を終えてしまえばメンテナンスなど一切必要ないことが自毛植毛の最大のメリットとなります。

 ■自毛植毛はハゲない後頭部や側頭部から毛包ごと髪を移植する
 ■効果は半永久的でメンテナンスの必要もないのが最大のメリット

女性に自毛植毛はおすすめできるのか?

女性に自毛植毛はおすすめできる?

男性の薄毛の大半を占めるAGAは遺伝によるものが大きく、後頭部や側頭部の髪の毛(毛包)に影響を及ぼさないので、そこから毛包ごと移植する自毛植毛というのは非常に有効といえます。

一方で女性はどうなのか?

女性の薄毛の場合遺伝の影響は少なく、生活習慣や食生活の乱れなど様々な要因が重なって起こる場合が多くなります。

そして薄毛自体も「頭頂部」「M字」と部分的にハッキリ分かれる男性とは異なり、女性の薄毛の多くは「びまん性脱毛症」と呼ばれ全体の髪の毛が薄くなるものになります。

ここで今一度植毛のメカニズムを思い返してみると、薄毛の影響を受けない後頭部や側頭部から毛包を採取し薄毛部分に移植するとあります。

しかし女性に多いびまん性脱毛症は頭頂部はもちろん側頭部も後頭部も含め全体が薄くなる脱毛なので、男性のAGAのように「ここの髪は大丈夫」といったような場所がありません。

これは薄毛の影響を受けない毛包を特定できない事を意味し、仮に男性のように後頭部から移植しても、移植した毛包がびまん性脱毛症の影響を受けるものだったとしたら意味はありません。

また、自毛植毛は生え際など一箇所に集中して行う場合に適しており、全体的に薄くなるびまん性脱毛症にはあまり適さないというのが実情です。

専門家の見解は?

2017年に日本皮膚科学会が策定した男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて自毛植毛が評価されており、この中での女性に対する有効度は「C1:行ってもよい」という微妙なものでした。

女性に対する自毛植毛の評価

男性に対してはB評価なのに女性に対してはC1評価である理由は、女性に多いびまん性脱毛症と相性が悪いことに加え、男性に比べ症例が少ないから。しかしそれでも2015年度は全世界で約6万人の女性が自毛植毛の施術を受けています。

専門家から見ても手放しでおすすめできるというわけではない女性の自毛植毛ですが、状況によっては悩み解消の助けになってくれる場合もあります。

■女性の薄毛の多くは全体的に薄くなるびまん性脱毛症
■びまん性脱毛症には自毛植毛は適さない

女性でも自毛植毛が有効な場合

一方、女性でも自毛植毛が有効である場合もあります。

井上真央のおでこはハゲ? それはおでこが広いなど生え際が薄い場合。「薄毛・ハゲの女性芸能人は誰だ?」でも紹介しているような井上真央さんや武井咲さんのようなタイプ。

これは薄毛というより生まれ持ったおでこの形と言ったほうが正しい。顔の作りの小さい女性などはおでこが広くなりがちで、男性であれば確実に「あいつハゲてる」と言われてしまうレベルの女性も少なくありません。

生まれつきのものですし、男性のようにここからどんどん生え際が後退していくようなこともありませんから気にする必要はないものの、女性の中には「髪を上げられない」とコンプレックスに感じている方もいらっしゃいます。

こういった場合は生え際に集中して植毛するため自毛植毛は有効となります…といいますか、元から生えていない場所に髪の毛を生やさせるわけですから、自毛植毛か貼り付けるタイプのかつらくらいしか解決策はないのです。

女性の植毛で一番多いのはM字ハゲ解消

女性のM字ハゲ解消には自毛植毛

女性が自毛植毛を行う場合、もっとも多いケースはM字部分の薄さを気にしてのもの。M字ハゲといえば男性のハゲの代名詞ともいえるものですが、実はここが薄い女性は非常に多いのです。

ただし、これは前述のおでこが広いタイプの女性と同様に生まれつきのもの。

「それが個性なんだから気にする必要はない」と言われればそれまでかもしれませんが、気になる人はとことん気になるもの。生まれつきだけに育毛剤を使用しても改善することはありませんしね。

一方で「M字部分だけ増やす」といった部位を限定した治療は自毛植毛の得意とするところ。ゆえに女性のM字ハゲの解消と自毛植毛は非常に相性が良いのです。

また、M字部分だけであれば消耗する本数はたかが知れているため、価格が抑えられるというメリットも。育毛剤出は治らない生まれつきのM字ハゲに悩んでいるなら自毛植毛はうってつけの解決法といえるでしょう。

■生まれつきおでこが広い、M字部分が薄いという女性には自毛植毛が有効

女性でも自毛植毛は使えるがおすすめはしない

女性の薄毛の多くを占めるびまん性脱毛症に自毛植毛は相性が悪いのは前述したとおり。頭頂部や後頭部問わず全体が薄くなるため、自毛植毛で対処するのは非常に難しいのです。

しかも女性の薄毛の原因は生活習慣や食生活が崩れホルモンバランスが乱れることによるものが多いので、植毛より生活習慣などを見直し改善を図るほうがいいと思います。

自毛植毛は費用も非常に高価で100万円を超えることが当たり前の世界ですから、そういった面でも自毛植毛はおすすめしていません。

自毛植毛を行っているクリニックでも女性の薄毛の改善薬として扱っているルグゼバイブなどを使いながら、無理にならない程度に可能な限り生活を見直すことが女性の薄毛改善の最善策と考えます。

ただし、生まれつきおでこの広さやM字部分の薄さが気になっている場合は事情が異なります。こういったケースは生活習慣を見直しても改善することはなく、この悩みを解決するには自毛植毛しか方法がないからです。

費用も広範囲にわたる植毛に比べればずっと安く収まるため、生え際に悩みを抱えているのであれば女性も自毛植毛を検討してみてもいいのではないでしょうか。

女性にもおすすめのクリニック

自毛植毛を行うにしてもどこのクリニックで施術を受けるべきか悩んでしまいますよね。自毛植毛は医師の腕や経験によって仕上がりが大きく左右するためなおさらです。

そういった場合はAGAクリニックではなく、自毛植毛に特化しているクリニックを選ぶべき。なんといっても経験数や力の入れ方が違いますからね。

最もおすすめなのは自毛植毛を専門にし、国内の自毛植毛のシェア50%以上をキープしているアイランドタワークリニックです。症例数は25,000件を超えるなど圧倒的な実績と経験を誇ります。近年は女性の相談や施術も増えているとか。

生え際の薄さが気になる人は一度アイランドタワークリニックの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

アイランドタワークリニックの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2019 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved