デュタステリドはフィナステリドを超える発毛剤?

デュタステリドはフィナステリド超えた?

日本において最も有名、かつ信頼できる発毛剤といえば医療機関で処方されるプロペシア。科学的に効果が実証されているフィナステリドが主成分となっています。

男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるため5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるフィナステリドは薄毛に悩む男性の救世主として広く使われており、個人輸入でフィンペシアやフィンカーを購入しているという方も多いと思います。

一方、そんなフィナステリドを上回る効果があるとして近年注目されている成分があります。それが第3の発毛成分である「デュタステリド」。

日本でも2015年9月にAGA治療薬としてデュタステリドを主成分とする「ザガーロ」が正式に認可されたのは記憶に新しい。このデュタステリドにはどの程度の効果や副作用があるのでしょうか?

    目次
  1. デュタステリドの作用と効果
  2. デュタステリドの副作用
  3. デュタステリドは信用できない?
    1. 非盲検試験と二重盲検試験
    2. デュタステリドの二重盲検試験も行なわれている
    3. 認可は日本と韓国のみという事実
  4. デュタステリド内服薬の価格は?
    1. 信頼性重視ならアボダートという選択も
  5. デュタステリドの総評

デュタステリドの作用と効果

デュタステリドの作用は基本的にフィナステリドと同様。男性ホルモンであるテストステロンと結びつく事によって薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを作り出す「5αリダクターゼ」の働きを阻害するというものです。

そう聞くと「同じじゃん」と感じるかもしれませんが、実は5αリダクターゼは「1型5αリダクターゼ」と「2型5αリダクターゼ」の2種類が存在。それぞれがテストステロンと結合しDHTを生成するとされます。

簡単に図にすると以下の様な感じになります。

デュタステリドの仕組み

従来のフィナステリドが効果を示していたのは2型5αリダクターゼの阻害効果だけであったのに対し、デュタステリドは1型、2型共に阻害効果を発揮します。

そのためデュタステリドはフィナステリドに比べ1.5~1.6倍ほどの効果があるとされます。その根拠となっているのが下図で示す臨床試験データ。

デュタステリドとフィナステリドの比較

2015年9月に認可されたザガーロは臨床試験でフィナステリド1mgに対し有意な差が出ており、今後フィナステリドに変わって薄毛治療の主流になる事が期待されています。

デュタステリドの副作用

臨床試験でフィナステリドより高い効果を示したデュタステリドですが、この薬にデメリットはないのでしょうか?発毛剤のデメリットといえば、やはり副作用ですよね。

世界的に行われた試験においての副作用発現率は以下の通り。

デュタステリドの副作用

副作用全体の発現率は概ね20%程度となっています。

プロペシア(フィナステリド1mg)の臨床試験では5%程度だったことを考えると、デュタステリドを用いた試験の副作用発現率は異様に高いように感じます。

ただ、この試験では比較対象としてプラセボ(偽薬)のほかフィナステリドも用いられ、総じて高い発現率になっています。

偽薬で15%ってどういうことだよ…

ここから読み取れるのは、性機能障害の副作用があると知れ渡ったフィナステリドやデュタステリドに対する被験者の警戒感が現れているのではないかということ。

こういった試験は被験者、医師ともにどの薬を使用したか分からない二重盲検試験を用いるため、一見すると先入観など介在しないように感じます。

しかしフィナステリドやデュタステリドの臨床試験ということは知らされているでしょうから、「勃起障害や性欲減退の副作用が出るのではないか」という思い込みでこういう結果を招いたとも考えられます。

勃起や性欲というのは心理状態が大きく左右しますからね。

そういった点を加味すれば、デュタステリドはフィナステリドと同レベルの副作用発現率ということになります。一部ではデュタステリドの方が副作用が強いという意見がありますが、客観的なデータにおいてそれは否定されている。

このことから、今までフィナステリドを使ってきた人は安心してデュタステリドに乗り換えることができるのではないでしょうか。

デュタステリドは信用できない?

