女性は遺伝でハゲる!?意外な遺伝子の影響

女性も遺伝でハゲる?

男性の薄毛は遺伝が大きく影響しているのは周知の事実。親や直系の親族がハゲていればその子供もハゲやすくなるのは科学的に実証されています。では一方の女性はどうなのでしょうか?

昔から加齢により若干薄くなる女性は存在したものの、基本的に女性はハゲないものというイメージがあり、それゆえ女性は遺伝によって薄毛にはならないと思っている人も多いのでは?

しかし女性も遺伝で薄毛になります。

ただ、男性のように遺伝が大きな割合を占めるというわけではなく、女性の遺伝による薄毛は男性のそれに比べれば少数になりますし、男性のように明らかな“ハゲ”になるわけでもありません。

しかし女性にも遺伝による薄毛は存在するのです。

薄毛・ハゲはどうやって遺伝する?

女性も男性同様に薄毛が遺伝する事は間違いないものの、遺伝のしかたにはちょっとした違いがあります。それは男女で異なる染色体が影響しているのです。

遺伝というのは一般的に「優性遺伝」と「劣勢遺伝」が存在し、優性遺伝は両親からひとつずつ受け継ぐ染色体のうちどちらかに当該の遺伝子がある場合に発現するもの。

一方の劣性遺伝は両親から受け継ぐ染色体両方に当該の遺伝子があって初めて発現します。そのため劣性遺伝は優性遺伝に比べ圧倒的に少なくなります。そして女性の薄毛は基本的に劣性遺伝によって受け継ぎます。

遺伝による女性の薄毛の具体的なメカニズム

いまいちピンと来ない方も多いと思いますので簡単な図にします。

薄毛の優勢遺伝と劣性遺伝

女性の場合は劣性遺伝であるため、両親とも薄毛の染色体を持ち、かつその染色体をどちらも受け継いだ場合に限り薄毛になるのです。

つまり女性の場合、両親とも薄毛の遺伝子を持っていた場合に限り25%の確率で薄毛を受け継ぐことに。

ちなみに薄毛にかかわる遺伝子は男性が1つ、女性が2つ持つX染色体に含まれています。母親がすでに遺伝によって薄毛になっている…つまり母親の持つX染色体のどちらにも薄毛の遺伝子があれば、女性であっても薄毛になってしまう確率は跳ね上がることに。

世間一般的に両親とも薄毛の遺伝子を持っている確率がどの程度かは分かりませんが、おそらくその確率はそれほど高くないと思われます。運悪く両親が薄毛の遺伝子を持っていたとしても女性が薄毛を遺伝する確率はそれほど高くないことから、遺伝によって薄毛になる女性の絶対数は男性に比べ相当少ないと推測されます。

女性が薄毛を遺伝した場合のハゲ方は?

仮に女性が遺伝によって薄毛になってしまったとしてどういったハゲ方になるのでしょうか?

「男性のように頭頂部のハゲや生え際・M字ハゲになってしまうの?」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、ほとんどの場合そうはならず女性男性型脱毛症(FAGA)の典型である全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」が一般的。

男性にしろ女性に男性型脱毛症(女性男性型脱毛症)のメカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつきジヒドロテストステロン(DHT)が生成されることによるもの。

そして遺伝によって受け継ぐ「薄毛の有無」は、このDHTにアンドロゲンレセプターという受容体がどの程度反応するかがカギと言われており、ハゲる人はDHTに対して感度の高いアンドロゲンレセプターを持っているということになります。

このメカニズムは男性も女性も同様であるものの、そもそも女性が持つ男性ホルモンは男性の10分の1程度であり、しかも女性は髪の毛を太く美しくしてくれるエストロゲンという女性ホルモンを豊富に持っています。

ですから、仮に女性が薄毛の遺伝を持っていたとしても大きな問題にならない場合が多くなりますし、もし影響が出ても言われないと分からないくらいの全体的にうっすら薄い程度で済むケースも。

■女性の薄毛は全体的に薄くなるびまん性脱毛症がほとんど
■遺伝があっても女性ホルモンが多い女性への影響は限定的

生活習慣や食生活の乱れで進行する薄毛

上記のように女性は薄毛の遺伝を持っていても大きな問題になることはありませんが、それは健康的な生活を送っている場合に限られます。睡眠不足や偏った食事、強いストレスなどがあると女性でも目に見えた薄毛になる場合もあるのです。

特に生活習慣や食生活の乱れで引き起こされる“肥満”には髪の毛に対し数多くの悪影響があり、私の経験上も肥満女性の薄毛率は相当高い印象を持っています。

このあたりに関しては下記のページで詳しく取り上げていますので気になる方は参照して下さい。

このように女性ホルモンが多く男性ホルモンが少ない女性といえど、生活習慣の乱れなどの要因が重なるとホルモンバランスが崩れたり頭皮環境が悪化したりして薄毛が進行します。そういった人は何かしらの対策が必要になるでしょう。

本来であれば生活習慣や食生活を見直し、合わせてストレスの低減を図るのがベストなのですが、仕事などによる忙しさによりなかなか実行に移せない方も多いのではないでしょうか。

そういった方は髪の毛に必要な栄養を補うサプリメントや頭皮環境を改善するシャンプー育毛剤を使うなど、ご自分の状況に合わせ足りない部分を補完するグッズなどを上手に活用するようにして下さい。

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧

Copyright (c) 2014 薄毛・ハゲ治療ラボ All Rights Reserved