デュタステリドを調べる中で「デュタステリドは非盲検試験しか行っていない」という記述を目にした人もいるのではないでしょうか。フィナステリドに比べ発毛効果の信頼性は低い、と。

これに関しては正しくもあり、また間違いでもあります。

非盲検試験と二重盲検試験

日本で行われたザガーロの臨床試験。これは非盲検試験で行われています。非盲検試験とは被験者や医師があらかじめどの薬を使うか分かった上で行われる試験のこと。

一般的に医薬品の臨床試験は、目的の薬とプラセボ(偽薬)を用いたうえで、被験者、医師ともにどちらを使用したか分からない二重盲検試験で行われます。

効果や副作用を正確に割り出すためには被験者、医師ともに先入観を持たない必要があり、どちらを使用したか伏せたうえで行われる二重盲検試験が適しているのは疑いようがありません。

一方、非盲検試験は被験者や医師がどの薬剤を使用したか分かっている。これでは公平な判断はできませんよね。

そしてデュタステリドの国内臨床試験は非盲検試験。プロペシアが二重盲検試験で行われたことを考えても不可解と言わざるを得ません。

デュタステリドの二重盲検試験も行なわれている

ただし、非盲検試験が用いられたのは日本国内での試験。2010~2012年に世界的に行われた臨床試験では二重盲検試験が採用され、フィナステリドに比べても良好な成績を収めています。

前述したフィナステリドの1.6倍の効果を確認したものはこちらの試験での結果であり、「ザガーロは非盲検試験だから信用できない」は大きな間違いということになります。

じゃあ日本での臨床試験はなんだったのか?

日本で行われたザガーロの臨床試験は主に安全性や副作用、有害事象を調べる目的もの。効果に関しても評価はしているものの世界的に行われた試験のような詳細なものではなく、写真判定が主になっています。

ちなみに、効果・副作用ともに出回っているデータは国際試験のもの。日本人を対象にしたものは120例に過ぎず、しかも非盲検試験であるため、信用に足るものではないという判断なのかもしれません。

認可は日本と韓国のみという事実

これらのことから、ザガーロは二重盲検試験によって効果を実証しており、「非盲検試験だから効果があるか怪しい」という説は嘘ということが分かります。

ただし不安要素がないわけではありません。

ザガーロは二重盲検試験を用い世界的な臨床試験が行われ効果を実証したものの、現時点でデュタステリドを発毛剤として認可しているのは日本と韓国のみ。

その理由については諸説あり、なぜ認可されないのかについての理由は定かではありません。しかし発毛剤先進国であるアメリカで認可されていないというのはちょっと気になりますよね。

発毛剤発祥の地であり、厳格な審査で知られるアメリカの食品医薬品局(FDA)では認可を見送っているのです。

デュタステリドの関しては二重盲検試験を用いて国際的に発毛効果が認められている。しかしフィナステリドに比べ実績やデータ量で劣るのも事実。このあたりをどう判断するかは人それぞれ。

まずはフィナステリドを使って、それでも満足いく効果が出ないのであればデュタステリドに切り替えるという一般的なスタンスに間違いなはいと個人的には感じています。

デュタステリド内服薬の価格は?

日本国内においてはザガーロが2016年に発売され現在ではAGAクリニックなどの医療機関で処方されています。しかし高い…

一方、格安であることから多くの方が利用する個人輸入での価格は従来のフィナステリド内服薬に比べるとやや高め。先発薬であるザガーロと海外製の主要なザガーロジェネリックを比較してみましょう。

ちなみにアボダートはザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社の先発薬。すべてデュタステリド0.5mgで税込表記となります。

商品名 内容量 価格 1ヶ月分単価
ザガーロ 30錠 9,000円 300円
アボダート 30錠 3,372円 112円
ベルトリド 100錠 4,895円 49円
デュプロスト 100錠 5,377円 54円
デュタス 300錠 13,061円 46円
(2018年6月現在)  

フィナステリドジェネリックとして最も有名なフィンペシアと、最も安いデュタステリド内服薬であるベルトリドの値段を比べるとおよそ1.6倍。効果の高さと価格がほぼイコールという状況か。

ちなみに1錠あたりの単価は1箱300錠入りデュタスが最も安くなっていますが、ベルトリドを3箱同時購入すれば大きな割引が適用されデュタスより3,000円ほど安くなります。

一方、AGAクリニックなどで処方されるザガーロは30錠9,000~10,000円が相場。プロペシアが7,000円前後ということを考えるとやはり割高。

本当にフィナステリドの1.6倍の効果があるのであればこの価格も納得できる範囲ですが、1ヶ月1万円はちょっと厳しい。ミノキシジルとの併用を考えるなら出費はさらにかさむことに。

発毛剤は長期的に使用しないと効果を発揮せず、効果が出てからもそれを維持するためには使い続ける必要があります。経済的に余裕がある人でない限りザガーロの使用は二の足を踏むのでは?

信頼性重視ならアボダートという選択も

それでも信頼性を重視したい人は、ザガーロと同じくグラクソ・スミスクライン社が製造・販売する海外製のアボダートを購入するという手も。

デュタステリド正規品アボダート

デュタステリドはフィナステリド同様、本来は前立腺肥大症の治療薬として開発された成分。その前立腺肥大症の治療薬こそがアボダートで、日本においても「アボルブ」の名で処方されています。

グラクソ・スミスクライン社製であるザガーロとアボダート、違う点は名前とパッケージ、カプセルのデザインのみ。中身はどちらもデュタステリド0.5mgと全く同じもの。

ザガーロが認可されるまで一部AGAクリニックではアボルブを処方していたくらいですからね。AGA治療薬がザガーロ、前立腺肥大症の治療薬がアボダート(アボルブ)というだけの話です。

実際、インドやタイの大手製薬会社が作る格安のジェネリックに不安を抱く人の多くは、グラクソ・スミスクライン社製の先発薬でありながらザガーロの3分の1程度の価格で購入できるアボダートを使用しています。

アボダートは信頼性と価格のバランスが最も取れているといえるでしょう。初めてデュタステリド内服薬を使うという人はアボダートを選ぶのがベストかもしれません。

アボダートの詳細

デュタステリドの総評

2015年に認可され2016年には日本で発売されたデュタステリド内服薬。臨床試験ではフィナステリドの1.6倍の効果が認められたことから高い注目を集めています。

フィナステリドに比べ実績やデータが少ないのは確かですが、フィナステリドの効果に限界を感じている人にとってこれほど心強い発毛剤は存在しないのではないでしょうか。

というのも、フィナステリドの効果に満足できない場合、これまではミノキシジルタブレットなど副作用リスクの高い発毛剤に手を出さざるを得ませんでした。しかしこれからはフィナステリドをデュタステリドに替えるという選択肢も。

ただ、価格に関しては如何ともしがたい。

日本での処方にこだわるのであればザガーロしか選択肢はありませんが、海外製も視野に入れるなら選択肢はぐっと広がります。

その中でも信頼性を重視したいなら前述したグラクソ・スミスクライン社製の正規品アボダートを、価格重視ならインドの大手製薬会社インタス社製のベルトリドをおすすめします。

ベルトリド0.5mgの詳細

効果の大きいおすすめ育毛剤は?

育毛剤は数あれど、もっとも高い人気と信頼性を誇るのがチャップアップです。

チャップアップおすすめ

成分量70種と業界最多クラスであることに加え、定期コースでは体の内側から育毛に取り組めるサプリメントが毎月付いてくるなど高い効果を望めるため、インターネットを中心に販売する育毛剤で1番売れているチャップアップ。

価格面においても5,000円は下らない育毛サプリメントが付いているとは思えないほどリーズナブルなので、育毛剤選びに迷ったらまずはこれを使っておけば間違いないでしょう。

チャップアップの詳細

当サイト育毛剤人気ランキング


あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